アベイル 初 売り。 「ベントレーゴルフ」初上陸 セット売り100万円前後からギアニュース|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

BULLET CLUB

アベイル 初 売り

2代目リーダーのAJスタイルズ時代のBULLET CLUB。 所属選手は外国勢中心で構成しており、日本人として、、、、 が参加している。 そのほとんどの選手が正統派ファイトを売りにした人気の高い選手達であった。 メンバーは指でピストルの引き金を引くポーズを見せている。 しかし、近年はメンバーの対戦試合が行われると仲間の乱入で対戦を妨害したり、メンバーが敗北する3カウント決着寸前のところでレフェリーをリングから引っ張り出したりと問題行動が多くみられ、ファンからはおろか、他のレスラーからの評判もかなり悪いようである。 勝利を得たとしても、ブーイングが巻き起こっているほど汚い試合運びに辟易しているファンも多い。 結成の経緯(2013年2月 - 5月) [ ] 2月3日、ながらが当時ののからピンフォール勝ちを奪い、同王座への挑戦を視野に入れる発言をほのめかした。 3月3日にデヴィットはノンタイトルながら棚橋とのシングルマッチが組まれ対戦するも、敗戦した。 その後、デヴィットは上で選手に対して無差別に挑発的なツイートを送り始める。 4月5日、デヴィットはを相手にの三度目の防衛に成功した。 だが、試合後にデヴィットはリング上で横たわるシェリーを踏みつける暴挙を敢行するなど、暴走が次第に加速していくようになっていった。 しかし、試合後にデヴィットが田口を強襲しApollo 55の解散を宣言した。 同時に強襲に加担したを「 バウンサー(用心棒)」に就け、デヴィットは自ら リアル・ロックンローラ( Real Rock'n Rolla)と称した。 デヴィットはこの試合に勝利を収めた後、ユニット名を「 BULLET CLUB(以降BC)」と命名した。 さらに、同日に行われた棚橋 vsの試合後に乱入。 試合を終えたばかりのアンダーソンとそのセコンドに付いていたと結託し、リング上で棚橋を袋叩きにした。 略歴(結成 - 現在) [ ] 2013年• 5月 - 6月、にデヴィットが出場。 セコンドに付いたアンダーソン、トンガ、ファレの介入やラフ殺法を展開し、史上二人目となる全勝優勝を果たした。 6月22日、でデヴィットが再び棚橋とシングルマッチで激突してセコンドの介入を経て勝利を収め、メインイベント終了後にが保持するへの挑戦を表明した。 同日のメインイベントではデヴィットがの防衛戦としてと対戦し勝利を収め、4度目の防衛に成功した。 7月20日大会、デヴィットがIWGPヘビー級王座に初挑戦も、オカダのレインメーカーでピンフォール負けを喫し王座奪取には至らなかった。 8月、デヴィット、アンダーソンがに出場するも、両者共に予選落ちに終わった。 9月29日大会、デヴィットが棚橋とで対戦したが、棚橋のハイフライフローでピンフォール負けを喫した。 10月11日(現地時間)、トンガがに遠征し大会に参戦。 テリブレ、ブカネロ、らと共に BULLET CLUBラテンアメリカ( Bullet Club Latinoamerica)を結成する。 10月14日両国大会、のメインイベント終了後、デヴィット、アンダーソン、ファレがリング上にいるオカダを襲撃し、アンダーソンがへの挑戦をアピールした。 同日のメインイベントではアンダーソンがオカダの保持するIWGPヘビー級王座に挑戦するも、レインメーカーで敗北を喫し戴冠には至らなかった。 2014年• 負け、デヴィットがに敗れ、IWGPジュニアヘビー級王座から陥落してしまった。 3月のNEW JAPAN CUPにデヴィット、アンダーソン、ギャローズ、ファレが参戦したが、結果はアンダーソン、ギャローズが1回戦で敗退、デヴィットが2回戦で敗退、ファレが準優勝に終わった。 この試合後、が乱入してオカダにスタイルズクラッシュを決め、オカダの保持するに挑戦を表明した。 4月7日、デヴィットがを退団し、BCから離脱した。 5月3日、にてAJがオカダの保持するIWGPヘビー級王座に挑戦した。 試合終盤よりCHAOSの高橋が乱入してオカダを強襲、このアシストを経てAJがオカダにスタイルズクラッシュを決めてピンフォール勝ちを収め、第60代王者に戴冠した。 同時に高橋がCHAOSを裏切り、同ユニットとしては初となる日本人選手としてBCに加入した。 6月21日、にてファレがの保持するに挑戦、バッドラックフォールで中邑からピンフォール勝ちを収め、第9代王者に戴冠した。 一方でヤング・バックスがに敗れIWGPジュニアタッグ王座から陥落した。 6月29日、後楽園大会にて高橋がの保持するに挑戦、マイアミ・シャインでピンフォール勝ちを収め第4代王者に戴冠した。 8月10日、 24 大会にて、AJが棚橋と対戦しピンフォール負けを喫した。 試合後、BCのメンバーと共に棚橋を袋叩きにしているところをのが救出に入った。 棚橋を擁護しつつ同じく救援に駆け付けたのからギターケースを受け取ったが、直後に棚橋に対してギターケースからギターを取り出すとギターにはBCのロゴがプリントされており、そのギターでギターショットを見舞いBCの面々と抱擁を交わした。 を脱ぐとBCのを観衆にアピールし、ダモールと共にBCに加入を果たした。 9月21日、ファレが中邑のリマッチに敗れ、インターコンチネンタル王座から陥落した。 10月13日、高橋が石井のリマッチに敗れ、NEVER無差別級王座から陥落した。 同日、AJも棚橋に敗れてIWGPヘビー級王座から陥落する。 11月8日、から新日本に移籍したが加入した。 2015年• 1月4日、にてオメガが田口からIWGPジュニア王座を奪取、一方でアンダーソン・ギャローズ組が・の「同級生タッグ」に敗北、1年間続いたIWGPヘビー級タッグ王座から陥落した。 1月5日、NEW YEAR DASH!! において新メンバーとして、が紹介され加入した。 2月11日、AJが棚橋からIWGP、アンダーソン、ギャローズが後藤、柴田からタッグ王座を奪還、ヤングバックスが3WAYマッチを制しJr. タッグ王座を戴冠。 オメガが田口のリマッチを退けてIWGPジュニア王座に初防衛する。 3月のNEW JAPAN CUPにアンダーソン、ギャローズ、ファレ、高橋が参戦しアンダーソンとギャローズが1回戦、ファレと高橋が2回戦で敗退した。 4月5日、INVASION ATTACK 2015にて、IWGPヘビー級王座でAJが、IWGPジュニア王座戦でオメガがをそれぞれ相手にし防衛に成功。 タッグから陥落した。 IWGPタッグ戦もアンダーソン、ギャローズ組がのマイケル・ベネット、マット・ターバン組と対戦するも、アンダーソンがROH組のセコンドにいたの色仕掛けに嵌った為に惨敗、同王座流出を許す。 10月23日、新日本が主催するRoad to POWER STRUGGLE所沢大会にてオメガに紹介されが加入した。 2016年• 1月4日、にてタマ・トンガの父でもあるがBULLETCLUBのシャツを着て第0試合に登場した。 