美智子 さま サングラス。 上皇后美智子様の「白とサングラスをモノにしてる感じ」が話題

美智子さま「雅子さんは物足りない」と苦言! 「どうすれば、もっと目立たずにいられるでしょうか?」と“二重権威”をご懸念するも

美智子 さま サングラス

美智子さまももうすぐご退位されますね。 1900年代の半ば~後半に一大ブームを巻き起こし、世の奥様方のファッションをリードした「ミッチー・ファッション」。 美智子さまの帽子は、時代とともにさまざまな変遷をたどっており、だんだん小さくなっていく傾向にあって、現在は「お皿」のような帽子が主流です。 帽子を小さくしていった理由が、お年寄りや小さい子供達と触れ合う時に邪魔にならないための帽子、という美智子様のお心づかいだったようです。 あのお帽子は、なんという名前なので、どのようにかぶるものなのでしょう? 【参考】 美智子さまの帽子の名前は「ソーサー・ハット」 美智子さまが最近かぶっている(というか「つけている」?)帽子は、ふちなし帽子の一種で、「Saucer hat (ソーサー・ハット)」といいます。 もともとは「ボンネット」の一種で、ボネまたはボンネと呼ばれ、ドレスと同じ布地でセットで作ることが多く、女性の昼間の礼装であるアフタヌーンドレスの時のもの。 基本的にオーダーメイド。 ここからさらに「エンプレス・ハット」として派生し、19世紀後半に現れた帽子の、さらに小さなカテゴリの中の「ソーサーハット」です。 ソーサー……つまりそのまま「お皿」の帽子ですね。 美智子さまの場合、屋内でも外さないことからして、屋外でもかぶる帽子というより、「ヘッドドレス(頭飾り)」のカテゴリに入りそうです。 諸外国のアッパークラスの王族や公爵夫人などというクラスの人が、公の場のパーティーなどで、このようにかぶって登場します。 I think Carole Middleton wore this Juliette Botterill saucer hat today — available through Suzannah, where her dress is from. — Katie katiesroyallove 頭の横の少々高い位置に、ナナメにかぶるのがおしゃれ。 おそらく、ソーサーハットの正式なかぶり方をご存知であられるであろう、国際的コモンセンスに詳しい背後の雅子さまの視線がおもしろい 笑。 美智子さま@はらった犠牲 — でれでれ草 どう見ても、ユダヤの小皿帽子をかぶっている。 フランス王族末裔のヒラリーに面会したのは、同族だからでしょう。 顔が隠れるし、世界中の王侯貴族たちとお会いになる時も、必ずこの位置。 ソーサーハットのかぶり方として、明らかにおかしいです。 お会いする相手に対して、 逆に失礼なんじゃないかといつも思ってたんですが、どうしてなんでしょうか?周囲に誰も注意する人がいないのでしょうか? 思い当たることといえば、美智子さまの眉毛問題で、なにかコンプレックスがあるんじゃないでしょうかね。 美智子さまの眉毛と帽子の関係 けっこう多くの人が疑問に思っている、美智子さまの 一本眉。 美智子さまは、年齢的にもう眉毛が生えてこなくなってる可能性もあるので、眉を描くのはわかるのですが、どうしてこんな高い位置で、しかも一本眉にしているのでしょうか。 年齢的にしょうがないことなのでしょうが、美智子さまの額には、 深い横しわができていしまっているようで、それを隠したくて、ああいう帽子のかぶり方をされているのではないでしょうか。 また、美智子さまの眉毛のは、非常に高い位置に描かれています。 昔の若い頃の写真を見ると一目瞭然なのですが、以前の眉毛は、現在のような高い位置にはありません。 やはり、眉間(よいうよりオデコ)にできたシワを隠したくて、あのように眉毛を高い位置に描き、公務に出るときはソーサーハットをああいうふうに正面にかぶって、シワを隠しているのだと思います。 つまり、 「額のシワを隠すために高い位置に眉毛を描き、さらにソーサーハットでそれを隠している」のです。 年齢が年齢ですし、別にごまかす必要ないと思うんですけどねえ。 よっぽどのコンプレックスをお持ちなのでしょうか^^;。 イギリスのエリザベス女王は、ふつうの眉(年齢的に薄いですけれども)ですし、帽子を深めにかぶっているだけです。 とてもお似合いです。 スポンサーリンク 美智子さまの帽子のデザイナーの名前は? 美智子皇后陛下のソーサーハットは、もちろんオーダーメイド。 あのお帽子は、2人の帽子デザイナーの親子によって作成されています。 平田暁夫 平田暁夫さんは、1925年長野県生まれで、2014年にお亡くなりになっています。 14歳で銀座シャロット帽子店に弟子入りし、1955年に「アトリエヒラタ」を設立。 国内でも大きな賞を獲得しましたが、1961年からさらなる帽子作りの技術を学ぶためフランスに渡ります。 フランスの帽子トップデザイナー、ジャン・バルデ氏に師事し、伝統的な帽子制作の技法「オートモード」を取得。 モードの都・パリで「メートル(巨匠)」と認められた日本人の第一人者として広く知られています。 皇室の帽子デザイナーもつとめていました。 美智子さまがご公務でお召しになる平らな帽子「ソーサーハット」は、帰国した平田暁夫氏と美智子さまが長い年月をかけて試行錯誤の結果、共に作り上げてきたものです。 石田欧子 平田暁夫氏の後を継いだのが、長女の石田欧子さん。 父親から帽子作りの技術を教えてもらい、ロンドンやパリのコレクションにも作品を出展しています。 洋服のオートクチュールに匹敵する高級帽子を作るデザイナーを「モディスト」といいますが、石田さんも父親と同様に「本物の帽子を作れる職人が、日本に残っていたのか」と、上流階級の紳士淑女に感激される腕前の持ち主。 「Boytiqui Salon Coco」というお店を東京に構えており、既製品からオーダーメイドまで、幅広く取り扱っています。 HP 石田さんの帽子を取り扱っている百貨店も、全国に多数あります。 まとめ:昔はもーちょっとナナメにかぶっていたような気も 皇族の方々は、TPOに応じての決まり事が非常に多く、帽子もそれに合わせないといけません。 われわれ一般庶民であれば、たとえ帽子が風で飛ばされそうになっても手で押さえることができますが、皇族の方々は、お立場上そういうことができない場合もあります。 帽子に関しては、かぶる側にも「これをかぶっていれば安心」できるものを探求した結果の、美智子さまの「ソーサーハット」です。 真正面のかぶりかたは、正式なかぶり方からはちょっとはずれていますが、あれも美智子さまなりの流儀なのかもしれませんね。 【参考】 スポンサーリンク スポンサーリンク.

