半沢直樹 出向理由。 【半沢直樹/最終回】半沢(堺雅人)が出向になった理由とは?

半沢直樹の期待感が急上昇!出向理由・続編が見所ばかり!キャストは?

半沢直樹 出向理由

忙しいトリ 前作のあらすじについて触れる前に、続編が今後どういう風に話が進んでいくのか、まずはお話ししたいと思います。 続編のあらすじ 出典元: 前作のドラマは、半沢直樹シリーズと言われる一作目『オレたちバブル入行組』、二作目『オレたち花のバブル組』が元になっていた事から、続編のドラマの方では三作目『ロスジェネの逆襲』、四作目『銀翼のイカロス』が元になると思われます。 三作目『ロスジェネの逆襲』のあらすじは以下の通りです。 2004年、半沢直樹が子会社の東京セントラル証券に出向になって約2カ月。 同社を訪れた電脳雑伎集団(電脳)の平山社長夫妻が、東京スパイラル(スパイラル)を買収し、その上でアドバイザーになってもらいたいと申し入れて来る。 スパイラル側が容易に買収を受け入れるとは考えられず、敵対的買収になるであろうことが予見されたが、東京セントラル証券は業歴が浅く、大型買収のノウハウも持ち合わせていないため、半沢は乗り気ではなかったが、部下の諸田はこの案件で見込まれる巨額の手数料が入る大きなチャンスを逃すまいと、腹心の部下たちで編成したアドバイザーチームにスキームを練らせる。 引用元: ・出世のために浅野支店長はどうしても融資100億円を達成したかった ・さらに株で失敗しお金にも困っていたので東田と結託 ・融資課長の半沢に半ば強引に融資を通させる ・ 浅野支店長が本部で全責任は半沢にあると触れ回る ・半沢は5億円回収に奔走するも、国税調査、裁量臨店、雑務押し付けで邪魔される ・ 未樹の協力で東田の隠し口座をみつけ12億円差し押さえる ・東田と浅野支店長が繋がる証拠を突き付けて倍返し ・口外しない代わりに東京本店営業第二部に栄転させるよう要求する 半沢は浅野支店長と東田の繋がりを証明する通帳を見せ、土下座をさせて見事に倍返しを果たしました。 そして浅野支店長の力によって栄転 出世 した半沢直樹は、次に東京中央銀行東京本店営業第二部に配属されます。 前作『半沢直樹』6~10話のあらすじ ドラマの6話目は東京中央銀行東京本店営業第二部次長に着任してから1年経ったところから始まります。 大阪支店から東京中央銀行営業第二部次長に栄転した半沢直樹は、法人部管轄の老舗ホテル「伊勢島ホテル」の再建を押し付けられることになる。 同族経営の伊勢島ホテルは、羽根夏彦専務らが経営再建のため、正義感の強い経理部長の戸越茂則を追い出して実権を握り、社長の湯浅威をも追放しようとする動きを起こしている。 しかも、二百億円の融資後、莫大な損失が出たことを東京中央銀行側が把握できないのに、ライバル銀行が把握していたなどの不可解な事実が見つかった。 そんな中、銀行に金融庁検査の通知が届く。 主任検査官・黒崎駿一により、ホテルの経営再建計画が進まず融資の回収がおぼつかないと判断されると、融資の判断責任が問われ、倒産防止のため数千億円の引当金が命じられる。 