住之江 ボート。 住之江ボート出場選手がコロナ感染 参加全選手は直近競走の出場自粛、住之江は開催中止

住之江ボートレース場

住之江 ボート

ボートレース場• 関東地区• 東海地区• 近畿地区• 四国地区• 中国地区• 九州地区• ボートレースチケットショップ• 北海道・東北地区• 関東甲信越地区• 北陸地区• 東海地区• 近畿地区• 中国地区• 四国地区• 九州・沖縄地区•

次の

住之江競艇場

住之江 ボート

タグ youtuber イースタンヤング・ウエスタンヤング イースタンヤング・ウエスタンヤング初日 イースタンヤング5日目 イースタンヤング優出 イースタンヤング初日 イースタンヤング準優出 ウエスタンヤング ウエスタンヤング初日 エンジン オールスター福岡 かわいい ギャンブル クイーンズクライマックス グラチャン グランプリ グランプリシリーズ コース コロナ サッカーU22日本代表 トゥーロン国際大会 ドリーム戦 ニュース フライング プロ予想 ボート ボートレーサー ボートレースオールスター福岡 ボートレースレディースvsルーキーズバトル ボートレース多摩川 モーター ヤングダービー よろずや よろず屋 レース レディースチャンピオン レビュー 万事屋 万舟券 上條嘉嗣 上條暢嵩 下寺秀和 中山将 中島孝平 中島昂章 中川りな 中村晃朋 中田友也 中田達也 中野次郎 丸野一樹 予想 予想グラチャン 予選終了 井上一輝 井口佳典 今井美亜 今垣光太郎 今村豊 今泉友吾 令和 仲谷颯仁 伏島祐介 佐藤隆太郎 優出イースタンヤング 優勝戦 優勝者 優良競艇予想サイト 入海馨 出口舞有子 出走表 分析 初日 前出達吉 前田篤哉 勝ち方 勝浦真帆 勝率 北川太一 千葉真弥 原田幸哉 口コミ 台風 吉川元浩 吉川貴仁 吉田凌太朗 吉田拡郎 吉田裕平 和田拓也 喜多須杏奈 四宮与寛 土屋南 基礎知識 塩崎桐加 多摩川 大上卓人 大山千広 大穴 天候 太田和美 女子 妻鳥晋也 守屋美穂 守田俊介 安河内将 実力 宮之原輝紀 宮野仁 寺田祥 小林遼太 小池礼乃 小野生奈 山下流心 山崎智也 山崎郡 山崎鉄平 山田康二 山田晃大 岡崎恭裕 岡部大輝 峰竜太 峰重力也 島村隆幸 川原祐明 平和島 平尾崇典 平本真之 平田忠則 庄司樹良々 当たる 徳増秀樹 必勝法 悪徳 悪評 情報 感染者 成績 新人王 新田有理 新田雄史 新開航 春園功太 最終レース 最終日イースタンヤング 有料情報 木下翔太 木村仁紀 木田峰由季 木谷賢太 村上遼 村岡賢人 村松修二 松井洪弥 松井繁 松山将吾 松本一毅 板橋侑我 柳内敬太 柳沢一 桐生順平 梅木敬太 検討 検証 検証中 楠原翔太 樋口由加里 毒島誠 水面 永井彪也 江頭賢太 池田浩二 注目選手 浜先真範 渡邉優美 渡邉和将 渡邉翼 湯川浩司 準優出 準優出イースタンヤング 準優勝戦 澤崎雄哉 無料情報 瓜生正義 田中京介 田村隆信 白井英治 白神優 百武翔 的中 着順 石丸海渡 石野貴之 磯部誠 稼ぎ方 競艇 競艇かわいい 競艇万事屋 競艇予想 競艇予想グラチャン 競艇予想サイト 競艇基本 競艇場 競艇検証 競艇選手 竹井貴史 竹田和哉 笠原亮 笠置博之 第46回オールスター 羽野直也 茅原悠紀 荒井翔伍 菊地孝平 藤原啓史朗 藤原菜希 藤山翔大 西川昌希 西野雄貴 角山雄哉 詐欺 豊田健士郎 賞金王 赤岩善生 近江翔吾 遠藤エミ 選手 野中一平 金子萌 金子賢志 鈴木雅希 長田頼宗 関浩哉 関野文 雑賀勇貴 馬場剛 馬場貴也 高倉和士 高田ひかる 黒野元基 齋藤達希• 概要 オールスターのナイター開催は史上初。 今年はグランプリが行われない住之江だが、頂上決戦にも負けない魅力的な大会が巡ってきた。 春のメッカも基本的にイン有利は変わらない。 向い風の日が多く、その強さは1~4mが通常。 だが、スロー発進でも艇が押し戻されるほどの突風が吹くことはまずない。 追い風と異なり、イン艇が1マークで流れることも少なく、オールスターでは日々、1枠が10勝近くを挙げるだろう。 危険な1枠のパターンは2つ。 