タランテラ バレエ。 【バレエ団動画】今観られるバレエ団公演動画vol,2

ロージュA《バレエ衣装のレンタルとオーダーメイド》

タランテラ バレエ

海賊 Le Corsaire バレエ音楽/海賊の首領と恋に落ちたギリシャの娘メドゥーラを救え! 『海賊(Le Corsaire)』は、1856年にパリで初演された。 主に三幕構成で演じられる。 発売当時は大変な人気で、発売初日で1万部を売り上げたという200年前のベストセラーだったそうだ。 あらすじ・ストーリー 第1幕 舞台は、ギリシャに面した地中海のイオニア海。 海賊たちを乗せた船が嵐で難破し、海辺に打ち上げられる。 そこへギリシャの娘メドゥーラ(メドーラ)が通りかかり、友人のギュリナーラ(グリナーラ)と一緒に海賊たちを救い出す。 メドゥーラは、海賊の首領コンラッドと一瞬にして恋に落ちる。 すると突然トルコ軍が乱入。 メドゥーラ達は捕えられ、奴隷商人ランケデムに引き渡されてしまう。 メドゥーラ達は奴隷市場に連れていかれるが、そこへ海賊の首領コンラッドが乱入。 ランケデムを捕え、メドゥーラ達を助け出す。 第2幕 海賊の洞窟で宴会が開かれる中、コンラッドの仲間ビルバントが奴隷商人ランケデムを味方に味方に引き入れ、反乱を起こす。 騒ぎを聞きつけたコンラッドの忠臣アリがかけつけるが、すでにメドゥーラ達がビルバント達に連れ去られた後だった。 第3幕 ランケデムから奴隷としてメドゥーラ達を買ったトルコ総督のハーレムでは、美女たちが華麗に舞っていた。 そこに僧侶に変装したコンラッドと忠臣アリが潜入。 こうして二人の美女と共に、海賊コンラッド達は再び海に漕ぎ出していくのであった。 【試聴】Le Corsaire - Pas de Deux.

次の

ロージュA《バレエ衣装のレンタルとオーダーメイド》

タランテラ バレエ

タランテラを踊る女性(1846年) タランテラ tarantella は、・の。 曲名は、という町の名前に由来するという。 また、同じ町の名を由来とするのに噛まれると、その毒を抜くために踊り続けなければならないとする話から付けられたという説もあるほか、その毒の苦しさゆえに踊り狂って死に、それを表現したという説もある。 タランテラの歴史はにまで遡ることができ、より古い形式のダンスが起源とされる。 やの演奏に合わせて踊られるが、1つのスタイルに固まるまでいろいろなリズムが存在したらしい。 やなども、タランテラを作曲している。 タランテラは、1人で踊ることよりはグループ、特にカップルや女性のペアで踊られることが多い円舞曲である。 最初は右回りに踊るが、曲の一区切り毎に回る方向も左になり、テンポも速くなる。 これが何回か繰り返され、遅れずについていくのがだんだん難しくなっていく。 タランテラは舞台ではの『』、映画では『』などに登場する。 タランテラの有名な曲 [ ]• :25の練習曲の第20曲「タランテラ」• が「」として編曲している。 :第4楽章「プレスト」、第4楽章「アレグロ」• :第4楽章「」、第8巻第3曲「タランテラ」• : 作品43• : 第2年補遺「」第3曲「タランテラ」• :タランテラ 作品6, 第3楽章「プレスト」• :バレエ「」第2曲、管弦楽曲「」第3部「プレスト」・第5部「プレスト」• :ピアノ曲「舞曲(スティリー風タランテラ)」• :2台ピアノ用第4楽章「タランテラ」• :バレエ音楽「」、またそれを基にしたプルチネルラ組曲、イタリア組曲に含まれる「タランテラ」• : (とピアノ) 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

【タランテラを集めました】有名なタランテラを聴き比べてみよう!

