痩せ 菌 を 増やす 食べ物。 痩せ菌の効果を増やす食材はコレ!納豆やヨーグルト他10選!

腸内に「やせ菌」を増やす3つの食べ物はこれだ

痩せ 菌 を 増やす 食べ物

痩せ体質の秘密!痩せ菌とは? 痩せ菌とは善玉菌のこと! 痩せ菌とは、ズバリ腸内細菌のうちの善玉菌のことです。 人間の腸の中には約300種類の菌が100兆個も棲んでいます。 腸内細菌は以下の3つに分類することができます。 善玉菌(20%): ビフィズス菌や乳酸菌に代表される。 腸内環境を整えてビタミン合成や消化吸収を促し、免疫を向上させる作用をもつ。 肥満や老化防止の効果も• 悪玉菌(10%): 大腸菌などに代表される。 腸内の不廃物を溜め込み、有害物質を発生させて善玉菌の働きを妨げる• 日和見菌(70%):中間的な存在で、 善玉菌・悪玉菌のどちらか優勢な方に傾く性質がある。 善玉菌を増やすことで、日和見菌を味方につけることが可能! 善玉菌が体の中に多ければ太りにくい体質になるため、 「痩せ菌」と呼ばれることがあります。 同じような生活を送っていても太りやすさに差が出てしまうのは、腸内細菌の比率に原因があると考えられているのです。 腸内に様々な細菌が散らばって棲みついている様子が花畑のように見えることから、細菌の生息状態は 腸内フローラと呼ばれます。 痩せ菌を増やすには、 腸内フローラを整える=善玉菌が優勢な状態に保つことが必要です。 痩せ菌は誰でも増やせる では、腸内に痩せ菌が少ない人は、一生太りやすい体質のまま生きなければならないのでしょうか。 その答えはNO。 痩せ菌は食生活を気をつければ増やすことができるのです。 また、現在痩せ菌が多い人も要注意! 腸内環境に悪影響を与える食生活を送り続けていると、悪玉菌が増えて痩せ菌が減っていくため、太りやすい体質になってしまうことも。 悪玉菌が増えると、腸による消化・吸収・代謝が滞って、摂取した栄養をエネルギーとして変換できずに脂肪として蓄積してしまいます。 そして老廃物や余計な水分を排出しきれずに体に溜め込んでしまい、さまざまな悪影響を及ぼします。 悪玉菌の増殖にはまだまだリスクがあります。 病気にかかりやすくなったり、老化を早めてしまったり…。 ダイエットどころではない健康被害を招きます。 自分の腸内環境が気になる人はセルフチェック法をご紹介していますので、ぜひ確認してみてくださいね。 あなたの腸内環境は?痩せ菌セルフチェック5点! 痩せ菌を増やそうと言われても、そもそも自分の腸内環境がどうなっているのかなんて、なかなか分からないですよね。 そこで簡単に出来る痩せ菌セルフチェック法をご紹介します。 下記の5項目に1つでも当てはまらないものがあれば、腸内の痩せ菌が減少している疑いがあります! 1日1回〜2回の排便がある 腸内環境が整っていれば、必ず毎日の排便があります。 目安としては1日に1回から2回。 たまに2日に1度になるという程度であれば問題ありませんが、慢性的に排便回数が数日に1回だけだったり、1日に何度も下痢や軟便をするという場合は要注意です。 便の量はバナナ1本分くらい 日本人の1日の健康的な排便量は125gから180gが目安。 これは、だいたい中くらいのバナナ1本分です。 ただ、食物繊維の多い食生活を送っている場合や前日たくさん食べた場合などは、便の量が200gから300g程度に増える場合も。 もし毎日排便があったとしても、極端に量が少ない場合は悪玉菌が増えている可能性があります。 便の色は黄色っぽい 腸内環境が整っていれば、便の色は黄色っぽくなります。 もし 便の色が茶色や黒に近い色になっている場合は要注意。 脂質の取り過ぎにより、腸内に悪玉菌が増えている可能性が考えられます。 