アシスタ プリマ。 【楽天市場】ブリヂストンサイクル ブリヂストン 26型 電動アシスト自転車 アシスタプリマ T.Xクロツヤケシ/内装3段変速 A6PC18

アシスタファインの口コミ【アシスタプリマと何が違うのか調査してみた】

アシスタ プリマ

アシスタプリマの相場は?適正価格は? アシスタプリマはオープン価格ですので基準となる値段(希望小売価格)がわかりません。 初めて電動アシスト自転車を購入される方にとっては、お店の提示する価格が適正価格かどうなのかがわからないので、高い値段で買わされるんじゃないかと心配されている方がおられるかもしれません。 また、おおよその価格がわかったとしても、同じ価格帯の他車種と比べると「その価格は安いの?」「高いの?」「性能の違いは?」など疑問に感じる方もおられるかもしれません。 1kg 1充電あたりの走行距離 【パワー】約22km 【オート】約26km 【ロング】約38km 変速機方式 内装3段変速 最低乗車身長 141cm以上 バッテリー容量 6. 2Ah 充電時間 約2. 0時間 価格 オープン価格 「10万円以上の電動アシスト自転車と10万円未満の電動アシスト自転車の違いを理解すること」は、オープン価格の電動アシスト自転車が性能に見合った価格なのかの判断材料になる オープン価格のような電動アシスト自転車が高いか安いかを判断する方法として、10万円以上の電動アシスト自転車と10万円未満の電動アシスト自転車の違いを理解するという方法があります。 そこで、ここでは10万円以上の電動アシスト自転車と10万円未満の電動アシスト自転車の値段の違いの理由を説明していきます。 基本的にバッテリー容量 Ah の大きさで価格は決まる バッテリー容量 Ah とはバッテリ電池の大きさのことで、Ahの数字が大きければ大きいほどバッテリー電池にたくさんの電気を貯めることができます。 また、バッテリーにたくさんの電気を貯められる電動アシスト自転車は1回の充電で、バッテリーにあまりたくさんの電気が貯められない電動アシスト自転車より長い距離を走ることができます。 後で説明しますがそれには理由があります。 > お買いもの・お出かけ電動アシスト自転車一覧 <税込み価格> バッテリー容量 Ah 走行距離 (アシストモード別) <119,664円> 16. 0 強モード:59km 中モード:70km 弱モード:100km <148,824円> 16. 0 強モード:59km 中モード:70km 弱モード:100km <117,504円> 12. 0 強モード:46km 中モード:54km 弱モード:78km <117,504円> 12. 0 強モード:45km 中モード:53km 弱モード:70km <91,800円> 8. 8 強モード:31km 中モード:35km 弱モード:50km <140,184円> 14. 3 強モード:48km 中モード:71km 弱モード:98km <143,424円> 14. 3 強モード:46km 中モード:67km 弱モード:92km <140,184円> 14. 3 強モード:48km 中モード:73km 弱モード:99km <オープン価格> 6. 2 強モード:21km 中モード:24km 弱モード:37km <オープン価格> 6. 2 強モード:21km 中モード:25km 弱モード:36km <オープン価格> 6. 2 強モード:22km 中モード:26km 弱モード:38km <123,984円> 8. 8 強モード:29km 中モード:42km 弱モード:60km <134,784円> 14. 3 強モード:51km 中モード:77km 弱モード:101km <118,800円> 12. 3 強モード:48km 中モード:56km 弱モード:76km <124,200円> 12. 3 強モード:48km 中モード:56km 弱モード:76km <150,120円> 15. 4 強モード:59km 中モード:70km 弱モード:100km <100,440円> 6. 2 強モード:21km 中モード:25km 弱モード:36km <表 お買いもの・お出かけ電動アシスト自転車の価格とバッテリー容量・走行距離> バッテリー容量のほかに、デザインや機能などでも価格は違ってくる 前出の表「お買いもの・お出かけ電動アシスト自転車の価格とバッテリー容量・走行距離」に掲載されている2019フロンティアはバッテリー容量が小さい部類にも関わらず、税込み価格が10万円を優に超えます。 また、前出の表に掲載されている2019「PAS ナチュラM」もバッテリー容量が小さい部類にも関わらず、税込み価格が10万円を超えます。 これはPAS ナチュラMはオプションにてリヤチャイルドシートが取り付けられるお買い物お出かけ用の自転車の中では最も軽い(=車体軽量化のためにコストがかかる)電動アシスト自転車だからです。 