タランテラ バレエ

『ドン・キホーテ』の華やかなグラン・パ・ド・ドゥ、古典の名作『白鳥の湖』第3幕より黒鳥のパ・ド・ドゥを日替わりで、またバランシンの音楽的振付を楽しめる『テーマとヴァリエーション』、超絶技巧が盛り込まれた『タランテラ』、日本人振付家の深川秀夫の振付作品『ソワレ・ド・バレエ』、男性ダンサーのみで踊られるエンターテインメント性の高い人気作『トロイ・ゲーム』を一挙に上演します。 作品に応じて自在に変容するダンサーの身体性と表現力にご注目ください。 ニュース SNSでも最新情報をチェック! プロフィール 【振付】ジョージ・バランシン(George BALANCHINE) 1904年、サンクトペテルブルグ生まれ。 帝室バレエ学校に学ぶ。 21年にキーロフ記念レニングラード国立オペラ・バレエ 現マリインスキー劇場バレエ に入団、前衛振付家として頭角をあらわす。 併行して、ペトログラード音楽院で、音楽理論とピアノを学んだ。 24年、同僚ダンサーと巡業中だったパリで、ディアギレフのバレエリュスに入団する。 29年に同団が解散するまで、『アポロ』『放蕩息子』など10作を振付けた。 33年に渡米、リンカン・カースティン等とニューヨークで、スクール・オブ・アメリカン・バレエを開校する。 48年に発足したニューヨーク・シティ・バレエを終生の活動拠点とし、アブストラクト・バレエを主体とする、スピード感溢れる清新なスタイルを確立した。 アメリカを代表する振付家であるだけでなく、20世紀の最も重要な振付家の一人。 1983年ニューヨークにて死去。 【振付】マリウス・プティパ(Marius PETIPA) 1818年フランス・マルセイユ生まれ。 舞踊家、舞踊教師、振付家。 13歳のときに父の作品で舞台デビューを果たし47年にサンクトペテルブルグの帝室ボリショイ劇場に招かれた。 55年からは父の後任として、劇場附属バレエ学校で、踊りと得意としていたマイムの教師を兼任している。 62年に振り付けた『ファラオの娘』が大成功し、副バレエマスターに就任。 以後『ドン・キホーテ』(1869)、『ラ・バヤデール』(1877)、『眠れる森の美女』(1890)、『白鳥の湖』(1895、イワーノフと共作)、『ライモンダ』(1898)など、数々の傑作を残しロシア・バレエの伝統を確立した。 1903年初演の『魔法の鏡』まで、改訂振付を加えれば70以上の作品をロシアで振り付けている。 10年、クリミア地方グルズフで死去。 【振付】アレクサンドル・ゴルスキー(Alexandr GORSKY) 1871年ペテルブルク生まれのダンサー、振付家、バレエマスター、バレエ指導者。 ペテルブルク帝室舞踊学校卒業後、89年にマリインスキー劇場バレエに入団する。 99年にモスクワのボリショイ劇場で、師プティパの『眠れる森の美女』を上演し、翌年ボリショイ・バレエのダンサー兼リハーサル監督となった。 この年、プティパの人気作品『ドン・キホーテ』を大胆に改訂した新版を発表し、批評家の間に賛否両論を巻き起こす。 以後、死の前年まで古典全幕バレエの改訂版と1幕物の新作を次々と発表し、演劇性と現実性を重視する新しいバレエの確立に努めた。 代表作には『ギュデールの娘』(1902年)、『サランボー』(1910年)、『交響曲第5番』(1916年)、『白鳥の湖』改訂版(1901、1920、1922年)などがある。 1924年、モスクワにて死去。 【振付】深川秀夫(FUKAGAWA Hideo) 名古屋市出身。 14歳の時、越智バレエ団でバレエを始める。 ジャン・クロード・ルイーズ、ジョン・クランコ、ノラ・キッス、ユールゲン・シュナイダーの各氏に師事。 1969年第1回モスクワ国際バレエコンクールにて銀賞と同時にS. リファールよりニジンスキー賞を受賞。 70年東ベルリンコミッションオペラにソリストとして契約。 同年第5回ヴァルナ国際コンクールで第2位を受賞し、シュツットガルト・バレエ団に入団。 さらにミュンヘン国立オペラ・バレエ劇場のエトワールとして契約、ヨーロッパを中心に世界各地の舞台にゲスト出演し、N. ポントワ、F. クレール、L. コリア、M. チェルカスキー等と共演。 80年に帰国後は、フリーの振付家として『顔のない女』『ディ・テンツァリン』『ホフマン物語』『追憶』『真夏の夜の夢』など多くの作品を発表。 