乗り心地の調整が合っておらず、1マークで流れる、あるいは2マークで逆転を許す。 もう一つは進入が乱れ、センター、ダッシュ勢の捲り、捲り差しに屈する。 穴党は少ないチャンスを狙い撃つのも醍醐味である。 V候補1番手には、 峰竜太選手(佐賀)を挙げる。 GI戦線に復帰するなり、尼崎周年を制し存在感と実力を示した。 昨年のグランプリは転覆失格に終わったが、17年には周年V、18年にはグランプリVと住之江の相性も良い。 4年連続のファン投票1位に、今年こそ優勝で応えたいところだろう。 地元勢は 石野貴之選手(大阪)が代表。 モーター出しと勝負強さで住之江SG連覇に挑む。 例年、春のオール大阪「ラピートC」に強い 松井繁(大阪)も侮れない。 大会連覇、さらにはクラシックからのSG連続Vを狙う 吉川元浩(兵庫)や、大舞台に強い 瓜生正義(福岡)も注目。 若手では昨年のGPシリーズで優出した 木下翔太(大阪)、 永井彪也(東京)らが下克上を狙う。 4年連続ファン投票1位 「オールスターは僕の中でも一番と思うくらい、気持ちが入る大会です。 ファンの皆さんのおかげで10年連続出場、4年連続でトップ選出していただきましたし、タイトルの重みを感じています。 空回りもしていますけど、昨年は優勝戦に乗れましたし、『オールスターで優勝すること』への意識は高まっています」• 今回のオールスターはSG復帰戦 「しばらく一般戦が続きましたけど、こちらから願ってもSGに走れるわけではなかったので、自分ができる中のベストを尽くすようにと心掛けながら走っていました。 まだまだ結果に満足はしていませんが、1走1走、目の前のレースをしっかりこなしてきたつもりです」• 開催地の住之江の印象は? 「住之江のイメージは良いですよ。 グランプリも獲りましたし、ファンの声援はいつもすごいですからね。 今は新型コロナウイルスの影響で無観客開催が続いていますけど、オールスターが開催される頃は収束して、レース場に活気が出ていれば良いなと思っています」• 昨年はファン投票4位、今年は2位 「こんなにいっぱい投票してもらえるような選手ではないと思っていますが、選んでもらえたことは素直に嬉しいです。 これからの自分に期待を込めて投票してもらっていると受け止めているので、ファンの方の思いに応えられるような選手になれるように頑張りたいですね」• SGデビューの前回大会の感想 「SG初出場でドリーム戦に選ばれた去年の福岡大会は、前日から緊張して寝られませんでした。 普段はあまりプレッシャーとか感じないほうなんですけどね(苦笑)。 SGを走れるだけで嬉しかったのに、水神祭も挙げられたので、本当に良かったです」• 住之江に対するイメージは? 「去年のGPシリーズは全然調整を合わせ切れなかったけど、良い時もあるので、住之江は全然嫌いではないです。 オールスターでもいろんなことを吸収して、今後の成長の糧にできるように頑張りたいと思います」 「オールスターは 本当に結果を出したいと思っているんですが、まだ優勝戦に乗ったことがありません。 凍結防止用の温水パイプが外される最後ぐらいで、調整がたぶん合っていないんだと思います。 ただ今年はこれまで以上に、大会にかける思いは強いです。 無観客でレースを開催している中で選んでもらったからこそ責任感を持って臨まないと、と思っています。 クラシックは最近のSGでは記憶にないぐらい仕上がりは苦しかったです。 その中で準優1号艇に乗れたことは大きかったですね。 住之江はグランプリ(今年は平和島)が行われるボート場なので、勝たないといけない所だと思っています。 ファンの方にたくさん投票してもらって、ドリームに乗れました。 本当に有難いです。 レースは変わらないけど、強い思いで臨むつもりです」 「今年も多くの方にファン投票していただいて、オールスターのドリーム戦に乗れることができました。 とても光栄なことだと思っています。 応援してくださる方がいるっていうのは嬉しいですし、有難いです。 この恩返しは、レースでするしかないと思っています。 声をかけたりして応援してくれるのと、舟券的な人気は別なことだけど、舟券に絡むこと、しっかりとレースをすることが自分の仕事だと思っています。 