メープル シロップ 効能。 甘くておいしいメープル紅茶の作りかたと体への効能について

メープルシロップに癌細胞増殖抑制成分

メープル シロップ 効能

sponsorlink メープルシロップとは? 「メープルシロップ」の「メープル」とはサトウカエデやイタヤカエデなどの、カエデ属の植物のこと。 「メープルシロップ」はこれらカエデ属の樹木から採取できる樹液です。 樹液を煮詰めて、1リットルくらいになるまで濃縮させたものがメープルシロップです。 メープルシロップの栄養 メープルシロップには日本人に不足しがちなカルシウムやマグネシウム、たんぱく質や糖質の代謝に不可欠な亜鉛、余分なナトリウム(塩分)を排出するカリウムといった注目のミネラルをバランスよく含んでいます。 又、ビタミン、アミノ酸、たんぱく質、有機質、ポリフェノールも含まれています。 他の一般的な甘味料に比べるとビタミン、ミネラルの含有量が高いのが特徴です。 3(66. 7 79. 2g 99. 5㎎、マンガン2. 01、ビタミンB2 0. 02㎎、パントテン酸0. 13㎎、ビオチン0. 1㎎ カリウム18㎎、亜鉛1. 0、ビタミンB2 0. 01㎎、パントテン酸0. 05㎎、ビオチン0. 9g、カロリーは約54kcalです。 メープルシロップと蜂蜜の違い メープルシロップと蜂蜜は似ていますが、以下の違いがあります。 糖質の違い メープルシロップの糖分はショ糖であるのに対し、ハチミツの糖分はブドウ糖と果糖です。 赤ちゃんはいつから大丈夫? 蜂蜜はミツバチが花から採取した蜜を自らの体内で分解したもの。 ボツリヌス菌の影響が心配なので、1歳未満の赤ちゃんに蜂蜜は禁忌です。 一方、メープルシロップはボツリヌス菌の心配がないので、10カ月から大丈夫です。 また、妊娠中、授乳中に口にしてもまったく問題ありません。 メープルシロップの効能効果 メープルシロップには以下の効能効果があると言われています。 カリウムは体内の余分な塩分を排出する働きがあるので、むくみを改善する効果が期待できます。 ダイエット効果 メープルシロップには血糖値の上昇を緩やかにしてくれる働きがあります。 メープルシロップのGI値はアンバーでは46。 砂糖の109、ハチミツの88よりも少ない低GI食品です。 又、メープルシロップはたんぱく質や糖質の代謝に不可欠な亜鉛、炭水化物や脂肪をエネルギー変換をサポートする働きがありビタミンB2を含みます。 メープルシロップは蜂蜜、砂糖と比べて太りにくい甘味料といえます。 メープルシロップにダイエット効果があるというのは、言い過ぎだと考えます。 アンチエイジング効果 メープルシロップには、ポリフェノールが67種類含まれています。 ポリフェノール抗酸化物質です。 抗酸化物質は、活性酸素を除去する働きがあります。 活性酸素が原因であるシワやたるみ、くすみ、乾燥などの肌老化を防止、及び動脈硬化、高血圧、糖尿病などの予防効果も期待できます。 肝臓保護効果で肥満を防ぐ 東京大学大学院の研究チームは世界で初めてメープルシロップには肝臓保護効果があることを、また肥満を抑制する可能性があることを動物実験により確認しました。 抗生物質の効き目をよくする効果 カナダ、マギル大学の研究でメープルシロップに含まれるフェノール化合物は、抗生物質の利き目の邪魔をしていた、有害な細菌の影響を低下させる効果があることが明らかにされました。 但し、「寝る前」といっても、寝る直前ではなく「寝る1時間前」です。 寝る前にメープルシロップなどのエネルギーを摂取することで、睡眠の質を落とさずに成長ホルモンを分泌することができ、寝ている間に脂肪を燃焼しやすくなります。 寝る1時間前くらいに大さじ一杯飲むのがおすすめです。 但し、メープルシロップ大さじ一杯には13. 9gの糖質が含まれているので、夜の炭水化物の摂取は控えるのが賢明です。 メープルシロップの選び方 メープルシロップの効能効果と栄養成分等を見てきました。 次にメープルシロップの選び方をご紹介します。 メープルシロップを選ぶ時は以下のポイントで選ぶのが無難です。 どれを選べば良いかが分からない時は、カナダ産のメープルシロップを選ぶのが無難です。 グレードで選ぶ メープルシロップは採取される時期によって色や味の濃さやフレーバーが異なる、5段階のグレード(等級)があります。 グレードが高いほど、品質が高いです。 原材料で選ぶ メープルシロップと言いつつ、メープルシロップ100%とは限りません。 原材料をチェックしてメープルシロップ100%のものを選びましょう。 おすすめのメープルシロップ 以下のメープルシロップは楽天市場みんなのレビュー・口コミで4. 51(245件)と好評です。

