高嶺 の 花子 さん。 高嶺のハナさん

高嶺の花子さん back number 歌詞情報

高嶺 の 花子 さん

もも(石原さとみ)は、千秋(香里奈)が直人(峯田和伸)を誘惑する様子を電話で聴いていた。 ももを忘れられなくてもいい、最初は浮気でいいから、と迫る千秋。 そんなやり取りに傷つきながらも、ももは電話を切れない。 あの手この手で誘いをかける千秋に、直人は……。 すべてを失った龍一(千葉雄大)と、ともに生きていくと決めたなな(芳根京子)。 彼女は、次期家元の座を降りて月島家を離れたいと市松(小日向文世)に申し出る。 市松は、なぜかその望みを聞き入れて、ななを即座に破門する。 ななの決断を知ったももは思いとどまらせようとするが、ななの決意は固かった。 その頃、龍一は市松と会っていた。 ななが家元になりたがらないことすら、市松には織り込み済みだった。 市松は龍一に、ももとの縁談を持ち掛ける。 ももと結婚して月島流を支えれば、神宮流を率いる兵馬(大貫勇輔)に勝つことさえできると言われ、龍一は……。 その直後、龍一は姿を消し、ななにも連絡が取れなくなる。 そしてななは、ルリ子(戸田菜穂)から、市松がももと龍一の縁談を進めていると聞かされる。 月島家に戻ったももは、次期家元として正式に認められる。 直人を呼び出し、月島流を継ぐことになったと知らせるもも。 彼女は直人に、これまでの感謝の思いを語り、本当の意味で一人で立てるようになりたいと、別れを告げる……。

次の

「高嶺の花子さん / back number」の楽譜一覧

高嶺 の 花子 さん

もも(石原さとみ)は、千秋(香里奈)が直人(峯田和伸)を誘惑する様子を電話で聴いていた。 ももを忘れられなくてもいい、最初は浮気でいいから、と迫る千秋。 そんなやり取りに傷つきながらも、ももは電話を切れない。 あの手この手で誘いをかける千秋に、直人は……。 すべてを失った龍一(千葉雄大)と、ともに生きていくと決めたなな(芳根京子)。 彼女は、次期家元の座を降りて月島家を離れたいと市松(小日向文世)に申し出る。 市松は、なぜかその望みを聞き入れて、ななを即座に破門する。 ななの決断を知ったももは思いとどまらせようとするが、ななの決意は固かった。 その頃、龍一は市松と会っていた。 ななが家元になりたがらないことすら、市松には織り込み済みだった。 市松は龍一に、ももとの縁談を持ち掛ける。 ももと結婚して月島流を支えれば、神宮流を率いる兵馬(大貫勇輔)に勝つことさえできると言われ、龍一は……。 その直後、龍一は姿を消し、ななにも連絡が取れなくなる。 そしてななは、ルリ子(戸田菜穂)から、市松がももと龍一の縁談を進めていると聞かされる。 月島家に戻ったももは、次期家元として正式に認められる。 直人を呼び出し、月島流を継ぐことになったと知らせるもも。 彼女は直人に、これまでの感謝の思いを語り、本当の意味で一人で立てるようになりたいと、別れを告げる……。

次の

高嶺の花子さん/back number (Cover)

高嶺 の 花子 さん

この作品記事はが望まれています。 ください。 登場人物 [ ] 高嶺 華(たかみね はな) 大手お菓子メーカー『ミツバチ製菓』に勤務する商品企画部所属の27歳のキャリアウーマン。 彼女が企画する商品は必ずといっていいほど大ヒットするエースで、またその美貌から男性社員の憧れの的であるが、常にクールであることから大企業の幹部かプロ野球選手と付き合っているという噂がある。 実は同じ部署に所属する弱木のダメっぷりに惚れているが、恋愛に関しては小学5年生レベル で、いつも弱木にきつい当たりをしてしまうことを影で泣きながら後悔している。 あの手この手で弱木を振り向かせようとするが、高嶺と弱木のギャップの差と鈍感な弱木によって常に空振りで終わってしまう。 高嶺自身も「弱木が天井と付き合っている」と思い込んでいたり 、可愛い娘が好きだと思っているという理由でゆるふわな服を着てくるが、弱木に「似合わない」と言われたことにショックで嫌われたと思い込んだりする(高嶺はスーツ姿が似合うという意味での発言である)。 小学校のころのエピソードがあり、本当は目当てで飼育係をやりたかったが、学級委員に推薦されるなど周囲の期待を裏切れない姿が紹介されている。 弱木 強(よわき つよし) 『ミツバチ製菓』商品企画部所属の24歳。 根本的に不器用で、かつ発想がポンコツであるためあらゆる企画が没になるダメ社員。 高嶺を尊敬の意味で惚れており、高嶺に認められようと日々努力をしているが、高嶺が自分に惚れていることにはまったく気づいていない。 気質がある。 更田 元気(さらだ げんき) 『ミツバチ製菓』商品企画部所属の25歳。 社内一のプレイボーイで、会社の女性社員を食っているという噂があることから「チャラ田」という蔑称がつけられている。 弱木に対してちょっかいを出す一方、相談をしてきた高嶺が自分に惚れていると勘違いしている。 天井 苺(あまい いちご) 『ミツバチ製菓』総務部所属の22歳。 「可愛いは正義」を具現化した子で、彼女を支持する社員によって「イチゴ親衛隊(ストロベリーズ)」が結成されている。 自分にまったく興味を示さない弱木に苛立ち、何としても振り向かせようとするが、鈍感すぎるために空振りに終わってしまう。 また高嶺が弱木を振り向かせようとする行動のせいで「イチゴ親衛隊」が高嶺側に流出していることや 、高嶺が弱木に惚れていることに気づいたため 色々と嫌がらせをするが、高嶺のポテンシャルの高さからうまくいっていない。 書誌情報 [ ]• ムラタコウジ『高嶺のハナさん』 日本文芸社 〈ニチブンコミックス〉、既刊2巻(2020年4月27日現在)• 発売、• 発売、 出典 [ ].

次の