ハクは試合後、「BULLETCLUBの一員として(新日本のリングに)戻れたことが非常に嬉しい」というコメントを残した。 1月5日、試合後AJがオメガを始めとするメンバー達から襲撃され、同ユニットを追放された。 同時に追放の主導者であるオメガが新リーダーとなった。 2月15日、アンダーソン&ギャローズが試合後インタビュールームで退団を示唆。 2月20日、アンダーソン&ギャローズが正式に新日本プロレスを退団した。 4月1日、後楽園ホール大会よりが加入。 その後突如として会場が暗転となり、再び点灯するとヤング・バックスの間を陣取る形でがリング上に登場した。 直後にヤング・バックスがリーサルとカバナにスーパーキックを放ちKOに追い込むとコールはマイクを手に取り、「俺がBULLET CLUBの新メンバーだ!」と宣言し加入した。 5月9日、がWAR OF THE WORLDS TOURのメインイベントに出場予定とされていたが、リングに姿を見せず試合が開始された。 試合終盤、レフェリーがダウンしてリング上が無法地帯と化する中ようやく登場し、当初組む予定だったからパイプイスを手渡されたが直後にブリスコに対して急所攻撃を見舞い、相手チームのBULLET CLUBの勝利をアシスト。 ROH軍を離反しBULLET CLUBに加入した。 8月14日、オメガがで初優勝及び外国人選手として初のG1制覇を果たす。 9月25日、DESTRUCTION in KOBEで入りを拒否されたがパートナーのを裏切って襲撃し、衝撃のBULLET CLUB入りを果たした。 9月26日、10月8日に開催予定のNEW JAPAN ROAD ~がんばろう!UONUMA 2016~にてBONE SOLDIERなるレスラーの登場が発表された。 12月10日、オメガが重大発表としてバレットクラブの新メンバーが改めコーディーであることを紹介してコーディーがビデオで登場した。 2017年• 1月4日、オメガがIWGP王者のオカダに挑戦するも敗退、ヤングバックス、G. Dも王座を失った。 次の2月シリーズはメンバー全員が欠場となった。 1月11日、負傷で長期離脱していたホールがWAW(World Association of Wrestling)に移籍し新日本プロレスを退団、BCから離脱した。 2月11日、ROH大会において、試合後にコールが襲撃。 が救出に駆け付けるもコールと結託しジ・アディクションを解散を表明。 裏切ったカザリアンが新メンバーとなった。 3月1日、SOLDIERが新日本プロレス公式サイトの選手一覧ページから削除され、事実上の離脱。 3月10日、で行われたROH15周年アニバーサリーショーにおいて、でもあるコールとダニエルズとのタイトルマッチにセコンドにカザリアンが入るも、試合終盤にカザリアンがBCのTシャツを破りダニエルズと再結託し勝利をアシスト。 裏切る形でBCから離脱した。 5月3日、レスリングどんたくにてG. DがIWGPタッグマッチ3WAYマッチに出場するも敗退、IWGPヘビー級王者オカダにファレが挑戦するも敗退。 5月12日、WAR OF THE WORLDSツアーのセミファイナルで行われたコールvs棚橋戦の終了後に突如として会場が暗転となり、オメガがスクリーン上で新メンバーとしての加入を発表と同時にコールを労うメッセージを送った。 再び点灯するとスカルが登場し傘を開くとBCのロゴが入っているのをアピール、ヤングバックスがスーパーキックを放つとスカルは傘で攻撃し、コールの追放を高らかに宣言した。 5月14日、スカルが保持するの防衛戦でと対戦するも、王座を失った。 5月17日、スカルがが主催するジュニアヘビー級選手によるリーグ戦、にAブロックで出場するも敗退した。 6月11日、ファレ、ペイジ、高橋組がNEVER無差別級6人タッグマッチガントレットマッチに出場するも敗退、ヤングバックスとG. Dが王座を奪取した。 オメガがオカダと対戦するも時間切れ引き分けに終わり、王座奪取に失敗した。 6月23日、スカルがROH世界TV王座に挑戦するも敗退、コーディーがダニエルズからを奪取した。 7月1日、G. Dがウォーマシーンに敗れ王座を失い、コーディーがオカダに挑戦するも敗戦。 7月2日、ヤングバックスが王座防衛に成功、オメガが初代になった。 8月12日、オメガがG1 CLIMAX27のBブロックを1位通過し、2年連続の優勝決定戦進出を決めた。 しかし翌13日に行われた優勝決定戦でと対戦して敗れ、オメガの連覇はならなかった。 また、同日行われたヤングバックスの王座防衛戦での田口・リコシェ組の「ファンキー・フューチャー」に敗れ防衛に失敗した。 9月6日、オメガが左ヒザの故障に伴いDESTRUCTIONの前哨戦シリーズを欠場し、オメガの代役としてトンガ・ロア兄弟の末弟であるの参戦が発表された。 9月10日、後楽園ホール大会の第5試合終了後、バックステージにてレオが兄のトンガによって正式にBULLET CLUBのメンバーとして迎え入れられた。 2018年• また、にて王者組であったファレ、トンガ、ロア組がCHAOSの石井、矢野、バレッタ組を相手に防衛に失敗。 スカルもと対戦して破れから陥落した。 オメガはの前に苦戦を強いられるものの、を死守した。 1月5日、Codyがをアメリカンナイトメアで仕留めると試合後に飯伏へパイプ椅子での攻撃をしようとするが、オメガが割って入った。 そしてを新メンバーに迎え入れようとするものの、ホワイトのブレードランナーを受けIWGPUSヘビー級王座戦が決定、NEVER無差別級6人タッグ選手権試合にてBULLET CLUBがCHAOSからベルトを奪還する。 1月27日、北海きたえーる大会1日目にてNEVER無差別級6人タッグマッチを賭けと対決。 最後はトンガがにドリームキャッチャーを決め勝利を収める。 1月28日、北海きたえーる大会2日目にてがROPPONGI 3Kのリマッチを受けるが、首固めで王座から陥落した。 メインイベントであったIWGPユナイテッド・ステーツ・ヘビー級王座にてオメガがホワイトを圧倒していたが、片翼の天使で決めようとしたところでホワイトのブレードランナーを食らい、王座から陥落した。 試合後、ペイジがホワイトからベルトを奪い挑戦表明すると、オメガがそれを奪い取りホワイトに手渡した。 だが、そこへCody、スカル、ヤングバックスが現れるも口論になり、最後はCodyがオメガを襲撃してクロスローズを決めた。 なお、オメガはBULLET CLUBを追放されておらず、2月16日から19日までの新日本オーストラリア遠征ではBULLET CLUBの一員としてタッグ戦に参加した。 2月23日、後楽園ホール大会にてオーエンズ&飯伏&オメガVSスカル&ペイジ&Codyのスペシャルタッグマッチが組まれることとなった。 また、2月24日こそ満を持してオメガ&飯伏のゴールデンラヴァーズVSスカル&Codyのカードも組まれた。 なお、23日の試合に関してスカルは「賛同できない」と反対する 一方でペイジはやる気を示した。 