次の

メープルシロップの効果・栄養成分(カロリー・糖質)・蜂蜜との違い【徹底解説】

メープル シロップ 効能

この量は、砂糖に換算すると25g(小さじ6杯分)です。 肥満や生活習慣病の予防のためには、砂糖の量は減らしたほうがいいということです。 日本でも年々健康志向が高まってきています。 そのような背景からか、メープルシロップは、自然由来の天然甘味料、ネイチャースイートソースとして年々人気が出てきています。 メープルシロップとは? メープルは、カエデのことです。 カエデの樹液を集めて、それを煮詰めたものなんです。 冬の寒い時期にカエデの木に穴を開けてそこから出る樹液を採取します。 採取した樹液を約40分の1になるまで煮詰めて作ったのがメープルシロップです。 40リットル樹液を採取しても作られるのは1リットルだけです。 1本のカエデから取れる樹液には限りがありますのでとても貴重なシロップと言えます。 同じカエデの樹液でも採取時期によって色や味、風味が変わります。 新基準のグレードでは、ゴールデン・アンバー・ダーク・ベリダークの4つのグレードに分けられます。 メープルシロップの産地と言えば、カナダをイメージしますが、やはりカナダが主な産地です。 世界全体の約8割を占めます。 カナダ南東部~アメリカ北東部で多く生産されます。 日本でもわずかですが、埼玉県秩父市、山形県金山町などで生産されています。 最近の研究からも様々な健康効果があることが分かってきました。 そこで、メールシロップの効果効能について紹介したいと思います。 健康面では、白砂糖に比べると様々な点で優れています。 砂糖100gあたりで比較すると、砂糖は384kcalに対し、メープルシロップは257kcalです。 砂糖に比べる3分の2ほどの低カロリーな甘味料です。 GI値とは 食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを測った値のこと。 GI値が低ければ低いほど、血糖値の上昇が緩やかになる。 ブドウ糖を100とした時に、70以上を高GI食品、55以下のものを低GI食品と呼ぶ。 砂糖のGI値が109に対し、メープルシロップは46です。 砂糖に比べ半分以下です。 これは鶏・豚・牛などの肉類に匹敵する低GI食品となります。 メープルシロップは、血糖値の上昇が緩やかなので、糖尿病予防や肥満予防に向いていると言えます。 さらにアメリカ・ロードアイランド大学の研究によるとメープルシロップのポリフェノールが、炭水化物を糖に変える酵素を阻害することが分かりました。 つまり、糖が作られるのを防止するのでこの点でも糖尿病予防が期待できそうです。 甘いのに糖尿病予防が期待できるなんて、ちょっと信じられない感じですが…。 カナダの糖尿病割合は? メープルシロップをよくとっているカナダの人は、糖尿病の人の割合は少ないのかちょっと調べてみました。 結果は、世界平均が8. ちなみに日本は5. 特にカリウムが豊富に含まれています。 余分な塩分を排出してくれることによって高血圧予防・むくみ予防が期待できます。 ポリフェノールの抗酸化作用によって老化やがんの原因と言われる活性酸素を除去します。 これによりメープルシロップは、生活習慣病の予防として期待されています。 この香りにはストレス解消効果があると言われています。 このように様々な健康効果があるメープルシロップは、罪悪感がない甘みと言えるかもしれませんね。 メープルシロップと言えば、主にホットケーキやパンケーキにかけていただくイメージが強いです。 でも、料理に砂糖の代用として使えば、コクが出るので美味しさが増すと言われます。 これは、樹液から作られたメープルシロップには香気成分が含まれるからだそうです。 また、砂糖よりも低カロリーなのでヘルシーな料理になり肥満予防にもつながります。

