ハード ウェア エンコード。 CPU内蔵のハードウェアエンコーダ 徹底検証 Quick Sync Video 1/3

CPU内蔵のハードウェアエンコーダ 徹底検証 Quick Sync Video 1/3

ハード ウェア エンコード

ハードウェア(hardware)とは、「」の対義として使われる単である。 概要 ハードウェアとは、「として大事な要素でかつ、でい部分」「これがくなったらとして機しなくなるがでない要素」などの意味である。 どちらか一つがくなっただけでもは遊べない。 「ハードウェア」と言う単は、広義と狭義ではに意味が違うためもっと詳しい内容が知りたい方は下記の外部を参考にするのがいいかも知れない。 そんなとき…• =「のがしたい」ことを書いているもの• ハードウェア =「のがしたい」と言われて、を計算するモノ とか 、そして計算結果を使用者に見せるモノ や 「ハードウェアエンコード」とか「」とかのメリット? で大きなを書くと、とかにを見に行く必要があったり、にを一時保存しておく必要がある。 はの処理にべ凄く遅いのでそのぶん面倒。 最初からそういう計算をするハードウェアを作っておいてそちらに作業をさせると、めんどくさいが減るから処理が軽くなる。 処理が軽くなると、消費電も減るので機器でも使いやすくなる。 …でハードウェアをする場合の利点、作業を他のにることでのをあまり動かさずに済む、という意味合いもあるが… 関連商品 関連項目•

次の

CPU内蔵のハードウェアエンコーダ 徹底検証 Quick Sync Video 1/3

ハード ウェア エンコード

USB2. 0転送でPCスペックを気にせず録画出来る。 本製品内部にメモリーを搭載しパソコンに合わせた転送を行うハードウェアエンコードモデル。 ハイスペックなパソコンがなくてもしっかりキャプチャーできるUSB接続のキャプチャーボックスです。 ドリキャプ専用ソフトウェア、TURUGI 剣 付属 U-Streamやニコニコ動画に対応したリアルストリーミングに対応。 またストリーミング中に本製品のマイク端子にマイクを接続すれば音声も動画と一緒に配信出来ます。 0 本体USB mini B形状メス ・映像入力端子 : HDMI 19ピンメス 1. 4a対応 ・映像出力端子 : HDMI 19ピンメス パススルー ・音声入力端子 : 3. その為キャプチャーできる解像度も上限は分配側に接続されたモニター解像度が上限となります。 0ポート USBハブでは正常キャプチャー出来ません ・光学ドライブ : CD-ROMが読めるドライブを搭載していること ・ハードディスク : ソフトウェアインストール用に10GB以上の空き容量がある事。 キャプチャー動画は2時間の動画で約12GBの容量が必要になります。 ・本製品はプロ向けとなり、製品の問い合わせサポートはありません。 ・PCに表示される映像はご利用のPCスペックに依存します。 パソコンに表示される動画はタイムラグが大きく発生する場合も御座います。 ・PCとの組み合わせで起きる認識不具合等、特定の条件のみで発生する症状は保証致しません。 ・日本国内仕様です。 日本国内ではHDCP 著作権保護 で保護されている映像は法律で禁止されているためハードウェア、ドライバーにてHDCP信号を検知し映像表示・キャプチャー出来ない仕様となっています。 ・著作権保護されていないコンテンツであっても映像、音声の録画および配信は著作権がございますので必ずお客様にてご確認頂けますようお願い致します。 当社では一切の責任を負いかねます。 ・万が一不具合が発生した場合の不良交換はご購入時のレシートと本製品及び付属品一式 外箱含む と取扱説明書兼保証書が必要となります。 類似商品と比較する お支払い方法 アークオンラインストアでは各種お支払い方法に対応しております、詳しくはをご覧ください。 Amazon Pay(Amazonアカウントで登録されているクレジットカード各種)• 銀行振込み(みずほ銀行、SMBC、JNB)• クレジットカード(VISA、Master、JCB、Amexなど各社対応)• コンビニ決済(各社対応)• JACCSショッピングクレジット(ご購入金額3万円以上~) 納期につきまして 納期は商品購入カートのすぐ上に表記しておりますのでそちらをご参照ください。 納期区分は以下の通りとなります。 店舗在庫との共有システムの為、在庫の少ないアイテムなど、まれにタイミングの関係で品切れとなってしまう場合がございます。 この場合は、当店よりご連絡いたします。 送料につきまして お得な送料無料キャンペーン各種開催中• また一部商品でも個別に送料無料に対応、対象商品はカート上に「送料無料」アイコンを表記しておりますのでそちらをご参照ください。 通常配送料は以下の通りとなります。 ご利用ガイド(ご注文から発送まで) アークオンラインストアのしております。 サポート ご購入前、ご購入後のお問合せはをご覧ください。