その時のCodyのコスチュームにはリーダーを表すものがあり最後はペイジがオーエンズをライト・オブ・パッセージで仕留めたがCodyとペイジはバックステージにて揉めてしまう。 これ以降、飯伏は正式メンバーではないもののBULLET CLUBのメンバーとタッグを組むこととなった。 2月24日、後楽園ホール大会2日目にてNEVER無差別級6人タッグ王者のトンガ、ファレ、ロアがライガー、デリリアス、チーズバーガーを相手に防衛戦を行い成功。 チーズバーガーを健闘するフリをしてトンガがガン・スタンを浴びせると、チーズバーガーはヤングライオンのによってお姫様抱っこをされ退場した。 CHAOS VS BULLET CLUBのカードが組まれ、IWGP USヘビー級王者であるホワイトをペイジが3カウントを取り改めて当王座への挑戦表明を行った。 このカードは3月25日ロングビーチ大会にて行われることが決まった。 2月26日、新日本プロレスによって行われるNJCこと『ニュージャパンカップ2018』では高橋とファレがエントリーされた。 だがこの時、オメガは首の怪我によりエントリーはされなかった。 また、飯伏がBULLET CLUBのメンバーと共にCHAOSを迎え撃つことも決まった。 5月4日、レスリングどんたくでのIWGPジュニアヘビー級選手権試合でが王座を防衛。 試合後、トンガがリングに現れプロレスリング・ノア退団から間もないのBULLET CLUB入りを宣言した。 石森は、に参戦し決勝に進出するものの、に破れ準優勝に終わった。 6月9日、大会でオメガがオカダのに史上初となる時間無制限三本勝負というルールで挑戦1時間を超える対決を制し、IWGPヘビー級王座を初獲得、第66代王者となった。 試合後のバックステージでオメガ、飯伏、ヤング・バックスによる新ユニット「ゴールデンELITE」の結成が宣言された。 7月8日 アメリカ時間では7月7日 、G1スペシャルであるサンフランシスコ大会にて今まで因縁を持っていたCodyとIWGPヘビー級王座を賭け対決。 最後は粘るCodyをオメガが片翼の天使で沈め初防衛を飾った。 試合後、トンガ、ロア、そして同大会に出場していた彼らの父親であるキング・ハクによりメンバーがオメガらを襲撃。 Codyはオメガの救出に動き、その後2人は完全和解した。 サンフランシスコ大会を受け、G1 CLIMAX 28からメンバーが「OG(Original gangsterの略。 別名「Firing Squad」、トンガサイド)」と「ELITE(オメガサイド)」に再分裂した。 G1にエントリーされたOGのトンガとファレは公式戦・前哨戦に関わらず仲間の試合に乱入し、ロアは2人のセコンドに付いて乱入のサポートを行う。 結成当時のヒール・ユニット色を復活させた形となった。 一方のELITEには上記の3人以外のBCメンバー(飯伏幸太を含む)が所属する。 G1 CLIMAX 28に、ELITEからオメガ、飯伏、ペイジが、OGからファレ、トンガが出場。 ファレ、トンガは毎試合ロアをセコンドに従え反則の限りを尽くした。 連日続くOGの反則に対し、新日本プロレスは「『G1 CLIMAX 28』Bブロック公式戦にBULLET CLUB OGの選手が介入した場合には、該当選手を「3ヶ月の試合出場停止」及び、「罰金処分」とさせて頂きます」 と異例のコメントを発表した。 8月11日、矢野対トンガ戦において花道からファレが登場したところでヤングライオンやレフェリー達が介入を食い止め、社長と会長が登場して退場を宣告。 OGはバンに詰め込まれ強制退場させられた。 この日のメインイベントでオメガと飯伏が6年ぶりに対戦し、飯伏が勝利した。 8月12日、トンガ、ロア、石森対マット、ニック、スカル戦のゴング前にロアが石森をOGメンバーとして紹介した。 予定を変更してのタイトルマッチとなった試合はスカルがトンガのガンスタンに沈み、タイトルがELITEからOGに移動する事態となった。 2018年10月8日、のメインイベントでオメガ、飯伏、Codyによる決定戦3WAYマッチが行われ、オメガが防衛を果たす。 セミファイナルでは棚橋VSホワイト戦の終了後にOGメンバーが乱入、9月23日の神戸大会でCHAOSを脱退したホワイトと外道、外道のタッグパートナーである邪道、そしてトンガが棚橋の救出に現れたオカダを返り討ちにした。 その後のバックステージで3人のBCOG加入が表明された。 同日、石森がTwitterでの新タッグパートナーとしてのOG加入を発表した。 10月16日の後楽園大会からOGは、「BULLET CLUB」を名乗るようになった。 同シリーズに参戦した高橋、オーエンズ、飯伏らELITEメンバーは変わらず「BULLET CLUB ELITE」とアナウンスされているため、この時点ではBULLET CLUBは無印の「BULLET CLUB」とオメガ率いる「BULLET CLUB ELITE」の2つに分裂中ということになる。 10月24日、コーディーはツイッターで「自分はもうバレットクラブの一員ではない。 」と発表した。 10月30日、ジェリコのpodcastにてマットがコーディー、オメガ、スカル、ニック、ペイジが公式的にであり、もはやバレットクラブの一員ではないことを発表した。 加えて、バレットクラブOGとEliteの戦いを終え、はバレットクラブを脱退した。 11月8日、新日本プロレスリングは、ペイジと高橋が次回のWORLD TAG LEAGUEにてThe Elite代表として出場することを発表した。 それと同時に高橋がバレットクラブを脱退し、に加入することとなった。 12月22日、トンガがBullet Clubの新しいリーダーにホワイトを選んだと発表した。 2019年• 1月4日に開催されたWrestle Kingdom 13で石森がKUSHIDAの所持するIWGP Jrヘビー級王座に挑戦、勝利して王者となった。 更にホワイトがシングルマッチでオカダを破った。 1月5日、後楽園大会にて石森、トンガ、ロア組がNEVER6人タッグ選手権に挑戦、試合終盤にオーエンズと高橋が乱入して加勢し勝利を収める。 なお、試合終了後にお互いを認め、オーエンズと高橋は再び「BULLET CLUB」へと戻った。 2月11日に開催された「New Beginning in Osaka」でホワイトが棚橋からIWGPヘビー級王座を奪い、第68代王者となった。 5月4日に開催された「レスリングどんたく」において、エル・ファンタズモが加入。 にて、イーグルスとファンタズモが不協和音を奏で、NJPW SOUTHERN SHOWDOWN in MELBOURNEで行われた6月29日のイーグルスvsオスプレイとのIWGPジュニアヘビー級選手権試合において、イーグルスが介入したファンタズモを殴り、翌日の試合後にイーグルスがジェイとファレに攻撃したため、これを機にイーグルスが脱退する。 