ビットコイン 海外fx。 FXCM、ビットコインCFDを開始

ビットコインで海外FX業者のFXOpenに入金してみた|ヨネダメガネの海外FXブログ

ビットコイン 海外fx

そもそもビットコインとは? そもそもビットコインとは何なのでしょうか? 仮想通貨に詳しくない方でもビットコインという言葉は聞いたことがあると思います。 ここでは、最近急激に注目を集めているビットコインについての説明を行っていきます。 ビットコインの説明の前に仮想通貨について理解する必要があるので仮想通貨についてまずは説明します。 仮想通貨とは、簡単に言うと 国に属さず実態が存在しない通貨のことです。 本来通貨と言うと、日本の円、アメリカのドルなどのようにそれぞれの国家に属しています。 しかし、仮想通貨は 国家に属しておらず国に関係なく使うことができる通貨であると言えます。 また、これまでの通貨は1円硬貨、1000円札などのように実体が存在しました。 しかし、仮想通貨は名前の通り仮想上の通貨であり、 実態は存在しません。 このような特徴のある仮想通貨の種類として、• ビットコイン• イーサリアム• リップル などが存在します。 これら3つは仮想通貨の代表格ですが、これ以外にも多くの通貨が度々生まれています。 その中でも 最も代表的なものがビットコインです。 ビットコインという言葉は仮想通貨に詳しくない人でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? ビットコインは日本円を1円、2円と数えるのと同様に1BTC ビーティーシー 、2BTCというように数えます。 また、仮想通貨はそれぞれに特徴があるのですが、それについて説明していると長くなるのでここでは割愛します。 Bitcoinの取引について!入金・出金以外にも使える! ここから、本格的に海外FX業者でビットコインを取引する場合について紹介していきます。 多くの海外FX業者でビットコインと聞くと、海外FX口座への入金や出金で利用する 「ビットコイン入出金」をよく目にすると思います。 しかし、今回紹介するのはビットコインと日本円などの他の通貨で取引を行う「ビットコインFX」についてです。 そこで、ここからビットコインでFXを行う場合に役に立つビットコインの特徴について紹介していきます。 値動きが激しい 仮想通貨はとても値動きが激しく 一日で価格の10%が動くということは当たり前のように起きてます。 日によっては数時間で何倍にも価格が膨れ上がるということすらあり得ます。 長期的には上がり続けている 1日単位で見ると、ビットコインの価格は上がり下がりを繰り返しています。 しかし、 長期的に見れば考えられないペースでビットコインの価格は上昇しています。 現在もテクニカル的に分析すると、下降トレンドではあるものの将来的にはもっと価格が上がることは容易に想像できます。 これまでも 1年間で言うと価格は10倍以上になることもありました。 そのため、基本的にビットコインなどの仮想通貨で儲けたいという場合は買って保有しておくだけで利益を上げることができます。 さらに、その上昇金額も大きいので見込める利益もこれまでの投資商品とは比べ物になりません。 しかし、ビットコインなどの仮想通貨はどこの国にも所属していません。 そのため、ある特定の国の情勢に注目しておけばいいということはなく、様々な情報を仕入れていく必要があります。 ただ、多くの場合は価格が下がったとしても一時的なもので現時点では基本的には上がり続けているので 当分の間は保有しておくだけで大丈夫です。 海外FX業者XMでは取引ができる! 基本的にビットコインなどの仮想通貨でFXを行う場合はビットフライヤーやコインチェックなどの取引所で取引を行う必要があります。 しかし、一部の海外FX業者であればビットコインFXを仮想通貨以外の通貨と同じように取引を行うことが出きます。 ビットコインFXを行うことができる海外FX業者の中で特におすすめなのが人気の高いXMです。 ここでは、ビットコインFXが行える海外FX業者XMの特徴について紹介していきます。 