でも、そんなファンの方の声援やヤジのない場所でレースをするのは、やっぱり寂しいですよ。 今後もどうなるかはわからないし、こればかりはどうしようもないですけど…。 住之江の印象は悪くないし、好きな水面ではあります。 しっかりと良いレースをしてアピールできるように頑張りたいと思っています」 「大勢の方に投票してもらえて嬉しかったですね。 オールスターは自力では出られないので、出場させていただけたっていう部分があるし、感謝の気持ちを持って走りたいです。 ドリーム戦から出られるのは本当に有難いことだと思っています。 今年は 1月の若松DCで優勝ができたし、ここまでは 例年以上に良いリズムで走れています。 エンジンなりには出せているほうだと思いますが、特にバチッと出せているかと言われると、そうでもないかな?クラシックも普通ぐらいの仕上がりでした。 住之江の新エンジンはまだ1回も走っていません。 まだ調整とか全然わかっていないけど、GWに『ラピートカップ』を走るので、そこできっちりと調整をつかんで行きたいと思っています。 地元のSGということもありますが、年末へ向けても少しでも良い結果が出せるように頑張ります」 「1月徳山周年の結果(予選敗退)が本当に悔しかった。 それもあったので、2月の下関周年を勝てたのは良かったですね。 ただ、右膝を痛めてしまい、平和島のクラシックでは踏ん張りも利かなかったりして、途中帰郷させてもらいました。 時間が経っているので少しずつ良くなっているけど、もうちょっとですね。 住之江はエンジンの状況で成績も良かったり、悪かったりです。 乗り心地もだけど、舟足をしっかりと仕上げたいです。 オールスターは、ファンに選んでもらって走らせてもらえる大会です。 ドリームから走れるのは有難いですね。 レースに対する姿勢を評価してもらったと思うので、恩返しじゃないけど、良い結果を出せればと思っています。 お祭りみたいな舞台なので、楽しみながら、しっかりとレースができればと思います」 住之江競艇第47回SGボートレースオールスター2020前検日モーター抽選結果 ボートレース住之江注目モーター上位6期• モーター番号 83 2連対率:84. 09 勝率:8. モーター番号 20 2連対率:64. 44 勝率:7. モーター番号 53 2連対率:58. 00 勝率:7. モーター番号 59 2連対率:54. 55 勝率:6. モーター番号 50 2連対率:52. 78 勝率:6. モーター番号 37 2連対率:52. 50 勝率:6. 38 前検日モーター抽選結果:2連対率トップ10• 4418 茅原 悠紀 選手 A1 モーター 83 2連対率 84 前検タイム 6. 4477 篠崎 仁志 選手 A1 モーター 20 2連対率 64. 4 前検タイム 6. 3622 山崎 智也 選手 A1 モーター 53 2連対率 58 前検タイム 6. 4337 平本 真之 選手 A1 モーター 59 2連対率 54. 5 前検タイム 6. 4344 新田 雄史 選手 A1 モーター 50 2連対率 52. 7 前検タイム 6. 4168 石野 貴之 選手 A1 モーター 37 2連対率 52. 5 前検タイム 6. 3721 守田 俊介 選手 A1 モーター 39 2連対率 50 前検タイム 6. 3415 松井 繁 選手 A1 モーター 28 2連対率 48. 8 前検タイム 6. 4908 上田 龍星 選手 A1 モーター 35 2連対率 47. 8 前検タイム 6. 4044 湯川 浩司 選手 A1 モーター 79 2連対率 46. 3 前検タイム 6. 75 前検日モーター抽選結果:前検タイムトップ10• 4482 守屋 美穂 選手 A1 モーター 82 2連対率 36. 8 前検タイム 6. 4168 石野 貴之 選手 A1 モーター 37 2連対率 52. 5 前検タイム 6. 3415 松井 繁 選手 A1 モーター 28 2連対率 48. 8 前検タイム 6. 