その他、後出の表「バッテリーが小さいにもかかわらず価格が10万円を超える電動アシスト自転車一覧」に掲載されているファッションタイプの折りたたみのできる電動アシスト自転車(パナソニック・オフタイム)や、外観を意識したオシャレな電動アシスト自転車(パナソニック・EZ)などはバッテリー容量が小さい部類に入っても、どうしてもコストがかかってしまうそれぞれの特性から税込み価格が10万円を優に超えてしまいます。 一方、ブリヂストンの両輪駆動の場合、人が漕ぐ力は後輪に伝わり、電動モーターによるアシスト力は後輪に伝わるようになっています。 そのため、後輪ばかりに力がかかる一般的な電動アシスト自転車より、前輪と後輪に力が分散されるブリヂストンの両輪駆動の方が車体が長持ちする設計になっています。 ただ、大手3社の一般的な電動アシスト自転車であれば、きちんとメンテナンスすれば10年くらいは乗ることができます。 しかし、モーターブレーキはタイヤにではなく直接電動モーターに働きかけるブレーキですので、安全にスピードを落とすことができます。 表 バッテリーが小さいにもかかわらず価格が10万円を超える電動アシスト自転車一覧 車種 バッテリー容量 価格 走行距離 理由 2019フロンティア 8. 8 <123,984円> 強モード:29km 中モード:42km 弱モード:60km 2019フロンティアには両輪駆動やモーターブレーキなどブリヂストン独自の機能を搭載しているので、その分コストがかかります。 そのため、バッテリー容量が小さい部類に入るのにもかかわらず、税込み価格は優に10万円を超えてしまいます。 因みにアシスタプリマには両輪駆動やモーターブレーキなど機能は搭載されていません。 6kg)という特長があります。 車体が軽いと自転車に降りてからの取り回しがラクに行えます。 バッテリー容量が小さい部類に入る電動アシスト自転車ですが、軽量化にかかるコストにより、税込み価格が10万円を超えます。 因みにアシスタプリマは26型のお買い物・お出かけ向け電動アシスト自転車の中では標準的な重さ(26. 1kg)です。 車種 バッテリー容量 価格 走行距離 理由 2018~2019オフタイム 8. 0 <137,160円> 強モード:31km 中モード:40km 弱モード:54km 大手3社の電動アシスト自転車の中で折りたたみができる唯一の車種ですが、折りたたみ式にすることで収納面で便利な反面、コストがかかてしまいます。 そのため、バッテリー容量が小さい部類に入る電動アシスト自転車でありながら、税込み価格が優に10万円を超えてしまいます。 車種 バッテリー容量 価格 走行距離 理由 2018~2019EZ 8. 0 <126,360円> 強モード:31km 中モード:35km 弱モード:52km EZはモトクロスタイプのフレームを使用するなど電動アシスト自転車の中ではデザインに力をかなり入れています。 しかし、その分コストがかかってしまい、バッテリー容量が小さい部類に入る電動アシスト自転車でありながら、税込み価格が優に10万円を超えてしまいます。 オープン価格のアシスタプリマの適正価格は10万円未満と思われる 他車種のバッテリ容量、特長(両輪駆動、モータードライブ、車体が軽い、折りたたみ式、凝ったデザインなど)と値段の関係を参考にしてみると、アシスタプリマはブリヂストン独自の両輪駆動やモーターブレーキが採用されていないこと、バッテリー容量が小さい部類に入ること、オシャレなカジュアルな車体を採用しているもののシンプルな車体であるためにそれほど高コストにはならないことなどから適正価格は10万円未満だと思われます。 表 アシスタプリマの価格が抑えられる要因と価格が高くなる要因 車種 価格が抑えられる要因 価格が高くなる要因 アシスタプリマ• バッテリー容量が小さい• 両輪駆動ではない• モーターブレーキなし• オシャレな車体 ただ、シンプルな車体であるため にそれほど高コストにはならない また、次の比較表「アシスタプリマとPAS Amiの比較」のPAS Ami(基本的に車体は同じでバッテリー容量が大きな部類に入る)の価格が12万円台であることから、やはりアシスタプリマの適正価格は10万円未満であると思われます。 1kg 総車両重量 kg 27. 8kg 【パワー】約22km 【オート】約26km 【ロング】約38km 1充電あたりの走行距離 【パワー】約45km 【オート】約54km 【ロング】約76km 139cm 最低乗車身長 147cm 6. 2Ah バッテリー容量 12. 0時間 充電時間 3. また、リヤチャイルドシートを取り付ける際には、お子さまを指の巻き込みから防止するために、必ず取り付けなければなりません。 その他機能面で確認すべきところ <ハンドルの形状> 「アシスタプリマ」のハンドルは常にリラックスした姿勢で乗ることができるように、サドル側に大きく曲がっています。 一方、「PAS Ami」は三角状のデルタハンドルを採用しているため、乗車姿勢がT字ほどにはないにしろ、乗車中の姿勢がやや前傾になります。 そのため、「アシスタプリマ」の方が姿勢的にはやや疲れにくいといえます。 