メンバー [ ]• (結成 - )• (結成 - )• (2014年5月3日 - 2018年11月8日、2019年1月5日 - )• (2015年10月23日 - 2018年10月30日、2019年1月5日 - )• (2016年3月12日 - )• (2017年9月10日 - )• (2018年5月4日 - )• (2018年10月8日 - ) 4代目リーダー• (2018年10月8日 - )• (2018年10月8日 - )• (2019年5月4日 - )• (2019年8月12日 - ) 元メンバー [ ]• 初代リーダー 結成 - 2014年4月7日 新日本プロレス退団に伴い脱退 に移籍• デヴィット離脱後のリーダー格 2代目リーダー 2014年4月6日 - 2016年1月5日 追放 WWEに移籍• 結成 - 2016年2月20日 新日本プロレス退団に伴い脱退 WWEに移籍• 2013年11月23日 - 2016年2月20日 新日本プロレス退団に伴い脱退 WWEに移籍• 2015年1月5日 - 2017年1月11日 新日本プロレス退団に伴い離脱 WAWに移籍• 2016年9月25日 - 2017年3月1日 特にアナウンスが無いまま自然離脱• 2017年2月11日 - 2017年3月10日 と再合体し脱退• 2016年5月8日 - 2017年5月12日 追放 WWEに移籍• 2013年10月25日 - 2018年10月30日 (として独立・脱退)• 2013年10月25日 - 2018年10月30日 (The Eliteとして独立・脱退)• 3代目リーダー (2014年11月8日 - 2018年10月30日 (The Eliteとして独立・脱退)• 2016年5月9日 - 2018年10月30日 (The Eliteとして独立・脱退)• 2016年12月10日 - 2018年10月30日 (The Eliteとして独立・脱退)• (2017年5月12日 - 2018年10月30日 (The Eliteとして独立・脱退)• (2018年10月8日 - 2019年6月30日 脱退・CHAOSに加入 サポートメンバー [ ]• ジノ・ガンビーノ• CMLL(ラテンアメリカ) [ ]• ユニット一覧 [ ]• 戦績 [ ] オリジナルメンバーのみ表記する。 プリンス・デヴィット• 優勝 2013年• タマ・トンガ• SUPER Jr. カール・アンダーソン• ドク・ギャローズ• AJスタイルズ• 第60代,第62代• バッドラック・ファレ• 第9代• 高橋裕二郎• 第4代• ケニー・オメガ• IWGPヘビー級王座(第66代)• (第70代・第72代)• (第13代)• (初代)• G1 CLIMAX優勝 2016年 その他 [ ]• に参戦後のAJ・アンダーソン・ギャローズは、BULLET CLUBのアナザーユニット『The Club(ザ・クラブ)』を結成した。 2019年には再結成され、『The OC』に改名。 また、プリンス・デヴィッド、アンダーソン、ギャローズにて、プリンス・デヴィッドの現在のリングネームのフィン・ベイラーから主戦場としているRAWにてベイラークラブを結成している。 電ファミニコゲーマーによる原田勝弘氏と氏のインタビューにて、。 脚注 [ ]• デイリースポーツ. 2013年2月4日. 2013年5月9日閲覧。 スポーツナビ. 2013年3月4日. 2013年5月9日閲覧。 [ ]• Togetter. 2013年3月14日. 2013年10月15日閲覧。 史上初はであった。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2013年10月15日. 2017年9月13日閲覧。 デイリースポーツ. 2016年2月15日. 2016年2月25日閲覧。 東京スポーツ. 2016年2月20日. 2016年2月25日閲覧。 新日本プロレス公式サイト. 2017年9月13日閲覧。 f4wonline. com 2017年2月12日• FIGURE FOUR ONLINE. 2017年3月10日. 2017年5月14日閲覧。 新日本プロレス公式サイト. 2017年5月13日閲覧。 新日本プロレス公式サイト. 2017年5月16日閲覧。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2017年9月10日閲覧。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2017年8月25日閲覧。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2017年9月13日閲覧。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2017年9月13日閲覧。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2017年9月13日閲覧。 Twitter. 2018年2月9日閲覧。 Twitter. 2018年2月21日閲覧。 Twitter. 2018年2月21日閲覧。 CBS Sports 2018-06-09• 新日本プロレス公式サイト• 新日本プロレス. 2018年6月9日. 2018年6月10日閲覧。 www. njpw. 2018年8月14日閲覧。 www. njpw. 2018年8月14日閲覧。 日本語. Yahoo! ニュース. 2018年10月20日閲覧。 「」『Twitter』。 2018年10月20日閲覧。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2014年4月7日. 2017年9月13日閲覧。 関連項目 [ ]• - アンダーソン、トンガ、ギャローズが偶然に取材を受け、その模様が2015年6月29日に放送された。 また、2016年2月にはファレが密着取材を受け、トレーニング風景や食事風景が放送された。

次の

ブラシアイロンのおすすめ人気ランキング20選【ブラシ・ロールタイプ】

アベイル 初 売り

イー・ガーディアンは11日、2020年9月期第2四半期(19年10月-20年3月)連結決算を発表した。 売上高が前年同期比16. 38億円、営業利益が同9. 31億円、経常利益が同7. 46億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同9. 31億円となった。 ソーシャルサポートの売上高は前年同期比28. 72億円となった。 成長を続けるソーシャルWebサービスにおいて、監視・CSだけではなく、運用や分析といった多種多様な新サービスの展開や既存顧客への深耕営業に注力した。 加えて、蓄積したノウハウを横展開することで、キャッシュレス決済、シェアリング、エデュテック等の成長市場において売上を拡大した。 ゲームサポートの売上高は前年同期比1. 66億円となった。 豊富な運用実績とノウハウの蓄積により既存顧客との関係の強化を目指すと同時に、デバッグを提供するEGテスティングサービスと連携したサービスの提供、日本市場に参入する中国系及び韓国系を中心とした海外ゲーム企業の多言語カスタマーサポートの受注に注力した。 