マーリン。 Marlin 7

【FGO】マーリンの評価と再臨素材

マーリン

概要 [ ] がアーサー王として暮らしていた時代の。 略歴 ブリテンを治めたアーサー王(アルトリア)を導く存在。 ウェールズ王妃と夢魔の間に生まれた混血児であり、滅び行くブリテンを救うため先王ウーサーの提案に乗り、赤き竜の化身たる理想の王を作った。 アルトリアが竜の因子を持って生まれたのは彼の計らいによるモノ。 誕生したアルトリアを約定によって父王から譲り受け、騎士エクターの下で育てる。 ブリテンの王となる運命を背負ったアルトリアが岩に刺さった選定の剣を抜く際に現われ、王の運命を告げる。 彼女が王となって以降は、そのサポートにつく。 アルトリアの治世に永く携わったが、彼女のローマ遠征に際して、 手を出した 性質 タチの悪い妖精に狙われアヴァロンへと逃げ、そこに仕掛けられた塔に幽閉された。 同地でカムランの戦いを眺め、アルトリアの契約とその結果を見届ける。 塔から抜け出すこともできたが、遊び気分でひとりの少女の運命に関わった事に思うことがあるのか、生きたまま己の罪を見続ける道を選び、彼自身が塔を永久に封印。 最早永遠に出ることも死ぬこともできず、座に上がり英霊となることもない。 何にも関われない存在として塔の中で一人、惑星の終わるその日まで、今も生きて世界を眺めている。 人物 一人称は「私」、アルトリアの夢の中では「ボク」。 ただしローマ遠征に出る直前のアルトリアとの会話で一度だけ「ボク」を使用している。 自分が混血児であることについては複雑な感情を持っているが、出自からすれば不自然なほど人間を嫌いにならず、むしろ同胞である妖精や巨人たちよりも人間に肩入れするほどに好いていた。 後に世界有数のキングメイカーと評される程に、彼は人間にとって良き時代を作るために多くの王を育てた。 常に笑顔を絶やさず、人々の営みを楽しみ、花のような統治を目指し、そうした彼の姿は周囲の目には好青年と映っていた。 しかしその本当の性質は昆虫のそれに近く、ひたすらに機械的かつ客観的で、この惑星の知性体とは相容れないほど脈絡の飛び過ぎた思考形式を有している。 現在の世界の全てを把握できる『千里眼』を有していることも相まって、マーリンにとって世界は一枚の絵のようにしか見えていない。 マーリン自身もそれを酷いことだとは理解していたが、それこそが夢魔の性質であるため変えることもできず、また、理解していてもそこに罪の意識は無かった。 マーリンは人間に手を貸し、王を作るだけ。 それによって国がどうなろうと彼に責任はないし、何の罪悪感も感じていなかった。 ひとりの少女の、別れの言葉を聞くまでは。 多くの神話、伝承に現れる偉大な魔術師たちの頂点のひとり。 マーリンの千里眼は、何処に行かずともその時代の万象全てを把握し、その顛末を読み取れるというもの。 彼以前に存在した最高位である千里眼保有者には、過去を見通す者や、などがいたとされている。 彼ら千里眼保有者は、生まれながらにして魔術の最奥にして真理に到達している。 それゆえに、人間として生まれながら人間の視点を得られなかった異端者としての疎外感を感じており、マーリンの人間に対する冷酷とも言える見方も、この千里眼が大きく影響を及ぼしている。 バリエーション [ ] キャスター [ ] 『』では「」のとして登場。 上述の通り本来はサーヴァントにすら成りえない存在だが、その理由などは「」を参照。 フラグメンツ [ ] 『』に登場するマーリン。 こちらの性別は 女性。 詳細は「」を参照。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] セイバーの回想などで登場。 Garden of Avalon この物語のキーマンとして登場。 彼を中心に物語が進んでいく。 口絵にて初めてキャラクターデザインが公開された。 モードレッドの回想シーンに、円卓の騎士達と共に馬に乗って登場。 その他 [ ] 文化祭オーラスの舞踏会で司会を務めた。 普段は花屋をやっているようである。 人間関係 [ ] 過去 [ ] その始まりに立ち会い、魔術師として支え続けた主君。 尊敬され親愛も感じられていたが同時にあらゆる厄介事の素だったため、基本的に身内には丁重なセイバーが「そいつ」呼ばわりする例外。 上記人物の若い頃のもしもの姿。 お付きとして武者修行にも同行していたが、彼女のおせっかいで始まった事件をいつも大事にしていたとか。 なお、「この衣装が変装に向いている」と吹き込んだ結果、リリィは丈の短いスカート姿になったとか。 