どんな とき も wifi 通信 障害。 どんなときもWiFiが通信障害でつながらなくなった理由を推測する

【最新状況】どんなときもWiFiの通信障害【遅い・繋がらない時の対処法も】|モバイルWi

どんな とき も wifi 通信 障害

どんなときもWiFiの通信障害【2回目】 2回目の通信障害の案内は2020年3月18日 水 12:05にメールにて連絡がありました。 平素よりどんなときもWiFiをご利用頂き誠にありがとうございます。 現在、大容量通信による低速化を受けていない一般的なご利用を頂いてる一部のお客様より 「速度が著しく遅い」「遅くて使えない」等のお問合せを多数いただいております。 お問合せいただいたお客様のご利用状況と弊社保有端末の検証内容を基に、 詳細な調査を実施した結果、2月末の不具合とは性質が異なっており、 原因の特定が難航しております。 その為、お客様に対する当社からのご説明が遅れてしまい大変申し訳ございませんでした。 現在、原因の特定及び早期解消に向けて関係各社に調査を依頼しておりますが、 現段階で解消の時期に関してお伝えが難しくなっております。 ご利用者様におかれましてはご不便・ご迷惑をおかけしており大変申し訳御座いません。 また先月末に発生した不具合とは別の事象ではあるものの短期間で、 再びこの様な事態を起こしてしまい深くお詫び申し上げます。 発生している事象に関して一時的に発生している場合も御座います。 大変お手数ですが再起動・リセットを行う事で通信が復旧する可能性が 御座いますのでお試し下さい。 1日でも早く通常通り安心してご利用頂けるよう、引き続き原因の特定と解消に向けて尽力致します。 本件の補償対応につきましては現在協議中でございます。 決定次第、お知らせ致しますので詳細をお待ちいただきますようお願い申し上げます。 また現在サポートセンターへのお問い合わせを多数頂いており、窓口が非常に混雑しております。 お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが繋がりにくい場合は下記お問い合わせフォームより お問合せをお願い致します。 donnatokimo-wifi. 何卒ご理解賜りますようお願いいたします。 donnatokimo-wifi. ご心配をおかけした事、 深くお詫び申し上げます。 早急解消に向けて努めると共に解消目処がたちましたら 再度ご案内させていただきますので何卒ご理解の程よろしくお願い致します。 引用元:どんなときもWiFi不具合内容通知メール 通信障害の要約 通信障害通知メールの要約は以下の通りです。 一部の利用者から「速度が著しく遅い」「遅くて使えない」という問い合わせを多数受けている• 通信障害の性質は2月末 1回目 のものと異なり、原因特定が難航している• 運営から利用者への説明が遅れた• 再起動やリセットを行うことで復旧する可能性がある• 本通信障害による補填内容は検討中で決定次第アナウンスする• donnatokimo-wifi. donnatokimo-wifi. 」 という文言がありますが、運営障害が発生したのいつで、運営が把握したのがいつなのかという事ははっきりと名言してほしいですね。 そして、さらに追い討ちがかかります。 どんなときもWiFiの通信障害の内容【3回目】 2回目の通信障害の案内は2020年3月18日 水 23:50にメールにて連絡がありました。 平素よりどんなときもWiFiをご利用頂き誠にありがとうござい ます。 3月18日 23:30現在、当社回線に本日ご案内させていただいた内容とは 別の通信障害が発生していることを確認致しました。 短期間での通信障害の再発については弁解の余地もございません。 ご利用者様には度重なるご不便、ご迷惑をおかけし誠に申し訳ござ いません。 緊急対応といたしまして、大部分のご利用者様に影響が出ないよう 、一部の大容量通信をされているご利用者様を対象に速度制限をか けさせていただきます。 度重なる障害発生を深くお詫び申し上げます。 まずは至急障害の解消に努めてまいります。 引用元:どんなときもWiFi通信障害案内メール 通信障害の要約 通信障害通知メールの要約は以下の通りです。 2020年3月18日23:30現在、2回目の通信障害とは別の通信障害が発生していることが確認できた。 緊急対応として一部の大容量通信をしている利用者に速度制限をかける もはや「どんなときも繋がらないWiFi」になってきてますね・・・。 補填内容についてはこの案内でも名言はされていません。 というか、この案内では補填内容には触れてすらいません。 どんなときもWiFiの通信障害のまとめ いかかがだったでしょうか? 3回目の通信障害はともかく、2回目の通信障害のアナウンスも前回同様後手後手に回ってしまってるように感じてなりません。 しかも2020年3月19日現在では復旧の連絡がきていいないので、3月20日からの3連休でバリバリ通信する予定だった方にとってはものすごく不安なのではないでしょうか? 前回の補填内容の• 解約違約金を無料とする• 翌月分の月額料金を減額する 2択で「翌月分の月額料金を減額する」を選択しましたが、今回の補填内容に解約違約金を無料とするがあれば、さすがにそっちを選択しますね。 それぐらい今回の通信障害は残念でしょうがないです。 クラウドSIMとはいえ、拾うのはソフトバンクの回線ばっかりだし、クラウドSIMより物理SIMのほうが安定しそうですね。 本当に解約違約金が無料になるなら、一刻も早く解約してかに移行したいなと思う今日この頃です。

