ワールドポイント マイル ルート。 最新2020年6月版|三井住友ANAゴールドカードのマイル還元率は1.35%+α|ANA航空券購入ならマイル還元率2.35%

ソラシドエアのマイルの貯め方。すぐ貯まる還元率200%のポイントサイトの使い方。くまモンも絶賛応援中!

ワールドポイント マイル ルート

カード利用金額の合計200円 税込 ごとに1ポイントが付与されます。 キャッシング利用分、リボ払い・分割払い手数料、年会費、一部保険料、PiTaPaカード利用分、下記特定の加盟店でのご利用は、ポイント計算およびボーナスポイントのお買物累計金額の対象外です。 国民年金保険料• Edyチャージ• モバイルSuicaチャージ Apple Pay含む• モバイルSuicaチケット購入 Apple Pay含む• モバイルPASMOチャージ• SMART ICOCAチャージ• WAONチャージ• nanacoチャージ• 三井住友カードが発行するプリペイドカードの購入およびチャージ Vポイントは、三井住友銀行と三井住友カードのどちらからも貯まり、合算することができます。 三井住友カードは、提携カードを合わせて300種類以上あります。 その中には、独自ポイントが貯まるものもあり、独自ポイントが貯まる提携カードはVポイントの対象にはなりません。 TOKYUルートで注目されているANA東急も三井住友カードの提携カードですが、カード利用でVポイントが貯まります。 ポイント 年会費 旅行傷害保険 三井住友カード Vポイント 1,375円 税込 ネット入会で 初年度年会費無料 最高2,000万円 海外 三井住友カード 学生 Vポイント 在学中年会費無料! 最高2,000万円 海外 三井住友カード デビュープラス 18歳から25歳限定 Vポイント いつでも ポイント2倍 入会後3か月間 ポイント5倍 1,375円 税込 初年度年会費無料 翌年度以降も 年1回利用で年会費無料 なし 三井住友カード デビュープラス 学生 18歳から25歳限定 Vポイント いつでも ポイント2倍 入会後3か月間 ポイント5倍 1,375円 税込 初年度年会費無料 翌年度以降も 年1回利用で年会費無料 なし 三井住友カード A Vポイント 1,650円 税込 ネット入会で 初年度年会費無料 最高2,500万円 海外・国内 三井住友カード A 学生 Vポイント 275円 税込 ネット入会で 初年度年会費無料 最高2,500万円 海外・国内 三井住友カード アミティエ Vポイント ケータイ利用料金 ポイント2倍 1,375円 税込 ネット入会で 初年度年会費無料 最高2,500万円 海外・国内 三井住友カード アミティエ 学生 Vポイン ケータイ利用料金 ポイント2倍 在学中年会費無料! 最高2,500万円 海外・国内 三井住友カード ReboStyle リボ払い手数料率9. エントリーの必要はありませんが、特典を受けるには条件があります。 [キャッシュレスプラン対象の3つの条件]• キャンペーン期間中に、対象カードに新規入会• カード入会月の2か月後末までに、1回以上Vpassスマホアプリへログイン• カード入会月の2か月後末までに、クレジットカードまたはiDでお買物利用 このキャンペーンの終了は未定です。 プレゼントは利用金額の20%ですから、カード入会月の2か月後末までに40,000円のクレジットカードまたはiDでお買物利用をすると、最大の8,000円を受けることができます。 対象となるカードは以下の12種類です。 マイルに交換する Vポイントは、3大アライアンスのマイルへの出口にできるポイントです! ワンワールド ブリティッシュ・エアウェイズ Avios スカイチーム アリタリア-イタリア航空 ミッレミリア エールフランス航空 フライングブルー KMLオランダ航空 フライングブルー スターアライアンス 全日空 ANAマイレージ シンガポール航空 クリスフライヤー 提携カードの中でVポイントが貯まるものは、提携カードの航空会社はもちろん、上記の航空会社のマイルにすることもできます。 