銀行の信用問題と業績悪化とを憂慮した頭取の中野渡が、半沢に申し分のない再建策作成を命じる。 引用元: ・ 伊勢島ホテルの羽根専務が資産運用失敗で120億円の損失を出す ・それに気づかず半沢の同期だった時枝は200億円の融資を実行 ・白水銀行の油山は、資産運用失敗を内部リークによって知り融資ストップ ・大和田は、頭取を陥れるため120億円の損失を隠して伊勢島を利用する ・ 伊勢島の再建案を大和田が出すことで、内部の支持を集め頭取を退陣に追い込む計画をたてていた ・半沢が娘の結婚話をダシに岸川に圧をかけ、岸川が大和田を裏切り、田宮社長が大和田の妻に迂回融資をしていた事実が明るみに出る ・岸川の証言により、大和田と伊勢島の関係も明かし倍返しを果たす ・ 半沢は頭取に東京セントラル証券へと出向を命じられる 前作の疑問を全部ネタバレ【番外編】 出典元: 前作『半沢直樹』で、多くの人が感じた疑問への回答をおまけとしてまとめておきたいと思います。 忙しいトリ 半沢直樹が出向させられた理由 出典元: 半沢直樹の出向人事について。 特に今回の半沢氏への辞令は、グループ内証券会社と思われる先への営業企画部長発令です。 同じ金融機関への出向は、銀行業法上本体では取り扱えない金融業務を身につける場でもあり、将来の役員候補に対する教育的出向であると理解できるものでもあります。 しかも、関連会社の職位はひとつ下の職位が本体の対応職位であり、営業企画部長という部長職は本体でば副部長がそれにあたります。 すなわち本店次長職の半沢氏にとっては昇格人事であり、不満を感じるべき異動ではないのです。 引用元: なんだ、良かったぁ~。 中野渡頭取が実は悪い人なのかと思った💦 大和田が出向させられなかった理由 出典元: まず、大和田常務の降格という処遇について。 ドラマの中で本人も「懲戒解雇になっても文句が言えない立場」と口にしていましたが、結果は外部出向でもなく平取締役への降格止まり。 半沢の同期が、合併行の融和を重んじて相手行トップを完全掌握することを狙いとした頭取の温情人事であると言っていましたが、私はその見方は全くのはずれとは言わないもののあくまで付随的な理由であると思います。 最大の理由は、中野渡頭取自身の保身でしょう。 それが役員の家族企業への迂回融資であったなどと分かったなら(話題になればたいてい関係者からリークされます)世間的には大事件であり、対金融庁上もタダではすまされない問題に発展することは想像に難くありません。 さらには銀行の信用問題にも発展するでしょう。 そうなればすなわち、頭取の責任問題は回避できません。 単なる降格人事であるならば、「与信管理上の責任をとらせた」等々理由はいくらでもつけられるのです。 なので常務が頭取を引きずり下ろし自分がその椅子に座りたい訳です。 なので先ほどの引当金を計上しなくてはならなくなります。 1500億ほどの引当金ということは、少なくとも1500億以上の融資を行っていることになります。 簡単に言うと、1500億貸して1500億踏み倒されたら丸々損失デスよね?破綻するかもしれないという事は融資したお金が返ってこない可能性が高いって事です。 引用元:.