同じ円卓の一員であり、上記の武者修行の際の同行者。 大事になった事件の尻拭い役をいつも押し付けていた。 同じ円卓の一員として以外の当時の関係は不明だが、彼女の願望については「直接言ってしまったら自殺してしまうかもしれないから」とあえて不干渉であった模様。 マーリン側の評価の一端は「彼ら(円卓の騎士)だって馬鹿じゃない。 モードレッドは馬鹿だけど。 」という言葉に現れている。 同じ円卓の一員。 変人として認識していたようで、「彼のようだ」と言われた時には本気でショックを受けていた。 王の姉で自身を貶めた魔女。 宿敵の筈だが、彼女をどう思っているかは不明。 過去に何度か彼女にテレパシーを送ったり巫女を介したりで彼女の冒険を手助けしていたとのこと。 この時点で彼女の運命を知っていたにもかかわらず、忠告するのみで止めなかったあたりはいかにも魔術師らしい。 それでも彼女を支え続けたのは、根っこの部分では善人だったからであろうか。 「ああ、辛い道を選んだんだね」 「でも奇跡には代償が必要だ。 アーサー王よ。 君はその、一番大切なものを引き換えにすることになる」 アルトリアが選定の剣を抜いた後に。 困ったように顔を背けて言った彼だが、内心では彼女の選択に胸を躍らせていた。 彼女の進む道が困難であり、波乱に満ちたものになることを確信し、面白がっていた。 Garden of Avalon [ ] 「さあ、お行きキャスパリーグ。 ボクはここでいい。 おまえは自由に、本当に美しいものに触れてきなさい」 アヴァロンから最後の同居人であるフォウを窓から離し外界へ送り出した台詞。 一見優しげな言葉だが、アヴァロンの塔はかなりの高さがあり、しかも地表から浮いているため、マーリンは遥か下方の地上に向かって窓からフォウを投げ落としたとも考えられる。 何よりフォウがアヴァロンに籠っていた理由を鑑みれば、マーリンシスベシフォーーーウ!と体当たりされるのも当然か。 メモ [ ]• 『アーサー王伝説』の登場人物としてあまりに有名であり、伝承を紐解けばそれこそ枚挙に暇がないほど逸話が存在する。 第五次聖杯戦争時のアルトリアの苦手なものにある「いたずら好きの老人」は彼のことと思われる。 フードを被っており顔の下半分しか確認できないが、腕を含めてしわ一つなく、体格もしっかりしているなど、外見上は若く描かれている。 担当声優はなぜか大河ドラマ常連の大御所俳優・小林勝也氏。 小林氏は当時アニメ出演は2作目であり、立ち位置としては特別出演の大物俳優クラス。 回想でしか登場せず台詞もほとんどない完全な脇役にも関わらず、異常なまでに気合いの入ったキャスティングであり、ある意味かなり優遇されていたキャラクター。 小説『Garden of Avalon』ではキャラクターデザインや設定がきちんと起こされ、本格的に登場。 若い青年の姿が描かれており、外見は老人ではない。 ただし、ウーサーの代から王の手助けをしてきたことから年齢的には老人と言える。 夢魔(=淫魔)の血を引いており、性的な意味でも色々やらかしたようである。 セイバー曰く「 悪人でした。 くわえてその、色事に弱いというか、愛の多い人物というか。 結局最後にそれが仇(あだ)となって幽閉されてしまいましたが、あの老人の事です。 きっと、今でも呑気に愛を語っているのでしょう」とのことで、あまり心配はされてない。 アヴァロンに幽閉されたことで死する運命から外れてしまったらしく、英霊の座には存在しない。 明言はされていないが『Garden of Avalon』でケイから「~その最初に居合わせた円卓はオレとお前だけだったか」と語りかけられているため、型月世界ではの一人だった可能性がある。 『Garden of Avalon』にて円卓の騎士と明言されている12名にマーリンを加えると丁度円卓の騎士の総数である13名となる。 『FoxTail』のガウェインの発言によるとブリテンの騎士団にはボールスもいたようだが、彼は次期十一席とされているため、入れ替わりもあると思われる。 過去にはもっと高次の『千里眼』を所有する魔術師もいたとされるが、具体名は出ていない。 後に、該当すると思しき「過去と未来を観る眼」の持ち主が登場した。 話題まとめ [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ] リンク [ ]•

次の

【FGO】マーリン実装みんなの反応まとめ!宝具効果変更入ったがスキルはそのままか!?