次の

アウターウェア(ハードシェルジャケット)の選び方|アウトドアウェア

ハード ウェア エンコード

PC環境:WinXP CerelonD メモリ512MB HDD 250GB 上記環境でユーリード社の『VIDEO STUDIO8』というソフトで 動画編集を行っていたのですが、編集作業をして確認でプレビューする際、 音に画面がついていかなかったり、再生中にソフトが強制終了したりと、 ほとんど編集が進みませんでした。 CPUの問題だろうという事だったのですが、乗せ変えはメーカー製のPCなので難しいとのこと。 こちらで質問させていただいた所、『ハードウェアエンコード』というのを 進められました。 『ハードウェアエンコード』というのがまず始めて聞く言葉でわかりません。 わかり易く教えていただければと思い質問させていただきました。 当方初心者です。 初心者でも行えるものなのか、 これを行った事により何か不具合が出てきたりするのかが知りたいです。 また、『欠点としては、ハードウェアエンコードは付属ソフトしか使えないので、作業の連続性がなくなる』という事も教えていただきました。 こちらも意味がよくわかりません。 初心者の初歩的な質問になりますが、どうぞよろしくお願い致します。 エンコード(暗号化)を、ソフトでなくハードウェアでするってことです。 だいたい何でもそうなんですけど、何かをやろうとした場合、プログラムを組んでソフトウェアにやらせるよりも、ハードウェアで構成を組んでやらせた方が速いのです。 それもケタ違いに。 (その理由を書くと長くなるのでやめますが) 同じことがエンコードの世界にも言えて、大量に流れてくる動画や音のデータ処理をソフトでやろうとすると間に合わなかったりタイミング待ちとかが起きて「音に画面がついていかなかったり」みたいなことが起きえます。 その点、エンコード専用に特化したハードウェアでやらせると処理が速いので、そういうことが起こりにくくなるわけです。 で、ハードウェアエンコードは確かに速いのですけど、要はその為に特化した構成になっているので、汎用的なソフトウェアは使えないことが多いんですよ。 ソフトの側もそのハードウェアに特化したソフト(=付属ソフト)になるというわけです。 ハードウェアエンコードとは、カード上の専用チップでエンコードする方式です。 CPUで計算するより、専用回路でエンコードするために、より高速です。 これを制御するのには専用ソフトが必要です。 エンコード作業だけそのVIDEOSTUDIOから離れて別ソフトで行う必要があるという意味でしょう。 ハードエンコードの性能以前に、そのチップを使うためのソフトの出来や使用できるフォーマットの差異など、使い物になるかどうかは別問題ですし。 ソフトの強制終了は、また別問題。 パソコン自体を高性能なものに買い換えることをお勧めします。 ソフトは、TMPGEで十分に思いますが。 A ベストアンサー DV-AVIでキャプチャして、 2パスVBRでエンコードできるTMPGEnc 3. 0 XPressのようなMPEGエンコードソフトでMPEG2化する方が画質的に有利、 ハードウェアエンコーダーは1パスでしかエンコードできないけど、 DV-AVIをソフトウェアで2パスエンコードさせれば、 1パス目に映像変化を調査し2パス目に最適化されたビットレートでエンコードできるので、 同じ画質ならファイルサイズは小さく、 同じファイルサイズならより高画質を得られます、 ただし時間はハードウェアエンコードでキャプチャする場合は、 元のアナログビデオの再生時間だけで済むけど、 DV-AVIと2パスエンコードの場合、 DV-AVIキャプチャに元のアナログビデオの再生時間、 エンコード時間はCPU能力に影響されるけど、 Pentium4の最高クロックでも再生時間の3~4倍ぐらいはかかると思います。 Q 動画編集は自分でとったHD動画を部分消去、動画の結合、音声の変更、倍速再生のままの保存がやってみたいです。 この程度の編集は簡単な部類でしょうか? CPUはCore i5ぐらいを検討しています。 