ただ、やや前傾姿勢になる「PAS Ami」の方がトップスピードになるまでの時間が少し早くなります。 <自転車の運転が少し苦手と感じる小柄な方が使用される場合> アシスタプリマの最低乗車身長139㎝とは、足の長さに個人差はありますが、139㎝の身長の方なら自転車にまたがった際に両足のつま先をギリギリつくことができるので、139㎝以上の方ならアシスタプリマの運転ができるという意味です(PAS Amiは147㎝以上の方)。 そして、「アシスタプリマ」の最低乗車身長は139㎝で「PAS Ami」の最低乗車身長は147㎝ですので、最低乗車身長「アシスタプリマ」と「PAS Ami」の最低乗車身長は8㎝違います。 そのため、自転車の運転が少し苦手と感じる小柄な方が使用される場合、安全の観点からしっかりと足の裏をつくことのできる電動アシスト自転車を選択したほうがいいということです。 具体的には自転車の運転が少し苦手と感じる小柄な方が電動アシスト自転車を使用される場合、安全の観点から「アシスタプリマ」を使用される方は150㎝前後の身長があったほうがいいでしょう。 「PAS Ami」を使用する場合は155㎝前後の身長があった方がいいでしょう。 アシスタプリマのおおよその相場は8万円台後半~9万円台前半 アシスタプリマのネット上での相場は8万円台後半~9万円台前半です。 ネット上の店舗によるサービスは多種多様ですので一概には言えませんが、価格が8万円台前半だと安く9万5千円を超えてくると高いという印象を受けます。 因みに楽天やヤフーショッピングの場合、ポイント利用などで実質的な価格をこれよりも抑えられます。 そして、初めて電動アシスト自転車を購入される方は店舗で受け取れば受け取り無料で店員さんの説明が受けられ、全国に実店舗のあるサイクルベースがおすすめです。 ポイント以外で安く購入したい方、店舗での受け取りではなく自宅へのお届を希望される方は、国内で一番規模の大きい自転車通販専門のcymaだと2019年9月29日現在、81,980円(送料無料、防犯登録、整備士による組み立、保証、保険あり)で購入できます。 アシスタプリマとスペック的に割と近い車種と価格の比較 アシスタプリマの適正価格や相場を見てもスペック的に割と近い車種と比較するとどうなんだろう?」と思われる方がおらるかもしれませんので、アシスタプリマとスペック的に割と近い車種の価格についてもみていきたいと思います。 1kg 総車両重量 kg 24. 6kg(24型) 25. 2kg(26型) 【パワー】約22km 【オート】約26km 【ロング】約38km 1充電あたりの走行距離 【パワー】約21km 【オート】約24km 【ロング】約37km 139cm 最低乗車身長 135cm以上(24型) 139cm以上(26型) 6. 2Ah バッテリー容量 6. 0時間 充電時間 2. また、リヤチャイルドシートを取り付ける際には、お子さまを指の巻き込みから防止するために、必ず取り付けなければなりません。 アシスタプリマ2019とアシスタファイン2019のスペックと価格の比較 アシスタプリマ2019とアシスタファイン2019のネット相場はほぼ同じです。 アシスタプリマ2019はアシスタファイン2019のようにスカートの巻き込みを防止するためのドレスガードは採用されていませんが、一方でアシスタプリマ2019はアシスタファイン2019にはないラクにスタンドが立てられるオートロックラクラクスタンドが標準装備されています。 その他、アシスタプリマ2019は他メーカー(ヤマハ・PAS Ami)でも使用されているオシャレな車体を採用するなど、実用性以外に外観も重視しています。 一方、アシスタファイン2019は外観はシンプルですが、オプションでリヤチャイルドシート以外にフロントチャイルドシートも装着できるようなっているなど、実用性を重視しています。 以上のことからアシスタプリマ2019とアシスタファイン2019の特長は一部違うところがありますが、スペック的にはほぼ同じですのでネット相場はほぼ同じなっています。 1kg 総車両重量 kg 25. 2Ah バッテリー容量 8. 0時間 充電時間 4. また、リヤチャイルドシートを取り付ける際には、お子さまを指の巻き込みから防止するために、必ず取り付けなければなりません。 アシスタプリマ2019とビビsx2018のスペックと価格の比較 アシスタプリマ2019はビビsx2018よりバッテリー容量が若干小さく、アシスタプリマ2019はビビsx2018のようにドレスガードは採用されていません。 しかし、アシスタプリマ2019は他メーカーでも使用されているオシャレな車体(ヤマハ・PAS Amiと基本部分はほぼ同じ)やラクにスタンドが立てられるオートロックラクラクスタンド、施錠と同時にハンドルもロックされる一発二錠が標準装備されているために、また、ビビsx2018は登場から半年以上が経過していることもあって、ビビsx2018よりやや相場が高くなっています。