便の形はバナナ型が理想 便の形がバナナ型ではなく、ウサギのようなコロコロの小さな便だったり、水のような下痢または軟便が続いている場合は、胃腸の消化吸収能が低下している可能性が。 便の臭いはそこまで強くない 便の臭いも腸内環境を判断するためには重要なポイント。 痩せ菌が多い場合、便はそこまで臭いません。 ですが、強い悪臭を放っている場合は、肉や魚(タンパク質)の食べ過ぎにより消化しきれなかったタンパク質が腐敗して悪玉菌が増殖している可能性が高いです。 同様にオナラの臭いがあまりにも強い場合は要注意。 もし1つでも当てはまらないものがあれば、痩せ菌が少ない可能性が高いです。 早急に食生活を見直して、痩せ菌が増える食事内容に切り替えていきましょう。 痩せ菌を増やすオススメの食べ物はコレ! 納豆• 熊田曜子さんも愛用!• 短鎖脂肪酸を生み出す酪酸菌を1粒に1700万個配合• オリゴ糖が善玉菌のエサとなる• サラシアエキスが悪玉菌をセーブ• 森永乳業が厳選したビフィズス菌で腸を整える 痩せ菌ダイエットを、気軽に始めたい・試してみたいという人に、おすすめなのが、 LAKUBI(ラクビ)です。 近年の腸内フローラの研究では、 「短鎖脂肪酸」という腸内細菌が生み出す成分が、不必要な栄養を体内に溜め込むのをストップしてくれることがわかっています。 LAKUBIは、そんな短鎖脂肪酸を作り出す 酪酸菌を1700万個配合したサプリです。 LAKUBIは初回購入者を対象に、 通常価格3,800円のところ、たったの300円で初回購入できるキャンペーンを行っています。 一番お手頃な痩せ菌サプリなので、とりあえず試してみるにはもってこいの商品です。 気になる方は急いで以下のリンクをチェックしてみてください。 含まれる乳酸菌の量がプレミアム!• グルコマンナンなどの食物繊維が毎日すっきりをサポート• 話題のレジスタンスターチ(難消化性デンプン)配合• 美容成分も配合で理想のスマート生活を 乳酸菌は痩せ菌のエサとなり、痩せ菌ダイエットのサポートには必要な存在となります。 そこで、おすすめするサプリは 「プレミアムスリムビオ」です。 配合されているEC-12という乳酸菌は、0,2gでなんとヨーグルト100個分の菌に相当します! きちんと生きたまま腸まで届くビフィズス菌が1袋に1兆個!腸内フローラを良好にして便通を改善する機能が認められるのです。 また、このプレミアムスリムビオは、 初回は980円(通常価格:7,980円)で購入できます。 初回の購入で効果の心配な方にも安心な、 120日間返金保証付き!痩せ菌の力を利用したダイエットに、ぜひチャレンジしてみましょう。 何かよいサプリメントがないか調べていくうち、こちらの商品にたどり着きました。 あまり期待していなかったのですが、毎朝3粒飲んで、3日目から便通が良くなりました。 そして体重もマイナス3キロです!本当に驚いてます。 便秘解消効果については、期待が持てそうです。 ただ、腸内環境改善系のサプリについては総じて言えることですが、体重変化に即効性はあまり期待できないようです。 長い目で、ダイエット向きの体を作ると思ったほうがよいでしょう。 ビフィズス菌と乳酸菌とオリゴ糖が一緒に摂れる• 成分配合量に自信あり!• 毎日すっきりしたい人におすすめ• 消費者庁届出済の機能性表示食品 ビフィリゴ10000は 1日2粒で600億個のビフィズス菌と30億個の乳酸菌が取れるサプリメント。 生きた乳酸菌が凝縮され、食品からは取りきれない量の痩せ菌を摂取できる上に、腸内のビフィズス菌を増殖させてくれる、嬉しい効果もあり!また、カルシウムも配合されている、盛りだくさんの商品です。 1粒たったの2. 02kcalで、ヨーグルトよりはるかに低カロリーなのもダイエット中の方には嬉しいポイントですよね。 通常価格は6,000円ですが、 初回に限り990円で購入可能です。 