マーリン

フレンドに出す場合もマーリンは特にスキルレベルを見られてしまうサーヴァントの一人なので、他のサーヴァントと比べても優先して強化するべきだろう。 ・スキル1のNPチャージはレベルに依存しない。 ・10まであげられなくてもCT短縮のかかる6を目指そう。 ・全てのスキルCT短縮の価値が大きい。 1 2 3 EX 7 6 7 10 9 12 4 7 2 3 6 5 B Q 7 10 総評:最高クラスのNP効率 アーツ3枚持ちとしてはトップクラスのNP効率を所持。 クラススキルや宝具でのNP獲得も期待できるため、NPを貯めるという点ではマーリンの右に出る者はいないだろう。 メインで切りたいアーツのヒット数はそこまで高くはないため、スターを稼ぎたいなら宝具や礼装でカバーしよう。 クリティカル威力アップは高倍率な代わりに継続が1ターンなので、確実にクリティカルを狙える場面で使いたい。 バスターバフは3ターン継続なのでバスターのアタッカーにはかなり嬉しいサポート。 全ての効果が5ターン継続なので、 効果が切れる前に2回目以降の宝具を打てば全ての効果が重複して機能することは覚えておきたい。 Wマーリンで運用する場合はお互いにNPを供給し合うことで簡単に重ねがけを狙えるのも魅力の一つ。 無敵貫通や防御強化解除がない限りは敵の宝具から味方全員を守れるので非常に強力なスキル。 周回などの全体無敵を必要としない 余裕のある場面ではスター発生バフとして使えることも覚えておこう。 宝具効果を絶やしたくないマーリンと非常に相性の良いクラススキルと言える。 持っていればもちろん、未所持でもフレンドにいれば是非編成したい1騎だ。 元々の効果が異常に強すぎて、最低限の育成しか施していないマシュと組み合わせるだけで容易にクエストを突破できたため、 当然の下方修正と言わざるを得ない。 下方修正されてもFGOをトップで支え続ける最強のサポーターと言える。 マーリンの総合評価 攻守共に優秀な最強クラスのサポーター マーリンのサポート性能は攻守ともに最高クラス。 長期戦になるほど宝具での回復やNP獲得、全体無敵が真価を発揮するため、高難易度や高HPエネミー向けのサポーターと言える。 宝具を重ねがけすることでNPやスターの供給量も増えるため、常にクリティカルや宝具を狙いやすい隙のないサーヴァント。 周回でも優秀 マーリンは他のサポーターと比べるとNP配布量が少ないが、特攻礼装にNPチャージがついていたり、アタッカー自身にNPチャージがあるなどの条件が揃えば問題なく強力なサポーターとして活躍できる。 周回でも高難易度でも活躍するマーリンは、 ピックアップが来たなら優先して狙いたいサーヴァントの一人だろう。 アーサー王伝説に登場する宮廷魔術師にして助言者、予言者。 数多の敵や苦難を乗り越えんとするアーサー王を時に導き、時に悩ませ、時に助けた。 しかし、賢人であっても基本的には非人間。 なにしろ夢魔と人間の混血である。 「人間の世界は大好きだが、個人個人となると、わりと、ほら、まあ、うん! よし、言わぬが花の気がしてきたぞぅ!」この通り、別に人間の味方、という訳でもない。 最高位のキャスターの一人だが、本人は魔術を得意としていない。 なぜって呪文はかむからね。 声優 イラスト 再臨画像 初期 セイントグラフ バトルキャラ.