4044 湯川 浩司 選手 A1 モーター 79 2連対率 46. 3 前検タイム 6. 4450 平高 奈菜 選手 A1 モーター 56 2連対率 24. 4 前検タイム 6. 3024 西島 義則 選手 A1 モーター 77 2連対率 35. 7 前検タイム 6. 4547 中田 竜太 選手 A1 モーター 80 2連対率 29. 4 前検タイム 6. 3622 山崎 智也 選手 A1 モーター 53 2連対率 58 前検タイム 6. 4371 西山 貴浩 選手 A1 モーター 24 2連対率 44. 2 前検タイム 6. 4659 木下 翔太 選手 A1 モーター 81 2連対率 43. 9 前検タイム 6. 79 ドリーム戦のメンバーでは、石野選手が好モーターを引き当て、前検タイムでも上位に上位に食い込んでくるなど、調子の良さが感じられる。 また、前検タイムで堂々の1位であった守屋美穂選手も初日からの好走に期待できそうである。 住之江競艇第47回SGボートレースオールスター2020出場選手一覧 前年度優勝者• しかし、現実は勝つ人が1割程度しかいない。 ここで言う勝つとは、継続して的中し続けている人を指している。 競艇 ボートレース で勝つために必要な事は、『運』『勝負強さ』といったスピリチュアルの世界ではなく、 完全なる情報戦 である。 「情報をいかに集められるか」が 必勝への最短ルートであると言える。 例えば、プロの予想家や新聞記者が的中させているのかと言えば、情報量・情報収集力が違うためである。 しかし、競艇関係者ではない私たちは、細かい状態などはわからない。 一般人が通常生活する中で、競艇に関する重要な情報を知る事はなく ほぼ無料の情報を頼りに予想している。 競艇に限らず、無料の情報で勝てるほど世の中甘くは無い。 情報戦で個人が勝つ事は不可能である。 ではどうするか? 競艇予想サイトを利用するに限る。 よろず屋が認める 優良競艇予想サイトを利用する事は、単純かつ すぐに 結果が出る手段である すぐに稼ぎたい人は、 サービスポイントで有料情報を提供してもらえるサイトにまずは会員登録してみて欲しい。 お金を掛けずに、プロの予想を毎日GETできるのも予想サイトだからできる。 毎日レース開始数時間前まで精査された予想情報をまずは確認して欲しい。

次の

ボートレースで1人がコロナ感染 8日に判明し、緊急入院 4日まで大阪・住之江ボートのレースに出場 濃厚接触者は4人(中日スポーツ)

住之江 ボート

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2015年9月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2015年9月) ボートレース住之江 正面玄関 施設 所在地 大阪府大阪市住之江区泉一丁目1番71号 座標 : 開場 (昭和31年) 所有者 住之江興業株式会社 施行者 大阪府都市競艇企業団・ コース 水面 人工(プール ) 水質 淡水 モーター 331型・出力低減モーター 外向発売所 外向発売所 ボートパーク住之江 場外発売場 場外発売場 住之江が管理施行: (大阪市北区) (大阪府泉佐野市) (奈良県御所市) 管理施行外で住之江の全競走を発売: (神戸市兵庫区) (兵庫県姫路市) (兵庫県洲本市) (兵庫県加東市) 実況 担当 目次• 概要 [ ] を挟んでおよびの西隣に位置するボートレース場。 通称は、 BOAT RACE住之江(ボートレースすみのえ)。 前身のが、経営難と水面として利用していたの旱魃(かんばつ)を主因に(31年)をもって閉鎖されたことを受けて大阪市南加賀屋町(現在地。 1974年7月22日より分区により現在の住之江区泉となる)に新設移転、同年に初開催された。 競走の初開催は、1961年の第8回である。 の代替となるや、海の日恒例のや現在のグランプリであるもこの地で初開催された。 特に賞金王(グランプリ)は1986年に初開催されて以降、年末の開催で定着していることもあり、常に多くのファンで賑わっていることから「ボートレースの」、「ボートレースの」の異名を持つ。 