新宿 駅 ラーメン あぶら そば 専門 店 ぶらぶら。 スポット一覧

油そば専門店 ぶらぶら 赤坂店(地図/写真/赤坂/ラーメン)

新宿 駅 ラーメン あぶら そば 専門 店 ぶらぶら

油そば専門店 ぶらぶら 京橋店とは 「ぶらぶら」は、ラーメンやつけ麺とは一線を画す、油そばの専門店です。 東京都や神奈川県を中心に出店しているので、見かけたことがある人も多いと思います。 油そばのような食べ方は世界中で見かけることができますが、油そばは東京発祥の麺文化の1つです。 茹で立ての中華麺にタレと油を絡めて食べる独特の食べ方は、多くのラーメン通に支持されています。 店舗の立地と内観&外観 ぶらぶらの京橋店は銀座と京橋の真ん中あたりに位置しています。 道路の反対側には人気ラーメン店「どみそ 本店」があるので、ランチタイムには行列がもの凄いです。 お店は銀座駅、京橋駅からも近いので、アクセスは良いと思います。 並盛と大盛が同一料金なので、大盛にするとお得ですね。 見た感じ濃そうなスープですが、醤油系のタレみたいですね。 ぶらぶらの油そばは、麺、タレ、油が三位一体となった「究極の黄金律」&「完成された味」とのことなので、まずはそのまま食してみます。 とりあえず熱々の太麺をかき混ぜて、そのまま食べてみます。 このまま全部食べたいところでしたが、一応おすすめの食べ方も試してみます。 卓上には様々なトッピングが無料で置かれています。 まずはにんにくをインしてみました。 少し入れただけでも、かなりにんにく臭いがきつくなります。 営業職の人は注意しましょう。 しかし、そのリスクを負った分、美味さが激増します。 にんにくトッピングはぜひオススメです! 次に特製一味唐辛子をインしてみます。 特製一味唐辛子は結構辛いと評判なので、注意して入れます。 ほんの少しの分量だけ入れてみました。 しかし、この小さじ程度の分量でも相当味が変化します。

次の

ぶらぶら 伊勢佐木町店 (油そば専門店 油``油`` ぶらぶら)

新宿 駅 ラーメン あぶら そば 専門 店 ぶらぶら

赤坂に割りと最近できたにランチにいってみた。 ここ、前もラーメン屋だった。 居抜きだね。 あのラーメン屋も息が短かったなあ。 油そばは3サイズ同じ価格の680円。 こういうのみちゃうと大きいの食べなきゃソン!と思うのだけど、さすがに遠慮して普通サイズにしておいた。 でも具やスープがない分ボリュームもかなり少なく感じるので、大でもよかったかもしれない、とあとで後悔。 出てきた油そばはシンプルだけど、絶妙な味付けでとってもおいしかった。 途中からにんにくを入れたり、唐辛子を入れたり、酢を入れたり、いろんな味の変化を楽しめるのだけど、何も入れない素直な味が一番バランス取れていてよかったかもしれない。 もしくはにんにくどまり。 それ以上入れちゃうと味がかなり変わってしまう。 最後はスープを入れてスープでさっぱり〆。 このスープ、ほっとするし、麺だけじゃ正直物足りなかったのでありがたかった。 油そばって栄養バランス悪すぎだけど、時折無性に食べたくなるよね。

次の

ラーメン(麺類)情報 東京

新宿 駅 ラーメン あぶら そば 専門 店 ぶらぶら

赤坂に割りと最近できたにランチにいってみた。 ここ、前もラーメン屋だった。 居抜きだね。 あのラーメン屋も息が短かったなあ。 油そばは3サイズ同じ価格の680円。 こういうのみちゃうと大きいの食べなきゃソン!と思うのだけど、さすがに遠慮して普通サイズにしておいた。 でも具やスープがない分ボリュームもかなり少なく感じるので、大でもよかったかもしれない、とあとで後悔。 出てきた油そばはシンプルだけど、絶妙な味付けでとってもおいしかった。 途中からにんにくを入れたり、唐辛子を入れたり、酢を入れたり、いろんな味の変化を楽しめるのだけど、何も入れない素直な味が一番バランス取れていてよかったかもしれない。 もしくはにんにくどまり。 それ以上入れちゃうと味がかなり変わってしまう。 最後はスープを入れてスープでさっぱり〆。 このスープ、ほっとするし、麺だけじゃ正直物足りなかったのでありがたかった。 油そばって栄養バランス悪すぎだけど、時折無性に食べたくなるよね。

次の