神楽坂 ガレット シードル。 りんご酒「シードル」が楽しめる東京のバー4選

ル・ブルターニュ 神楽坂店

神楽坂 ガレット シードル

毎年のことではありますが、仕事が落ち着かないのと花粉で外出自重気味だった2月、3月が終わりました。 久々の外食です! 散歩すると神楽坂も色々と変化が起きており、が閉店して、パリの肉で有名なビストロらしいが日本初出店!開店30分前から大行列が出来てました。 みんなどこで情報仕入れてくるんでしょうね。 これは絶対に行かねばなりません。 そして、も閉店して、に!九段下にという駄洒落になってるようでなってない店と同じネーミングセンスを感じをますが系列なのでしょうか? 潰れる店を見ていると、神楽坂はシビアというか、味と量にうるさい街だなと思います。 エビ殻はグループで食べるにはオマールエビ1尾何千円て無理だよ!食べるとこないよ!サイドメニューやる気ないよ、何頼めばいいのやら、てな感じでしたし、パッキアーレは拘っているの分かるけど値段の割りにぱっとしない味と量でとりあえずお腹膨ますために来てるのに、まず基本的なところがどうにもならないよ!てな感じでした。 シャ豚ブリアンは対照的に3500円のコースにヒレカツまで付いてくるのですね。 ボリュームたっぷりです。 どうせチェーンっぽいならこの値段で火鍋やれば絶対にニーズあると思うのですが、そんな日は来ないのでしょうか。 そんな中、予約もせず夏目亭に向かったのですがもちろん撃沈(織り込み済み)。 そこから芸者新道を北に行くと お洒落な感じの外観の()に何とか滑り込みました。 12時過ぎには満員だったのでほんとギリギリだったようです。 町屋風の外観から、 中に入るとガラッとスタイリッシュ。 テラス席もこの季節はとても良い感じ。 もちろんフルに揃ったコースもあります。 まずこちらがシードル。 甘くないけど香りがとても爽やか。 さすがシードルバーを名乗るだけあって印象的なシードルを持ってきてくれます。 2日酔いにも優しい。。 こちらが前菜その1。 有機野菜と蕎麦粉のクルスティアンのセットで、 豆腐とゴマのペーストが付いてます。 カリッカリのガレットっぽいものに、野菜とペーストを乗せるこれが絶妙なバランスなのです。 全然水っぽくないのに野菜も豆腐も消えてない。 そしてサラダ風に見せておきながら、ピクルスや焼き玉ねぎが添えられていて、多様な食感が詰まってます。 前菜その2。 豚肉のパテ。 アグー豚と同じようにドングリを食べて育つ豚と説明いただいたことは記憶してますが名前は忘れました。 味も香りも肉肉しい一品で、上にかかったソースがまた合うのです。 そしてメイン。 自家製ソーセージと24ヶ月熟成のコンテチーズが乗ったガレットです。 肉汁たっぷりなソーセージを切ると、溶けかけたチーズとガレットが混ざり合って、さらにマスタードソースも付けるとこれが堪らない一品になります。 これは美味しいというか良く出来てるなあという感想です。 普通のソーセージとチーズだとジャンクになりがちですがそんな気配は微塵もありません。 意外にガレットって厚手でボリュームあります。 そしてメインその2。 サクラマスのガレット包み。 美味しそうに見えますし見たまんま美味しいです。 ソースはバターとシードルを煮詰めた濃厚なもので、あっさり目のサクラマスにぴったり。 下は麦のリゾットでこちらも完成度高いなあと。 フランス料理って意外に野菜取れるのもポイント高いです!正直、以前はそんなに印象なかったのですが、シェフが変わったのか、私の舌が(ようやく)少しは肥えたのか、手の込んだ品というのが伝わってきました。 ウェブサイト見るとこんなにここならではの一夜限りのも合ったのですね。 興味ありました。。 カテゴリー• 186• 134• 173• 166• 13 最近の投稿• アーカイブ• 3 固定ページ•