これにインテルHD4600 グラフィックスではダメですか? メーカーには Nvidia GeForce GTX650かAMD Radeon HD 8730をつけることを進められました。 しかしゲームはやらないのでこんなに必要か?と思ってしまいます。 またはCore i7にインテルHD4600 グラフィックスと比較したらどうでしょうか? 動画編集においてはそれでもCore i5にグラフィックボードがのっかているほうが性能上でしょうか? またはCore i3にグラフィックボードではだめですか? また動画編集ソフトは持っていませんがお勧めがあったら教えて下さい。 A ベストアンサー グラフィックカードが必要かどうかはソフト次第です。 使用するソフトがたとえばGPUエンコードで使用したり画像のエフェクトで使用したりという事もあります。 また、Core iシリーズなら内蔵グラフィックでもGPUエンコードができます。 ただ、エンコードの品質は少し落ちるようなのでできるだけ画質を落としたくないのならCPUのみで演算させるとかグラフィックカードを使うというのはアリとなります。 なお、ソフトがそういった機能を使用できないのであればグラフィックカードを取り付けてもあまり意味がありません。 CPUは早いに越したことは無いのでできるならCore i7でしょう。 Core i3は止めたほうがいいです。 ソフトは体験版があるのでそちらを試して自分が使いやすいと思うものを選ぶといいと思います。 adobe. pegasys-inc. cyberlink. html? e-frontier. grassvalley. grassvalley. php グラフィックカードが必要かどうかはソフト次第です。 使用するソフトがたとえばGPUエンコードで使用したり画像のエフェクトで使用したりという事もあります。 また、Core iシリーズなら内蔵グラフィックでもGPUエンコードができます。 ただ、エンコードの品質は少し落ちるようなのでできるだけ画質を落としたくないのならCPUのみで演算させるとかグラフィックカードを使うというのはアリとなります。 なお、ソフトがそういった機能を使用できないのであればグラフィックカードを取り付けてもあまり意味がありませ... 家電のDVDプレーヤーで再生させるには「DVD-Video」の規格に沿った形で動画データを変換して焼く必要があります。 freemake. 簡単な操作でオーサリング・焼付までやってくれます。 >PCで焼いたものはDVDプレーヤーでは観られないのでしょうか? 見られます。 海外製やパイオニア製のDVDプレーヤーはオーサリングしていないDVDも結構再生できます。 A ベストアンサー PCカードと言っているところからして質問者さんのPCはノートPCか一体型とエスパー。 だとすると拡張手段はPCカードなりUSBなりしかないと思いますが、どっちにしてもHDMI入力対応のキャプチャユニットは市販されてないような… あったとしても遅延が無視できないことになりそうですし、素直にディスプレイを買うのが一番まともな解決策かと思います。 ディスプレイもものによっては無視できない遅延があるので注意。 アクション・シューティングゲームで4フレ遅延とかやられるとゲームになりません。 #なお、「応答速度」と「遅延」には基本的に関係がありません。 応答速度が速いのはオーバードライブ回路が入ってる場合がほとんどで、この回路はできが悪いと遅延拡大の原因になります。 ##で、24インチで2万だ3万だという価格戦争をやってる低価格品に、コストのかかった遅延対策済みOD回路を求めるのは無謀というもの。 Q こんにちは。 映像編集でミュージックビデオを制作し、 ブルーレイに書き出そうと考えています。 そこでEDIUSやVideoStudio、PowerDirector、 Adobe Premiereなど、ありとあらゆる製品版・体験版を試しました。 VideoStudioが気に入りました。 ですが、どの製品もプレビュー時のカクカク感に耐えられません。 プレーン状態のクリップの再生はフル画面で表示してもカクカクはしません。 