ANA• AIR DO• Solaseedo Air より多くの航空会社のマイルに交換をしたい人には、40以上の航空会社のマイルに交換することができるホテルポイントが貯まる、SPGアメックスがおすすめです。 交換レート Vポイントからマイルに直接交換できるレートは同じです。 この交換ルートでは、ポイントを60%で6つの航空会社のマイルに交換することができます。 ポイントサイト ポイントサイトのポイントは、マイル交換にすると、その価値は少なくとも1. 5倍、使い方によっては10倍以上の価値で使うことができます。 三井住友カードの発行は、ポイントサイト経由をするとポイントサイトのポイントがもらえます。 ちょびリッチの場合は4,000〜6,000ポイントです。 ちょびリッチのポイントをマイルに交換をする場合は、Gポイントも合わせて利用すると、複数のマイルに60%で交換することができます。 ワンワールド ブリティッシュ・エアウェイズ Avios スカイチーム アリタリア-イタリア航空 ミッレミリア エールフランス航空 フライングブルー KMLオランダ航空 フライングブルー スターアライアンス 全日空 ANAマイレージ シンガポール航空 クリスフライヤー JALのアライアンスはワンワールドです。 つまり、ブリティッシュ・エアウェイズの特典航空券JAL便を利用することができます! ANAとクリスフライヤーは同じアライアンスですから、どちらのマイルにしても、どちらの航空会社の特典航空券にもすることができます。 しかし、そこには制限があります。 シンガポール航空のスイートやビジネスの特典航空券は、ほどんどの場合、クリスフライヤーにのみ開放されています。 シンガポール航空のスイートやビジネスの特典航空券に交換したいのなら、ANAマイルではなく、クリスフライヤーに交換した方が希望した特典航空券に交換できる可能性が高くなります。 TOKYUルート ポイントサイトのポイントをANAマイルに集める新ルートです。 毎月1〜15日申請分 申請月の下旬頃に交換完了 16〜末日申請分 翌月の中旬頃に交換完了 上限が75,000ANAマイルなのは、ドットマネーからTOKYUポイントへの交換上限が1か月100,000ドットマネーだからです。 直接ANAマイルに交換できるポイントサイトもありますが、交換レートは30〜50%です。 交換完了までに、およそ1か月かかってもTOKYUルートで交換レートを75%にできるのは魅力的です。 ただし、このルートでの交換にはANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必須です。 ログイン時には、Vポイント残高や有効期限を確認することができます。 WEB明細 次回お支払い金額の確定をメールでお知らせ WEBで明細を確認 ポイント交換 景品交換や他社のポイントプログラムに移行することができる ネットショッピング認証サービス ネットショッピングを利用の際にパスワードで本人確認を行う VpassID認証サービス ネットショッピングで不正利用された場合に備えた補償制度 おまとめログインサービス 複数の三井住友カードをおまとめ設定 1回のログインで照会・お手続きができる まとめ 三井住友カードの利用で貯まるポイントが、ワールドプレゼントからVポイントにリニューアルされました。 カード利用金額の合計200円 税込 ごとに1ポイントが付与されます。 より多くの航空会社のマイルに交換をしたい人には、40以上の航空会社のマイルに交換することができるホテルポイントが貯まる、SPGアメックスがおすすめです。 ポイントサイトのポイントをANAマイルに集めたい人には、75%でANAマイルに交換することができる、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードがおすすめです。 三井住友ガードが発行元なので、カード利用分はVポイントが貯まります! \ SNSでシェアしよう! / まいるとりっぷの 注目記事を受け取ろう•