海外FX業者XMのメリット 海外FX業者のXMは多くの日本人が利用しており、それだけたくさんのメリットが存在しています。 そこで、ここから海外FX業者XMのメリットについて紹介していきます。 最大50万円のボーナス 海外FX業者の特徴の一つとして 豪華なボーナスがもらえるということがあります。 さらに、豪華なボーナスがもらえるという海外FX業者の中でも特にXMは多くの金額をボーナスとして提供しています。 まず、XMで海外FX口座を開設したときに 3000円の「口座開設ボーナス」をもらうことができます。 この豪華なボーナスを使うことで他の海外FX業者に比べ少ない金額からビットコインFXを始めることが可能になります。 ゼロカットで借金0 海外FX業者XMの魅力の一つにゼロカットという仕組みがあります。 ビットコインは常に大きな値動きをしているため、短期間で多くの金額を稼ぐことができる可能性があります。 しかし、逆に 短期間で大きな損失を負ってしまう可能性もあります。 レバレッジを高くして取引をしていた場合、ロスカットが施行されずに口座残高がマイナスになってしまう場合もあります。 ビットフライヤーなどを使っていると、口座残高がマイナスになってしまった場合はそのマイナス分を自分で負担しなければなりません。 払えなければ借金になってしまいます。 しかし、海外FX業者のXMにはゼロカットがあり、口座残高がマイナスになった場合もXMがトレーダーの代わりに負担してくれます。 そのため、海外FX業者のXMを使っていれば、 借金を負う心配はありません。 約定力が高い 約定力の高さも海外FX業者XMの魅力の一つです。 さらに 注文の99. 海外FX業者XMのデメリット 多くの人が利用している人気の海外FX業者XMにもデメリットは存在します。 ここからは、海外FX業者XMのデメリットについて紹介していきます。 スプレッドが広い 多くのメリットがある海外FX業者のXMですが、スプレッドに関しては他の海外FX業者に比べて劣っています。 TitanFX、Axiory、LAND-FXなど有名な海外FX業者がスプレッドを低く設定しているのに対し、XMは少し出遅れているといった感じです。 また、値動きの激しいビットコインFXの場合は スプレッドが10pipsとさらに広くなってしまいます。 スワップポイントがマイナス 最後に紹介する海外FX業者XMを使う際のデメリットはスワップポイントについてです。 XMは海外FX業者の中でも特にスワップポイントが小さく、ほとんどの場合はマイナスになってしまいます。 そのため、スイングトレードなどの長期的なトレードにXMはあまり向いていません。 32 とかなり低くなってしまいます。 つまり、XMでビットコインFXの ポジションを持ち続けていると証拠金が減っていってしまうということになります。 そのため、海外FX業者のXMでビットコインFXを行う場合はスキャルピングやデイトレードを行うことをおすすめします。 XMでビットコインFXを行うためには? 最後に海外FX業者のXMでビットコインFXを行う方法について紹介していきます。 海外FX業者と言えば、取引プラットフォームとしてMT4を思い浮かべる人が多いと思います。 しかし、海外FX業者のXMでビットコインFXを行う場合は MT5を取引プラットフォームを使う必要があります。 XMの口座を持っていない場合であれば、口座開設の際に「プラットフォーム」でMT5を選択。 XMの口座を持っている場合は「追加口座」で新しく口座を作成し、「プラットフォーム」でMT5を選択することで海外FX業者XMでビットコインFXをすることができます。 基本的にビットコインを買って保有しておくだけで儲けることができるという素晴らしい投資商品です。 正に価格が下がった今が投資をするのに最適なタイミングであると言えます。 その値動きの激しいビットコインはFXでの取引をすることも可能です。 一般的にはビットフライヤーやコインチェックなどの取引所でのビットコインFXが一般的ではありますが、一部の 海外FX業者でもビットコインFXが可能です。 ビットコインFXを行うことができる海外FX業者の中で特におすすめな業者がXMでした。 海外FX業者XMの特徴としては.