次の

「アシスタプリマ」のネット通販やsns上の書き込みから見えてくるもの【ブリヂストン】

アシスタ プリマ

おしゃれなカラーから選べて、気軽に乗れるお手頃モデル! 毎日の通勤やお買い物をぐんと楽にしてくれる電動アシスト自転車。 アシスタプリマはおしゃれな見た目と充実の機能でありながらお手頃価格を実現したとっておきの一台です。 荷物がたっぷり入る幅広バスケットに、立てやすく安定感のあるオートロックスタンド、またぎやすくて安心の低床フレームは、毎日乗るからこそ嬉しいポイント。 チャイルドシートや後ろかごも取り付け可能なので、ライフスタイルに合わせて長く使えるモデルです。 新登場の2019モデルは、チェーンケースとバッテリーを変更。 充電時間は2018モデルの半分、約2時間に短縮しました!【2019モデル 6. 2Ah :オートエコモードプラス38km、標準モード26km、強モード22km】 アシスタプリマ 私は来年2月で喜寿になりますが、家族からは車の運転は事故を起こす前にやめるようにと言われてきました。 11月に長年乗っていた愛車を廃車し、同時にcymaで電動自転車を発注しました。 連休を挟んで6日が経過して納入される日が決まっていません。 9日にどうしても電動自転車で行かなければならない約束があり、cymaにお願いしました。 そのごのcymaの連携プレーは「すばらしー」ものでした。 5日に組み立て、7日に工場出荷、8日到着になり、大変うれしかったです。 毎日3軒のスーパーに買い物に行きます。 多少重くてもこの電動自転車の力を改めて「すごい」と思いました。 坦々とした老後の毎日をこの新しい電動自転車のおかげで元気で楽しく暮らせるものと思います。 最後にcymaの関係者の方々に感謝いたします。 アシスタプリマ -2018モデル- 山間部にすんでおります。 急激な坂道が多くてそれが当たり前の生活だったのですが 近くに住んでいる高齢の親の世話を毎日しなくてはいけなくなり 自分の年齢と体力のなさに、ひざが痛くなってしまい、普通の自転車では耐えられなくなって購入しました。 上品なオリーブの色はとてもきれいで気に入りました。 家の前がすでに急な坂道で、最初に発進させるときに、まるでバイクのように走り出しびっくりしてしまいました。 本当に急斜面でもパワーモードだとスイスイ走り、おかげで行動範囲もかなり広がりました。 乗り降りも楽で、前かごもかなり広くて買い物もたっぷりできます。 あまりしないですが、急いでいる時は平坦な道でも3にしてパワーモードで走るとめちゃくちゃ速く走れるので いつでも素早く親の元にかけつけることができて、本当に買ってよかったなと思いました。 アシスタプリマ -2018モデル- 通勤の為に買いました。 届いてまず、軽さにびっくり。 15年程前に電動を買った時には、電気を入れていないと重くて漕ぐ事ができなかったのですが、これはまるで普通の自転車の様です。 上り坂の時だけ電源を入れて、平地は電源無しで走っています。 仕事帰りに買い物をする私にとって、カゴが大きめなのもとても便利です。 色はちょっと可愛すぎかとも思いましたが、駐輪場ですぐに見つかるし、気分も明るくなるので良かったと思います。 身長の高い私にはもう1サイズ大きいタイヤの物の方が乗りやすかったかな、とも思いますが、とにかく漕ぎやすいですし、総合的には星5つです。 自転車をネットで買うのはちょっと不安でしたが、フォローがしっかりしてて、このお店を選んで正解でした。