次の

【七つの大罪】ベリアルインの娘・マーリンの正体は?魔神王と最高神の祝福を受けし娘

マーリン

概要 [ ] 『』では第一部ストーリーの根幹に関わる存在として登場し、終局特異点実装と併せて「」のとして本格参戦を果たした。 略歴 『Grand Order』特異点F『』ではが「花の魔術師がの宝具の使い途を考えた」と語っており、この事態になんらかの形で関わっている事が示唆されていた。 第五特異点『北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム』おいて、ついに姿を現し直接介入。 に押されているカルデア陣営を手助けし、致命傷を負ったカルナと共に狂王を退けることに成功した後、姿を消した。 第六特異点『神聖円卓領域 キャメロット』では西暦1273年の獅子王に占領されて在り方が変わってしまったエルサレムへ、を送り出している。 第七特異点『絶対魔獣戦線 バビロニア』にて、「まだ地球上に自身の体が存在していない=自分は存在しない=自分は死亡している」というかなり強引な仮定に基づき、紀元前2655年のバビロニアにおいての英霊召喚に応じ、宮廷魔術師のサーヴァントとして仕える。 と共にを騙るから主人公たちを助け、聖杯によりの権能を得たを共に討ち滅ぼした。 それに並行し、夢魔の能力でティアマトを目覚めぬように抑えていたが、感覚を同調していたゴルゴーンの死により覚醒したに夢の中で殺されて消滅した。 しかしそこで終わるような男ではなく、今度は人理焼却の影響により地球が白紙状態となったことを利用し妖精郷から冥界まで 本人が徒歩で文字通り駆けつけ、を花の魔術で制圧し、主人公らがティアマトを打倒する援護を行った。 そしてが消滅の際に落とした聖杯を手に冥界から地上へ駆け上がり、主人公らに聖杯と共に激励の言葉を送り、幽閉塔へと帰っていった。 なお、七章で主人公を助けた際に、アヴァロンよりレイシフトじみた補給方法でカルデアの炉であるプロメテウスの火に魔力リソースを提供していたことが明らかとなった。 人物 草原に吹く風のような青年。 彼の前では誰もが肩の力を抜いてしまう、爽やかな正義の人。 しかし緊張感や責任感などが欠如しているように見える為、胡散臭い詐欺師に見られる事も。 物事を客観的に捉え、人間世界は残酷なものと認めながらも、ソレを諭して明るいものに変えていく弁士でもある。 賢人であるが夢魔との混血であるのと、千里眼を有している故に基本的には非人間的であり、自分が人間社会において異物だと自覚している。 人間の世界や悪戯、女の子は好きだが別に人間の味方ではなく、最後の一歩「親友といえる壁」を壊せない。 彼がサーヴァントとしてマスターに仕えるのは個人的な欲望の発散、有り体にいえば趣味であるが、恋の悩みといった「その手」の相談は大歓迎らしい。 自他共に認めるクズであり、実際に七章においてはの投げたマルドゥークの斧を杖で誘導し、彼自らの手でゴルゴーンの鮮血神殿にぶつける手筈だったのを少しばかり反故にしたことで、後に彼女から報復として関節技を受けることとなった。 能力 上記のようにその時代の全てを見通す千里眼だけでなく、それに相応しい魔術師としての実力を併せ持ち、ソロモンと同様「」の資格を持っている。 特筆すべきは精神への介入、現実世界への虚像投影など人を惑わす魔術を得意とするAランクの「幻術」スキル。 人間はもちろん、電子機器すら欺き、精神世界における悪夢はもちろん、現実においても一つの村程度の虚像を軽く作りあげ、第六章でベディヴィエールにかけた「誤魔化しの魔術」はでなければ人間やサーヴァントに正体を気づかせず、カルデアの観測ですら誤作動を起こすレベルの幻惑を可能としている。 さらにスキル「混血」により夢魔としての特性と能力を完全に受け継いでおり、他人の眠りの中に干渉することができる。 ただしこの時は無力化しており、レム睡眠時に夢の主に存在を気取られると脅威にさらされるという弱点がある。 しかしアルトリアの剣の師でもあり、さらにキャスターとしては異例となるBランクの筋力を持つ当人は「(早口で呪文を唱えれば)舌を噛む」「聖剣で殴ったほうが早い」と嘯いており、実際にゲーム内での攻撃においても専ら「聖剣 の見た目をしている同じものでありそうな剣 」と杖の仕込み剣を片腕で振るう。 