次の

美智子さま、紀子さまを「目立つことばかり考えている」と辛口評価 関係性は悪化の一途

美智子 さま サングラス

上皇后美智子様の「白とサングラスをモノにしてる感じ」が話題 今回紹介するのは、Maiko Kissaka( kissaka)さんがTwitterに投稿した上皇后美智子様のあるお写真の話題です。 ぜひご覧ください。 上皇后美智子様の「白とサングラスをモノにしてる感じ」がグレース・ケリーを軽く凌いでいると思う 上皇后美智子様の「白とサングラスをモノにしてる感」はグレース・ケリーを軽く凌いでいると思う。 お若い頃からこのレベル。 そして現在も。 鼻筋の通った端正なお顔立ち、透けるような白肌、スリムな体型。 性格も慈愛に満ちており、非の打ちどころがない。 秋篠宮皇嗣家に受け継がれてますね。 — news week newswee81734142 美智子様…見目麗しいです。 本当にお美しいお姿です。 今の日本の女性達に見て欲しいです。 本当の美しさというものを。 — 火薬田ドンちゃん usGn3b3OyRIKjSA 立ち居振る舞いなど上品方向の余裕が大きいから、グラサンぐらいではビクともしないのですかね。 パンクな格好してもまだ上品かも。 ただただ、美しい。