所在地である大阪市は現在主催しておらず、 大阪府都市競艇企業団(・・・・・・・・・・・・・・・の16市で構成する)と が主催施行者として別々に開催している。 各種施設を保有・運営するのは住之江興業株式会社()で、当競艇場で行われる開催のレース「ラピートカップ」はを運行するの「」が由来となっている。 この競艇場のみ、エンジンの取付けにおいてバック、のライナー調整 が可能となっている。 ライナーの調整有無および調整厚さは、チルト角・部品交換状況などと同じく、事前に発表される。 チルト角調整範囲は-0. 5から1. 場所が近接しているとは原則として開催日程が重複しないようにしている(年末年始や荒天中止の順延分を除く)。 からのナイター開催以降、昼は尼崎、夜は住之江のハシゴ開催となっている。 マスコットはのジャンピーで、6艇をもとにした兄弟姉妹の家族で構成。 (12年)より日本の史上初の三連勝式投票券(三連単・三連複)並びに拡大連勝複式投票券(拡連複)が発売された。 本場締切5分前に流れるBGMは、CSのでも場外締切3分前より使われている。 コース概要 [ ] 競走水面はプール で、水質は (工業用水を利用)。 スタートやゴール時には噴水の演出が使われるのが特徴。 (平成7年)から FKS が使われていたが、(平成15年)をもって廃止された。 (平成18年)にはナイター競走の実施にさきがけ、開催分(ブルースターカップ)より減音型モーターが導入され、からは出力低減モーター(ヤマト331型)が導入された。 電光掲示板 「ボートくん」 主要開催競走 [ ] 企業杯 として、「アサヒビールカップ」が行なわれている。 ルーキーシリーズ戦は「飛龍賞競走」(後援)と「ダイナミック敢闘旗」(後援)が隔年で行なわれている。 ヴィーナスシリーズ戦の名称は「モーターボートレディスカップ」。 また、レディースカップ戦(格付けは一般戦)として、「賞アクアクイーンカップ」が毎年行われている。 正月は「全大阪王将戦」、ゴールデンウィークには「ラピートカップ」、お盆には「大阪ダービー摂河泉競走」が行なわれている。 この3競走は住之江をホームとする大阪支部所属選手が一堂に会する。 例年、7月頃に周年記念 として「太閤賞」が行われ、さらに例年10月頃に「」が行われている。 過去のSG・プレミアムGI開催実績 [ ] (グランプリ) 年度・施行回 賞金王シリーズ戦 賞金王決定戦 優勝者 出身 優勝者 登番 出身 1986・第1回 1986-1987・一般戦 1988-1990・GII 1991-1996・GI 1515 千葉 1987・第2回 1864 香川 1988・第3回 2291 大阪 1989・第4回 福永達夫 2205 山口 1990・第5回 高山秀則 2672 宮崎 1992・第7回 野中和夫 2291 大阪 1993・第8回 野中和夫 2291 大阪 1994・第9回 中道善博 2096 徳島 1995・第10回 3285 福岡 1997・第12回 小畑実成 3233 岡山 3422 静岡 1998・第13回 2096 徳島 3557 大阪 1999・第14回 3227 東京 3415 大阪 2001・第16回 濱野谷憲吾 3590 東京 3556 大阪 2002・第17回 太田和美 3557 大阪 植木通彦 3285 福岡 2003・第18回 3499 広島 田中信一郎 3556 大阪 2004・第19回 太田和美 3557 大阪 田中信一郎 3556 大阪 2005・第20回 3941 愛知 3719 広島 2006・第21回 3946 愛知 松井繁 3415 大阪 2008・第23回 田中信一郎 3556 大阪 4024 三重 2009・第24回 井口佳典 4024 三重 松井繁 3415 大阪 2010・第25回 3622 群馬 中島孝平 4013 福井 2011・第26回 勝野竜司 3697 兵庫 池田浩二 3941 愛知 2012・第27回 4350 福岡 山崎智也 3622 群馬 2013・第28回 3573 広島 