次の

【2020年最新】ポイントサイトからANAマイルに交換(移行)するルート総まとめ

ワールドポイント マイル ルート

ようこそブログにお越し下さいました。 寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」()です。 今日は、 突然開通した「TOKYUポイントルート」について。 現在でもANAマイルを貯めている陸マイラーにとっては メインのポイント交換ルートとなっている 「ソラチカルート」。 この夢のようなルートが閉鎖されて以降 (ソラチカショック)、全体の交換レートが最高81%にまで落ち込むと共に、ANAマイルにまで辿りつくポイント交換回数が増えて今日に至っていました。 特にハピタスの場合は 6回も交換が必要になってしまい(モッピーの場合は4回)、それまで不動と思われていた陸マイラー1番人気ポイントサイトの座をモッピーに明け渡していた感があります。 私自身もそうですが、 メインのポイントサイトとして「ハピタス」を利用していた者としては、この状況は決して喜ばしいものではなかったです。 だってANAマイルに辿りつくまで 6回もポイント交換を繰り返すわけですよ T-T 「もういいや」・・・と思いますよ正直。 「ハピタス」は保証制度が非常に充実しているので、本当に安心してポイ活ができる。 なので今でも「初心者に1番オススメできるポイントサイトはどこ?」と聞かれれば躊躇なく「ハピタスですね」と答えます。 それくらい自身を持ってオススメできます。 ただ、ANAマイルが最終目的の人には、6回ものポイント交換をしなければならないことが理由で(自分でもメンドクサイと思ったので)、手を挙げてオススメ出来ない部分がなんとなくあったというのが正直なところ。 「TOKYUポイントルート」の利用で交換3回でANAマイル! 「TOKYUポイントルート」というのはこちらです! 「ハピタス」「モッピー」から、「. 交換回数3回でOKなので、従来の交換回数(ハピタス)からすれば半減です。 因みに今までの交換ルートはこちら。 今までのルートで「面倒くさいなぁ」と思っていた点は、交換回数が多いのはもちろんですが、• もちろんそれ以外の交換箇所においてもそれぞれ少し時間がかかります。 仮に毎月ポイ活で得た10,000ポイントを交換すればソラチカルートより「600マイル」少なくなってしまいます。 しかし、 交換作業の少なさと早さを考えると、私は「TOKYUポイントルート」を迷わず選びます。 なので、毎月どんなに頑張っても上限は18,000マイル、年間最大216,000マイルしか貯めることが出来ません。 これだけ貯めれば十分・・・とも言えますが、ポイ活も慣れてくるとこれ以上マイルを稼ぐ事も十分可能になります。 そういう時、「TOKYUポイントルート」は交換上限が非常に緩いのが特徴。 よって理論的には、毎月最大75,000マイル、年間だと90万ANAマイルを稼ぎ出す事も可能になります。 「ハピタス」「モッピー」の両方から「.money」にポイントを集約して流し込むような使い方にも余裕で対応してくれるので、ポイントの管理が非常に楽になることは間違いありません。 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の発行が必要! 「TOKYUポイントルート」を使うためには、ANAカードの1つである「」を発行しておく必要があります。 他のTOKYUカードではNGなので、必ずこのカードを発行しましょう! 年会費が2,000円必要ですが、初年度は無料。 2年目以降も、年会費割引制度を利用すれば「751円(税別)」の年会費となり、更に、所有しているだけで毎年1,000ANAマイルがもらえるので、持っているだけでもお得です! ANAカードに入会するなら「マイ友プログラム」を利用しよう! このプログラムに登録してからANAカードを発行すると、 たったそれだけで 「最大5,500マイル」もらえるという非常に有難いプログラム。 利用しない手はありません。 通常入会ボーナスマイルと合わせると無視できないレベルのマイルを頂くことができますよ! 発行するカードの種類によって、プレゼントされるマイルは異なりますが、この記事でオススメした「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」なら 「 500マイル」いただけます。 あとは普通にANAカードを申し込むだけでOKです。 注意 ・既にANAカードを持っている人や過去に持っていた方は対象となりません。 ・マイ友プログラムのボーナスマイルは、発行したANAカードが手元に届いて約10日後までに積算されます。 ・から登録した日から3カ月以内に入会しない場合は、対象外になります。 ・オンライン入会でも紙の申込書での入会でも対象になります。 ・ポイントサイト(、など)を経由しての申込みもOKです。

