妊婦 紅茶。 妊娠中、妊婦は紅茶をのではいけない?

【助産師監修】妊娠中のコーヒーは大丈夫? 体への影響とおすすめの飲み物

妊婦 紅茶

妊婦はカフェインNG? 妊娠中の妊婦が飲んではいけないお茶として、カフェインが含まれているものが多く該当します。 それは、カフェインの作用が妊婦や赤ちゃんにとって良くない作用を引き起こしてしまうからです。 カフェインは胎盤を通りやすいことからダイレクトに赤ちゃんの身体へと入っていきます。 カフェインを飲んだ妊婦の身体と同じ濃度で行き渡ってしまうため、赤ちゃんにとっては強い作用を引き起こしてしまうのです。 カフェインの取りすぎ 赤ちゃんへの影響 カフェインは胎盤を通りやすく、赤ちゃんの身体へダイレクトに入ってしまいます。 その結果、カフェインの覚醒作用が強まり赤ちゃんの中枢神経を興奮させてしまったり、身体の機能が発育するスピードを弱めてしまったりしてしまうのです。 また、妊婦の身体にカフェインが入ると、アドレナリンが抽出され毛細血管が収縮して血流が滞りやすくなります。 その結果、充分な栄養や酸素が赤ちゃんへと届かず、低出生体重で生まれてきたり、様々なトラブルを起こす可能性があります。 カフェインの取りすぎ 妊婦への影響 カフェインのお茶は、赤ちゃんに大きな影響を与えますが、妊婦の身体にも影響は及びます。 カフェインはカルシウムを尿でたくさん排出させようとする働きをしてしまうため、慢性的なカルシウム不足に陥ってしまいます。 また、カフェインは鉄分の吸収を妨げる作用があるため、慢性的な鉄分不足になり、貧血を引き起こしてしまう可能性もあるのです。 妊娠中の妊婦の身体は、いつもより多くのカルシウムや鉄分、ビタミンを必要とすることから、カフェインは控えたほうが良いと言われているのです。 少量ならOK? カフェインが含まれているお茶は、基本的に妊娠中の妊婦さんは飲まない方が良いものです。 しかし、少量なら飲むこともOKとされています。 カフェインにはイライラなどストレスを緩和させてくれる働きがあるため、少しの量をたまに飲むくらいなら大きな目で見て良しとされているのです。 妊娠中はストレスを感じることが多いため、妊婦の精神状態を優先させるために、少量なら飲んでも良いという見解です。 また、ここぞという集中力を発揮したい時にも、カフェインは活躍します。 ただ、あくまで少量をたまに飲むことが前提となっていますので、くれぐれも飲みすぎには気をつけましょう。 カフェインが入っているお茶 カフェインは妊娠中の妊婦にとって、良くない作用を引き起こすものですが、具体的にどのようなお茶に含まれているのでしょうか。 できるだけ控えたいお茶になります。 最も多くのカフェイン玉露 実は、最も多くのカフェインが含まれているのが、玉露です。 玉露には、100mlあたり160mgものカフェインが含まれています。 お茶の中でも最も高いため、妊娠中の妊婦は控えるべきだと言えるでしょう。 玉露は、訪問先や和食のレストランなどで出されることも多いため、注意するようにしましょう。 コーヒーは カフェインが最も多く入っているお茶として、玉露をご紹介しましたが、カフェインといえばコーヒーと思った方も多いのではないでしょうか。 コーヒーは、玉露に次いでカフェインが多く含まれているお茶です。 100mlあたり60mgのカフェインが含まれています。 コーヒーの中でもドリップタイプに最もカフェインが多く、次にエスプレッソ、インスタントと続きます。 もちろん、カプチーノやカフェラテにもカフェインは含まれていますので、注意しましょう。 抹茶アイスなどにも注意? 次にカフェインが多く含まれているお茶として、注意したいのが抹茶です。 100mlあたり32mgカフェインが含まれています。 抹茶はそのまま飲む場合もあれば、スイーツなどに混ぜられていることもあります。 抹茶アイスや、抹茶のチョコレート、抹茶ケーキなど、つい口にしてしまいがちだからこそ、注意しましょう。 抹茶には葉酸もたっぷり含まれているため、大量に摂取しようとする妊婦の方も多いですが、カフェインの副作用もありますので、バランスよく取り入れるようにしてください。 紅茶にもカフェイン コーヒーと比べると、マイルドに感じる紅茶ですが、紅茶にもたっぷりカフェインは含まれています。 100mlあたり30mgのカフェインがあります。 紅茶も、シフォンケーキやクッキーなどに混ぜられていることが多いので、注意しましょう。 また、紅茶と混同しがちなハーブティーは、カフェインゼロのものもあります。 後で詳しくご紹介しましょう。 そのほかのカフェイン カフェインが多く含まれているお茶は、玉露、コーヒー、抹茶、紅茶などですが、他にもカフェインが含まれているお茶はあります。 烏龍茶、ほうじ茶、煎茶、緑茶、番茶、玄米茶などです。 また、お茶ではありませんが、コーラやココア、板チョコ、栄養ドリンクなどにもカフェインはたっぷり含まれています。 また、医薬品や鎮痛剤にもカフェインが含まれていますので、個人の判断で服用せず、必ず医師に相談するようにしましょう。 注意したいお茶 ブレンドされているお茶は避るべき 様々なお茶や成分がブレンドされたお茶が多種売り出されていて、普通のお茶よりもこちらを常飲している方も多いでしょう。 