次の

【最新状況】どんなときもWiFiの通信障害【遅い・繋がらない時の対処法も】|モバイルWi

どんな とき も wifi 通信 障害

この記事の内容• モバイル回線の大躍進 そしてスマートフォンの圧倒的普及により、需要に応える形でモバイル回線が躍進します。 4Gが普及し、アンテナが全国津々浦々にまで張り巡らされ、いまや都市部であれば地下鉄に乗っていても通信ができる状態が普通です。 こうして、特に若い一人暮らし世代などは工事が必要な光回線を契約せず、スマホのデータプランのみで利用する人がどんどん増えています。 そしてそれに対応するため、au・ドコモ・ソフトバンクは60GB等の大容量プランを提供する状況となりました。 多くの人がネット接続をスマホのデータプランで行うようになり、さらにYoutubeやネットフリックスなどの動画視聴がネットコンテンツ消費の主流となったいま、データ通信量は爆発的に増加しているのです。 でも、その大容量プランは決して無制限では使えないんだよネ… そこで、無制限に使えるモバイルルーターが登場したのです。 ビジネスモデル的にはかなり厳しい無制限モバイルルーター 以前から無制限モバイルルーターは存在していました。 ただその多くは非常に低速で、データを大量に利用したくてもできないものが多く、正直使い物になりませんでした。 そんななか、いわゆる 「民泊WiFi」と言われるモバイルルーターの中には、比較的低料金なのに高速で、なおかつ無制限をアピールしているものがいくつかあったんですね。 サクラWiFi• スターWiFi• FUJI WiFiの無制限プラン などがあったと記憶しています。 ボクが把握しているだけでも、• MUGEN WiFi• 縛りなしWiFi• 限界突破WiFi• よくばりWiFi• めっちゃWiFi• THE WIFI(ザ・ワイファイ) などなど、もう冗談なの?ってくらいに似たような名前のワイファイルーターが、ここ1年の間にいくつも登場しています。 そしてこれ、 ぜーーーーんぶ同じ仕組みで動いているんです。 各社のページを見るとわかるんですけど、すべて端末が同じなんですよ。 それは「uCloudlink(ユークラウドリンク)」の端末です。 要するに、全部このuCloudlink社の仕組みを使ってドコモ、au、ソフトバンクの回線につないでいたということなんですね。 そしてau、ドコモは明確に提供する回線を遅いものにしていたと思われますが、ソフトバンクだけはこういったWiFiルーターに提供する回線も、それほど遅くしていなかったと思われるのです。 しかしこのソフトバンク依存のビジネスモデルが、今回の通信障害を引き起こしていると言っても過言ではないでしょう。 ソフトバンク回線への依存が、通信障害の間接的な原因ではないか ボクはどんなときもWiFiの運営会社の社員の方とも仲良くさせてもらっていて、どんなときもWiFiが発売される時ものすごく驚いたんですね。 それまで無制限のポケットWiFiルーターといえばほぼWiMAXだけで、もし他にあったとしても運営会社が微妙だったり、速度がめちゃくちゃ遅くて使い物にならないものだったり。 WiMAXの回線は3日10GBの制限、地下や郊外、大きなビルの中に弱いという弱点がありました。 それを大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の回線が使い放題なんて、まさに夢のようなWi-Fiルーターの登場でした。 しかし蓋を開けてみれば、ボクが確認している限りでは常にソフトバンクでの接続でした。 もちろんそれでも品質には全く問題がなかったので、このサイトでもイチオシしてきたのです。 あと、「このuCloudlink社、えげつないわー」ってことです。 消耗戦が目に見えてたワケだネ… しかし取り扱い社数が増えても、auとドコモの回線も選べるといいながら、実際には接続されません。 こうなると当然、速度を維持した状態で回線を提供してくれるソフトバンク回線への依存がどんどん高まります。 何ごとも一社に依存する状態は極めて不健全。 ソフトバンクの意向次第では、回線速度の低下だってあり得る状態になってしまっていたのですね。 そして、ついにそれは現実のものとなりました。 在宅ワークと小中高の休校で通信量が激増したのではないか ソフトバンク回線に依存した状態で運営されていた各社の無制限WiFi。 それなりに高速通信を楽しめていたのですが、それを破綻する出来事が起こります。 新型コロナウイルスの流行です。 この新型コロナウイルスの流行により、企業では在宅ワークを推奨しています。 