次の

仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所のスプレッド比較【国内7社、海外2社】

ビットコイン 海外fx

大手海外FXブローカーであるFXCM Group, LLC(本社:20 Gresham Street, 4th Floor, London EC2V 7JE, United Kingdom )【以下、FXCMと称す】は、傘下の英国法人(Forex Capital Markets Limited, FXCM UK とオーストラリア法人(FXCM Australia Pty Limited, FXCM AU)の顧客向けに、FXCM初の仮想通貨CFDとなるビットコインCFDの提供開始を発表した。 2016年11月にオフィスを開設した南アフリカ法人(FXCM South Africa PTY LTD, FXCM ZA)の業績が軌道に乗ったこと、また顧客からの強い要望から、この度業容拡大を図りビットコインCFDの取引を開始する運びとなったようだ。 FXCMは、今後数か月の内に新たな仮想通貨CFDを追加提供する予定となっている。 FXCMが提供するビットコインCFDの特徴は、ディレクショナル・トレーディングが可能となっており、相場が上昇するか下落するかを予測し、予測と同じ方向にポジションを形成できるほか、仮想通貨ウォレット(仮想通貨を保管しておく場所)やコールドストレージ(インターネットに接続していない環境で管理する仮想通貨ウォレット)が無く、損益は即時に顧客の口座に反映されるようになっている。 また、ビットコインの100分の1相当の小さな取引を行うことができるため、低コストにて取引が始められるようになっている。 official release 2018. 3 業界大手のFXCMは、2015年1月に起きたスイスフラン・ショックによって2. 25億ドルの損失を被り、Leucadiaから3億ドルの緊急財政支援を受けるなど、事業経営の苦しい時期があった。 さらには顧客に対し虚偽の宣伝を行っていたことで、全米先物協会(NFA)や米商品先物取引委員会(CFTC)から700万ドル(約7. 8億円)の罰金を科せられた他、米国内における営業の停止を命ぜられ、2017年2月に米国市場からの撤退を発表している。 しかしながら、その後を発表、また今年6月にはを欧州に拡大したことを発表するなど、ヨーロッパやアジアでのサービスを拡大している。 さらに、今年4月にはFXCMの主要株主であるLeucadiaを傘下とするを発表(プライムブローカー事業にて提携)し、スイスフラン・ショックの後、主要なプライムブローカーとの間のクレジットライン(回転信用供与枠)の確保に苦戦してきたFXCMにとって、自社の存続を確実なものとしている。 今回新たに発表のあったビットコインCFD取引の開始によって、今後FXCMの業績はどのような変化を見せるのか、非常に楽しみである。

次の

【現在取引停止中】XMの仮想通貨(ビットコイン)の取引方法や条件とは?