おしゃれで独特な感性に彩られた作品は、古典・創作を含め各地で好評を得ている。 またローザンヌ国際バレエコンクール、米国ジャクソン・コンクール、ヴァルナ国際バレエ・コンクールなど数多くのコンクールで審査員を務める。 87年大阪文化祭奨励賞、99年愛知県芸術文化選奨文化賞、2008年名古屋市芸術特賞、第24回橘秋子賞特別賞を受賞。 【振付】ロバート・ノース(Robert NORTH) サウスカロライナ生まれ。 LCDTでダンサーとして踊る一方、振付を行い、1980年にマーサ・グラハム・カンパニーの共同芸術監督となった。 振付作品としては、『トロイ・ゲーム』、『死と乙女』、『受胎告知』等、全幕バレエ『Elvira Madigan』、『ロミオとジュリエット』、『Living In America, Prince Rama And The Demons』等を創作している。 1997年に全幕バレエ『スノーマン』の振付を行い、この作品は98年12月8日からロンドンのピーコック劇場で毎年クリスマスの時期に上演されている。 【指揮】ポール・マーフィー(Paul MURPHY) バーミンガム・ロイヤルバレエとそのオーケストラ、ロイヤル・バレエ・シンフォニアの首席指揮者。 劇場での公演に加え、コンサートや収録でも共に仕事をしている。 1994年以来、英国ロイヤルバレエで定期的にゲスト指揮者を務めており、ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団と定期的に仕事をしている。 その他、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ハレ管弦楽団、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団、BBCナショナル・ウェールズ管弦楽団、ニュー・クイーンズ・ホール管弦楽団、BBCコンサート・オーケストラ、オペラ・ノース管弦楽団、バーミンガム市交響楽団等、英国の優れたオーケストラを多数指揮している。 また、ニューヨーク・シティ・バレエ、ライン・バレエ、ロイヤル・フランダース・バレエ、オランダ国立バレエ、最近ではオーストラリア・バレエのゲスト指揮者を務めている。 97年、英国王立音楽院のアソシエイトに選ばれた。 新国立劇場では、『アラジン』『カルミナ・ブラーナ』『ガラントゥリーズ』『火の鳥』『シンフォニー・イン・C』『ペンギン・カフェ』『パゴダの王子』『ファスター』『ホフマン物語』ほかを指揮している。 チケット購入・割引等のご案内 割引等のご案内 お申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。 (D・Z席は対象外)• 高齢者割引(65歳以上)・学生割引: 5%割引• ボックスオフィス(窓口・電話)、チケットぴあ一部店舗のみ取扱。 要年齢証明書または学生証。 ジュニア割引(中学生以下): 20%割引• ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、各プレイガイドで取扱。 入場時年齢確認あり。 当日学生割引: 50%割引• 公演当日10:00より残席がある場合のみボックスオフィス窓口、チケットぴあ一部店舗で取扱。 要学生証。 障害者割引: 20%割引• ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。 要障害者手帳等。 チケット購入時の注意• 4歳未満のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。 お子様も1人1枚チケットをお求めください。 壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台が見えにくい場合がございます。 ご了承ください。 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。 やむをえない事情により出演者が変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。 チケット取り扱い.

次の