しかし妊娠中はなるべく避ける必要があります。 それはお茶に含まれている多くの成分に、妊娠中に飲んでも問題ないものと避けるべきものが混合しているモノもあるからです。 購入する時は注意書きを読み、専門店で相談するようにしましょう。 便秘解消効果のあるお茶はNG 今まで便秘を解消するために市販のお茶に頼っていた方は、その習慣で妊娠中もついついそんなお茶を利用してしまいがちです。 お茶の中には効き目が強すぎて強い腹痛を感じたり下痢を起こしてしまう方も少なくありませんが、妊娠中はホルモン分泌の為様々な事に敏感になり、これまで以上の強い症状が出る事もあります。 便秘茶の主成分は、腸を刺激して強制的にぜん動運動を起こさせる下剤に近い作用を持つので、妊娠中はその動きが子宮へダイレクトに影響し、お腹の張りを引き起こす可能性があります。 購入する時は注意書きを読み、専門店で相談するようにしましょう。 避けた方が良いハーブティーとは ノンカフェインでリラックス効果のある飲み物と言えばハーブティーですが、妊娠中はどのハーブティーを選んでよいわけではないのを心しておきましょう。 ハーブティーは実に多種多様で、飲んでよいものもダメなものも沢山あります。 妊娠中でも飲める代表的なハーブはルイボス・ローズヒップ・ハイビスカス・ラズベリーリーフなどです。 反対に妊娠中に禁忌とされているのはカモミール・フェヌグリーク・セージ・セントジョーズワート等がありますが、耳慣れないハーブも多いので購入する時は注意書きを読み、専門店で相談するのがよいでしょう。 また、妊娠中はOKなハーブティーでも濃く作ったり毎日何杯も飲んでいれば過剰作用が起きる場合もあるので、最初は自分の身体の様子を見ながら飲みましょう。 ダイエットティーは飲んでいいの? 妊娠中期から出産の時期にかけて体重コントロールしなければならない時に頼りたくなるのが、ダイエットティーです。 妊娠中は全てダメだと思われがちですが、効果とお茶の中身によっては飲んでも問題ないお茶があります。 むくみ・便秘解消などデトックス目的のダイエットティーは、お腹の張りが強くなる可能性もあるので妊娠中は飲んではいけません。 ただしカテキンやサポニン・タンニンなど糖質吸収抑制効果をメインとした、杜中茶やプーアール茶・どくだみ茶などは飲みすぎに注意すれば、ビタミン・ミネラルも摂れて体重の増えすぎも抑制できると一石二鳥の効果があります。 購入する際は注意書きをよく読み、専門店で相談するようにしましょう。 カフェインなしのお茶 妊娠中の妊婦さんが、カフェインを避けるべき理由はわかりましたが、それでは、妊婦が飲めるお茶がないと思ってしまうのではないでしょうか。 そこで、カフェインが含まれていない、妊婦さんが安心して飲めるお茶をご紹介していきましょう。 代替品やカフェインレス 妊娠中の妊婦さんが安心して飲めるお茶として、代替品やカフェインレス飲料があります。 例えば、コーヒー好きの方なら、カフェインレスのコーヒーや、たんぽぽコーヒーを試してみると良いでしょう。 香りや味わいが本物のコーヒーに似ているので、ストレスなく楽しむことができます。 また、カフェインレスと書いているお茶やブレンド茶を試してみるのも良いでしょう。 もともとカフェインがない安心なお茶 妊娠中の妊婦さんが安心して飲めるお茶として、もともとカフェインが含まれていないお茶を選ぶのも良いでしょう。 カフェインが含まれていないお茶には、麦茶、杜仲茶、ルイボスティー、甜茶、そば茶、ゴーヤ茶、ごぼう茶、黒豆茶、ハーブティーなどがあります。 ただしハーブティーにはカフェインは含まれていないものの、刺激が強いものも多いため、妊娠中には避けたほうが良いものもあります。 比較的安心して飲めるハーブティーなら、ローズヒップが良いでしょう。 つわり中の方は白湯を つわり中は食べ物や飲み物に対するあれこれを気にする必要は無く、食べられるものや飲めるものだけを摂るのが一番です。 中にはつわりが酷くて食べ物はもちろんお茶の匂いすら嫌だという方もいますが、そのような方には白湯をお勧めします。 沸かしたお湯を60度程度にまで冷ましたものを白湯と言いますが、口当たりが柔らかく体内に吸収されやすいので、つわり中の水分補給にはぴったりです。 白湯は起きぬけに飲むのが一番効果的と言われていて、またつわりは海外ではモーニングシックネスと言われるように朝に気持ちが悪くなる事が多いです。 枕元に置き朝になったら白湯をゆっくり飲むようにすると、白湯の効果を実感できつわりも軽減できますね。 飲みすぎに注意 カフェインが含まれていないお茶や、カフェインレスのお茶は、あくまで嗜好品として楽しむことが前提です。 美味しいから、健康や美容にいいからと大量に飲みすぎてしまうと、身体や赤ちゃんに大きな負担となりますので、適量を心がけるようにしましょう。 また、お茶には利尿作用が含まれているものが多いため、飲み過ぎると水分不足に陥ってしまうこともあります。 適度にお水を飲んで、お茶は楽しむ程度に抑えましょう。 ここまでのまとめ 妊娠中の妊婦さんが飲んで良いお茶、飲まない方が良いお茶についてご紹介しました。 お茶は日常を豊かにさせ、気持ちもリラックスさせてくれるものです。 賢く選んで、健やかなティータイムを過ごせるようにしましょう。