ビットコイン 海外fx

レバレッジ取引とは レバレッジ取引とは口座に入れた資金に対して「レバレッジ」というものをかけて行う取引のことです。 レバレッジというのは日本語では「てこ」、「てこの原理」という意味の言葉です。 文字通り 資金にてこをかけることで、実際の額面以上の取引ができます。 例えば資金が10万円あったとき、現物取引では額面通りの10万円分しか取引はできません。 しかしレバレッジ取引で2倍のレバレッジをかけると最大で20万円分の取引をすることが可能になります。 同じ資金でも現物取引より大きな取引ができるのがレバレッジ取引です。 ビットコインレバレッジ取引のメリット・デメリット ビットコイン BTC のレバレッジ取引には、レバレッジ取引とFX取引の2種類があります。 アルトコインでのレバレッジ取引のことを総称して暗号資産 仮想通貨 FXやアルトコインFXと呼ぶこともあります。 通常の信用取引と同じように、ハイリスク・ハイリターンの投資をビットコイン BTC でも行うことができるので、 大きく損失を出すこともあれば、大きく利益を出すこともある、というのが取引上の性質です。 レバレッジ投資のメリット もっとも価格変動が激しかったときには、ビットコイン BTC は1日で20%以上も価格が上下することもあり、短期での大勝をしたいヤマっ気の強いトレーダーが大量に参入しました。 価格も右肩あがりだったので、ある程度のリスクの中で大きな利益をあげることができました。 また、ご存知の通り、ビットコイン BTC 価格は200万円超を境に下落をしています。 ただ、 価格の下落時でも利益を出せるのがレバレッジ取引の特徴です。 売りポジション(ショート)を保有することで、同じ倍率でマイナス相場でも利益を出せるため継続して取引を行う投資家がいます。 レバレッジ取引は下落時にも利益を出すことができる 現物取引では実際にビットコイン BTC を売り買いするために、まずはビットコイン BTC を買うところから取引を開始しないといけません。 そのためビットコイン BTC の相場が下落しているときは、利益を出すことが難しくなってしまいます。 一方レバレッジ取引ではビットコイン BTC を取引するわけではありません。 レバレッジ取引で取引するのは「 売りと買いの差額」です。 こういった形式を 差金決済と言います。 差金決済では差額を扱うため、買いと売りがワンセットになります。 買いから始めることもできれば売りから始めることができます。 するとその差額である20万円が残り、利益となります。 レバレッジ取引は普通の買うことで利益を出すこともできますし、売りから始めることで相場が下落していても利益を出すことができるのです。 レバレッジ投資のデメリット 一方でそのリターンの裏側には常にリスクがあります。 レバレッジ取引ではレバレッジをかけることで利益を大きくすることができる反面、 損益も大きくなってしまいます。 10万円で20万円分の取引をして、価格が半分になると一気に証拠金はゼロになります。 なので損切りをきちんとしないと損益が大きくなってしまいます。 そして 損益が資金の一定の割合を超えると「追証」という、追加の入金を求められます。 更に損益が膨らむと自動で決済されてしまいます。 ビットコイン BTC のレバレッジが始まった当時はまだ取引所や取引のシステムが未熟だったこともあり、追証や強制ロスカットによって借金を抱える人が多く表れました。 そのため当時はレバレッジをかけずに、買いポジション(ロング)で長期保有(ガチホ)しましょう、という呼びかけも多かったように思います。 今は制度も改善され、以前よりリスクは下がりましたがそれでも大きな含み損を抱える可能性は残っています。 レバレッジ取引のデメリットを抑える方法 レバレッジ取引のデメリットを抑えるには、 レバレッジ取引についてよく勉強して投資計画を入念に立てることが大切です。 特に利益や損益をどこまで我慢するか、どこで損切りをするかというのは重要です。 人間、儲かり過ぎると欲が出て利益を確定させるタイミングが遅れますし、反対に損益が出るといつか反転するだろうと思うものです。 そこで利益が出たとき、損益が出たとき、どのラインで決済をしておくかを決めておき、機械的にそれを守ることでレバレッジ取引のデメリットである高い損失を抱えるリスクを抑えることにつながります。 ビットコイン BTC のレバレッジ取引(FX)の取引所の比較、選び方 ビットコイン BTC は暗号資産 仮想通貨 で最も有名な通貨ですから、大手の取引所であればたいていレバレッジ取引が可能となっています。 しかし海外となると、大手といえどもレバレッジ取引に対応していない取引所も。 そもそも日本在住という条件では、口座開設もできない取引所もあるくらいです。 今回お伝えする海外の取引所は、日本在住でもレバレッジ取引ができる取引所ばかりです。 海外取引所ならではの特徴も、あわせてお伝えしていきましょう。 レバレッジ取引所を選ぶ基準は以下の通りです。 1:暗号資産 仮想通貨 レバレッジの対応通貨ペア数 暗号資産 仮想通貨 取引所では、現物取引とレバレッジ取引で利用できる通貨数が異なります。 例えば、の場合、現物取引であれば5種類の通貨が取引できますが、レバレッジ取引の場合はビットコイン BTC しか取引できません。 