次の

オープン価格の2019アシスタプリマの適正価格や相場は?【BRIDGESTONE/ブリヂストン】

アシスタ プリマ

1kg 1充電あたりの走行距離 【パワー】約22km 【オート】約26km 【ロング】約38km 変速機方式 内装3段変速 最低乗車身長 141cm以上 バッテリー容量 6. 6Ah 充電時間 約2. 通勤、通学用の電動アシスト自転車中では1回の充電での走行距離はパワーモードで22㎞と一番短いですが1日の平均走行距離が4~5㎞の方であれば性能的には十分な電動アシスト自転車でしょう。 また、前カゴが大きいので、通勤、通学用以外にお買いもの用、お出かけ用として、リアチャイルドシートの装着が可能ですので、保育園への送迎など子乗せ用としても利用できる電動アシスト自転車です。 そのため、アシスタプリマは10万円未満で購入できる唯一のカジュアルなデザインの電動アシスト自転車です。 「アシスタプリマ」のユーザーの年齢層、性別は? 「アシスタプリマ」のユーザーの年齢層は学生の方から60代の方まで幅広いです。 男女の割合は女性がやや多めです。 「アシスタプリマ」が幅広い年代に支持され、性差がほとんどない理由として、お手頃価格以外に「アシスタプリマ」のデザインがカジュアルでシンプルなデザインと明るい色から落ち着いた色までそろえてあることがあげられます。 「アシスタプリマ」の購入のきっかけ 「通勤用として」「山の上に学校があるため」「年々買い物袋を積んで自転車を漕ぐのがつらくなってきているため」など アシスタプリマと距離と値段と似ている車種の比較 走行距離の観点からアシスタプリマに乗るとお得な人は? 1日の平均走行距離が4~5㎞くらいの方だと充電回数は週1回程度で済むのでブリヂストンの「アシスタプリマ」をぜひお勧めしたいです。 しかし、1日の平均走行距離が10㎞を超える方についてはアシスタプリマだと週に何度も充電することになります。 週に何度も充電することは充電の手間がかかってしまうだけでなく、バッテリーの劣化を早めてしまうことになります。 そのため、価格が3~4万円するバッテリーを車体が寿命を迎えるまでに買い替えなくてはならない可能性が高くなりますので、お手頃価格のアシスタプリマと言えども長い目で見ると、容量 Ah の大きいバッテリーを搭載している電動アシスト自転車より、出費がかさんでしまうことになります。 1日の平均走行距離が10㎞を超える方の場合、車体のデザインが似ていてバッテリー容量 Ah が大きいために長い距離が走れるヤマハ「PAS Ami」を選択をしてもいいかもしれません。 > 1日の平均走行距離が10㎞を超えるのに、それでもアシスタプリマのデザインが気に入っていたら バッテリーの買い替える可能性は高くなりますが、バッテリーを買い替える際に大容量のバッテリーを選択することも可能ですので、デザイン的に気に入っておられるアシスタプリマをおすすめします。 1kg 総車両重量 kg 27. 8kg 【パワー】約22km 【オート】約26km 【ロング】約38km 1充電あたりの走行距離 【パワー】約45km 【オート】約54km 【ロング】約76km 139cm 最低乗車身長 147cm 6. 6Ah バッテリー容量 12. 3Ah 標準装備 前カゴ 標準装備 装着不可 フロントチャイルドシート 装着不可 オプションにてにて装着可 リアチャイルドシート オプションにて装着可 2. 0時間 充電時間 3. 