パン 作り方。 糖質制限(低糖質)の大豆粉パン。作り方と美味しいお店を紹介

フライパンでパン作り!オーブンなしでもおいしいパンが焼ける!?|アサヒ軽金属工業

パン 作り方

生食パンの材料(1斤分)• 強力粉 150g• 最強力粉 100g• はちみつ 30g• 生クリーム 80g• 牛乳 80g• 水 50g• ドライイースト 3g• 塩 4g• 砂糖 10g• 無塩バター 20g 最強力粉は、強力粉に置き換え可能ですが、ひきの強い生食パンを目指すなら、最強力粉がおすすめです。 生クリーム、牛乳、バターと油脂たっぷり使用しているのと、ハチミツが多く入るのが特徴です。 生食パンにコクと甘み、しっとり感を出すのに不可欠となります。 今回、生クリームは脂肪分47%のものを使用しました。 1、ボールに強力粉、最強力粉、砂糖、ハチミツ、塩、ドライイーストを計量して入れます。 3、1のドライイースト目がけて注ぎ入れます。 4、ゴムベラで混ぜます。 5、ある程度まとまったら台に出して捏ねていきます。 6、最初はかなりベタつきます。 台に押し付けるように捏ねたり、カードですくいあげて叩き捏ねをしながら頑張って捏ねましょう。 7、薄くのばしても切れないぐらいまで、しっかり捏ねます。 8、バターを加えます。 9、表面がなめらかになり、先ほどのように薄くのばしても切れなくなるまで、捏ねていきます。 10、乾燥しないようにラップをして、約2倍の大きさになるまで一次発酵させます。 11、発酵が終わったのがコチラです。 12、ガスを抜きながら丸め直します。 13、生地を2分割して、丸め直します。 14、15分ベンチタイムを取ります。 15、生地を長方形に伸ばします。 16、閉じ目を押さえながら三つ折りにします。 17、麺棒で伸ばし、端から丸め、俵型に成型します。 巻き終わりはしっかり閉じます。 18、2つ出来たら、やさしく型に詰めます。 19、型の8割ぐらいの高さになるまで二次発酵させます。 20、発酵が終わったら、型に蓋をします。 22、焼きあがったら、型ごと落とし衝撃を与えて、蒸気を抜きます。 23、クーラーの上に置き、荒熱が取れたら完成です。 実食 パンにしっかりコクと甘みがあるので、何もつけずにこのままペロッと1斤食べれちゃうんじゃないかと思える美味しさです。 ただ、カロリー的に恐ろしいので、半分で止めときます…。 注意点としては、焼き立てにかぶりつきたくなると思いますが、荒熱があるうちはNG。 少し冷めてから食べた方が美味しいです。 誰にプレゼントしても喜ばれるというか、また作ってとお願いされる生食パンなので、是非一度作ってみて下さい。 有名店の行列に並ぶよりも作っちゃいましょう。 生食パンを作るのに使用した材料と道具 今回、この生食パンのレシピで使用した具体的な商品の紹介です。 もちろん、ここで紹介するものでなくても大丈夫ですが、材料や道具を買い足す際に、参考にしてもらえればと思います。

次の

初めてのパン作り!道具や工程の基本とコツ [はじめてのパンレシピ] All About

パン 作り方

型も不要で手軽に作れる丸パン 生地になれるために、丸パンやロールパンなど小さくて、型のいらないパンを作ってみましょう。 生地が小さい分、仕上発酵や焼き時間が短くて済みますし、成型も簡単ですので失敗が少なく作りやすいです。 まずは生地をこねた時の感覚、発酵後の生地の柔らかさ、オーブンの温度調整などを確認しながら流れとコツをつかむことをお勧めします。 基本の生地をマスターしたら、生地に黒ゴマや粉チーズ、 オレンジピール、レーズンを入れてみたり……と、オリジナルの生地にアレンジしてみましょう!自分好みで副材料を加え、作り方は変わらず簡単に様々な味を楽しむことができます。 ではパン作りの基本の工程に入る前に、道具の準備と材料の計量をしましょう! 道具の準備と材料の計量 パンを作るためには、最低限の道具と材料が必要になります。 道具については以下のものを揃えておき、あとは台所にあるもので代用して使うこともできます。 間違えると膨らまなかったり、硬くなったり、失敗を招く原因になりますので気をつけましょう。 卵、牛乳などを使用する場合は生地を冷やしてしまわないために、冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。 また、パンをこねる台はテーブルでも台所の空きスペースでもかまいませんがきれいに拭いて生地をこねるようにします。 大まかにわけると8つのステップで完成します。 1)こねる…… 材料を混ぜ合わせ生地を作る 指を抜いて縮まなければ発酵完了 こね終わったら生地をボウルに入れて発酵させます。 発酵の温度が高すぎると、カスカスの生地になりますので、35度以下の温度で発酵させましょう。 その際、乾燥しないように気をつけます。 温度が低い場合は、ゆっくりと発酵しますので様子を見ながら時間を延ばします。 約2倍の大きさ、指を挿しても指の跡がそのまま残るくらいが目安とされています。 ここで言う温度とは、生地に加える水分の温度や発酵温度です。 生地に加える水分は、春・秋は「40度-室温(粉温)=水の温度」、夏は「35度-室温(粉温)=水の温度」、冬は「45度-室温(水の温度)」を目安に温度を調節してください。 また、発酵では温度が高いと生地がカスカスとなってしまいますので、真夏は直射日光が当たる場所は避けましょう。 逆に冬は寒すぎるとなかなか発酵しませんので、ポカポカと暖かい日差しがあたる場所、冷蔵庫の上などぬくもりがあるところに置き、温度計で温度を確認しながら行いましょう。 春・秋は常温でもきれいに発酵します。 また電気オーブンについている発酵機能を利用する時は温度が正確であるかどうかを確認するため、一度庫内温度計で温度を計ってみることをおススメします。 最後に、「分割」「丸め」「成型」では生地を引っ張ったり、引きちぎったり、めん棒を当て過ぎたりして、生地を痛めないように気をつけましょう。 生地を優しく扱い、丁寧に作業することで、パンは更に美味しく仕上がります。 【関連記事】•