池田浩二 3941 愛知 2015・第30回 4266 神奈川 山崎智也 3622 群馬 2016・第31回 3388 石川 3783 福岡 2017・第32回 4344 三重 4444 埼玉 2018・第33回 3822 岡山 4320 佐賀 2019・第34回 4262 京都 4168 大阪 (オールスター)・(ダービー) 年度・施行回 笹川賞競走 優勝者 登番 出身 1973・第19回 井上弘 1531 群馬 1974・第1回 野中和夫 2291 大阪 1976・第3回 野中和夫 2291 大阪 1977・第4回 加藤峻二 1485 埼玉 1978・第5回 彦坂郁雄 1515 千葉 1979・第6回 中道善博 2096 徳島 1980・第7回 中道善博 2096 徳島 1981・第8回 貴田宏一 976 岡山 1982・第9回 常松拓支 1686 大阪 1983・第10回 彦坂郁雄 1515 千葉 1985・第12回 井上利明 1962 大阪 1986・第13回 新田宣夫 2401 愛媛 1988・第15回 安岐真人 1864 香川 1990・第17回 野中和夫 2291 大阪 1991・第18回 野中和夫 2291 大阪 1992・第19回 中道善博 2096 徳島 2007・第34回 瓜生正義 3783 福岡 2020・第47回 年度・施行回 全日本選手権競走 優勝者 登番 出身 1961・第8回 倉田栄一 318 三重 1963・第10回 歌谷博 284 香川 1965・第12回 長瀬忠義 1284 広島 1966・第13回 芹田信吉 1126 福岡 1969・第16回 早川行男 1264 静岡 1970・第17回 中野信次 268 福岡 1971・第18回 鈴木一義 1303 東京 1972・第19回 金子安雄 1435 埼玉 1973・第20回 北原友次 1481 岡山 1974・第21回 野中和夫 2291 大阪 1975・第22回 林通 2260 岡山 1978・第25回 松田慎司 2444 広島 1984・第31回 半田幸男 2606 広島 1989・第36回 瀬古修 1950 三重 SGその他 年度 競走名 優勝者 登番 出身 1962 第8回 芹田信吉 1126 福岡 1967 第2回 竹内虎次 899 岡山 1968 第3回鳳凰賞競走 石川洋 1199 愛知 1970 第5回鳳凰賞競走 1485 埼玉 1976 第11回鳳凰賞競走 常松拓支 1686 大阪 1991 第1回 3072 神奈川 1993 第3回グランドチャンピオン決定戦競走 安岐真人 1864 香川 1994 第4回グランドチャンピオン決定戦競走 三角哲男 3256 千葉 1996 第1回 野中和夫 2291 大阪 1997 第32回 3024 広島 2000 第3回 3590 東京 プレミアムGI 年度 競走名 優勝者 登番 出身 1999 第13回 平池仁志 3553 香川 2000 第1回 高山秀則 2672 宮崎 2001 第2回競艇名人戦競走 野中和夫 2291 大阪 2002 第3回競艇名人戦競走 高山秀則 2672 宮崎 2004 第5回競艇名人戦競走 大森健二 1910 東京 2014 第3回 3188 福岡 前記したの第8回全日本選手権から、住之江は52年間途切れることなく競走(4月にが導入される前のSGに相当する競走を含む)を開催し続け、全国の競艇場では唯一全てのSG競走が開催される実績を持つ。 中でも「賞金王決定戦競走(グランプリ)」の開催回数は全国最多である。 SG・プレミアムG1 開催予定 [ ]• 第36回 グランプリシリーズ(賞金王シリーズ戦競走)同上 ナイター開催 [ ] 250px住之江シティーナイター 全景 住之江競艇場におけるナイター競走の概要は以下のとおり。 開場 : 14:30(G1開催時や一部開催では早まることがある。 第1競走スタート展示 : 15:00(G1開催時や一部開催では早まることがある。 第12競走(最終)発走時刻 : かつては20:25だったが通年ナイターになった事により、現在は他場との締切時刻が重ならないようローテーション制を導入している。 