一方でDMM Bitcoinの場合は、レバレッジ取引では6通貨の通貨が取引できますが、現物ではそれほど多くありません。 レバレッジ取引で取扱のある通貨を調査しましょう。 2:レバレッジ倍率が何倍であるか レバレッジ倍率の選択肢を把握しておきましょう。 以前は国内であれば最大25倍までの取引が可能でしたが、現在ではレバレッジ規制がかかっており、最大4倍程度までの取引所が大半です。 暗号資産 仮想通貨 は価格のボラティリティが大きいので大損をしてしまうリスクを減らして、投資家を保護するというのが目的の一つだと予想されます。 しかし海外の取引所では日本のように規制がされていないところもあります。 3:取引所のレバレッジに関する取引ルール レバレッジ取引は取引所によってそのルールも、手数料も異なります。 特に、取引に関するルールとしては、証拠金維持率や追証あり・追証なし、強制ロスカットの有無などを確認しておきましょう。 「 証拠金」というのは取引をするために、 最低限必要な資金のことです。 例えば100万円分取引をするとき、レバレッジ2倍であれば50万円あれば取引ができます。 この50万円が証拠金となります。 そしてこの証拠金の現在している取引に対する割合を「 証拠金維持率」と言います。 そして取引の中で損益が大きくなり、証拠金維持率が下がると追加の証拠金である「 追証」を求められたり、強制的に現在の取引を決済させられる「 強制ロスカット」をされてしまうことがあります。 証拠金や証拠金維持率の計算方法がよくわからない人は口コミや評判を参考にすると良いでしょう。 また以下の記事でもレバレッジに関する用語を解説しているので、ぜひ見てみてください。 ビットコイン BTC のレバレッジ取引(FX)ができる国内取引所3選! ビットコイン BTC のレバレッジ取引ができる取引所はたくさんありますが、その中でも特におすすめの取引所をお伝えしていきましょう。 国内取引所1:GMOコイン 東証一部上場企業のGMOインターネットが運営する取引所。 GMOクリック証券の運営も行っているので、 金融事業のノウハウも備えている国内最大手の取引所です。 特にGMOコインは専用のスマホアプリである「ビットレ君」をリリースしています。 スマホやタブレットからでもパソコンと変わらない操作性でレバレッジ取引ができるため、ずっとパソコン前にいる必要はありません。 ビットコイン BTC をレバレッジ取引するのであれば、 一番おすすめの取引所といえます。 ビットコイン BTC のレバレッジ取引(FX)ができる海外取引所2選! 日本だと25倍までのレバレッジ取引しかできませんが、海外ではなんと100倍というレバレッジ取引もできます。 ここではレバレッジ取引ができる海外取引所をお伝えしましょう。 海外取引所1:BitMEX BitMEXは、 少額資金で取引したい方におすすめの取引所です。 ビットコイン BTC は最大100倍、イーサリアムも最大50倍のレバレッジ取引が可能。 またBitMEXは「追証なし」のサービスを導入しています。 証拠金維持率が0%になると強制決済する仕組みなので、急激な相場変動で追証による借金の心配もありません。 海外取引所2:CryptoGT(クリプトGT) CryptoGTは、 キプロスに拠点を構える暗号資産 仮想通貨 取引所です。 1倍・10倍・25倍・50倍・100倍、そして最大200倍ものレバレッジをかけることが可能。 日本語にも対応しているので、日本人でも利用しやすい取引所ともいえます。 ビットコイン BTC のレバレッジでの購入方法を画像つきで紹介 レバレッジ取引の購入の仕方を解説します。 基本的には現物とさほど違いはありません。 GMOコインでビットコイン BTC をレバレッジで購入 GMOコインではシンプルな手順でビットコイン BTC をレバレッジ取引形式で注文することができます。 ビットコイン BTC の現物取引が可能な取引所を紹介 どの暗号資産 仮想通貨 取引所でもビットコイン BTC の現物取引は可能です。 取引所を選ぶ基準の一つであるビットコイン BTC を取引する際の手数料を以下にまとめました。 取引所名 手数料 0. 01~0. そのほか様々な分野からビットコイン BTC の現物取引におすすめの取引所を以下の記事で紹介しています。 ぜひ参考にしてください。 ビットコイン BTC のレバレッジ取引はGMOコインがおすすめ この記事のまとめ• 国内の暗号資産 仮想通貨 取引所でレバレッジ取引を行うことができる• 海外の暗号資産 仮想通貨 取引所では100倍ものレバレッジ取引が可能なところもある• 国内の取引所であれば「GMOコイン」「DMM Bitcoin」「BITPoint」がおすすめ• 海外の取引所であれば「BitMEX」「CryptoGT」がおすすめ さて、日本や海外でレバレッジ取引ができる、おすすめの取引所をお伝えしてきました。 国内であれば信頼性が高く、スマホからでも快適に取引できるGMOコインが、それでも物足りないという人は海外の取引所であるBitMEXが、信頼性の面でおすすめです。 堅実に取引するのか、それとも高いレバレッジ倍率で攻めるのか、自分のトレードスタイルに合った取引所を選びましょう。

次の