また定期コースを申し込めば、送料無料で追加注文することなく、手元に届きますので簡単に購入できます。 乳酸菌サプリの中でも安価な価格設定でおすすめです。 藤本美貴さんも愛用!• 年齢とともに減少する酵素を配合• 美容成分配合でお肌もキレイに 最近痩せにくくなってきた…そんな風に感じている方は、暴食や加齢が原因で脂肪細胞が身体に蓄積している可能性があります!蓄積してしまった脂肪が固まる前に、痩せ菌の力で腸内環境を整えて、ダイエットに成功しちゃいましょう!今大注目されている痩せ菌サプリは 「すっきり野菜の青汁酵素」です。 「すっきり野菜の青汁酵素」は元モーニング娘。 の辻ちゃんやミキティこと藤本美貴さんも愛用しているサプリで、人気の秘密は、 7種類の麹酵素成分から豊富な酵素を摂取しながら、 93種類の植物由来成分の野菜青汁からダイエット中に不足しがちな栄養素を補給できるということ。 効率よくダイエットができるので、忙しい女性から支持されています。 このサプリが話題になったのは、そのお得な価格にもあります。 トクトクコースというキャンペーン中で、通常価格5,800円のところ、 無料で90粒丸々お試しできるチャンスなのです。 またこの機会にお申し込みの方は、次回以降も32%オフ!かなりお得なキャンペーンは300名限定なので、気になる方はお急ぎください!• アメリカで話題のガネデン乳酸菌を配合• 腸内環境を整えながら、脂肪燃焼も高める乳酸菌• 1包でヨーグルト42個分の乳酸菌が摂れる• 生きて腸までしっかり届く! 痩せ菌を増やすためには、善玉菌の代表格である乳酸菌を増やして、腸内環境を整えることが有効!そのためには、質が良くて腸までしっかり届く乳酸菌を選ぶ必要があります。 そこで、アメリカで話題になっているのが ガネデン乳酸菌!実は、アメリカで特許を取得している乳酸菌で、体内環境を整えるのはもちろん、脂肪燃焼効果を高める アミノ酸の吸収を助けるという他の乳酸菌とは違う特徴を持っています。 スマートガネデン乳酸菌は1包に510億個もの乳酸菌を配合。 これはなんとヨーグルト42個分に相当します!毎日ヨーグルトを食べる手間をかけなくても、効率的に乳酸菌を腸内に届けることができるのです。 また、乳酸菌自身のバリア機能により、生きたまま腸までしっかり届きます。 初回限定で1ヶ月分が 87%OFFの540円でお試しできる美トクコースというコースがあります!このコースなら2回目以降もずっと10%OFFの3,960円で購入できます。 一方、しっかり空腹の時間と作り、食事のタイミングにメリハリをつけたグループでは、腸内細菌の種類に変化はなかったという報告が。 口寂しくて常になにか食べているという方は、その習慣をやめるだけでも痩せやすい体質になるかもしれませんよ。 人工甘味料の過剰摂取に注意 最近、カロリー0の清涼飲料水やアルコール飲料が増えてきていますよね。 ダイエットのためにこれらの飲料を愛飲している方もいらっしゃるかと思いますが、もしその飲料に人工甘味料が含まれているのであれば要注意。 人工甘味料は摂取しすぎると痩せ菌を減らしてしまうため、せっかく食生活に気をつけて痩せ菌を増やしても無駄にしてしまう可能性があるんです。 とはいえ、少し人工甘味料を摂取したくらいではすぐに痩せ菌は減りませんので、習慣的に飲むのではなく頻度を抑えて飲むように心がけてみてくださいね。 抗生物質は医師の指示通りに服用する 風邪を引くと頼りになるのが抗生物質。 ですが、 抗生物質の飲み過ぎは痩せ菌を殺してしまう可能性があるので要注意です。 とはいえ、抗生物質は通常3日程度の服用ですから、医師の処方通りに服用していれば何の心配もいりません。 問題は、余った抗生物質をとっておいて自己判断で長々と服用してしまった場合。 抗生物質の自己判断での使用は、痩せ菌を減らすだけではなく、抗生物質の効かない耐性菌を生み出す原因にもなりますから、絶対に避けるようにしてください。 腸とダイエットは一見結びつかないかもしれませんが、腸は、消化・吸収・代謝を司る非常に重要な器官。 食生活を腸に優しいものに変えれば、ダイエットに効果的なだけではなく、美容や健康面にも良い影響を与えます。 食べ物やサプリなどを活用して腸内環境を整え、ぜひ痩せやすい体質を手に入れてくださいね。