次の

美智子さま、一般参賀直前に「目のトラブル」 欠席も検討されていた!|菊ノ紋ニュース

美智子 さま サングラス

平成から代替わりし、令和の新時代を迎えた。 美智子さまも上皇后に。 震災があれば東へ向かい、戦没者慰霊に西に向かい……と、国民の平安を祈って歩く姿は神々しいまでだが、しかし一方で、美智子さまはごく普通な、おちゃめといってもいいくらいの素顔をお持ちなのだ。 テレビなどでも話題のに掲載されている写真とともに、そんな知られざるエピソードをご紹介しよう。 移動中の読み聞かせは「ぐりとぐら」 新天皇陛下となられた浩宮さま。 ご誕生から間もないころ、会見で育児について質問された美智子さまは、 「何よりもまず本人の幸せを祈りたい」とお答えになった。 子どもの個性を伸ばし、忍耐強く育てようとされていたのである。 美智子さまの愛情をたっぷり受けて、浩宮さまはすくすくとご成長に。 美智子さまは、のちの会見で、 「浩宮の人柄の中に、私でも習いたいと思うような美しいものを見出しています」と話されている。 この写真は、そんな浩宮さまの子ども時代の1枚だ。 長野・軽井沢へご静養に向かう移動の途中、車両の中で浩宮さまに読み聞かせをされていたのだろう。 胸にはしっかりと『ぐりとぐら』の絵本を抱いていらっしゃる。 幼い子どものいる家庭なら、必ず一冊はあるシリーズ。 あまりにもごく普通な本で、安心感や親近感を覚える人も多いだろう。 ママ友から教えてもらったカンタン手料理「チーズのワンタン包み揚げ」 美智子さまが皇室に入られる以前、食事は「大膳」という料理部の仕事であった。 しかし、「あたたかいホーム」を作られたいと考えていた美智子さまは、お住まいにキッチンを設け、ご自分で料理をされていた。 浩宮さまが学習院初等科3年生の頃のこと。 同じクラスの保護者の自宅に、美智子さまからじきじきに電話が入った。 「昨日、ナルちゃんがお弁当の時間にたいへんおいしいおかずをちょうだいしたそうですが、その作り方を教えていただけませんか」 美智子さまが言うには、昼食時に浩宮さまがその保護者の子のお弁当のおかずを見て、 「一つちょうだい」 と召し上がり、 「おいしい! もう一つちょうだい」 とおっしゃったというのだ。 この電話を受けた母親は、ビックリ仰天。 その「おいしいおかず」の作り方を美智子さまに教えて差し上げたという。 その料理とは、切ったプロセスチーズをワンタンの皮でくるんでサラダ油で揚げただけのもの。 どこの家庭でも作りそうなカンタン手料理である。 美智子さまは、大学時代から本格的に料理を習われていたという。 しかし、その料理より「子どもが喜ぶ家庭料理」を優先されたのだ。 礼宮(秋篠宮)さまのトンボ返りをお客さまにご披露 3人のお子さま方がまだ小さく、美智子さまが皇太子妃であった頃のこと。 東宮御所は、さまざまな来客を迎えていた。 沖縄の子どもたちとの交流もその一つだ。 戦後、陛下と美智子さまが沖縄へ訪問して以来、お二人は沖縄との交流を続けてこられた。 沖縄の子どもたち「豆記者」と本土の子どもたちとの、家族ぐるみの交流会もその一つだ。 交流会では、沖縄の子どもたちは歌や琉球舞踊をお見せする。 あるとき、そのお返しに、美智子さまは礼宮さまに向かって、 「アーヤ、得意のとんぼ返りをお見せしたら?」 とリクエストされたのである。 礼宮さまは、すぐさま見事なバック転を披露。 沖縄の子どもたちは大歓声を上げた。 またあるときには、紀宮さまが、 「たらこが好きなので、お友だちから『たらこ』と呼ばれています」 と自己紹介して、会場が爆笑に包まれたこともあった。 ずっとのちに、成人された浩宮さまが、記者会見で、 「皇后さまは、いつもとても明るくユーモアにあふれています」 と話されたことがあった。 その雰囲気は、浩宮さまはじめ、お子さまがたに受け継がれているのだろう。 令和の新時代が楽しみである。 日めくり31日カレンダー 『永遠に伝えたい美智子さまのお心』 価格 1400円(税抜) テレビ、新聞などでも紹介され話題になった日めくりカレンダー。 美智子さまの若かりし頃の秘蔵写真と、 日本女性としていつまでも心に留めておきたいお言葉の数々をまとめられています。 毎日、毎年使い続けることのできる日めくりタイプ。 お部屋に、机の上に、いつもそばに美智子さまのお心を留めておくことができます。 ご両親や祖父母へのプレゼントにも最適です。 文:高木香織 写真:講談社写真部.

次の