次の

メープルシロップは栄養抜群のスーパーフード。美容や健康への効能とは

メープル シロップ 効能

今話題のスーパーフードとは 今、多くのハリウッドスターや世界的な著名人が 健康のために食べているという事で話題となった「 スーパーフード」が 日本でも注目を浴びつつあります。 スーパーフードとは元々、 アメリカやカナダで食事療法を研究する専門家の間で使われていた言葉で、 主に「ある種の有効成分を突出して多く含む食品」のことを指して使われます。 スーパーフードが一般的に広まるようになると、 多くの著名人やセレブたちが日々の食事にスーパーフードを取り入れる姿も ブログなどを介して見られるようになり、 その影響で世界中にスーパーフードが爆発的に広まっていったのです。 一口にスーパーフードといってもその種類は実にさまざまで、 抗酸化作用が強い食品や老化防止に効果的な食品、 生活習慣病やガンの予防に効果的な食品など多種多様な食品がスーパーフードとして認められています。 ちなみにスーパーフードの定義としては 「栄養バランスに優れていて、一般的な食品より高い栄養価を持つ食品であること」 または「一部の栄養素や健康成分が突出して多く含まれている食品であること」 とされています。 例を挙げるとすれば、ハワイのスーパーフードとして知られる「 アサイー」や チョコレートの原料として知られる「 カカオ」、 杏仁豆腐の上にチョコンと乗っているイメージの強い「 クコの実」などがあります。 メープルシロップの概要やその特徴 パンケーキやフレンチトーストなどの 朝食の際に使うことが多い「メープルシロップ」ですが、 最近はスーパーフードとしても注目を集めるようになってきています。 メープルシロップは古来よりカナダの南東部から アメリカ北東部にかけて生産されていた甘味料の名称で、 「 サトウカエデ」と呼ばれる樹木から分泌される樹液を 加熱・凝縮することによって作られます。 ちなみにこのサトウカエデの樹液を 100%使った純粋なものだけを メープルシロップと呼び、スーパーやコンビニエンスストアなどで売られている 人口甘味料を含むものはメープルシロップとは異なるので覚えておく必要があります。 一口にメープルシロップと言ってもその種類は実にさまざまで、 収獲時期や色だけでなくグレードによっても呼び方が異なってきます。 メープルシロップは大きく分けて5つのタイプに区分されますが、 もっとも希少価値が高く本場カナダやアメリカでも最高級品として扱われているのが 「 エキストラライト」と呼ばれるメープルシロップです。 次に希少価値が高いのが「 ライト」というメープルシロップですが、 このシロップは後味がサッパリとした特徴を持っています。 そのほかにもスーパーなどでも購入できる「 ミディアム」、 風味が良く栄養価が高い事で知られる「 アンバー」、 もっとも香りが強く濃い色をしている「 ダーク」などのメープルシロップがあります。 メープルシロップもスーパーフードの仲間 最近、メープルシロップはスーパーフードと呼ぶのに相応しい栄養価を持つ事が判明し、 女性の間でメープルシロップへの注目度が高まりつつあります。 メープルシロップには カリウムが ハチミツの20倍も含まれているため、 定期摂取によってむくみの改善へと繋げることが出来ます。 また、その甘さがダイエットの大敵というイメージを持たれがちですが、 メープルシロップのカロリーはハチミツより低く、 炭水化物を糖質に変換するのを抑制するポリフェノールが たっぷりと含まれているので日常的に摂取する事で高い「ダイエット効果」が期待できます。 さらにメープルシロップには抗酸化作用を持つポリフェノールが 50種類以上も含まれているため、肌のたるみやシワを改善したり 乾燥肌やくすみを改善するなど、「美肌効果」も見込めます。 また、 メープルシロップはカルシウムを多く含むため、 イライラの解消や骨粗鬆症などを予防するのにも役立つ スーパーフードなのです。

次の