次の

ANAマイルの貯め方基礎講座 STEP3 ~最高レートでマイルに移行~

ワールドポイント マイル ルート

本文 三井住友ANAゴールドカードのクレジット利用あたりのANAマイル還元率は 1. マイ・ペイすリボは仕組を理解して毎月1回3分の手続きをすれば月数円~数十円のリボ払い手数料のみで利用することが可能です。 また、ANAグループのサービス「ANAマイルプラス加盟店」で利用すると、三井住友ANAゴールドカードのANAマイル還元とは別に、ANAマイルが貯まります。 例えば、ANA航空券を三井住友ANAゴールドカードで購入するとマイル還元率はと 2. 利用金額 マイル還元率=1. 35%の獲得マイル数の一覧です 日常生活の買い物や固定費の支払いを現金で支払ったり銀行引き落としで対応していると何も残りませんが、マイルが貯まるクレジットカードに支払いを集約するとこのようにマイルが貯まります。 仮に年間300万円を利用した場合、マイル還元率1. 40,500マイルあればハワイ(往復)にも行けますし、70,500マイルなら世界各国に行くことが可能です。 三井住友ANAゴールドカードのスペックとおすすめの理由 三井住友ANAゴールドカードはの主なスペックは以下となります。 高いマイル還元率(1. ゴールドカードにも関わらず年会費が10,450円と安い(割引適用後)• ゴールドカードの魅力的な特典(充実の旅行保険、国際線ビジネスカウンターでのチェックインなど) クレジット利用あたりのマイル還元率1. 他ブランド(JCB・マスター・アメックス・ダイナース)と比較しても三井住友ANAゴールドカードがNO1です。 また三井住友VISAのキャンペーンやサービスを利用するとマイル還元率をさらに上乗せできるので、 ANAマイルを貯めるクレジットカードとして最もおすすめのクレジットカードです。 年会費の割引は、以下の条件を満たすと4,950円分の割引が可能です。 他のブランドには年会費割引の特典がないため、大きなメリットです。 なお、 Vポイントの有効期限は三井住友ANAゴールドカードの場合は3年です。 三井住友ANAゴールドカードの場合、ANAマイル移行可能ポイント1ポイントは2マイルに交換することが可能です。 よって、 200円利用でANAマイルを2マイル獲得できるため、獲得ポイントのマイル還元率は1%となります。 ANAマイル移行可能ポイントは月額利用金額の200円単位で付与される ANAマイル移行可能ポイントは、月額利用金額200円につき2ポイント獲得できます。 クレジット決済ごとではなく、月額利用金額ごとになりますのでポイントが付与されやすくなっています。 マイ・ペイすリボは、三井住友VISAが提供するリボ払いサービスの1つです。 毎月の支払をマイ・ペイすリボで支払いして リボ払い手数料を発生させると、獲得できるVポイントが2倍になります。 この2倍のVポイントの内訳は、ANAマイル移行可能ポイントと通常ポイントです。 例えば、マイ・ペイすリボで1,000円利用した場合、ANAマイル移行可能ポイントを5ポイント、通常ポイントを5ポイントを獲得できます。 その他、三井住友VISAが提供するサービス「ポイントUPモール」と「ココイコ!」の利用で獲得できるポイントも通常ポイントです。 通常ポイントをANAマイルに交換する方法は2つあり、それぞれANAマイル交換率が異なるためマイル還元率も異なります。 通常ポイントをANAマイル交換方法については、このあとの章で解説しますが、マイル還元率は0. 通常ポイントのANAマイル交換ルートは2つ 通常ポイントは、「ANAマイル移行可能ポイント」と違い1ポイント2マイルに交換することができません。 そのため「ANAマイル移行可能ポイント」とは別のルートでANAマイルに交換する必要があり、交換ルートは主に2つ存在し、それぞれの交換ルートによりANAマイルの交換率が異なってきます。 クレジットカード利用あたりのANAマイル還元率は0. JQみずほルートは、Vポイントの通常ポイントをANAマイルに交換する場合、現時点では交換率が最も高い交換ルートとなっています。 7マイル 交換単位 1,000P単位 JRキューポの交換単位が1,000P単位のため ANAマイル還元率 0. 5マイルが貯まるため(合計13. 5マイル)マイル還元率は1. 三井住友ANAゴールドカードのANAマイル還元率1. 2つのサービスとは、「ポイントUPモール」と「ココイコ!」です。 これらのサービスを利用すると通常の2倍~20倍のポイントを獲得することができます。 ポイントUPモール ポイントUPモールは三井住友VISAが提供するネットショッピングサービスです。 ポイントUPモールでクレジット決済すると、Vポイントが通常の2倍~最大20倍となるためマイル還元率1. 対象のショップは400店以上あるので利用したいショップの多くが見つかると思います。 ANAマイル移行可能ポイント:2,500ポイント=5,000マイル• ANAカードマイルプラス加盟店利用:5,000マイル 上記を合計すると11,175マイルとなるので、 マイル還元率は2. マイ・ペイすリボの利用で年間3,500円の割引が可能 マイ・ペイすリボを利用して 年1回以上手数料を発生させると3,850円の割引を受けることができます。 WEB明細サービスの利用で年間1,000円の割引をが可能 三井住友ANAゴールドカードは、カード利用代金のWEB明細書サービスを利用することで1,100円の割引を受けることが可能です。 