次の

妊婦って紅茶を飲んでいい?カフェイン許容量やカフェインレス紅茶も紹介|mamagirl [ママガール]

妊婦 紅茶

ママ(母体)へのカフェインの影響 なぜ妊娠したらカフェインを控えなければならないのでしょうか?カフェインは、流産や早産、低出生体重児、発達障害などの原因になると考えられています。 妊娠中はカルシウムの摂取が必要になってきますが、カフェインを摂取すると尿に排出されるカルシウムの量を増やしてしまいます。 せっかくカルシウムを摂取しても、カフェインにより流れ出てしまいます。 また、カフェインと強く結びつくタンニンが鉄分の吸収も妨げてしまいます。 妊娠中は鉄分が必要になってくるので、不足すると貧血になってしまいます。 特に妊娠初期は、赤ちゃんに栄養を与え、血液量が変化するので貧血になりやすい時期です。 また、体に栄養素を取り込む食事中~食後30分以内はカフェイン入りの飲料を飲まないように気をつけましょう。 お腹の赤ちゃんへのカフェインの影響 ママがカフェインを大量に摂取すると、胎盤を通してカフェインがお腹の赤ちゃんへ送られてしまいます。 カフェインは胎盤を通りやすいので、胎児に移行してママの体とほぼ同じ濃度になるともいわれています。 赤ちゃんの肝臓はまだまだ未熟な為、カフェインを排出しきれずに体内に長期間残ってしまいます。 カフェインは、赤ちゃんにとても大きな負担をかけてしまいます。 それだけでなく、胎児の発育障害や胎児が死亡する原因としてカフェインが関係しているという説もあります。 カフェインは、母体のアドレナリンを増やし血流が悪くなってしまうため、胎児へ酸素と栄養が送られにくくなり、胎盤の血管が収縮し胎児が低酸素状態を起こし、発育障害や胎児の死亡へ繋がると考えられています。 妊娠中のティータイムを楽しもう ストレスになるくらいなら1日1~2杯くらいのコーヒーは大丈夫とも言われていますが、コーヒーと変わらないくらいおいしくて、妊娠中のプレママにとっても赤ちゃんにとっても優しいノンカフェイン飲料も多く発売されています。 香りが良い飲み物やビタミンなど栄養価の高い飲み物などノンカフェインにはたくさんの種類があります。 出産後は赤ちゃんのお世話に忙しくてゆっくりお茶を楽しむ時間もなかなか取れなくなります。 せっかくのティータイムですから、お腹の赤ちゃんと一緒にゆったりとした気分で楽しめるといいですね。 あまり堅苦しい事は考えずまずは安全でリラックスできるものを選びましょう。 それでは妊娠中や授乳中におすすめのノンカフェイン飲料にどんなものがあるか、種類をご紹介します。 甘いものでほっとしたい時におすすめ 出典: 柚子茶はお茶の葉を使うのではなく柚子の皮を蜂蜜や砂糖で付けて作ったものです。 ジャムのようにドロっとしていて、お湯で割って飲むのがポピュラーな飲み方です。 柚子茶はノンカフェインなので妊婦さんにもおすすめです。 柚子の皮には豊富なビタミンがあります。 妊娠中は簡単に薬を飲めないので、風邪予防や体が冷えてしまった時などにもいいですよ。 また便秘に効く食物繊維や疲労回復に良いクエン酸も豊富です。 キッコーマンのゆずかの柚子茶は柚子2個分の皮が瓶詰されています。 蜂蜜と砂糖で甘みもあるのでリラックスしたい時にほっとできる飲み物です。 