また、全国の小中高が一斉に休校となりました。 これにより何が起きたかと言うと、ネット回線の通信量の激増ですよね。 ウチの子どもたちも、勉強時間以外はずーーーーっとネットフリックスでアニメ観てるヨ… この通信量の増加は、当然「無制限WiFi」も例外ではないでしょう。 どんなときもWiFiからの説明では 「一部のキャリアからのSIMカードの提供がストップ」とありますが、一部キャリアとはおそらくソフトバンクであることが予想されます。 ソフトバンクとしては自社の顧客(ソフトバンクユーザー)の通信を守るのが第一でしょうし、どんなときもWiFiなどの「無制限WiFi」陣営も、正直できることはほとんど無いでしょう。 あるとしたら月額料金の返済可、違約金なしでの契約解除くらいだと思われます。 ただし莫大な量の契約を抱えているはずですから、それは難しい判断になるでしょう。 すべてに真摯に対応したら、下手したら会社の経営が揺らぐ可能性だってあります。 おそらく「無制限WiFi」の運営陣は、uCloudlink社への損害賠償請求を考えていると思いますが、契約書で上手に免責されている可能性もありますし、個人的にも非常に興味深く見守っている状態です。 どんなときもWiFiはとのリリースを出していますが、個人的にはかなり難しいんじゃないかなーと考えています。 ソフトバンクエアー・モバレコエアーは、申請した住所以外では使えません でも今は外にもなかなか出られないし、在宅ワークは今後も続きそうな雰囲気。 外で使えないことを上回るメリットがあるので、自宅での利用が前提であれば、本当におすすめのWIFIです。 特徴を一つずつカンタンに見ていきましょう。 ソフトバンクエアーとまったく同じ回線品質 公式サイトを見ると、左上のロゴマークに 「Powered by Softbank」 と書いてあります。 「アライアンス」(alliance)とは、もともとの意味は英語で「同盟」や「縁組み」を意味し、カタカナ語としてビジネスシーンで使用される場合は、異なる立場にある企業同士が利益を生み出すために協力し合う体制や経営スタイルのことを指します。 引用: このサイトの解説によると、グッドラックとSoftBankが同盟を組んで、商品開発した、というところですね。 SoftBankのメリットとしては、WiMAXのプロバイダと同様に• 販促費用の削減• 顧客管理費用の削減 といったところでしょう。 一方グッドラックのメリットは• インフラ開発費なしで商品販売• 運営実績がある回線の再販 というところでしょうか。 ただし、まったく同じサービスであれば、SoftBank Airをそのまま販促代行してもよさそうなものです。 両者は料金面で差をつけて、グッドラック側にメリットを出してるネ! 料金はソフトバンクエアーより安い モバレコAirとSoftBankAirは、回線速度やエリアなどはまったく同じ。 違うのは料金面だけです。 その料金面はどのように違うのでしょうか。 比較してみましょう。 もしあなたがSoftBank Airの契約を検討しているとしたら、モバレコAirでの契約のほうがかなりお得になります。 ソフバンユーザーなら絶対に申し込みたいところだネ サービス内容を引用します ご自宅のインターネットをソフトバンクのスマホ・ケータイとセットにすると、ご利用料金を割引いたします。 データ定額 50GBプラス/ミニモンスター、データ定額 50/20/5GBの場合毎月1,000円割引• データ定額(3Gケータイ)の場合毎月500円割引• スマ放題ライトではお申し込みできません。 auにも似たようなサービスがありますが、とにかく同じグループの中であれば割引をしてでも他社に契約を逃さない、という戦略ですね。 au・docomo・UQモバイルの違約金保証 そしてなんと、モバレコAirを契約していて、他社スマホからソフトバンク乗り換えた場合にも違約金保証があります。 その額、最大9,500円。 でもモバレコエアーはまだ端末が豊富に用意されているので、最短3日で届いて、すぐに使い始められるんです。 仕方なくスマホのデータプランに頼っていて、節約しながら使っている人には本当におすすめしたいルーターです。 それがついに、 28,000円ものキャッシュバックを実現。 いままでのキャンペーンは、• 他社ネット回線からの乗り換え保証が最大10万円• SoftBankスマホユーザーは最大1,000円割引• au・docomo・UQモバイルの違約金保証 でしたが、これらはそのままにキャッシュバックが追加されたということです。