また、クラウドゲームトータルサポートの提供を開始した。 アド・プロセスの売上高は前年同期比10. 72億円となった。 既存の広告審査業務だけでなく、広告枠管理から入稿管理、広告ライティング等の提供サービスの拡大に注力するとともに、派遣・常駐型業務と同社センター業務を組み合わせた運用に加え、自社開発したRPAの活用により競合他社との差別化を図り、既存顧客への深耕営業を目指した。 また、広告人材育成プロジェクトを推進した。 その他の売上高は前年同期比46. 27億円となった。 サイバーセキュリティ分野は、グレスアベイルが国内初のコンテナ型WEBセキュリティファイアウォールである「GUARDIAX」を開発した。 また、電子デバイス等のハードウェアに対するデバッグ事業は、EGテスティングサービスが、ソフトウェアのデバッグ事業とシナジーを発揮し、既存顧客への深耕営業や新規開拓を図り、シェア拡大を目指した。 2020年9月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比13. 00億円、営業利益が同2. 01億円、経常利益が同1. 21億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同1. 50億円とする期初計画を据え置いている。 <SF>• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

BULLET CLUB

アベイル 初 売り

2代目リーダーのAJスタイルズ時代のBULLET CLUB。 所属選手は外国勢中心で構成しており、日本人として、、、、 が参加している。 そのほとんどの選手が正統派ファイトを売りにした人気の高い選手達であった。 メンバーは指でピストルの引き金を引くポーズを見せている。 しかし、近年はメンバーの対戦試合が行われると仲間の乱入で対戦を妨害したり、メンバーが敗北する3カウント決着寸前のところでレフェリーをリングから引っ張り出したりと問題行動が多くみられ、ファンからはおろか、他のレスラーからの評判もかなり悪いようである。 勝利を得たとしても、ブーイングが巻き起こっているほど汚い試合運びに辟易しているファンも多い。 結成の経緯(2013年2月 - 5月) [ ] 2月3日、ながらが当時ののからピンフォール勝ちを奪い、同王座への挑戦を視野に入れる発言をほのめかした。 3月3日にデヴィットはノンタイトルながら棚橋とのシングルマッチが組まれ対戦するも、敗戦した。 その後、デヴィットは上で選手に対して無差別に挑発的なツイートを送り始める。 4月5日、デヴィットはを相手にの三度目の防衛に成功した。 だが、試合後にデヴィットはリング上で横たわるシェリーを踏みつける暴挙を敢行するなど、暴走が次第に加速していくようになっていった。 しかし、試合後にデヴィットが田口を強襲しApollo 55の解散を宣言した。 同時に強襲に加担したを「 バウンサー(用心棒)」に就け、デヴィットは自ら リアル・ロックンローラ( Real Rock'n Rolla)と称した。 デヴィットはこの試合に勝利を収めた後、ユニット名を「 BULLET CLUB(以降BC)」と命名した。 さらに、同日に行われた棚橋 vsの試合後に乱入。 試合を終えたばかりのアンダーソンとそのセコンドに付いていたと結託し、リング上で棚橋を袋叩きにした。 略歴(結成 - 現在) [ ] 2013年• 5月 - 6月、にデヴィットが出場。 セコンドに付いたアンダーソン、トンガ、ファレの介入やラフ殺法を展開し、史上二人目となる全勝優勝を果たした。 6月22日、でデヴィットが再び棚橋とシングルマッチで激突してセコンドの介入を経て勝利を収め、メインイベント終了後にが保持するへの挑戦を表明した。 同日のメインイベントではデヴィットがの防衛戦としてと対戦し勝利を収め、4度目の防衛に成功した。 7月20日大会、デヴィットがIWGPヘビー級王座に初挑戦も、オカダのレインメーカーでピンフォール負けを喫し王座奪取には至らなかった。 8月、デヴィット、アンダーソンがに出場するも、両者共に予選落ちに終わった。 9月29日大会、デヴィットが棚橋とで対戦したが、棚橋のハイフライフローでピンフォール負けを喫した。 10月11日(現地時間)、トンガがに遠征し大会に参戦。 テリブレ、ブカネロ、らと共に BULLET CLUBラテンアメリカ( Bullet Club Latinoamerica)を結成する。 10月14日両国大会、のメインイベント終了後、デヴィット、アンダーソン、ファレがリング上にいるオカダを襲撃し、アンダーソンがへの挑戦をアピールした。 同日のメインイベントではアンダーソンがオカダの保持するIWGPヘビー級王座に挑戦するも、レインメーカーで敗北を喫し戴冠には至らなかった。 2014年• 負け、デヴィットがに敗れ、IWGPジュニアヘビー級王座から陥落してしまった。 3月のNEW JAPAN CUPにデヴィット、アンダーソン、ギャローズ、ファレが参戦したが、結果はアンダーソン、ギャローズが1回戦で敗退、デヴィットが2回戦で敗退、ファレが準優勝に終わった。 この試合後、が乱入してオカダにスタイルズクラッシュを決め、オカダの保持するに挑戦を表明した。 4月7日、デヴィットがを退団し、BCから離脱した。 5月3日、にてAJがオカダの保持するIWGPヘビー級王座に挑戦した。 試合終盤よりCHAOSの高橋が乱入してオカダを強襲、このアシストを経てAJがオカダにスタイルズクラッシュを決めてピンフォール勝ちを収め、第60代王者に戴冠した。 同時に高橋がCHAOSを裏切り、同ユニットとしては初となる日本人選手としてBCに加入した。 6月21日、にてファレがの保持するに挑戦、バッドラックフォールで中邑からピンフォール勝ちを収め、第9代王者に戴冠した。 一方でヤング・バックスがに敗れIWGPジュニアタッグ王座から陥落した。 6月29日、後楽園大会にて高橋がの保持するに挑戦、マイアミ・シャインでピンフォール勝ちを収め第4代王者に戴冠した。 8月10日、 24 大会にて、AJが棚橋と対戦しピンフォール負けを喫した。 試合後、BCのメンバーと共に棚橋を袋叩きにしているところをのが救出に入った。 棚橋を擁護しつつ同じく救援に駆け付けたのからギターケースを受け取ったが、直後に棚橋に対してギターケースからギターを取り出すとギターにはBCのロゴがプリントされており、そのギターでギターショットを見舞いBCの面々と抱擁を交わした。 を脱ぐとBCのを観衆にアピールし、ダモールと共にBCに加入を果たした。 9月21日、ファレが中邑のリマッチに敗れ、インターコンチネンタル王座から陥落した。 10月13日、高橋が石井のリマッチに敗れ、NEVER無差別級王座から陥落した。 同日、AJも棚橋に敗れてIWGPヘビー級王座から陥落する。 11月8日、から新日本に移籍したが加入した。 2015年• 1月4日、にてオメガが田口からIWGPジュニア王座を奪取、一方でアンダーソン・ギャローズ組が・の「同級生タッグ」に敗北、1年間続いたIWGPヘビー級タッグ王座から陥落した。 