そのため最終発走は20:45過ぎになることもある。 ナイター開催時は北入場門を利用できない。 平成28年度からは、年末年始開催等を除いて通年ナイター開催となる。 のグランプリは最終日が12月22日とする日程が組まれており、SG競走では初のナイター開催と成った。 テレビ・ラジオ放送 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年9月) 本場開催日の第1競走スタート展示直前-最終12競走終了直後まで、放送として「FM住之江アクアライブステーション」を実施している。 解説は元ボートレーサー(主に、、、など)が務めている。 FM放送における周波数は86. 7MHz。 パソコン・向け投票サイト「TELEBOAT」によるストリーミング配信でも聴くことが可能。 2020年現在は、のボートレース住之江チャンネルで動画配信も行っている。 スタジオはイベントホール横のスペースで公開されており、解説者の1人は1マーク側のスタジオで展示航走の気配診断を行う。 レースの予想および回顧のほか、優勝戦やなど事前に公開選手インタビューが行われたときの録音再生や、直前のピット情報などが放送されている。 また不定期に、第6競走発売中「選手ふれあいコーナー」と題し、主に大阪支部所属の現役選手をゲストに招いて数分間のトークショーを行うことがある。 ゲストの選手はトークショー終了後、サイン会やファンとの写真撮影会を行うことになっている。 また、第10競走の三連単を一点だけ予想し、的中して当選すると抽選でその日の最終12競走の1000円分の舟券が貰える参加型予想クイズ「舟券真剣勝負」も行われている(当選者が居なかった場合、当選枠を翌日以降にキャリーオーバーする)。 2008年3月までは非公開のスタジオから放送された。 パーソナリティーはや、解説は元競艇選手で行われており、後半戦は関西記者も解説に加わった。 また、予選日の後半レースや準優勝戦には当該競走出走選手の中から一人を選んでのインタビュー(収録は当日の朝)があった。 また、やGI競走ではなどの特別ゲストが招かれることがあった。 テレビ放送ではで2012年より「」として放送を開始。 ナイター開催のうち、周年記念のG1、企業杯のG3ならびに一般戦の優勝戦・ドリーム戦を中心に不定期で放送している。 の中継は原則、地上波全国放送を除く日程において編成される。 2014年度末に開催されたでは、放送日程を2日間に設定していた。 応援メッセージの募集は地上波で実施されているではなく、フリーメールサービスでのみ実施されている。 2017年からは公式ウェブサイト並びにTwitterやInstagramも開設した。 MCは元・のアナウンサーであり、現在はフリーのが務めたが、2019年2月16日放送のG1近畿地区選手権・最終日を最後に番組降板し、以降のMCは日替わりとなった。 SGやG1競走ではなどの特別ゲストも出演。 さらに、情報番組としてによる「」 が2016年4月3日より日曜の22:45 - 23:00地上波ので放送されている。 過去には本場と近接ので施行された当日のレース結果並びに次節の開催案内を伝える5分間のミニ番組が地上波のサンテレビで放送された他、運営のCSテレビ局・の「エキサイティングゾーン」枠にて全レースを無料で放送していたが、現在はに集約されている。 大阪支部 [ ] ボートレースのメッカとして一際、多くのファンで賑わう住之江をホーム水面とする大阪支部は、 古くから数々の名選手を輩出し、名実ともに競艇の歴史を支えて来た [ ]。 昭和期には常松拓支やらが活躍する中で、一際輝かしい実績を挙げたのが である。 平成期に入っても、を筆頭に、、、、らのタイトルホルダーを輩出している。 女子ボートレーサーでも、が実績を残し始めている。 外向発売所 [ ] 2013年4月、外向発売所として ボートパーク住之江がオープンされた。 1階敷地内にあり、年間360日住之江で行われるすべての競走のほか、SG、GI・プレミアムGIおよびナイター競走を1日最大で8競艇場分(1日12レース相当で96レース)発売される。 