次の

【ル・ブルターニュ・バー・ア・シードル・レストラン】|神楽坂の古民家で味わうシードルとブルターニュ料理 │ ヒトサラマガジン

神楽坂 ガレット シードル

少しずつ気温も上がり、ピクニックやアペロが気持ち良い季節になってきました。 明るいうちからお酒とおしゃべりを楽しむなんて最高ですよね。 あたたかくなるとシュワシュワ発泡しているお酒をキリッと冷やして飲みたくなるという方も多いのでは? ビールにシャンパンにスパークリングワインに発泡するお酒はいろいろとありますが、今一番気になるのはなんと言ってもシードル! フランスのブルターニュ地方で古くから愛されるりんごのお酒シードル。 今回は神楽坂にある日本初のシードル専門店『ル ブルターニュ バー ア シードル レストラン』に伺い、ソムリエの涌井さんにシードルの魅力、楽しみ方を教えてもらいました! シードルを楽しむならまず『ル ブルターニュ バー ア シードル レストラン』 神楽坂のメインストリートから1本入ったところにある古民家のような佇まいの『バー ア シードル レストラン』は神楽坂の人気ガレット店『LE BRETAGNE(ル・ブルターニュ)』の系列店。 『LE BRETAGNE(ル・ブルターニュ)』は、フランスにも店舗展開しているということで、本場の味が楽しめると人気のお店です。 その系列店である『ル ブルターニュ バー ア シードル レストラン』は、有機のシードルを中心に約40種類とブルターニュ料理が味わえます。 シードルはりんごを使った醸造酒 シードルとは、りんごを発酵させて作るお酒。 フルーティーなりんごの香りと優しい泡立ちの微炭酸で、アルコール度数も低く普段お酒をあまり飲まない方にも飲みやすいのが特徴です。 シードルと言えば、フランスのブルターニュ地方が有名。 ワイン作りが盛んなフランスですが、このあたりはぶどうの北限を超えているため、ぶどう栽培が難しくワインが作れなかったので、りんごを作るようになったのだそう。 と、ここまではご存知の方も多いかと思いますが、実際シードルってどんな種類があって、どうやって作っているのかということまでは知らない方も多いのではないでしょうか。 今回は、意外と知らないシードルについてのあれこれを聞いてきました。 甘口?辛口?シードルの種類って? まず、シードルはアルコール度数の低い順に、シードル・ドゥ(甘口)、シードル・ドゥミ・セック(中辛)、シードル・ブリュット(辛口)の3つにカテゴライズされるのだそう。 「発酵が進みアルコール度数が高くなったものを辛口、発酵を早い段階で止めることで糖分が残ったものが甘口です。 アルコール度数が高いと言っても、シードルはワインよりもアルコール度数が低いんですよ。 シードル用のりんごは酸味が強く、甘みがないものを使用します。 ぶどうよりも糖分が少ないためアルコール度数が高くなりすぎないんです。 だいたいビールと同じくらいの2〜4度ほどのものが多いですね。 アルコール度数が低く、りんごの果実味があるので飲みやすい。 ちなみにビタミンCも豊富なので、女性にはぴったりなのではないでしょうか」と涌井さん。 ただし、日本のシードルは食べる用の糖度の高いりんごを使って作っていることもあるので、その場合はアルコール度数が高いのに甘口ということもあるとのことでした。 栗のフレーバーが付いたシードル(左)、POIRE(右) その他に、シードルには洋梨を原料にしたポワレ、アイスワインのように凍った状態のりんご果汁から、氷を取り除いて作ったアルコール度数の高く甘いアイスシードルというものもあるのだそう。 栗のフレーバーを付けたものやりんごのシードルに洋梨のフレーバーを付けたものなどフレーバー付きのものも。 栗のフレーバーはジビエの季節には人気とのことでした。 数種類のりんごで味を作るシードル ちなみにシードルは例外を除き1種類のりんごで作られるわけではないということをご存知でしょうか? シードル用のりんごには210種類もあり、果実の味により甘味の強いもの、渋味の強いもの、酸味の強いもの、そしてもうひとつ甘苦いものがあると涌井さんは言います。 そのりんごを組みわせて味を調整して作るのです。 7月〜11月に収穫されたりんごは、選別、洗浄を経て皮ごとすり潰され、雑味になる種や芯を取り除きます。 絞ったりんごをタンクで寝かせ、その後、タンクで発酵させて作るのですが、その後の製法で品質に大きな違いが出るのだそう。 その他、AOCの基準にはりんごから絞る果汁の量が決まっていたり、寝かせる期間が決まっていたり厳密な審査項目があります。 ビン内で二次発酵しているものは色が濁っていることが多いです。 AOCに認められていないものでも、きちんとビンの中で2次発酵させているものはあります。 ビンの中にオリがあるものがその印です。 その他、販売されているものの中には2次発酵させていないもの、2次発酵前に果汁の代わりに砂糖を加えるもの、タンクの段階で炭酸を注入するものなどもあるそう。 もちろん味や泡の細かさなどで違いが出るのですが、好きな味わいは人それぞれなので、いろいろ楽しむ中で好みのシードルを見つけられるといいかもしれませんね。 また、ワインは寝かせるとおいしくなるものもありますが、シードルは時間が経つにつれてコルクから炭酸が抜けていくのであまり寝かさないほうがいいとのことでした。 スイーツと合う!?シードルの楽しみ方 さて、シードルのちょっと深いお話を聞いたところで、気になるのがシードルの楽しみ方ですよね。 どのようなお料理と相性がよいのでしょう? 「甘口のものやアイスシードル、ポワレなど糖度の高いものは、スイーツと合います。 あと、フォアグラのテリーヌと合わせてもおいしいですね。 フォアグラにはよくポートワインが添えられていますが、同じような役割をしてくれますよ。 辛口はお魚やお肉などのメインと合わせてもおいしいです。 でも、フルーティーなお酒なので、食前酒や前菜のときに楽しむのがいいと思います。 ガスの入った甘いお酒なので、よく冷やして飲むのがおすすめです」と涌井さん。 ちょっとしたおつまみと楽しむアペロタイムには、ぴったりなお酒なのです。 シードルはガレットと相性抜群 ブルターニュではガレットと一緒にシードルをいただくのが一般的(ブルターニュではボレと呼ばれるお茶碗のようなもので飲みます)。 それはブルターニュがりんごの産地であると同時にそば粉の生産も盛んだったから。 今回は『ル ブルターニュ バー ア シードル レストラン』のガレット料理と共にいただきました。 そば粉のガレットに、有機野菜を神楽坂の老舗の豆腐屋さんの豆腐を使ったディップと一緒にいただきます。 パリッと焼かれたガレットと味の濃いお野菜がとってもおいしいです。 シードルもフルーティーな甘さですっきりとした飲み心地。 ついごくごく飲んでしまいそうですが、アルコール度数が高くなく、ビタミンCも入っているとなると安心して飲めます。 ガレットでお魚を包んだひと皿も。 ソースにもシードルを使っているのだそう。 こちらは5度の辛口のシードルといただきました。 ブルターニュは海に囲まれた場所。 同じ土地で親しまれているシードル、ガレット、お魚の相性はいいのかもしれないですね。 ちなみに、そば粉に含まれるルチンはビタミンCと一緒に摂ると効果的に吸収できると言われています。 ルチンは血流を改善させるので血圧を降下させたり、肩こりや冷え性改善の効果が。 またシードルにはビタミンCが含まれているので、もちろんそれ単体でも美肌効果などが期待できますが、ガレットと一緒に食べるとより効果的ということ。 ブルターニュで昔から一緒に食べられてきたのには、名産ということ以外にも健康効果としても理にかなっているんですね! アペロに気持ちよさそうな『ル ブルターニュ バー ア シードル レストラン』の縁側 シードルはアルコールが強くなく、フルーティーで爽やかなお酒。 ワインやシャンパンより手軽に飲める金額感もうれしい。 ビタミンCも豊富だったり、スイーツと相性がよかったり、女性が喜ぶポイントがたくさんあるお酒なのです。 これからアペロの気持ち良い季節がやってきます。 )/[土] 11:30〜23:00(L. )/[日・祝] 11:30〜22:00(L.

