湘南 藤沢 徳 洲 会 病院。 湘南藤沢徳洲会病院の口コミ・評判(39件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

湘南藤沢徳洲会病院 脊椎手術3,500例突破

湘南 藤沢 徳 洲 会 病院

「さらなる手術成績の向上を追求し、患者さんのお役に立っていきたい」と江原副院長 脊椎の疾患は腫瘍、炎症、変性、外傷、代謝異常、先天性形態形成異常、成長異常など多様な原因で引き起こされる。 具体的には転移性脊椎腫瘍、慢性関節リウマチ、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄(きょうさく)症、脊椎脊髄(せきずい)損傷、脊柱側彎症などの疾患がある。 手術総数は昨年12月末日時点で3,561件。 脊椎の部位別内訳は頚椎(けいつい)626例、胸椎110例、腰椎2,042例、難度の高い脊柱側彎症など719例、その他64例だ。 ここ数年は年間400例前後で推移。 現在、同センター開設者である江原宗平・副院長兼同センター長と、同センターの岡本弘史部長のふたりで手術を行っている。 江原副院長は「これからも、手術の安全性と正確性の向上を目指し、手術時間の短縮、出血の低減、感染症防止など、さらなる手術成績の向上を追求し、患者さんのお役に立っていきたい」と話している。 江原副院長は脊椎手術のなかでも難度の高い、背骨が大きく彎曲(わんきょく)してしまう脊柱側彎症の手術を数多く行っている。 重症化すると心肺機能障害を引き起こす彎曲の大きい重度変形の治療には、高度な技術が必要。 子どもから年配の方までが対象となる。 手術には前方矯正固定術と後方矯正固定術のふたつの術式があり、同院ではさらに江原副院長が考案した若い女性のための傷痕の目立たない内視鏡を用いた小切開前方矯正固定術にも取り組んでいる。 脊椎専用ハイブリッドオペ室で高度な手術を実施 「当センターの大きな特徴は、世界初の脊椎専用ハイブリッドオペ室です。 当院が12年10月に新築移転した際に導入しました。 具体的には、従来よりも格段に鮮明な3Dデジタル画像が得られる多軸CT様画像作成装置Artis Zeego、連携する高度なナビゲーション装置、それに連動する手術台で構成しています」と江原副院長は説明する。 同画像作成装置は、8つの軸をもつアームが回転しながら撮影し、6秒間で3Dデジタル画像を描出。 またナビゲーション装置により、リアルタイムで患部の状態、手術器具の位置などをモニタリングしながら手術でき、固定用のボルトの挿入位置や方向、深度などミリ単位でのコントロールが可能になる。 さらに江原副院長は「中枢神経が行き交い血流の豊富な脊椎の手術では、高い技術と安全性が求められます。

次の

湘南藤沢徳洲会病院の口コミ・評判(39件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

湘南 藤沢 徳 洲 会 病院

各項目の意味合い 臨床実績 専門患者数(手術数)• 現在の患者数が多いほど技術・知識の維持・向上が見込まれ、また、患者数自体が患者からの総合評価のバロメーター• インタビューやウェブリサーチからの推定値含む 専門医資格• 各学会の指定した症例数・経験年数・論文数などの基準を満たしており、一定以上の臨床技術を習得している証 学術活動 論文・学会発表数• 自分の専門領域をより深めるために基礎研究・臨床研究・論文抄読などを積極的に行っており、最先端の知見を獲得• 確認可能な日本語論文・学会発表数を記載 最終論文・学会発表年• 論文・学会発表などを行っている間は、継続的な勉強をしていると想定される• 確認可能な最新日本語論文・学会発表の年 学術機関• 大学院や海外の医療機関への留学などで、日常の臨床知識を超えた幅広い知見を獲得 受診しやすさ 初診(手術)までの待機期間• 初診(手術)までの待機期間が短いほど、タイムリーに医療を享受可能 医師指定受診• そもそもその医師を受診できるかどうか、紹介状が必要かどうか 外来待ち時間• 待っている間の感染リスクや精神的・肉体的負担という点で、院内での待ち時間は短いほど良い 情報公開• ホームページを通じて診療実績や疾患情報を発信しているところは、診療においても患者への情報共有に積極的と想定される.

次の

◆脳ドック◆頭部MRI/MRA検査

湘南 藤沢 徳 洲 会 病院

各項目の意味合い 臨床実績 専門患者数(手術数)• 現在の患者数が多いほど技術・知識の維持・向上が見込まれ、また、患者数自体が患者からの総合評価のバロメーター• インタビューやウェブリサーチからの推定値含む 専門医資格• 各学会の指定した症例数・経験年数・論文数などの基準を満たしており、一定以上の臨床技術を習得している証 学術活動 論文・学会発表数• 自分の専門領域をより深めるために基礎研究・臨床研究・論文抄読などを積極的に行っており、最先端の知見を獲得• 確認可能な日本語論文・学会発表数を記載 最終論文・学会発表年• 論文・学会発表などを行っている間は、継続的な勉強をしていると想定される• 確認可能な最新日本語論文・学会発表の年 学術機関• 大学院や海外の医療機関への留学などで、日常の臨床知識を超えた幅広い知見を獲得 受診しやすさ 初診(手術)までの待機期間• 初診(手術)までの待機期間が短いほど、タイムリーに医療を享受可能 医師指定受診• そもそもその医師を受診できるかどうか、紹介状が必要かどうか 外来待ち時間• 待っている間の感染リスクや精神的・肉体的負担という点で、院内での待ち時間は短いほど良い 情報公開• ホームページを通じて診療実績や疾患情報を発信しているところは、診療においても患者への情報共有に積極的と想定される.

次の