また、食堂やコンビニエンスストアが隣接されているほか、樹木をイメージしたデザインや照明を採用するなど、環境面への配慮も行われている。 年末年始の開催等、一部日程では有料となっている。 名称 「住之江競艇場外向発売所」(ボートパーク住之江)• 施行団体 大阪府都市競艇企業団、• 建築面積 2446㎡• 延べ床面積 2705㎡• 鉄骨造り• 収容人員 2200人• 観覧席休憩コーナー 143席• 自動発売・払い戻し機 16窓• 自動発売機 20窓• 営業時間 10:00-最大21:00• 発売締め切り時間 原則として各競艇場の締め切り1分前。 住之江本場開催の時は本場の締切りと同じ時間。 場外発売場 [ ] 住之江競艇場は3か所に場外発売場を設置しており、これらでは原則として住之江で開催される全競走を場外発売する。 住之江が管理施行する場外• - 大阪市• - りんくう往来北• - 室 尼崎競艇場が管理施行している場外発売場6か所のうち、下記の4か所では、原則として住之江で開催される全競走を場間場外発売する。 管理施行者ではないが住之江の全競走を発売する場外• - 魚町• - 兵庫県海岸通• - 兵庫県北野 なお、残りの2か所(、)でも、住之江で開催される競走を場間場外発売している場合がほとんどである。 アクセス [ ] ・、北出口3分 /雨に濡れる事無く競艇場まで行ける。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 一般的にトランサムにライナーを入れると伸び足が付き、バックに入れるとマイ足がつく。 に において三連勝式投票券(三連単・三連複とも)が導入されたことで、住之江競艇場での初導入から10年10ヶ月を経て、日本国内全ての公営競技場での三連単・三連複の導入が完了した。 新鋭王座決定戦の事実上後身である・は非開催。 競艇としては、、に次いで全国4場目、全ての公営競技場を通じて通算16場目。 に竣工・点灯式を行い、開催は翌日のから実施された。 2006年は7月8日から10月10日まで、2007年は6月6日から10月28日まで、2008年はは5月10日から10月30日までがナイター開催となった。 理由は駐車場に近いことから、レース終了後に周辺道路が渋滞するため。 2019年年末 2020年年始はデイ開催• 2009年の12月に開催した賞金王決定戦の最終日は事実上の薄暮SGと成った。 理由は途中から降り出した雨によって周りが暗くなった為の配慮。 大阪の日没はこの時期17時台前半であり、通常の開催でも決定戦は概ね16時30分前後の発走であるため、広義の上ではと同じである。 うち、デイ開催の場合は16:00 - 16:54の放送となり、2015-2016年のグランプリ・トライアル1stの2日目は特例で地上波のサンテレビ、さらに東京ので放送され、タイトルも「住之江ボートレース中継」としていた。 出典 [ ]• 住之江競艇場. 2012年3月18日閲覧。 住之江競艇場. 2012年3月18日閲覧。 住之江競艇場. 2012年3月18日閲覧。 - SUMINOE KYOTEI• - ボートレース公式ホームページ。 2018年7月10日発信、同年同月25日閲覧。 (競艇振興センター2013年3月15日 同8月7日閲覧) 参考文献 [ ]• 『競艇入門』ポケットブック社〈Pocket book 38〉、1992年。 藤野悌一郎『よくわかる競艇のすべて 改訂新版』、2006年。 住之江競艇場. 2012年3月18日閲覧。 住之江競艇場. 2012年3月18日閲覧。 住之江競艇場. 2012年3月18日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 釧路(廃止)• なんぶ• (廃止)• 富士おやま• セントレア• 京丹後• 大和ごせ• りんくう• 山口あじす• 田布施• 三日月• ミニット• 長崎佐々• 長崎五島• 長崎時津• 長崎波佐見• おおむら• 天文館• さつま川内• 志布志.

次の