曲がりなりにも生者であるためサーヴァントとしての召喚に応じることができない彼がカルデアにサーヴァントとして協力している理由は、意図的に獲得した「単独顕現」スキルを用いて彼が気に入った主人公との縁を伝っているためだとされる。 マーリンが今も幽閉されている『塔』を周囲に再現する。 地面には花が咲き乱れ、どのような暗闇・地獄であろうと暖かな陽差しが差し込む。 たとえ彼に許された空間がわずか十メートル四方の牢獄であり、彼に与えられた風景が遥か上空にある切り取られた空だけであろうと、そこは理想郷として在り続ける。 花の魔術師マーリンいるところ、そこは地獄ではなく、希望に満ちた大地とならん。 『絶対魔獣戦線 バビロニア』でのサポートNPC時ではこれに「 味方全体のHPを回復」が追加されており、毎ターンHP回復状態がオーバーチャージで効果UPするようになっているという違いが有る。 真名:マーリン [ ] マーリン。 ブリテンを治めたアーサー王(アルトリア)を導く存在。 世界有数のキングメーカー。 ウェールズ王妃と夢魔の間に生まれた混血児。 滅び行くブリテンを救うため先王ウーサーの提案に乗り、赤き竜の化身たる理想の王を作った。 アルトリアが竜の因子を持って生まれたのは彼の計らいによるモノ。 誕生したアルトリアを約定によって父王から譲り受け、騎士エクターの下で育てる。 ブリテンの王となる運命を背負ったアルトリアが岩に刺さった選定の剣を抜く際に現われ、王の運命を告げる。 彼女が王となって以降は、そのサポートにつく。 アルトリアの治世に永く携わったが、彼女のローマ遠征に際して、 手を出した 性質 タチの悪い妖精に狙われアヴァロンへと逃げ、そこに仕掛けられた塔に幽閉された。 同地でカムランの戦いを眺め、アルトリアの契約とその結果を見届ける。 塔から抜け出すこともできたが、遊び気分でひとりの少女の運命に関わった事に思うことがあるのか、生きたまま己の罪を見続ける道を選び、彼自身が塔を永久に封印。 本来は理想郷の塔の中で永遠に生き続ける者として、座に上がり英霊となることはなく、何にも関われない存在として惑星の終わるその日まで、世界を眺めているはずだったが… 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] 終局特異点『冠位時間神殿 ソロモン』解禁に伴い期間限定でガチャに追加。 イベントガチャ限定サーヴァントであり、恒常的な入手手段は存在しない。 1000万ダウンロード記念ガチャで待望の復刻を果たした。 存在・関与の示唆は序章でされており、第五特異点と第七特異点にて登場。 第六特異点でも直接登場こそしないものの物語の鍵に関わる重要な役割を担う。 PCとしても長らく実装を望まれつつも音沙汰無しだったが、第七特異点に於ける専用サポート限定で先行実装となり、第一部最終章解禁とほぼ同時に開催されたソロモンピックアップでついに正式参戦となった。 その他 [ ] 花屋を営んでいる。 文化祭オーラスの舞踏会では司会を務めていた。 人間関係 [ ] 過去 [ ] その始まりに立ち会い、魔術師として支え続けた主君。 尊敬され親愛も感じられていたが同時にあらゆる厄介事の素だったため、基本的に身内には丁重なセイバーが「そいつ」呼ばわりする例外。 上記人物の若い頃のもしもの姿。 お付きとして武者修行にも同行していたが、彼女のおせっかいで始まった事件をいつも大事にしていたとか。 なお、「この衣装が変装に向いている」と吹き込んだ結果、リリィは丈の短いスカート姿になったとか。 同じ円卓の一員であり、上記の武者修行の際の同行者。 大事になった事件の尻拭い役をいつも押し付けていた。 人類史焼却という非常事態の中では、魔術師としてこの事態の解決には役立つだろうと言及されている。 マーリン側の評価の一端は「彼ら(円卓の騎士)だって馬鹿じゃない。 モードレッドは馬鹿だけど。 」という言葉に現れている。 また、「人工生命の夢は美味しくない」と辛辣である。 同じ円卓の一員。 