5時間 オープン価格 価格 税込み 125,280円 約9万円 ネット通販価格 約11万円 デザイン 最近までヤマハはブリジストンの車体を使用していたので、ブリジストン「アシスタプリマ」とヤマハ「PAS Ami」のデザインは非常に似ています。 デザインで違うところはサドルとハンドルのデザインが「PAS Ami」の場合、レトロな雰囲気の素材で統一されているということです。 バッテリー容量 Ah と走行距離 バッテリー容量の単位である Ah が大きければ大きいほどそれだけたくさんの電気を充電できます。 たくさんの電気を充電できるということはそれだけ長い距離を走れるということになり、充電回数が少なくて済みます。 充電回数が少なくて済むということはそれだけ充電の手間が省けるだけでなく、バッテリー劣化の進行をそれだけ止められるということになります。 そのため、「アシスタプリマ」の場合、1日の平均距離が4~5㎞の方であれば充電回数は週1回程度で済みますので将来的にバッテリーを買い替える可能性は低くなりますが、1日の平均距離が10㎞を超えるような方ですと価格が約3万円~約4万円するバッテリーを将来買い替えなくてはならない可能性が高くなります。 1日の平均距離が10㎞を超えるような方で、どうしても「アシスタプリマ」のデザインが気に入っている方はそうせざるを得ないですが、1日の平均距離が10㎞を超えるような方で、値段の面から「アシスタプリマ」を選択されようとしている方はトータルで見ると、前出の「アシスタプリマ」よりも価格は高いけれどもバッテリー容量が大きて長い距離を走ることが出来る「PAS Ami」以上にお金がかかってしまう可能性が高くなります。 最低乗車身長の注意点(自転車の運転が少し苦手と感じる方で小柄な方) 「アシスタプリマ」と「PAS Ami」の最低乗車身長は8㎝違います。 「アシスタプリマ」の最低乗車身長は139㎝で「PAS Ami」の最低乗車身長は147㎝です。 ただ、最低乗車身長と電動自転車にまたがった時に両足のつま先が地面に接地するという意味ですので、自転車の運転が少し苦手と感じる方で小柄な方が使用される場合、安全の観点からしっかりと足の裏をつくことのできる電動アシスト自転車を選択したほうがいいでしょう。 そのため、安全の観点からは「アシスタプリマ」を使用する場合は150㎝前後の身長「PAS Ami」を使用する場合は155㎝前後の身長があった方がいいでしょう。 「アシスタプリマ」の購入の感想 「職場に行く途中の坂道が楽に登れるのでうれしい。 」「漕ぐのの普通の自転車と比べ物にならないくらい楽。 」「外に出る機会が増えた。 体重が減っってうれしい。 」「買い物に行くのが楽になった。 電動アシスト自転車をもっと早く買っておけばよかった。 」など アシスタプリマのまとめ• ブリヂストンのカジュアルなデザインの用のお買いもの・お出かけ用電動アシスト自転車です。 前カゴが大きのでお買いもの袋だけでなく、スポーツバッグやビジネスバッグも入れることができるので、通勤・通学用としてもご利用できます。 また、オプションにてリヤチャイルドシートが取り付けが可能ですので、子乗せ用としても利用できる電動アシスト自転車です。 カジュアルなデザインの中で唯一10万円未満で購入できる電動アシスト自転車です。 1日の平均走行距離が約4~5㎞の方なら性能的に十分な電動アシスト自転車です。 最低乗車身長が139㎝と26インチの電動アシスト自転車の中では比較的低い部類に入ります。 小柄な方や自転車の運転が苦手な方でも足をしっかりと地面に設置することが出来るので、安心して運転できる電動アシスト自転車です。

次の