法事 金額 書き方。 法事 香典の金額相場は? 香典袋の包み方・表書きなどについて

香典の金額の書き方は?|十万円・三千円・五千円・一万円・二万円・三万円・五万円

法事 金額 書き方

お布施とは お布施とは、従来「見返りを求めずに施されるもの」という意味ですが、現在では「読経して頂いた謝礼としてお坊さんに金銭をお渡しすること」を指すようになっています。 ご親族が亡くなられた後に行う葬儀のほか、初七日・四十九日・命日などの法事のたびにお布施をお渡しします。 法事は故人を供養する仏教ならではの行事ですが、神道やキリスト教でも命日にあたる日にゆかりの人々が集って祈りをささげる場合があり、神官や牧師・神父へ儀式に協力いただいた場合は、お布施に該当するお礼の金銭をお渡しします。 お布施の相場 法事でお渡しするお布施の相場は「お気持ち」という言葉で表現されてわかりにくい上、寺院の格がどのぐらい高いか、同じ寺院であってもどれぐらい関係が深いか、世帯収入がいくらか、などの条件で変わってきますので、できれば同じ寺院にお世話になっているご親族に相談されることをおすすめします。 なお、法事の一般的なお布施の金額の目安は次のとおりです。 ・祥月命日のお布施:5千円から1万円程度 ・初盆のお布施:3万円から5万円程度 ・2回目以降のお盆のお布施:5千円から1万円程度 ・その他:3万円から5万円程度 夫の7回忌と妻の3回忌を一緒に行うなど複数の法事を一度に行う場合は、合計の金額が目安となります。 また葬儀より後に法事のタイミングで戒名を授与してもらう場合は、戒名代として3万円前後多く包みます。 御車代と御膳料の相場 法事の際は、お布施のほかに御車代や御膳料を用意する場合が多くあります。 御車代は、お寺の本堂ではなく式場や自宅、お寺以外の墓地にお呼びした場合にお渡しします。 御車代の相場は5千円から1万円前後です。 法事のあとには通常お斎(お食事)をお出ししますが、ご住職がお斎に同席されない場合は「御膳料」を別途お渡しします。 御膳料の相場も5千円から1万円前後とされます。 地方にもよりますが、ご住職はお斎には同席されないことのほうが多いので、御膳料は事前に用意しておくことをおすすめします。 御車代と御膳料をそれぞれ別に1万円を用意する場合、両方を合わせて1万円としてお渡しする場合がありますが、金額をあわせる場合も別の封筒で用意します。 法事のお布施の封筒 表書き お布施は仏教の風習ですが、異なる宗教でも法事と類似の儀式がある場合は、宗教に応じた表書きを用います。 仏教:「御布施」「御礼」 神道:「御祭祀料」「御神饌料」 キリスト教:「献金」「御礼」 表書きの下には施主の名前を書きます。 裏書き 必須ではありませんが、封筒やのし袋の裏に住所・電話番号を縦書きで記入するとより丁寧です。 縦書きなので、住所や電話番号の数字は通常の漢数字を使い、「ゼロ」は「0」、「-」は「1」とします。 金額欄が印刷されていれば「金+金額」を大字(古い漢数字)で記入しますが、本来の意味からすれば金額は記入しないのがマナーです。 大字は次のように書きます。 伍の字を五、阡の字を千、圓の字を円としても失礼にはあたりません。 また金額の終わりの「也」は、円未満のお金が流通していた時代の表記方法ですので、つけてもつけなくても構いません。 薄墨か黒墨か お渡しする寺院などに不幸があったわけではないので、どの宗教でも薄墨ではなく普通の黒墨で書きます。 ボールペンや鉛筆類はマナー違反となりますので避け、筆もしくは筆ペンを使います。 法事のお布施の渡し方.