1月5日、NEW YEAR DASH!! において新メンバーとして、が紹介され加入した。 2月11日、AJが棚橋からIWGP、アンダーソン、ギャローズが後藤、柴田からタッグ王座を奪還、ヤングバックスが3WAYマッチを制しJr. タッグ王座を戴冠。 オメガが田口のリマッチを退けてIWGPジュニア王座に初防衛する。 3月のNEW JAPAN CUPにアンダーソン、ギャローズ、ファレ、高橋が参戦しアンダーソンとギャローズが1回戦、ファレと高橋が2回戦で敗退した。 4月5日、INVASION ATTACK 2015にて、IWGPヘビー級王座でAJが、IWGPジュニア王座戦でオメガがをそれぞれ相手にし防衛に成功。 タッグから陥落した。 IWGPタッグ戦もアンダーソン、ギャローズ組がのマイケル・ベネット、マット・ターバン組と対戦するも、アンダーソンがROH組のセコンドにいたの色仕掛けに嵌った為に惨敗、同王座流出を許す。 10月23日、新日本が主催するRoad to POWER STRUGGLE所沢大会にてオメガに紹介されが加入した。 2016年• 1月4日、にてタマ・トンガの父でもあるがBULLETCLUBのシャツを着て第0試合に登場した。 ハクは試合後、「BULLETCLUBの一員として(新日本のリングに)戻れたことが非常に嬉しい」というコメントを残した。 1月5日、試合後AJがオメガを始めとするメンバー達から襲撃され、同ユニットを追放された。 同時に追放の主導者であるオメガが新リーダーとなった。 2月15日、アンダーソン&ギャローズが試合後インタビュールームで退団を示唆。 2月20日、アンダーソン&ギャローズが正式に新日本プロレスを退団した。 4月1日、後楽園ホール大会よりが加入。 その後突如として会場が暗転となり、再び点灯するとヤング・バックスの間を陣取る形でがリング上に登場した。 直後にヤング・バックスがリーサルとカバナにスーパーキックを放ちKOに追い込むとコールはマイクを手に取り、「俺がBULLET CLUBの新メンバーだ!」と宣言し加入した。 5月9日、がWAR OF THE WORLDS TOURのメインイベントに出場予定とされていたが、リングに姿を見せず試合が開始された。 試合終盤、レフェリーがダウンしてリング上が無法地帯と化する中ようやく登場し、当初組む予定だったからパイプイスを手渡されたが直後にブリスコに対して急所攻撃を見舞い、相手チームのBULLET CLUBの勝利をアシスト。 ROH軍を離反しBULLET CLUBに加入した。 8月14日、オメガがで初優勝及び外国人選手として初のG1制覇を果たす。 9月25日、DESTRUCTION in KOBEで入りを拒否されたがパートナーのを裏切って襲撃し、衝撃のBULLET CLUB入りを果たした。 9月26日、10月8日に開催予定のNEW JAPAN ROAD ~がんばろう!UONUMA 2016~にてBONE SOLDIERなるレスラーの登場が発表された。 12月10日、オメガが重大発表としてバレットクラブの新メンバーが改めコーディーであることを紹介してコーディーがビデオで登場した。 2017年• 1月4日、オメガがIWGP王者のオカダに挑戦するも敗退、ヤングバックス、G. Dも王座を失った。 次の2月シリーズはメンバー全員が欠場となった。 1月11日、負傷で長期離脱していたホールがWAW(World Association of Wrestling)に移籍し新日本プロレスを退団、BCから離脱した。 2月11日、ROH大会において、試合後にコールが襲撃。 が救出に駆け付けるもコールと結託しジ・アディクションを解散を表明。 裏切ったカザリアンが新メンバーとなった。 3月1日、SOLDIERが新日本プロレス公式サイトの選手一覧ページから削除され、事実上の離脱。 3月10日、で行われたROH15周年アニバーサリーショーにおいて、でもあるコールとダニエルズとのタイトルマッチにセコンドにカザリアンが入るも、試合終盤にカザリアンがBCのTシャツを破りダニエルズと再結託し勝利をアシスト。 裏切る形でBCから離脱した。 5月3日、レスリングどんたくにてG. DがIWGPタッグマッチ3WAYマッチに出場するも敗退、IWGPヘビー級王者オカダにファレが挑戦するも敗退。 5月12日、WAR OF THE WORLDSツアーのセミファイナルで行われたコールvs棚橋戦の終了後に突如として会場が暗転となり、オメガがスクリーン上で新メンバーとしての加入を発表と同時にコールを労うメッセージを送った。 再び点灯するとスカルが登場し傘を開くとBCのロゴが入っているのをアピール、ヤングバックスがスーパーキックを放つとスカルは傘で攻撃し、コールの追放を高らかに宣言した。 5月14日、スカルが保持するの防衛戦でと対戦するも、王座を失った。 5月17日、スカルがが主催するジュニアヘビー級選手によるリーグ戦、にAブロックで出場するも敗退した。 6月11日、ファレ、ペイジ、高橋組がNEVER無差別級6人タッグマッチガントレットマッチに出場するも敗退、ヤングバックスとG. Dが王座を奪取した。 オメガがオカダと対戦するも時間切れ引き分けに終わり、王座奪取に失敗した。 6月23日、スカルがROH世界TV王座に挑戦するも敗退、コーディーがダニエルズからを奪取した。 7月1日、G. Dがウォーマシーンに敗れ王座を失い、コーディーがオカダに挑戦するも敗戦。 7月2日、ヤングバックスが王座防衛に成功、オメガが初代になった。 8月12日、オメガがG1 CLIMAX27のBブロックを1位通過し、2年連続の優勝決定戦進出を決めた。 しかし翌13日に行われた優勝決定戦でと対戦して敗れ、オメガの連覇はならなかった。 また、同日行われたヤングバックスの王座防衛戦での田口・リコシェ組の「ファンキー・フューチャー」に敗れ防衛に失敗した。 9月6日、オメガが左ヒザの故障に伴いDESTRUCTIONの前哨戦シリーズを欠場し、オメガの代役としてトンガ・ロア兄弟の末弟であるの参戦が発表された。 9月10日、後楽園ホール大会の第5試合終了後、バックステージにてレオが兄のトンガによって正式にBULLET CLUBのメンバーとして迎え入れられた。 2018年• また、にて王者組であったファレ、トンガ、ロア組がCHAOSの石井、矢野、バレッタ組を相手に防衛に失敗。 スカルもと対戦して破れから陥落した。 オメガはの前に苦戦を強いられるものの、を死守した。 1月5日、Codyがをアメリカンナイトメアで仕留めると試合後に飯伏へパイプ椅子での攻撃をしようとするが、オメガが割って入った。 そしてを新メンバーに迎え入れようとするものの、ホワイトのブレードランナーを受けIWGPUSヘビー級王座戦が決定、NEVER無差別級6人タッグ選手権試合にてBULLET CLUBがCHAOSからベルトを奪還する。 1月27日、北海きたえーる大会1日目にてNEVER無差別級6人タッグマッチを賭けと対決。 最後はトンガがにドリームキャッチャーを決め勝利を収める。 