ただ、1種類でもエフェクトをかけるとカクカクします。 プレビュー画質を落としてみると、確かに滑らかに感じますが、 画が汚すぎて映像のプレビューとしては最悪な感じになりました。 書き出した後が完璧であろうと、書き出す前の時点で このような状況だと、作業が捗りません... 希望は、エフェクトやトランジション、オーバーレイなどを多数行っても 書き出し後と同じようにスムーズにプレビューすることなのですが。 少しでも改善する可能性の有る策などありますでしょうか? 回答お待ちしています。 こんにちは。 映像編集でミュージックビデオを制作し、 ブルーレイに書き出そうと考えています。 そこでEDIUSやVideoStudio、PowerDirector、 Adobe Premiereなど、ありとあらゆる製品版・体験版を試しました。 VideoStudioが気に入りました。 ですが、どの製品もプレビュー時のカクカク感に耐えられません。 プレーン状態のクリップの再生はフル画面で表示してもカクカクはしません。 ただ、1種類でもエフェクトをかけるとカクカクします。 プレビュー画質を落としてみると、確かに滑らかに感じますが、 画... A ベストアンサー 基本的には上等な部類のPCスペックだと思います。 お使いになっている動画ファイルの形式は何でしょうか。 なので、PCにデータを落とし込む際に、予め編集に適したファイル形式にするか、プロキシファイルを作成・使用して、スムーズな編集をするような工夫が要るのではないかと思います。 プロキシに関しては、Corelに以下のような記事がありますので、参考にして下さい。 e-frontier. html なお、EDIUSでも同様のファイル変換機能があります。 参考にして下さい。 A ベストアンサー データが消えにくい等の違いは全くありません。 5インチHDDは、価格以外の面ではメリットが多いです。 消費電力も少ないですし、おっしゃる通りかさ張りません。 しかし3. 5インチの方が容量が大きいので、実際に同じ容量を再現するとしたら「2. 5インチだと2つ要るけど、3. 5インチなら1つでいい」となり、同じぐらいの場所をとるかもしれませんね^^ そして構造を考えても、大容量を確保するなら3. 5インチの方がいい気もします。 HDDというのは中に円盤が入っていますが、1つのHDDに円盤1つとは限りません。 3枚、4枚入っているものもあります。 というか、大容量HDDはたいてい数枚入っています。 では、次を比較してみましょう。 1 円盤1枚で容量500GBのHDD2つ 2 円盤2枚で容量1TBのHDD1つ どちらが場所をとらないかというと・・・もちろん 2 です。 つまり、大容量のHDDの方がかさ張らないんです。 そして、円盤が多いのは3. 5インチの方です。 ただ、故障には弱いです。 故障しやすいという意味ではなく、ダメージが大きいという意味です。 1 なら片方が壊れても500GBは残りますが、 2 だと一気に1TBが消えます。 なので、用途に応じて使い分けるのが賢い選び方でしょう。 そしてNo. 2の方がおっしゃっていた速度ですが、これも構造によるものです。 物理的な話なんですが、同じ回転数でも、外側に行けば行くほどスピードは速くなりますよね?「スピードが速い=円盤の目的地まで早くたどり着ける」という事なので、外側になればなる程アクセスも速くなります。 なので、3. 5インチの方が「全体的に速い」というワケではないですが、「速い場所が多い」ということです。 データが消えにくい等の違いは全くありません。 5インチHDDは、価格以外の面ではメリットが多いです。 消費電力も少ないですし、おっしゃる通りかさ張りません。 しかし3. 5インチの方が容量が大きいので、実際に同じ容量を再現するとしたら「2. 5インチだと2つ要るけど、3. 5インチなら1つでいい」となり、同じぐらいの場所をとるかもしれませんね^^ そして構造を考えても、大容量を確保するなら3. 5インチの方がいい気もします。 HDDというのは中に円盤が入っていますが、1つのHDDに円盤1つとは限りません。

次の