次の

ル・ブルターニュ・バー・ア・シードル・レストラン(神楽坂 フレンチ)のグルメ情報

神楽坂 ガレット シードル

この記事の目次• こんにちは。 普段の外食はもっぱらサイゼリヤだけど、たまにはチェーンじゃないレストランにも行きたい!ごろ寝パンダです。 この間、友人の結婚式の引出物でペアランチ券をもらったので、神楽坂の「 ル ブルターニュ」という蕎麦のガレットで有名なレストランに行ってきました。 社長はブルターニュ地方出身のフランス人で、ブルターニュの伝統料理を日本に伝えるためにオープンしたそうです。 店舗は東京、横浜、京都にある他、フランスにも複数軒あります。 ル ブルターニュ公式サイト: 黒い壁、艶のある木のテーブル 壁にレコードや楽器が飾ってあり、フランスのロック調な音楽が流れていました。 お店は1時を過ぎたあたりからどんどんお客さんが来て満員に。 お仕事中とおぼしきフランス人紳士2名も来店して流暢な日本語で注文していました。 [土] 11:30~23:00 L. [日] 11:30~22:00 L. 定休日:月、火曜日 祝日は営業 さいごに 以上、ル ブルターニュ バー ア シードル レストランのご紹介でした。 使われているそば粉はフランス直輸入の有機栽培のもの、その他の食材も現地から直接仕入れているそうです。 こちらの店舗を経営している「株式会社 ル ブルターニュ」ではブルターニュ地方の特産品を輸入販売しており、フランスの食文化に直に触れることができます。 たまにはこんな素敵なレストランで異国の食文化を経験するのも楽しいですね。 絶品ガレットを食べたくなったら神楽坂へ行ってみるといいかもしれません。 以上、最後までお読みいただきありがとうございました! それではまた!!.

次の