1月28日、北海きたえーる大会2日目にてがROPPONGI 3Kのリマッチを受けるが、首固めで王座から陥落した。 メインイベントであったIWGPユナイテッド・ステーツ・ヘビー級王座にてオメガがホワイトを圧倒していたが、片翼の天使で決めようとしたところでホワイトのブレードランナーを食らい、王座から陥落した。 試合後、ペイジがホワイトからベルトを奪い挑戦表明すると、オメガがそれを奪い取りホワイトに手渡した。 だが、そこへCody、スカル、ヤングバックスが現れるも口論になり、最後はCodyがオメガを襲撃してクロスローズを決めた。 なお、オメガはBULLET CLUBを追放されておらず、2月16日から19日までの新日本オーストラリア遠征ではBULLET CLUBの一員としてタッグ戦に参加した。 2月23日、後楽園ホール大会にてオーエンズ&飯伏&オメガVSスカル&ペイジ&Codyのスペシャルタッグマッチが組まれることとなった。 また、2月24日こそ満を持してオメガ&飯伏のゴールデンラヴァーズVSスカル&Codyのカードも組まれた。 なお、23日の試合に関してスカルは「賛同できない」と反対する 一方でペイジはやる気を示した。 その時のCodyのコスチュームにはリーダーを表すものがあり最後はペイジがオーエンズをライト・オブ・パッセージで仕留めたがCodyとペイジはバックステージにて揉めてしまう。 これ以降、飯伏は正式メンバーではないもののBULLET CLUBのメンバーとタッグを組むこととなった。 2月24日、後楽園ホール大会2日目にてNEVER無差別級6人タッグ王者のトンガ、ファレ、ロアがライガー、デリリアス、チーズバーガーを相手に防衛戦を行い成功。 チーズバーガーを健闘するフリをしてトンガがガン・スタンを浴びせると、チーズバーガーはヤングライオンのによってお姫様抱っこをされ退場した。 CHAOS VS BULLET CLUBのカードが組まれ、IWGP USヘビー級王者であるホワイトをペイジが3カウントを取り改めて当王座への挑戦表明を行った。 このカードは3月25日ロングビーチ大会にて行われることが決まった。 2月26日、新日本プロレスによって行われるNJCこと『ニュージャパンカップ2018』では高橋とファレがエントリーされた。 だがこの時、オメガは首の怪我によりエントリーはされなかった。 また、飯伏がBULLET CLUBのメンバーと共にCHAOSを迎え撃つことも決まった。 5月4日、レスリングどんたくでのIWGPジュニアヘビー級選手権試合でが王座を防衛。 試合後、トンガがリングに現れプロレスリング・ノア退団から間もないのBULLET CLUB入りを宣言した。 石森は、に参戦し決勝に進出するものの、に破れ準優勝に終わった。 6月9日、大会でオメガがオカダのに史上初となる時間無制限三本勝負というルールで挑戦1時間を超える対決を制し、IWGPヘビー級王座を初獲得、第66代王者となった。 試合後のバックステージでオメガ、飯伏、ヤング・バックスによる新ユニット「ゴールデンELITE」の結成が宣言された。 7月8日 アメリカ時間では7月7日 、G1スペシャルであるサンフランシスコ大会にて今まで因縁を持っていたCodyとIWGPヘビー級王座を賭け対決。 最後は粘るCodyをオメガが片翼の天使で沈め初防衛を飾った。 試合後、トンガ、ロア、そして同大会に出場していた彼らの父親であるキング・ハクによりメンバーがオメガらを襲撃。 Codyはオメガの救出に動き、その後2人は完全和解した。 サンフランシスコ大会を受け、G1 CLIMAX 28からメンバーが「OG(Original gangsterの略。 別名「Firing Squad」、トンガサイド)」と「ELITE(オメガサイド)」に再分裂した。 G1にエントリーされたOGのトンガとファレは公式戦・前哨戦に関わらず仲間の試合に乱入し、ロアは2人のセコンドに付いて乱入のサポートを行う。 結成当時のヒール・ユニット色を復活させた形となった。 一方のELITEには上記の3人以外のBCメンバー(飯伏幸太を含む)が所属する。 G1 CLIMAX 28に、ELITEからオメガ、飯伏、ペイジが、OGからファレ、トンガが出場。 ファレ、トンガは毎試合ロアをセコンドに従え反則の限りを尽くした。 連日続くOGの反則に対し、新日本プロレスは「『G1 CLIMAX 28』Bブロック公式戦にBULLET CLUB OGの選手が介入した場合には、該当選手を「3ヶ月の試合出場停止」及び、「罰金処分」とさせて頂きます」 と異例のコメントを発表した。 8月11日、矢野対トンガ戦において花道からファレが登場したところでヤングライオンやレフェリー達が介入を食い止め、社長と会長が登場して退場を宣告。 OGはバンに詰め込まれ強制退場させられた。 この日のメインイベントでオメガと飯伏が6年ぶりに対戦し、飯伏が勝利した。 8月12日、トンガ、ロア、石森対マット、ニック、スカル戦のゴング前にロアが石森をOGメンバーとして紹介した。 予定を変更してのタイトルマッチとなった試合はスカルがトンガのガンスタンに沈み、タイトルがELITEからOGに移動する事態となった。 2018年10月8日、のメインイベントでオメガ、飯伏、Codyによる決定戦3WAYマッチが行われ、オメガが防衛を果たす。 セミファイナルでは棚橋VSホワイト戦の終了後にOGメンバーが乱入、9月23日の神戸大会でCHAOSを脱退したホワイトと外道、外道のタッグパートナーである邪道、そしてトンガが棚橋の救出に現れたオカダを返り討ちにした。 その後のバックステージで3人のBCOG加入が表明された。 同日、石森がTwitterでの新タッグパートナーとしてのOG加入を発表した。 10月16日の後楽園大会からOGは、「BULLET CLUB」を名乗るようになった。 同シリーズに参戦した高橋、オーエンズ、飯伏らELITEメンバーは変わらず「BULLET CLUB ELITE」とアナウンスされているため、この時点ではBULLET CLUBは無印の「BULLET CLUB」とオメガ率いる「BULLET CLUB ELITE」の2つに分裂中ということになる。 10月24日、コーディーはツイッターで「自分はもうバレットクラブの一員ではない。 」と発表した。 10月30日、ジェリコのpodcastにてマットがコーディー、オメガ、スカル、ニック、ペイジが公式的にであり、もはやバレットクラブの一員ではないことを発表した。 加えて、バレットクラブOGとEliteの戦いを終え、はバレットクラブを脱退した。 11月8日、新日本プロレスリングは、ペイジと高橋が次回のWORLD TAG LEAGUEにてThe Elite代表として出場することを発表した。 それと同時に高橋がバレットクラブを脱退し、に加入することとなった。 12月22日、トンガがBullet Clubの新しいリーダーにホワイトを選んだと発表した。 2019年• 1月4日に開催されたWrestle Kingdom 13で石森がKUSHIDAの所持するIWGP Jrヘビー級王座に挑戦、勝利して王者となった。 