お湯で割るだけでとてもお手軽でおいしいのですが、血糖値が高い妊婦さんや体重指導を受けている方は飲みすぎに気を付けましょう。 スッキリ飲めるカロリー0のハーブティー 出典: 妊娠中、できるだけハーブティーは避けた方が良いといいますが、ルイボスティーはノンカフェインで子宮伸縮作用など、お母さんにもお腹の赤ちゃんにも悪い影響を与えるものはないので安心して飲む事ができます。 伊藤園のヘルシー ルイボスティー ティーバッグは飲みたい時に気軽に作れ、すっきりとした味なので、つわり等で体調が悪い時も飲みやすいです。 ルイボスティーには妊婦さんにうれしい栄養がいっぱいです。 妊娠中は便秘に悩まされる人も多いかと思いますが食品で摂取しにくい食物繊維、風邪やお肌の調子を整えるビタミンCやポリフェノールが含まれています。 カロリー0なので体重増加が気になる方も安心ですね。 妊娠中の水分、栄養補給だけでなくきれいになる成分もいっぱいです。 あのいつもの飲み物も妊婦さんに最適 出典: 「妊娠したらカフェインに気を付けて今までと違う何か特別な飲み物を用意しなくてはいけないのかな?」と難しく考えなくても大丈夫です。 あのいつでも買えるお手軽な飲み物もノンカフェインで安心して飲めるんですよ。 それは「麦茶」です!麦茶ならいつも家にある!という方も多いのではないでしょうか。 麦茶のメリットは単なる手軽さだけではないんです。 伊藤園の健康ミネラル麦茶はすっきりと飲みやすく、いつでもどんな時でも飲むことができます。 麦茶には鉄分も含まれているので健康的!水分補給にぴったりです。 麦茶は妊娠中だけでなく、日常的に常備しておきたいですね。 産後も授乳でいつも以上にお母さんの体は水分を必要とします。 ノンカフェインで安心なのでたくさん飲んで体調を整えましょう。 もちろん子どもも安心して飲めますよ。 美容効果もあって一石二鳥! 出典: 妊娠するとお母さんの体はお腹の赤ちゃんに栄養を送るので、気づかないうちに水分不足から便秘になってしまったりむくみがでる事があるので、水分補給はいつも以上に気をつけなくてはいけません。 体にいいお茶をたくさん販売しているティーライフの「べっぴん黒豆ごぼう茶」は妊婦さんでも安心なノンカフェイン飲料です。 べっぴん黒豆ごぼう茶には香ばしい香りが特徴の黒豆、食物繊維たっぷりのごぼうの他に、イソブラボンが含まれ大豆胚芽、健康維持に効果のあるはと麦配合で妊婦さんの心強い味方です。 ノンカフェインで美容効果も高いので、たくさん飲んで体内環境を整えてきれいな妊婦さんを目指しましょう!授乳中に水分不足になると乳腺炎予防にもなりますし、おいしく健康的に水分補給をしましょう。 本格的ノンカフェイン紅茶 出典: コーヒーと並んでカフェインの量が多いと言われている紅茶ですが、どうしても飲みたくなる時はありますよね。 日常的に紅茶を飲んでいた方にとっては、妊娠中から授乳中も我慢しなくてはならないのはストレスになりませんか。 アサヒ飲料の「ォション やさしい紅茶 ストレートティー」はカフェインゼロでありながら、アールグレイのいい香りとほんのり甘味があって疲れを感じた時やほっとしたい時にのみたい紅茶です。 パリの高級食材商、フォションというだけあって本格的です。 お腹の赤ちゃんの為にと頑張るのはとても良い事ですが、たまには頑張っている自分へのご褒美においしい紅茶でリラックスしませんか。