次の

天然酵母パンの作り方 中種法の基本とカンパーニュのレシピ

パン 作り方

それに比べると、フライパンはラクラク! 最初はオーブンのようにうまくできるかが心配でしたが、 オーブンとは違った優しい味わいに出合えたのも、うれしい驚きでした。 こねるスペースや道具がほとんど必要ない こねる・発酵・焼く の3ステップすべてがフライパンの中でできるから、道具はいつもこれひとつ。 こねるための広いスペースを確保しなくていいし、ボウルやラップ、もちろんオーブンも使いません。 準備や後片付けがラクな分、思い立ったらすぐに作れますね。 ホームベーカリーと違って、フライパンは毎日の料理に使えるので、 「使わない時はどこにしまっておこう・・・」と悩むこともありません。 自然な甘みを感じる優しい味 フライパンで焼いたパンは外側がカリッと香ばしく、中はふ~んわりと仕上がります。 確かに、蒸すように焼くことで塩の角がとれるのか、自然な甘みが際立ちます。 体にやさしい無添加のパンを、自宅で手軽に作れるのもうれしいですよね。 家族の健康を守るのも、主婦の大切な務めですから。 フライパンなら手軽なので、我が家ではしょっちゅう手作りの無添加パンが食卓に並びます。 パン作りに最適なフライパンって? どんなフライパンでもパンは作れますが よりパン作りに適したフライパンの材質や形があるんです。 詳しくご紹介しますね。 コーティングされたフライパン パン生地をこねる時、あっちこっちに生地がくっつくのが嫌・・・という方も多いですよね。 フライパンでパンを作る場合、こねる作業もフライパンの中で行えるので こねやすさは大事なポイント。 内面がコーティングされていれば、フライパンの中で生地をこねられて省スペース。 パン生地がくっつかずスムーズにこねることができます。 だから打ち粉もいらず、キッチンを汚しません。 焼く時に油を塗ったり、クッキングシートを使う必要もありません。 ほどよい深さは必須!蓋付きであればベター パンを焼くときには高さが必要なので、深型のフライパンがベスト。 ほど良い深さがあると、材料を混ぜる時に粉の飛び散りも防いでくれます。 しっかりした厚みがあり、ちょっと重めのフライパン、 いわゆる鋳物と言われるタイプです。 鋳物とは金属を溶かして型に流し込んで作る製品のこと。 その鋳物の中でも、金属を流し込む時に圧力をかけずに自然の重力を利用する「グラビティー(重力)鋳造」がパン作りには最適! この製法だと金属を流し込むときに気泡が入り、それにより全体に均一に熱が伝わるだけでなく、火の当たりがよりやわらかくなり、火加減に失敗しづらいんです。 蓋をすればパン生地の水分蒸発を防ぐので 水分を保ちながら、じっくりとムラなく均一に焼け パンの表面は香ばしく、中はふんわりと、おいしく仕上がります。 独自素材の多孔質アルミが蓄熱性と包熱効果を高め、焼きムラがないふっくらとしたパンに仕上げます。 最後に 自分で選んだ材料で手作りできるって、やっぱりいいですね。 特に家庭を持ってからは、その気持ちがより強くなりました。 わが家は夫婦2人ですが、子どもができたら、もっともっと食べ物への意識が高まりそう。 子どもには特に、安全で安心な食材を使って 愛情たっぷりの手作り料理を食べさせたいなぁ・・・って思います。 自宅でパン作りを楽しみたい方はもちろん、 大切な家族の食の安全を気にされる方にも。 手軽で簡単に作れるフライパンのパン作り、ぜひおすすめしたいです。

次の