次の

腸内に「やせ菌」を増やす3つの食べ物はこれだ

痩せ 菌 を 増やす 食べ物

【目次】• そもそも「デブ菌 ファーミキューテス 」って何?まずは基本をチェック テレビ番組『世界一受けたい授業』や『バイキング』でも取り上げられ、大きな反響を呼んだ「デブ菌」。 デブ菌とは腸内に存在する細菌のことであり、消化されたものを体内に溜め込んでしまう「ファーミキューテス」を指します。 腸内細胞には、この「デブ菌」と健康な体を作る「ヤセ菌 バクテロイデーテス 」の2つの菌群が存在するのですが、この比率が問題。 理想的な比率は、デブ菌とヤセ菌で「4:6」なのですが、デブ菌の比率が大きくなってしまった場合、なんと太りやすく痩せにくい体になってしまうのです! なぜデブ菌が多いと太りやすいの?そのメカニズムとは そもそもどうして、デブ菌の比率が大きくなると太りやすくなってしまうのでしょうか。 先ほどご紹介したように、デブ菌は、消化されたものを体内に溜め込んでしまう菌。 反対に腸内で、脂肪を排出する働きをする「ヤセ菌」が増えれば、自然と太りにくくなると言えます。 つまりデブ菌とヤセ菌を程よい比率でキープすることができれば、無理なくリバウンドの心配もなく、痩せられるでしょう。 デブ菌の数は遺伝する!?その真相とはいかに デブ菌は誰もが持っているものなのですが、実は「肉親から遺伝する」とも言われています。 したがって、両親が太っている場合、子供も太る可能性があると発表されています。 とは言え、デブ菌の数は自身の食生活でコントロールすることが可能。 つまり、太る原因を遺伝だと決めつけるのはナンセンスです!ここで、デブ菌が増えやすい食べ物をご紹介します。 腸内にヤセ菌を増やせば自然に痩せる!でもどうやって? これまでにご紹介した通り、「ヤセ菌」を増やせば太りにくい体を作ることができ、かつ無理なダイエットをせずにも自然と痩せていきます。 とは言え、どうやったらヤセ菌が増えるのか、気になるところですよね。 そこで、ヤセ菌を手っ取り早く増やすには「食生活に気をつける」のが最も有効です!もちろん生活習慣を改善するのも効果的ですが、何より腸内環境を整えるのが重要なポイント。 とは言え、炭水化物抜きダイエットのような過酷な食事制限ではなく、「あるもの」を食べるだけで腸内環境を改善することが可能なのです!ここで、デブ菌を減らし、ヤセ菌を増やす食べ物をいくつかご紹介します。 デブ菌を減らす食べ物【1】納豆 一つ目の食べ物は、「納豆」です。 納豆はデブ菌を減らすことができる最強の食材と言われており、ダイエットに最も効果的なんだとか!なぜなら、納豆は腸内フローラ 腸に100兆個もの細菌が住み着いている様子 の状態を整え、善玉菌が優勢となったバランスの良い腸内環境を作り出すことができるから。 さらには、植物性乳酸菌である「納豆菌」は、圧倒的な繁殖力によりデブ菌を減らすことができると言われているのです! とは言え、納豆を食べ過ぎたり、食べ方を誤ると逆効果なのでご注意を。 「ご飯」と一緒に食べると一気に糖質が上がるため、食べ合わせには十分に注意をしましょう。 おすすめは、「キムチ」「オリーブオイル」「大根おろし」との食べ合わせです。 デブ菌を減らす食べ物【2】酢キャベツ デブ菌を減らすレシピとしておすすめなのが、「酢キャベツ」です!