次の

妊婦は緑茶を飲んでもいい?カフェインは大丈夫?

妊婦 紅茶

「緑茶」と呼ばれているお茶は、細かく見ていくと何種類かにわかれます。 一般的によく飲まれているのは「煎茶」です。 ペットボトルの緑茶も煎茶が多いですね。 煎茶は生の茶葉を新鮮な状態で蒸して炒ったものです。 煎茶のカフェイン量は100gあたり20mg程度であり、他のお茶やコーヒーと比べてもそれほど高くはありません。 緑茶には、他にも「玉露」と呼ばれるものがあります。 玉露は光を制限して育てられた新芽が使われており、カフェイン含有量は100gあたり160mgと高くなります。 「抹茶」は揉まずに乾燥させた茶葉を粉にしたものです。 茶葉そのものが含まれるため、カフェイン量が最も多くなります。 ほうじ茶は強火で茶葉を炒ったもので、カフェイン含有量は100gあたり20mgと多くありません。 烏龍茶は茶葉を半分発酵させたものであり、さらに発酵が進むと、紅茶となります。 烏龍茶のカフェイン含有量も100gあたり20mgとなっています。 カフェインの影響は個人差が大きいため、法律で摂取量の基準などは定められていません。 緑茶に換算すると何杯までになるのでしょうか。 一般的な緑茶に含まれるカフェインは、100gあたり20mgとなっているので、湯のみ10杯までは問題ないといえるでしょう。 ペットボトルのお茶の場合、たとえばキリンの「生茶」には100mLあたり13mg、サントリーの「伊右衛門」には100mLあたり約10mgのカフェインが含まれています。 この結果を踏まえると、ペットボトルの緑茶を一日あたり2L以上飲むことは避けたほうが良いでしょう。 緑茶だけでなくコーヒーや紅茶を飲む場合は、コーヒーや紅茶に含まれるカフェイン量についても考慮した上で緑茶を飲む量を調整しましょう。 玉露や抹茶はカフェイン含有量が多いので、妊娠中は飲みすぎないようにしましょう。 緑茶を飲むときは、なるべく煎茶を選ぶと良いですよ。 緑茶には「タンニン」というポリフェノールの一種が含まれています。 抹茶や玉露にもタンニンは多く含まれますが、煎茶にも100mLあたり70mgのタンニンが含まれています。 貧血などで医師から鉄剤を処方されている場合、以前は「鉄剤をお茶で飲むのはNG」とされていました。 しかし最近の研究では、緑茶に含まれているタンニンの量なら鉄剤の効果にそれほど影響せず、緑茶で服用しても問題ないといわれています。 タンニンの鉄分への影響が気になるときは、鉄剤服用の前後30分は緑茶を避けると良いでしょう。

次の