変人として認識していたようで、「彼のようだ」と言われた時には本気でショックを受けていた。 王の姉で自身を貶めた魔女。 宿敵の筈だが、彼女をどう思っているかは不明。 マシュが持つ盾の宝具のことを知っていたが、無数の武具を記憶貯蔵する彼でもその使い方は知らないため、裏にマーリンが一枚噛んでいることに勘付いていた。 使い魔。 彼のことは「キャスパリーグ」と呼んでいる。 主人らしく振舞おうとするが、彼からの扱いは敵意を感じさせるほどにぞんざい。 アヴァロンへと到達した彼にアガートラムと改名した銀の腕を授け、また彼の目的を悟られないように誤魔化しの魔術をかけて西暦1273年のエルサレムへと送り出した。 記録にも残らないその戦いをずっと見てきて、ファンになった。 幾度か様々な形でカルデアに助力を行ったばかりか、幽閉塔の束縛を自ら破るほどの特例まで成したことから、その尋常ならざる入れ込み様が伺える。 『絶対魔獣戦線バビロニア』でマーリンを召喚したマスター。 高位の千里眼スキルを持っている者同士ということで、独特の距離感で通じ合っている。 『絶対魔獣戦線バビロニア』で通信ごしに共演することとなるが、ロマニはマーリンに対してかなり否定的であり、初対面にも関わらず以前から知っているかのように語っている。 マーリンも他人に馴れ馴れしい方だが、千里眼によってカルデアのことを知っているためロマニに対しては一種の気安さや信頼を持って接している。 第七特異点で彼女の神性を大きく落とす原因を作ったので、を討伐した後、憂さ晴らしにコブラツイストを食らわされる。 期間限定イベント『水着剣豪七色勝負』にて共演。 天魔武蔵をどうにかしようとしていた彼女とどこかの洞窟で遭遇し、半ば脅される形でアルトリアを動かしてラスベガスを具現化させた。 物見の 台 うてな。 楽園の端から君に聞かせよう。 君たちの物語は祝福に満ちていると。 罪無き者のみ通るが良い。 『 永久に閉ざされた理想郷 ガーデン・オブ・アヴァロン!』」 宝具選択、解放。 妖精郷より花の魔術師はある王の物語を語る。 余談だが、性能上宝具を使用する機会が多く、最初の言葉が実質彼の代名詞となっており「何かと王の話をするキャラ」という扱いをされることも多い。 マーリン「お任せ。 夢のように片付けよう」「フォーウ!」マーリン「ブハァッ!」 マーリン「この辺り、いじった方がいいんじゃないか?」フォウ「フォーウ!」マーリン「ブフォウッ!」 水着剣豪イベント時のモーションリニューアルで新しく追加された「あぐらをかいてフォウ君を呼び寄せる」スキル使用モーションの時のセリフ。 恨みマックスのフォウくんが現れ飛び蹴りをかましていく。 細かいことに、「あぐらをかいてみるもののフォウ君に無視されて何も来ない」というパターンまである。 上記2種のボイスのうちのマーリン部分は元々存在していたものだが、単純にフォウ君部分を付け足したのではなく、マーリン部分ごと新規の収録である。 演技が異なるので聞き比べてみれば違いが分かる。 フォウ君がこないパターンでは旧バージョンの方のボイスが出る。 何気にフォウくんが戦闘グラフィックで登場するのは初。 「好きなもの?人間と、いたずらと、女の子だよ。 だって楽しいだろ?いじるの」 マイルームの会話「好きなこと」。 前者二つはまあ分かるが後者については……。 かつて自分が彼女に行った事に対する罪悪感と、後に彼女が救われた事の嬉しさで複雑な想いを抱いているようだ。 「ちょっとうたた寝しながら歩いていたら、そこは見知らぬ荒野の国。 これは夢の続きか、それとも単なる幻か。 まあ、どちらでもいいのだけどね。 」 「おはよう。 そしてこんにちは、諸君。 みんなの頼れる相談役、マーリンさんの登場だよ。 」 の朱槍を防ぎながらふらりと現れて一言。 「妖精たちはずっと噂していた。 アヴァロンの端に人型の岩がある。 いつのまのにかあったもので、誰もこれの由来を知らない。 どうやら人間らしいんだけど、怖ろしい事に生きている。 生きているけど動けない。 肉体はボロボロ、魂は燃え滓。 まさに生ける屍だ。 でも、驚くべき事に精神は尽きていなかった。 その岩は物凄い執念で、まだ、自分が死ぬ事を許さなかった。 ……分かるね?