キャベツに豊富に含まれる食物繊維がデブ菌の繁殖を抑え、さらに酢が悪玉菌の過剰な繁殖を防ぐことができるため、効果的だと言われています。 ここで、酢キャベツに必要な材料とレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 千切りにしたキャベツをポリ袋に入れ、塩を加えてしんなりとするまでよく揉み込む。 酢を加えて軽く揉み込み、冷蔵庫で半日おけば完成。 毎食100gを目安に食べると良いでしょう。 とは言え、脂質の多い食事ばかりを摂っていると、酢キャベツの効果は出にくくなってしまうため、要注意です。 デブ菌を減らす食べ物【3】もち麦 テレビ番組でも紹介され、話題となっているのが「もち麦」!もち麦は大豆の一種で、粘りが強くでんぷん質の含有量が多いのが特徴的。 白米と比べるとカロリーが低く、かつ栄養価にも優れていて、さらには良質な水溶性食物繊維まで豊富に含まれています。 これが腸に残った栄養素を体外に排出してくれるため、デブ菌を減らすことができるのです!さらには、糖尿病予防にも効果的だと言われている優秀な食品だと言えます。 もち麦ダイエットの方法は、非常に簡単。 白米1:もち麦1の割合で炊き、朝食にこのもち麦ごはんを1膳食べるだけでOKです!もしも可能であれば、1日2食までもち麦ごはんに置き換えると、よりダイエット効果を期待することができます。 デブ菌を減らす食べ物【4】酢タマネギ さらには、「玉ねぎ」もデブ菌を減らす食品として有名!玉ねぎには、なんと善玉菌や、ヤセ菌だ好む食物繊維、フラクトオリゴ糖を含むからです。 そこに、オリゴ糖を含む「はちみつ」を加えてダブルでオリゴ糖を腸に届け、さらに腸のエネルギー源となる「酢」を加えることにより、腸内環境を整えることができるのです。 ここで、「酢タマネギ」に必要な材料とレシピをご紹介します。 玉ねぎをスライスし、ボウルに移して30分程度室温に置く。 塩を少々加えてよく混ぜる。 別の容器に玉ねぎを入れて、お酢をひたひたになるくらい入れ、はちみつを加えて混ぜる。 一晩冷蔵庫で寝かせたら完成。 ここで注意すべきは、「玉ねぎを水にさらさない」ということ。 玉ねぎを水にさらすと独特の「辛み」は取り除くことができるものの、必要な成分が溶け出し効果が薄れるため、控えましょう。 デブ菌を減らす食べ物【5】豆腐 納豆と同様、「豆腐」もデブ菌を減らすのに効果があります。 大豆オリゴ糖が善玉菌のエサとなって活動が活発になり、腸に届くことによって、腸内環境が整うのです!さらには豆腐には脂肪を減らす成分も豊富に含まれているため、ダイエットにぴったりの食品だと言えます。 何より、豆腐1食分で約100kcalと、低カロリーなところも嬉しいポイントです。 豆腐は、どんな調理法でも構いません。 そのまま食べるのが最もダイエットに効果的ですが、豆腐ダイエットの成功の秘訣は「楽しく続けること」ですので、レパートリーが豊富な方が飽きることなく続けることができるはずです。 さらに、豆腐は木綿でも絹ごしでもどちらでも構いませんので、気分に合わせて使い分けると良いでしょう。 生活習慣を変えるのも効果的!腸内を整えよう これまでに、「食べ物」によってデブ菌を減らす方法をご紹介してきましたが、それ以上に重要なのは「生活習慣を整えること」。 というのも、腸内環境には食事だけではなく、生活習慣も大きく関わってくるからです。 例えば、寝不足であったり、ストレスを感じていたり、運動不足だったり、排便の時間が決まっていなかったり。 あなたは、心当たりはありませんか?これらは、悪玉菌が増える原因の一つであり、腸内環境を悪化させて痩せにくい体を作ります。 