三井住友ANAゴールドカードは月額わずか875円のコスト マイ・ペイすリボとWEB明細サービスを併用することで、税込み15,400円の年会費を10,500円まで下げることが可能です。 年会費を月額で換算するとわずか875円と格安です。 三井住友ANAゴールドカードの特典とメリット 三井住友ANAゴールドカードは、『 ゴールドカード』ですので、豊富な特典も取り揃えられています。 継続ボーナスマイル 新規発行時及びカードを継続更新した際に、2,000マイルもらえます。 毎年、2,000マイルがもらえるのは大きいです。 ショッピングで2,000マイル貯めるには、単純計算で20万円決済する必要があります。 ゴールドカードの飛行マイルは、片道1,230マイルとなります。 ゴールドカードの飛行マイルは、片道4,788マイルとなります。 往復の場合、その差は1,148マイルとなります。 海外旅行保険 障害死亡・後遺障害保険のみ利用付帯・自動付帯の保険金が違いますが、傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、携行品損害保険金、救援者費用は全て自動付帯です。 保険の種類 利用付帯 自動付帯 傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高1,000万円 入院保険金日額 5,000万円 通院保険金日額 2,000万円 手術保険金 最高20万円 空港ラウンジの無料利用 三井住友ANAゴールドカードと利用当日の搭乗券を提示すると、28空港31ヶ所の空港ラウンジを無料で利用できます。 三井住友ANAゴールドは国際線のビジネスカウンターを利用できる 空港内店舗「ANA FESTA」で5%割引 全国各空港にある「ANA FESTA」で1,000円(税込み)以上の買い物で、レジにてANAカードを提示すると、代金が5%割引になります。 事前にANA FESTAの公式ページでお目当てのお土産が販売されているか確認しておくと便利です。 私は、お土産はいつも空港内のANA FESTAで買うようにしています。 空港内の免税店で10%OFF 成田空港、羽田空港、関西空港の免税店でのショッピングが10%OFFとなります。 免税価格からさらに10%OFFになるので、かなりお得です。 ドクターコール24 日本国内での病気やケガ、あるいは病院にいくほどでもないけど少し心配なことなど、毎日の生活の中で生じる医療・ストレス・健康不安について、医師・看護師・保健師などのの医療スタッフが電話で24時間・年中無休で相談に応じてくれます。 利用は無料です。 お買い物安心保険(動産総合保険) クレジッ決済で購入した商品が壊れたり、盗まれた時のなどの保険サービスです。 海外・国内利用で最大300万円(免責3,000円)まで補償されます。 保証期間は、購入日および購入日翌日から90日間。 VポイントのANAマイルへの移行手数料無料 三井住友ANAゴールドカードを利用して貯まった「Vポイント」を1ポイント=2マイルで移行可能。 その際の移行手数料は 無料です。 ANAマイルへの移行は、「自動移行」と「手動移行」の2種類があります。 デフォルトは自動移行となっており、自動移行は月に1回貯まっている「Vポイント」を手続きすることなくANAマイルに移行してくれますので便利です。 しかし、マイルの利用頻度が低い方や数年掛けて多くのマイルを貯めたい方などは、マイルの有効期限を考えると、手動移行を選択した方が良いでしょう。 「Vポイント」の有効期限は3年。 マイルの期限も3年ですので、「手動移行」を選択すれば最大6年はポイント/マイルをストックできます。 三井住友ANAゴールドカードと三井住友ANA一般カード/プラチナカードのスペック比較 三井住友VISAが発行するANAカード(一般カード・ゴールドカード・プラチナプレミアカード)のスペック比較です。 一般カード ゴールドカード プラチナプレミアカード 年会費 2,200円 初年度無料 15,400円 88,000円 年会費 割引適用後 1,127円 10,450円 割引なし 2倍コース 登録料 6,600円 無料 設定なし 3倍コース 登録料 設定なし 設定なし 無料 マイル還元率 0. ゴールドカードの年会費は、割引を適用することで10,450円ですので、一般カードとの差はわずか2,723円です。 この2,723円分は、ゴールドカードの特典と継続ボーナス2,000マイルだけで十分補えるため、一般カードより三井住友ANAゴールドカードがお得と言えます。 三井住友ANAゴールドカードをキャンペーンを利用して効率よく新規発行する方法 マイ友プログラムを利用する 三井住友ANAゴールドカードを新規で発行する場合、「 マイ友プログラム」を利用することでプラス2,000マイルをもらうことが可能です。 入会カード 紹介者 入会者 ANAプリペイドカード 100マイル 100マイル ANAマイレージクラブ Financial Pass Visa デビットカード ANAカード 一般、ワイド 500マイル 500マイル ゴールド 2,000マイル 2,000マイル プレミアム 5,500マイル 5,500マイル マイ友プログラムは、カード発行前に簡単な登録をするだけでボーナスマイルがもらるANAの新規入会キャンペーンです。 マイ友プログラムの紹介番号と登録ページ マイ友プログラムの登録は、とても簡単で3分もあれば作業は完了します。 登録内容は、紹介者の氏名と紹介者番号を入力して、あたなの氏名と生年月日を登録するだけです。 私の紹介者名と紹介者番号は以下となります。

次の