次の

半沢直樹2に滝藤賢一・近藤直弼が出ないのはなぜ?理由についてまとめ

半沢直樹 出向理由

原作には、その理由が書いて有ります。 因みにこの人事を半沢に伝えたのは中野渡頭取では無く、人事部長でした。 半沢出向の理由は、やはり東京中央銀行の取締役会での態度が問題視された事と、金融庁の黒崎からの出され改善要求。 そもそも東京中央銀行は、東京第一と産業中央と言う2行が合併しては出来た銀行です。 その為合併後も、行内では、旧産業中央と旧東京第一との間で主導権争いが絶えなかった。 この状態を一刻も早く解消する為に、行内融和を方針に挙げて推進していたのは、誰あろう中野渡頭取何です。 そんな中、今回明るみに成った不正の主導者は大和田と岸川という、旧産業中央出身の大物2人。 彼らを糾弾する事は、止むを得ないとは言え、中野渡頭取が掲げる行内融和に明らかに逆行するのです。 つまり、その他大勢の旧産業中央出身者からすると、我らの大物2人だけ潰しやがって! と行内の反発が強くなるわけ。 更に、半沢は旧産業中央出身の連中からすると、東京第一出身に寝返った裏切り者と成る。 中野渡頭取は旧東京第一出身ですからね。 と言う事は、行内融和を掲げる中野渡頭取からすると、いくら正しい事をしたとは言え、行内を混乱させた半沢にもそれなりの責任は取らさなければ成ら無い。 更に、この一件で、行内に、反半沢の声が強くなり、これらの反発を交わす為にも、半沢に対する処分が必要でした。 もちろん、中野渡頭取も半沢が優秀だと言う事を、心底理解しています。 なので、人事部長が中野渡頭取の意向を確認し、片道切符の島流し出向では無く、いずれ銀行に戻す、ほとぼりが冷める迄と言う紐付きの出向なのです。 私も,胸がスカッとする最後を期待してましたが,関連証券会社への出向となりましたね。 半沢は,伊勢島ホテルを救い,金融庁検査を切り抜け,大和田の不正をあばき,銀行と中野渡頭取をも救ったというのに・・・でも,これは池井戸潤さんの原作に忠実な展開。 テレビでは説明がありませんでしたが,原作では旧東京第一銀行系と旧産業中央銀行系の社内融和を進めたい頭取が,最後の役員会での半沢の行動を「やりすぎ」と反感を持った何人かの役員の意見を無視できなかったとあります。 見てる我々の方も,やっぱりこれだけ上司に楯突いて完全勝利は難しいよな,逆にスカッとする最後だったらやや非現実的・マンガ的なのかもしれないなと現実に引き戻されますよね(ちなみに,役員会で大和田に土下座させた部分は原作にはなく,テレビで加えられたものですが,ここはスカッとしたけど,非現実的ですよね)。 ひょっとすると,自ら元大手銀行員だった作者は,「100倍返しを試みる半沢」とともに,「正直者が馬鹿をみたり」「出る杭が打たれたり」する企業文化や「異なかれ主義」に走りがちな経営者を,批判を持って描きたかったのかもしれませんね。 作者自身と銀行の関係がどうだったのか興味がわきます。 また我々,日本人は,源義経やら西郷隆盛やら悲劇のヒーローが大好きだから,半沢人気も,きっとさらにアップですね。 出向してからの半沢の活躍は,シリーズ第3作「ロスジェネの逆襲」に書かれてあり,さらにその後の展開は現在,週刊ダイヤモンドに『銀翼のイカロス」として連載中ですから,テレビでも半沢シリーズの続編は,間違いなくありそうで,今からとても楽しみですが,待てない人は,これらの原作を読みましょう。 取締役会の議題は2つ。 大和田常務の不祥事と監査の時の半沢の態度に対する金融庁の不快感の表明です。 大和田常務は降格処分。 半沢は、証券会社への出向処分。 ということだと思います。 「出る杭は打たれる」ということは、一部あてはまりますね。 リアルによくある話です。 ただ、頭取が半沢に恩があることは、確かなので、半沢を行内に戻すことなくして、退任するとなれば、恩知らずなトップになります。 リアルに考えれば、最終的に行内に戻ると思います。 頭取が半沢に辞令を述べるシーンでの「ぜひ、受け取って欲しい」は意味深な言葉だと思います。 なぜなら、「嫌です」と言って、最終的に退職すれば、そのままで終わってしまいますから、頭取としては、恩を仇で返しただけになりますから。 絶対、受け取って欲しかったのでしょう。

次の

『半沢直樹』半沢の出向理由を徹底考察!大和田が銀行に残った理由も!