さらには肌荒れを引き起こす可能性もあり、美容にも悪影響を及ぼすため、ぜひこの機会に改善してみてください! ヤセ菌を増やす食材【1】きのこ 食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類あります。 デブ菌を減らしてヤセ菌を増やすためには、ただ食物繊維を摂るのではなく、この2種類のバランスも大切。 理想は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が2:1の割合だとされています。 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がバランスよく含まれているのが、きのこ類。 カロリーもほとんど無いので、ダイエット中でも安心してたっぷり食べられますよ。 ヤセ菌を増やす食材【2】海藻 食物繊維のうち、不溶性食物繊維は水に溶けない性質があり、便のかさを増やしたり腸を刺激したりすることで便秘を解消してくれます。 これに対し、水溶性食物繊維は水に溶ける性質で、ヤセ菌のエサになる他、腸内の老廃物や有害物質を便と共に排出させる効果もあります。 水溶性食物繊維が多く含まれるのが海藻類。 きのこと同様にカロリーが無いのも嬉しいポイント。 味噌汁やサラダ、酢の物などで積極的に摂るようにしましょう。 ヤセ菌を増やす食材【3】バナナ 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれているバナナ。 腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖も含まれていて、腸内環境を整えてくれます。 この他、むくみを解消する効果のあるカリウムも豊富。 ダイエット中に甘い物が食べたくなったときにもぴったりです。 ヤセ菌を増やす食材【4】ヨーグルト 食物繊維やオリゴ糖が腸内のヤセ菌のエサになるのに対し、ヤセ菌そのものを含むのが発酵食品。 発酵食品の一つであるヨーグルトには、乳酸菌が含まれています。 また、商品によってはビフィズス菌が含まれたものもあります。 ヤセ菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を含むバナナを入れて食べれば、より効果がアップ。 砂糖を入れなくても甘味を感じられるので、よりダイエット向きになりますよ。 ヤセ菌を増やす食材【5】味噌 ヨーグルトと同じく発酵食品の味噌。 乳酸菌の他、酵母菌や麹菌も含まれています。 たんぱく質やビタミン、イソフラボンなどの栄養素も豊富。 豆腐やきのこ、海藻などを入れた味噌汁なら、デブ菌を減らしてヤセ菌を増やすのにより効果的ですよ。 ヤセ菌を増やすレシピ【1】きのこの豆乳スープ.

次の

「痩せ菌」を増やす食べ物&サプリ。腸からうつくしく痩せる方法

痩せ 菌 を 増やす 食べ物

腸内細菌とは何か 腸は「第二の脳」と言われるくらいに、生きていくうえで、とても大切な器官なんです。 そんな大切な器官である腸を健康にたもつためのキーワードが腸内細菌なんです。 腸内細菌の種類のバランスがいいと、腸は健康できちんと、あなたのために働いてくれます。 あなたが食べたものを、消化吸収して、あなたが生きていくためのエネルギーにしてくれるのが腸です。 そして、その大切な腸の働きに影響する 「腸の中で活動している細菌」が腸内細菌なんです。 腸内細菌は、数百種類で、腸のなかには、約100兆個すんでいます。 そしてこの腸内細菌は3つの種類にわけることができます。 それは、 善玉菌、 悪玉菌、 日和見菌(ひよりみきん)の3種類です。 この3種類の腸内にすむ割合は、普通、健康な人は以下の割合になります。 善玉菌の働き• 善玉菌は、大腸を刺激し、便を排出するための「ぜんどう運動」を活発にしてくれます。 