次の

【どんなときもWiFi】通信障害再び。補填内容はどーなる?|Jyu2ログ

どんな とき も wifi 通信 障害

を2019年の8月から使っています。 今回、見事に通信障害でどんなときもWiFiのモバイルWi-Fiルーターが使えなくなりました。 どんなときもWiFiとは、通信無制限を謳うモバイルWi-Fiルーターでのインターネット接続サービスで、トリプルキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク回線)に対応しています。 すごいのは、場所によって自動的に最適なSIMカードをクラウドから読み込み、それで通信量無制限のデータ通信サービスを利用することができるので、まさにモバイルWi-Fiルーターの革命児と言っても過言ではないでしょう。 とはいいつつ、クラウドからSIMカードを読み込み接続されるのは9割方ソフトバンク回線で、その大本の回線は、ソフトバンクから法人向けに再販されたSIMカードだと思われます。 りんログ どんなときもWiFiのシステムの「クラウドSIM」とは? 通常、携帯電話やモバイルWi-Fiルーターなどには、通信する際に必要なSIMカードが挿入されています。 なので、国内だけでなく、海外でも安価にデータ通信が利用できます。 画像はクラウドに挿入されているSIMカードですが、どんなときもWiFiでは、中国のuCloudlink社のGlocalMeの設備を流用しています。 どんなときもWiFiはソフトバンク回線を主に使用 どんなときもWiFiではソフトバンク回線に接続されることがほとんどです。 仕組みは、モバイルWi-Fiルーターに内蔵されている海外の通信事業者・VodafoneのIoTのSIMカードの情報で、データ通信を利用する際に読み込むSIMカードの情報をクラウドから読み込み、データ通信を行えるようになります。 その際には、クラウドで ランダムでSIMカードの情報を読み込むため、端末を再起動するごとにSIMカードがそれぞれ割り当てられるため、IPアドレスの情報が逐一変わります。 エンドユーザに無制限プランとして提供する場合、ローカルキャリアから無制限SIMを調達できればそれでいいのだけど、それができない場合は100GBプランや50GBプランのSIMをたくさん買ってきて、仮にある端末がそれを使い切ったら、次のSIMをバーチャルに端末に割り当てる仕組み。 ソフトバンクから完全無制限の契約でSIMカードを借りているのではなく、1回線100GBのような契約でSIMカードを借りているようです。 SIMカードの残り容量を使い果たしてしまうと、新しいSIMカードに割り当てることで無制限を実現しているようです。 しかし、100GBなどでSIMカードを複数用意しても、無制限を謳っている以上、過剰に使ってしまうユーザーもいます。 どんなときもWiFiのイメージとして、「食べ放題」のような感じが当てはまるでしょうか。 どんなときもWiFi側でそれぞれ一定のデータ量のSIMカードを用意しておき、あまり使わないユーザーの分を他の過剰に使うユーザーに割り当てるイメージが適切だと思います。 2月から通信障害が発生し、通信速度が50kbps程度に どんなときもWiFiは、CMなどのプロモーションで新規ユーザーを獲得する一方、既存ユーザーの通信量のコントロールがうまく行かず、通信障害を発生させています。 今年の2月に、具体的には想定ですが、過剰にデータ量を回線に流すユーザーが多くなったことから、ソフトバンク側から通信制限をかけたSIMカードが多くなり、通信速度が50kbps程度に落ちたユーザーが多くなりました。 この障害は3月に入ると、ソフトバンク側のカウントがリセットされ、快適に通信できるようになったとのことです。 (5chモバイル板より) 今回、2月の通信障害では、障害が発生したユーザーを対象に「無償解約」もしくは「次月の月額料金1ヶ月を減額」と対処を発表しています。 筆者のどんなときもWiFiは3月末で無償解約に 筆者のどんなときもWiFiは、使っているレッツノートがSIMカードが挿さり、モバイルWi-Fiルーターを使うことがなくなってきたため、無償解約の選択肢を選びました。 