更にホワイトがシングルマッチでオカダを破った。 1月5日、後楽園大会にて石森、トンガ、ロア組がNEVER6人タッグ選手権に挑戦、試合終盤にオーエンズと高橋が乱入して加勢し勝利を収める。 なお、試合終了後にお互いを認め、オーエンズと高橋は再び「BULLET CLUB」へと戻った。 2月11日に開催された「New Beginning in Osaka」でホワイトが棚橋からIWGPヘビー級王座を奪い、第68代王者となった。 5月4日に開催された「レスリングどんたく」において、エル・ファンタズモが加入。 にて、イーグルスとファンタズモが不協和音を奏で、NJPW SOUTHERN SHOWDOWN in MELBOURNEで行われた6月29日のイーグルスvsオスプレイとのIWGPジュニアヘビー級選手権試合において、イーグルスが介入したファンタズモを殴り、翌日の試合後にイーグルスがジェイとファレに攻撃したため、これを機にイーグルスが脱退する。 メンバー [ ]• (結成 - )• (結成 - )• (2014年5月3日 - 2018年11月8日、2019年1月5日 - )• (2015年10月23日 - 2018年10月30日、2019年1月5日 - )• (2016年3月12日 - )• (2017年9月10日 - )• (2018年5月4日 - )• (2018年10月8日 - ) 4代目リーダー• (2018年10月8日 - )• (2018年10月8日 - )• (2019年5月4日 - )• (2019年8月12日 - ) 元メンバー [ ]• 初代リーダー 結成 - 2014年4月7日 新日本プロレス退団に伴い脱退 に移籍• デヴィット離脱後のリーダー格 2代目リーダー 2014年4月6日 - 2016年1月5日 追放 WWEに移籍• 結成 - 2016年2月20日 新日本プロレス退団に伴い脱退 WWEに移籍• 2013年11月23日 - 2016年2月20日 新日本プロレス退団に伴い脱退 WWEに移籍• 2015年1月5日 - 2017年1月11日 新日本プロレス退団に伴い離脱 WAWに移籍• 2016年9月25日 - 2017年3月1日 特にアナウンスが無いまま自然離脱• 2017年2月11日 - 2017年3月10日 と再合体し脱退• 2016年5月8日 - 2017年5月12日 追放 WWEに移籍• 2013年10月25日 - 2018年10月30日 (として独立・脱退)• 2013年10月25日 - 2018年10月30日 (The Eliteとして独立・脱退)• 3代目リーダー (2014年11月8日 - 2018年10月30日 (The Eliteとして独立・脱退)• 2016年5月9日 - 2018年10月30日 (The Eliteとして独立・脱退)• 2016年12月10日 - 2018年10月30日 (The Eliteとして独立・脱退)• (2017年5月12日 - 2018年10月30日 (The Eliteとして独立・脱退)• (2018年10月8日 - 2019年6月30日 脱退・CHAOSに加入 サポートメンバー [ ]• ジノ・ガンビーノ• CMLL(ラテンアメリカ) [ ]• ユニット一覧 [ ]• 戦績 [ ] オリジナルメンバーのみ表記する。 プリンス・デヴィット• 優勝 2013年• タマ・トンガ• SUPER Jr. カール・アンダーソン• ドク・ギャローズ• AJスタイルズ• 第60代,第62代• バッドラック・ファレ• 第9代• 高橋裕二郎• 第4代• ケニー・オメガ• IWGPヘビー級王座(第66代)• (第70代・第72代)• (第13代)• (初代)• G1 CLIMAX優勝 2016年 その他 [ ]• に参戦後のAJ・アンダーソン・ギャローズは、BULLET CLUBのアナザーユニット『The Club(ザ・クラブ)』を結成した。 2019年には再結成され、『The OC』に改名。 また、プリンス・デヴィッド、アンダーソン、ギャローズにて、プリンス・デヴィッドの現在のリングネームのフィン・ベイラーから主戦場としているRAWにてベイラークラブを結成している。 電ファミニコゲーマーによる原田勝弘氏と氏のインタビューにて、。 脚注 [ ]• デイリースポーツ. 2013年2月4日. 2013年5月9日閲覧。 スポーツナビ. 2013年3月4日. 2013年5月9日閲覧。 [ ]• Togetter. 2013年3月14日. 2013年10月15日閲覧。 史上初はであった。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2013年10月15日. 2017年9月13日閲覧。 デイリースポーツ. 2016年2月15日. 2016年2月25日閲覧。 東京スポーツ. 2016年2月20日. 2016年2月25日閲覧。 新日本プロレス公式サイト. 2017年9月13日閲覧。 f4wonline. com 2017年2月12日• FIGURE FOUR ONLINE. 2017年3月10日. 2017年5月14日閲覧。 新日本プロレス公式サイト. 2017年5月13日閲覧。 新日本プロレス公式サイト. 2017年5月16日閲覧。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2017年9月10日閲覧。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2017年8月25日閲覧。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2017年9月13日閲覧。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2017年9月13日閲覧。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2017年9月13日閲覧。 Twitter. 2018年2月9日閲覧。 Twitter. 2018年2月21日閲覧。 Twitter. 2018年2月21日閲覧。 CBS Sports 2018-06-09• 新日本プロレス公式サイト• 新日本プロレス. 2018年6月9日. 2018年6月10日閲覧。 www. njpw. 2018年8月14日閲覧。 www. njpw. 2018年8月14日閲覧。 日本語. Yahoo! ニュース. 2018年10月20日閲覧。 「」『Twitter』。 2018年10月20日閲覧。 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2014年4月7日. 2017年9月13日閲覧。 関連項目 [ ]• - アンダーソン、トンガ、ギャローズが偶然に取材を受け、その模様が2015年6月29日に放送された。 また、2016年2月にはファレが密着取材を受け、トレーニング風景や食事風景が放送された。

次の