なので、整腸作用により、便秘や下痢を防いでくれ、腸内に消化された食べ物が残らずに、腸内で腐るのを防いでくれます。 善玉菌は、コレステロールとくっついて、体に外に排出してくれます。 なので、健康に必要のない、よぶんなコレステロールが血管にたまっていくのを防いでくれます。 善玉菌は、腸の中で、ビタミンB群やパントテン酸、葉酸など、健康や美容に大切なものを作ってくれます。 善玉菌が創ってくれるビタミンは、食べ物から十分な量をとるのは難しく、善玉菌にがんばってもらう必要があるんです。 善玉菌は、病気から体を守る、免疫力を向上させる働きがあります。 このように、痩せ菌である善玉菌には、便秘や下痢を防いで、コレステロールが蓄積するのを防いでくれます。 さらに、健康や美容に大切で、食べ物から必要な量をとるのが難しい、ビタミンをつくってくれます。 これが、善玉菌のことを痩せ菌と呼ぶゆえんなんです。 悪玉菌の体に悪い働き 善玉菌の体にいい働きをみてきましたが、悪玉菌の悪玉菌の体に悪い働きもみてみましょう。 そのほうが、悪玉菌を増やすことが、どんなに体に悪いかを実感できますから。 悪玉菌の体に悪い働き• 整腸作用をさまたげ、腸内に消化された食べ物が残り、腸の中に腐ったものが残ってしまう。 有毒物質をつくりだす。 その有毒物質が血液で全身に運ばれ、肌荒れをおこす。 さらに、体臭、口臭の原因になる。 整腸作用をさまたげるので、便秘や下痢になりやすい。 免疫力を低下させる。 そのため、病気にかかりやすくなってしまう。 健康体の人でも、一定量の悪玉菌が腸内にすんでいるということは、悪玉菌も人に有用な働きをするということです。 腸内に悪玉菌が、ゼロになっても困るんです。 たとえば、消化しづらいタンパク質を吸収しやすいようにする。 さらに、サルモネラ菌、ボツリヌス菌などの、人間の敵ともいえる菌とたたかってくれる。 悪玉菌は、いてくれないと困るけれど、増えすぎても困る腸内細菌なんです。 痩せ菌が増えるとどうなるのか• 体の中に有害なものを残さないように体外に排出してくれる。 よぶんなコレステロールを、体外に排出してくれる。 食べ物からは十分にとることのできない、健康や美容に必要なビタミンや酵素を体内でつくりだしてくれる。 痩せ菌を増やすことで、消化吸収がスムーズに行われる。 腸のぜんどう運動を活発にし、便秘、下痢にならないようにしてくれる。 痩せ菌が、がんばって、痩せ体質にしてくれるんですね^^ 痩せるために痩せ菌を増やす食べ物を一覧で紹介 痩せ体質になるために、痩せ菌を増やす食べ物を、種類ごとに紹介していきます。 ここで紹介する食べ物を意識的にとって、あなたも痩せ体質になっちゃいましょう^^ いま腸内にいる痩せ菌を増やす食べ物 まずは、あなたの腸内にいる痩せ菌を元気にして、増やしちゃいましょう! そのためには、痩せ菌の食べ物になる、 オリゴ糖、 水溶性食物繊維を含んだものを食べましょう。 スポンサーリンク まとめ 食べても太りにくい体質。 痩せ体質になるには、痩せ菌を増やすことが必要です。 痩せ菌とは腸内細菌の善玉菌のことなんです。 食生活が乱れると、善玉菌が減って、悪玉菌が増える悪循環になってしまいます。 善玉菌が増えると、便秘や下痢を防いでくれ、よぶんなコレステロールとくっついて、体に外に排出してくれます。 さらに、健康や美容に大切なビタミンや酵素を作る働きもあります。 痩せ菌である善玉菌を増やすには、いまいる善玉菌の食べ物になるオリゴ糖、水溶性食物繊維を多く含んだ食品を食べる。 さらに、痩せ菌である善玉菌を増やすために、発酵食品をとりましょう。 みそ汁に納豆、そしてかつお節なんて最高です。 やっぱり日本人には和食があうようになっているんですね。 和食を食べて、痩せる痩せ菌を増やし、痩せ体質になりましょう!.

次の