それがキミだ。 」 第六特異点最終盤、ベディヴィエールの回想にて。 永い時を経て、人のカタチが朽ちた彼に対して。 本編中での彼の姿は誤魔化しの魔術でそう見せかけているだけで、実際はこの言葉通り直視できなさそうな姿なのだろう……。 「でもいちおう確認はするよ?戦いの結果がどうあれ、キミはこれで死に絶える。 魂を使い果たし、輪廻の枠から外れ、キミという存在は虚無に落ちるだろう。 やり遂げなければならない為とはいえ、ヒトの理を曲げてまで生き延びた代償は、あまりにも大きかった。 「王は聖剣を返されぬまま彷徨い、死ぬ事なく天に属する英霊となった。 聖剣を返す為にここまで辿り着いたキミとは違ってね。 彼女を解放する方法はただ一つ。 今度こそ聖剣を返す事だ。 聖剣を返すという事は、何もかも終わるということ。 キミの長かった旅も、キミのこれまでの苦労も、報われる事なく終わる。 肉体に依存する人間にとって、死の恐怖は生き続けた分だけ増大する。 実に1500年。 誰だって我慢すれば耐えられる。 でもキミが踏みだそうとしている重みは、誰であれ正視できない恐れだとボクは断言する。 ただ、王の存命を願っただけの話なのに。 サー・ベディヴィエール。 本当はキミには何の過ちもなかったというのに?」 第六特異点最終決戦後の回想にて。 ベディヴィエールのヒトとしての寿命はとうに尽き、事を成してもこれだとその重みは筆舌に尽くし難いものがある。 純粋な願いのその果てにマーリンも思うところはあるのだろう。 「ボクは悲しい別れとか大嫌いだ。 意地でも死に別れなんかするものか。 だからちょっと信条を曲げて、幽閉塔から飛び出してきた。 無論、キミたちに会うためにね。 」 第七特異点『絶対魔獣戦線バビロニア』にて。 夢魔の精神体がティアマトに殺されたため、 アヴァロンに居る本人が走って第七特異点の地下冥界に駆けつけた。 ハッピーエンドを好むマーリンにとって主人公達との死に別れは自分の信条を曲げる程に堪え難い物だったらしい。 メソポタミアで出会った様々な人の想いを乗せ、神殺しの英雄譚はクライマックスへ突入する。 「そんなの決まってるだろ。 僕が、キミのファンだからだよ。 」 「カルデアの星読み。 誰の記憶にも残らない開拓者。 私は、キミの戦いに敬意を表する。 」 「すべての星は満ちた。 人理終焉の暦でキミたちはあの悪と戦うだろう。 その行く末に、晴れ渡った青空があることを祈っているよ」 第七特異点で、特別に力を貸してくれた理由について。 よりよい 文様 エンドを紡ぎ上げる旅人に、一度は力になりたかったと、マーリンはうち明けてくれた。 これまでも、そしてこれからも。 自分だけは見届けそして覚えていると、マーリンは主人公の未来を祈り、幽閉塔へと帰って行った。 「グッナイト!ようこそ、マーリンお兄さんの夢の世界へ! でもレム睡眠とは感心しないな!朝から二度寝かい? それとも昼から? なんにせよもっと深度の深い眠りを提案するよ。 だって、そうしないと私がお邪魔できないからね!」 の幕間の物語にて。 彼女と打ち解けるきっかけが掴めない主人公の夢の中に突然現れてのたまう。 「いやあ……アルトリアはもともと強情な娘だけど、聖槍持ちになると手の付けられない……になるからね。 まったく、誰があんなモノを押しつけたんだか……他人事ながら同情してしまうよね。 」 聖槍を持っている場合のアルトリアの人となりの一端。 そして鏡をつきつけたくなる棚上げっぷりにが襲来してきた。 メモ [ ]• 『アーサー王伝説』の登場人物としてあまりに有名であり、伝承を紐解けばそれこそ枚挙に暇がないほど逸話が存在する。 第五次聖杯戦争時のアルトリアの苦手なものにある「いたずら好きの老人」は彼のことと思われる。 フードを被っており顔の下半分しか確認できないが、腕を含めてしわ一つなく、体格もしっかりしているなど、外見上は若く描かれている。 担当声優はなぜか大河ドラマ常連の大御所俳優・小林勝也氏。 小林氏は当時アニメ出演は2作目であり、立ち位置としては特別出演の大物俳優クラス。 回想でしか登場せず台詞もほとんどない完全な脇役にも関わらず、異常なまでに気合いの入ったキャスティングであり、ある意味かなり優遇されていたキャラクター。 