ちょうど、どんなときもWiFiは解約したいなと思っていたので、いい機会でしたが非常に複雑です。 今月の通信障害がやばい どんなときもWiFiでの通信障害のスピードテストの結果 今月は、新型コロナウイルスによる不要不急の外出の自粛、テレワークなどの推進、小中高・特別支援学校の休校の影響などもあり、インターネットにおける平日昼間のトラフィックが増大している()というデータもあります。 どんなときもWiFiは、CMやWeb広告などでガジェット・IT系に詳しくないユーザーも多く取り込み、トラフィックの増大が大きかった模様です。 もちろん、前述のコロナウイルス関連の傾向もあり、 どんなときもWiFiにおけるソフトバンクから借り受けているSIMカードのデータ容量を使い果たしてしまい、全ユーザーに影響する通信障害を起こしてしまいました。 障害の発生原因としているのは以下の通り。 本日、弊社が回線提供を受けている、パートナー会社より下記のような回答がございました。 パートナー会社は中国のuCloudlink社で、uCloudlink社に供給されるべき、ソフトバンクのSIMカードの提供がストップされていることで、回線増強がトラフィックの増大に追いついていないとのことです。 それに加えて、新型コロナウイルスの影響で、SIMカードを挿入する機器の製造や発送が停止や遅延していることもあり、回線増強がしたくてもできない、というのが現状のようです。 運営元の通信障害の対応がひどい 20日の時点では、今回の通信障害において、運営元の企業のグッド・ラックでは、「完全復旧の見通しが立っていません」と言及。 ちょっと無責任過ぎませんか?でも、uCloudlink社がソフトバンクのSIMカードを借りている一方で、グッド・ラック社はノータッチだとするのが事実だとすれば仕方はないとは思いますが、 パートナー会社の名前を挙げて言及すれば少しはマシだと思います。 21日には回線休止を受け付けると発表しました。 回線休止といっても、実際にどんなときもWiFiが唯一のインターネット回線というユーザーも少なくなく、5chモバイル板、Twitterなどでのユーザーから批判が続出。 火に油を注ぐ形となってしまいました。 今日22日には、4月上旬より復旧と言及しました。 21日に発表した回線休止を含め、ちょっと無責任にもほどがあるんじゃないかなと。 今回、 全く使えないユーザーでも回線休止の手続きを取らなければ、月額料金を通常通り取るというのはひどい。 Twitterなどでは何度もモバイルWi-Fiルーターを再起動して、au回線がつかめれば快適との声が上がっていますが、 何度も再起動しないといけないのは使えないに等しいと思います。 中には半日をそれに費やす人もいるらしく… 筆者は無償解約しますが… ちょっとこれは対応としてはないかなと。 でも、仮にグッド・ラック社が単純に中国のuCloudlink社とソフトバンクの契約に口を挟めないとしたら、しょうがないとは思いますが、 情報公開には積極的になるべきです。 ユーザーは正しい情報を求めています。 口を濁すような言い方は自分自身の首を締めるだけです。 中には2月の対応とは別に、無償解約を、サポートセンターとのバトルで勝ち取っているユーザー(5chモバイル板より)もいるそうですが、 ユーザーごとにしっかりとした一律の対応を取るべきです。 裏契約では、通常の契約とは異なり、レンタルされるモバイルWi-Fiルーターの返却が不要で、解約金の設定が通常のプランと有利な条件に設定されているそうです。 これを5chモバイル板で知ってキレました。 個人的にも、3キャリア対応のモバイルWi-Fiルーターとして重宝していただけに、今回の通信障害は非常に残念です。 ライトユーザーにも、ヘビーユーザーの負担がかかってしまっただけに、不公平感が漂った今回の通信障害ですが、グッド・ラック社やどんなときもWiFiで信頼を取り戻すのはかなり時間がかかりそうです。 [] pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の