次の

法事の香典相場はいくら?香典袋や入れ方、書き方を解説します

法事 金額 書き方

法事は通夜や葬儀とは違い、故人の親族や関係の深かった人が集まる場ということもあり、 法事の香典の金額相場も気になるところですが、 香典袋の書き方のマナーも気になりますよね。 法事は、故人の冥福を祈る仏教の儀式で、 法事の香典は、故人への供養の気持ちをあらわすものです。 現代では、花や線香の代わりに香典袋と呼ばれる封筒に現金を入れて、遺族に手渡しすることが通例です。 香典の準備は、通夜・葬儀からはじまり、その後に法事の香典として、初七日、四十九日と続きます。 また、年忌法要として一周忌、三回忌、七回忌、追悼法要としての初盆もあるため、法事の常識として、金額相場と香典袋の書き方をきちんと知っておくと良いでしょう。 そこで今回は、気になる香典の金額相場から書き方までをお伝えします。 「4」や「9」の付く数字の金額は避けましょう まずは、 法事の香典に相応しくない金額を知っておく必要があります。 「4」は死、「9」は苦しみ、を連想してしまうため、 四千円や九千円などの「4」や「9」の付く数字の金額は避けましょう。 二千円などの偶数もNGです。 偶数は割り切れてしまい、故人とこの世の縁が切れるという意味に捉えられてしまうからです。 ただし、 二万円という金額は包み易い金額ということで、法事の香典では問題ないとされることも多いです。 また、通夜や葬儀だけでなく、 法事の場でも香典に新札を使うことはNGです。 故人との関係によって金額相場は変わります 法事は故人の親族などの血縁者が集まることが多いです。 例えば、 故人が祖父母などといった血縁者の場合は、一万円~三万円が相場となります。 故人が近所の人や恩師などの血縁者でない場合は、五千円~一万円が相場となります。 もちろん、血縁者ではなくとも 故人との関係が深い場合は一万円~三万円を包んでもよいでしょう。 法事で同時に食事をいただく場合もあります。 その場合、 血縁者は二万円~五万円、 血縁者でない場合は、一万円~三万円が金額相場です。 香典袋の表書きの上段は宗派や地域によって異なります 香典袋の書き方は宗派によって異なりますが、どうしても分からない場合は 「御仏前」や「御香典」を使うとよいでしょう。 「御香料」と書いてもよいです。 「御霊前」は四十九日までの香典で使われる宗派もありますので、使わない方が無難です。 また、香典袋の水引は、例えば関西では黄白の水引を法事の香典で使うことがありますが、 一般的には黒白の水引を準備しましょう。 香典袋の下段は故人との関係が分かりやすく書きましょう 渡す人の名前が一人の時は、苗字だけでなく、 フルネームを書くことが常識です。 夫婦の場合は、 夫だけの名前を書いてもよいですが、 血縁者や夫婦ともに故人との関係が深かった場合は、夫のフルネームを右、妻の名前を左に書きます。 会社名や役職などの肩書きがある場合には、名 前の右上に肩書きを名前よりも少し小さめに書きます。 肩書きを書くことで、渡した人と故人の関係が遺族にとって分かりやすくなります。 香典袋の裏書きには住所と金額を書きましょう 中袋がない香典袋の場合は、香典袋の裏の左下に渡す人の住所と金額を書きます。 縦書きの場合は、数字の書き方に注意しましょう。 例えば、五千円の場合は 「金五阡円」、一万円の場合は 「金壱萬円」と書きましょう。 「金一万円」と書いても構いませんが、 旧漢字を使うことが常識とされています。 中袋がある香典袋の場合は、中袋の表の真ん中に金額、裏の左下に住所を書くとよいです。 この場合、外袋となる香典袋の裏書きはなくても構いませんが、念のために香典袋の裏書きをすることは問題ありません。 いかがでしたか。 法事の香典の金額相場は少なすぎても恥ずかしいことですが、 多すぎると遺族に対して気を遣わせてしまうなど、失礼にあたってしまいます。 また、正しい香典袋の書き方も知ることで、きちんとした大人の振舞いが出来ますね。 法事の香典は、お金の入れ方にも気をつけましょう。 お札に人物が書かれている方を表、書かれていない方を裏とした時、お札の裏が見えるように入れることが常識です。 また、香典袋に書くペンは、サインペンやボールペンなどの略式ではなく、 筆ペンを使うようすると気持ちがこもります。 このような法事の常識を身につけて、故人への供養の気持ちをあらわすことができるとよいですね。 まとめ 気になる香典の金額相場から書き方までのポイントは ・ 「4」や「9」の付く数字の金額は避けましょう ・ 故人との関係によって金額相場は変わります ・ 香典袋の表書きの上段は宗派や地域によって異なります ・ 香典袋の下段は故人との関係が分かりやすく書きましょう ・ 香典袋の裏書きには住所と金額を書きましょう.

次の

法事の香典(不祝儀)の金額相場と香典袋の書き方について|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

法事 金額 書き方

電話番号 を書くのがマナーです。 この場合、香典の場合には、裏に合わせて金額をかくのがマナーとなりますよね。 しかし、お布施の場合はお経をあげていただいたことに対する代金ではありません。 その為、基本的には金額をかく必要はありません。 ただ、僧侶の方も、お布施をもらってから寺院で経理などを行いますよね。 その時に、金額もしっかりと書かれていた方が、わかりやすいのです。 つまり、必要ではないといっても金額までしっかりと書いておいた方が丁寧だという事が言えます。 お布施の金額の書き方とは? お布施に書く金額の書き方をご説明いたします。 お布施の袋に金額をかく場合、実はマナーがあります。 冠婚葬祭で用いる数字は漢数字が基本! 最近では数字は算用数字を用いるのが一般的ですよね。 しかし、冠婚葬祭で用いる数字は基本的に漢数字を使用するのです。 では、どのような数字を使用すればいいのかをご紹介いたします。 一・二・三・四・五・六・七・八・九・十・百・千・万 の場合は、 壱・弐・参・四・伍・六・七・八・九・拾・百・阡・萬 と書くようにします。 ちなみに、円は「圓」と書きます。 そして、四・九は縁起の悪い数字なので使用しません。 お布施の金額に漢数字を使う理由とは? 冠婚葬祭では普段使いなれない難しい漢数字を使用するのかというと、それには理由があります。 それは、文字を書き足すことで数字を書き換えられないようにするためです。 例えば、一であれば、縦に一本棒を入れることで十になりますよね。 これらを防ぐためにあえて難しい字を使用するといわれています。 まとめ お布施の袋の書き方にかかわらず、のしやのし袋の書き方というのは悩むことが多いですよね。 しかし、最近では元々市販されているのしやのし袋にあらかじめ必要な表書きが書かれているものも多くあるので便利ですよね。 もちろんそれらを用いるのもいいのですが、出来ればすべて手書きにした方が、相手に気持ちが伝わるのではないでしょうか? お布施の袋も僧侶の方への感謝の気持ちを込めてお渡しするもです。 ただ、せっかくお布施をお渡ししても書き方が間違っていては恥ずかしいですよね。 特に難しいのが表書きよりも裏書です。 表書きは上段は「お布施」そして下段は名前を書けばいいわけですが、裏書はどうしたらいいか悩む人も多いかと思います。 裏書は、わかりやすいように施主の住所と電話番号を記入します。 そしてお布施はあくまで御礼なので、金額は書いても書かなくても大丈夫です。 ただ、書く場合には、必ず漢数字を用いるようにしましょう。 このように、お布施の書き方は実は細かく決められているので、間違えて恥をかかないように注意して書きましょうね。

次の