小説『Garden of Avalon』ではキャラクターデザインや設定がきちんと起こされ、本格的に登場。 若い青年の姿が描かれており、外見は老人ではない。 ただし、ウーサーの代から王の手助けをしてきたことから年齢的には老人と言える。 同作以降、マーリンの声を担当している櫻井孝宏氏だが、アフレコ台本以外でFateシリーズに触れることが殆どなかった。 様々な事情に通じているマーリンに対し、こうした事情から櫻井氏が知り得ない活躍・情報も多く、それらを把握するために役の島﨑信長氏に質問することがしばしばあるのだとか。 夢魔(=淫魔)の血を引いており、性的な意味でも色々やらかしたようである。 セイバー曰く「 悪人でした。 くわえてその、色事に弱いというか、愛の多い人物というか。 結局最後にそれが仇(あだ)となって幽閉されてしまいましたが、あの老人の事です。 きっと、今でも呑気に愛を語っているのでしょう」とのことで、あまり心配はされてない。 英霊の座に存在しないのは、アヴァロンに幽閉されたことで死する運命から外れてしまったため。 明言はされていないが『Garden of Avalon』でケイから「~その最初に居合わせた円卓はオレとお前だけだったか」と語りかけられているため、型月世界ではの一人だった可能性がある。 『Garden of Avalon』にて円卓の騎士と明言されている12名にマーリンを加えると丁度円卓の騎士の総数である13名となる。 『FoxTail』のガウェインの発言によるとブリテンの騎士団にはボールスもいたようだが、彼は次期十一席とされているため、入れ替わりもあると思われる。 過去にはもっと高次の『千里眼』を所有する魔術師もいたとされるが、具体名は出ていない。 後に、該当すると思しき「過去と未来を観る眼」の持ち主が登場した。 夢魔であるためチョコを食べても養分にすらならないという意味ではバレンタインチョコそのものには有難みを感じていないが、意中の相手に贈り物をするという精神活動は夢魔にとって大変美味であるらしく、チョコを贈ると喜んでくれる。 色恋沙汰が大好きな事に加えて「普段は自分だけがナンパしてると体裁が悪いがバレンタインだと皆がそうだから」と言う意味でもバレンタインという行事も歓迎している。 男主人公に対して「君もチョコ狙いの徘徊か」と言ってくるため自分もチョコ狙いで徘徊していたものと思われるが、大量に貰っていたなどとは違い、彼自身がカルデア女性スタッフなどからチョコを貰えたかどうかは語られない。 期間限定イベント『』のピジョンレポートによると、いつもの「王の話をするとしよう」と間違えて「 チョコの話をするとしよう」と言い間違えたことがあるらしい。 しかしその後本当にチョコの話を 2時間も垂れ流したあたり、養分にすらならないと言いつつチョコには一家言ある模様。 遠藤海成氏がマーリンのキャラを理解し切れないため漫画を描けないと武内氏に言うと 「顔が良い高田純次だと思って描けば良いらしいですよ」と言われたらしい。 「自他ともに認めるクズ」という上述の通り、「あらゆる厄介事の素」「いろいろやらかしている」など、ストーリー上での人物評は散々だったようだが、ついにはFGOの2019年水着イベント『見参!ラスベガス御前試合 水着剣豪七色勝負!』において主人公のセリフにも「おまえはグランドクソ野郎!」と言われてしまった。 話題まとめ [ ] 1000万ダウンロードのトレンドキャスター 彼の2度目のピックアップは1000万ダウンロードの際に行われた。 この復刻ピックアップ発表と同日に国民的歌手の安室奈美恵が引退宣言を発表したのだが、マーリンの反響が大きすぎた結果Twitterのトレンド数で安室奈美恵を圧倒するという珍事が起きている。 2019年水着イベント『見参!ラスベガス御前試合 水着剣豪七色勝負!』では霊衣開放に伴い、日曜日限定でピックアップが行われた。 当然Twitterのトレンドに上がるのだが、今度は トレンド世界一位となってしまった。 商品情報 [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の