半沢直樹 出向理由

映画『バレット・バレエ』のオーディションに合格したことをきっかけに俳優を目指しますが、 多数のドラマや映画に出演するも脇役止まりの日々が続きます。 2013年のドラマ『半沢直樹』の近藤直弼役で大ブレイク。 2014年4月期のテレビ東京系深夜ドラマ『俺のダンディズム』でテレビドラマ初主演。 2018年のドラマ『探偵が早すぎる』では広瀬アリスさんとw主演。 同年のドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』では、神楽木晴(平野紫耀)の厳し過ぎるパパ役を演じました。 2019年のドラマ『東京独身男子』では、独身男子の1人で弁護士事務所のボス・岩倉和彦役を好演。 半沢・渡真利より優秀な男だったが・・・ 近藤直弼(滝藤賢一)は、半沢や渡真利(及川光博)と同じ旧産業中央銀行出身者。 入行時の目標は「俺は銀行員として社会の役に立てるなら、むしろ何でもいいかな」。 同期トップで課長代理になり、新設された秋葉原東口支店の顧客獲得を任された。 しかし支店長・小木曾の パワハラが原因で、 ストレス性の統合失調症となって半年間の休職を余儀なくされた。 症状があらわれると、近藤の白いキャンパスに 黒いインキがしたたり落ちてくる。 近藤の妻・由紀子(山崎直子)は、そんな近藤に優しい言葉をかけて献身的に支えた。 遂に出向 半沢が浅野支店長(石丸乾二)に5億の融資事故の全責任を取らされて走り回っている頃、 近藤は遂にタミヤ電気への出向を言い渡された。 近藤は、親友である半沢に出向のことをどうしても言えなかった。 新神戸からまさに家族と電車に乗ろうとする近藤のもとへ走る半沢。 「 もう銀行には戻れない、過去に一度でも失敗したら取り返すことは出来ない。 半沢、おまえにはこんなところでつぶれてほしくない、頑張れよ半沢」 出向先でも苦しむ タミヤ電機・経理部長となった近藤だが、京橋支店に融資を頼みに行っても断られ続ける日々。 書類は完璧にしているつもりだが、 融資担当の古里(手塚とおる)は「近藤さん、あなたそれでも元銀行員ですか、みっともない」とネチネチ文句をつけてくる。 近藤は、タミヤ電気の社内でも居場所が無かった。 部下たちは「 銀行さん」と近藤を呼び、銀行から融資を得るための道具としか思ってなかったからだ。 近藤の白いキャンパスがまた 黒いインクで汚れていく。 話を聞いた半沢は「近藤の書類で納得しないなんて古里は目が曇っている」と憤る。 (このころの半沢は、頭取の特命で、伊勢志摩ホテルの再建と金融庁検査を乗り切るために奔走していた) 半沢と一緒に古里を追い詰める 半沢は、古里が伊勢志摩ホテルの経理担当から120億の損失が出ることを聞いていたのに上層部に報告しなかった事実を突き止める。 半沢は、古里を脅して、近藤と一緒に京橋支店の金庫から内部告発の資料を盗み出した。 (毎日京橋支店に通い詰めていた近藤は、金庫の暗証番号を記憶していた) 半沢は古里に「タミヤ電気への融資の稟議、書き渋っているようだな。 近藤の計画書は、現実的なしっかりした稟議書だ。 お前みたいな与信判断をする資格はない、明日中にかけ!」と迫った。 近藤は、そんな半沢の姿を見て 勇気が湧いてきた。 近藤:「やっぱりお前はすごいよ、お前といっしょにいると俺も昔の自分に戻れるような気がしてくる」 半沢:「お前だって変わってないよ。 タミヤ電気のために一生懸命たたかっているじゃないか。 肩書や居場所は違っていても、お前はお前だ、近藤」 近藤が変わる 翌日から近藤は変わった。 近藤が無事に融資が通ったことを報告すると、部下たちは「やっとですか、すいぶん時間がかかりましたね、元銀行さんのわりには」とネチネチ嫌味。 しかし今の近藤は卑屈になったりしない。 「申し訳ありません、今後はもっとこの会社の役に立てるように頑張りますので、みんなの力をかしてください。 今後の詳細な計画書を作りたいので、前期までの決算書を出してください」 しかし部下で課長の野田は「近藤さん、そういうのは私がやりますから余計なしないでください、あなたは銀行からお金を引き出すことだけ考えてればいいんだよ、元銀行さんなんだから!」と言うことを聞かない。 近藤は半沢を思い出して勇気を振り絞った。 「野田ー!決算書を持ってこいと言ってるんだ!ひとつだけ言っておく、今の私はこのタミヤ電気の経理部長です、二度と元銀行さんなどと呼ぶんじゃない!野田!返事は? 小川!お前もだ」 野田と小川は近藤の迫力に「はい」と返事して、 近藤の頭から黒い染みが消えていった。 タミヤ電気の経理部長として 近藤はタミヤ電気の裏帳簿を発見、タミヤ電気が5年も前から赤字を隠して不正に融資を得ていたことを突きとめた。 近藤は「こんな小細工ではなくこの会社を本気で再建していこうという気構えはありますか、もしあるのなら私は戦力で銀行を説得します!この会社の経理部長として!」とタミヤ社長に詰め寄った。 その後、大和田常務(香川照之)が自分の妻の赤字会社に3000万横流しするためにタミヤ電気を利用したことが判明。 近藤は、大和田を追い込むためにタミヤ社長の証言を取った。

次の