ボルトロス 対策。 化身ボルトロス対策にオススメのポケモンと方法【ORAS】

ボルトロス対策を考える

ボルトロス 対策

レーティング環境で見るボルトロスはスタンダードなCSや耐久に振ったHB,HD、主に害悪パに入りやすい威張身代など種族値上準伝であることから耐久、火力ともに高水準であるので多彩な型があり対策は難しいと思います。 そんなボルトロスの対策を考察していきたいと思います。 つまりは地面タイプで受ける 2,上から叩けるポケモンで戦う 3,特殊方面の厚いポケモンで受け、後続に負担をかける 4,特性を利用した受け 5,相手のボルトロスが役割とするポケモンで逆に狩る この4つが主な対策方法だと思います そして一番重要なのは 如何に勝ち筋に繋げていくか です 結局のところボルトロスを受けるだけでは試合に勝てません。 相手のPTの並びで受けられないようにサイクルを有利に回すことが本当の対策だと思っています。 レート上位で成績を収めている人の大半である対面構築のPTの中の一匹としてボルトロスは組み込まれます。 相手を崩せなくては意味がなく汎用性を失っても他のPTに勝てなくなります。 これらを踏まえた上で考察していきます ・マンムー タイプ受け 特性受け 技構成例:地震 馬鹿力 氷の礫 毒々 @命の珠 ・ランターン 特性受け 耐久受け 技構成例:ボルトチェンジ 熱湯 毒々 眠る @カゴの実 アンチ電気タイプ。 草結びがなければ後出しが安定します。 ただ、草結びを持っていても威力はしれてるので、突破されるとすれば悪だくみからの 気合玉二連打くらいでしょうが、遭遇確立と命中率考えるとよっぽどのことがない限り 受けだせると考えていいでしょう。 自分のオススメは眠ると毒々両立した型で、ランターンに後出ししてくるポケモンを 後ろ受けることができれば基本サイクル勝ちできます。 ボルトスイクンクレセドランアローに強く、ボルチェンで回しつつ有利対面で毒を入れ タイミングを見計らって眠ることで有利に立ち回れます。 ・カバルドン タイプ受け 技構成例:地震 岩石封じ ステルスロック 怠ける @ゴツゴツメット Hが高いのでDに振ることで十分な耐久が得られ、ゲンガーにも多少強くでれます。 ステロを撒いてサイクルを回せば有利に立ち回れるでしょう。 物理方面も十分固いのでボル トロスだけでなく、ガルーラを削ったりガブやアローを受けることもできます。 怠けるという優秀な回復技もある点もいいですね。 壁構築がきつければ吠えるも有り。 ・ライコウ タイプ受け 上から叩く 技構成例:10万ボルト めざパ 氷 瞑想 身代わり @食べ残し 電気技半減で瞑想の起点にできます。 Sがボルトよりも早いので打ち負けることもないでし ょう。 眼鏡でサイクル後続に負担かけていくのもいいですね。 ただし相手のPTにナットレイ 若しくはマンムーがいる場合は逆に受けられてしまうので他のポケモンで対策することにな ります。 ・ジバコイル タイプ受け 技構成例:10万ボルト ボルトチェンジ ラスターカノン めざパ 炎 @拘り眼鏡 気合玉持ちでなければ後出しが安定し、相手のサイクルを簡単に崩せます。 ボルトだけでなくピクシーやクレセリア、ポリゴン2などの対処の面倒な敵を 一任できるので電気・鋼枠として採用しやすい。 ガルクレセドランやクチクレポリ2のPTと ボルトロスの対策に困っている人はPTに入れるだけで有利に立ち回れるようになる。 ・ニンフィア 耐久受け 技構成例:ハイパーボイス 瞑想 欠伸 眠る @カゴの実 瞑想の起点にできます。 H種族値が高いためBにある程度振れば三縦できることも。 受ける対策の枠として一考の余地あり。 H振りだけでCS珠ボルトの10万確定3。 フェアリーは一貫しやすいですがガルドやドラン、アローに受けられることが多いので、 スイクンとの並びで保管しやすい。 地面が一貫するので後続に飛行がいるとなお良い。 ・バクーダ タイプ受け 技構成例:大文字 大地の力 めざパ 氷 岩石封じ @バクーダナイト マイナーなポケモンですが気合玉や草結びで弱点を突かれることもなく、 力づく文字の火力は病みつきになるほどです。 自分が使った限り、 サンダー・ボルトロス・ヒトムなどの電気勢は起点です。 ちなみバクーダ軸を組む時はナットレイとクレセリアの並びがオススメ。 ・ヒートロトム タイプ受け 技構成例:オーバーヒート 10万ボルト ボルトチェンジ トリック @拘り眼鏡 電気・氷・草半減で格闘等倍、ギルガルド・ファイアローなどに強い。 眼鏡で高火力を押し付けるのが一般的。 通称魔界ロトムの型であれば逆に起点にしてしまう こともできます。 ただしむやみにオバヒを打つと逆に起点にされることもあるので扱いに注 意しなければいけない。 ・ヌメルゴン タイプ受け 耐久受け 技構成例:流星群 大文字 気合玉 10万ボルト @突撃チョッキ 第六世代からの600族ではあるが、メタグロスよりも見ない始末なこの子。 H振りチョッキでCS珠ボルトの10万乱数8とかいう頭おかしい耐久の持ち主。 特性が草食なので多少ガッサに強め 後出しだと普通に負ける時もある 技のデパートといえるくらい多彩なわざを覚えるため、PTの穴を埋める役にも。 ・モロバレル タイプ受け 耐久受け 特性受け 技構成例:イカサマ ヘドロ爆弾 ギガドレイン キノコの胞子 @綺麗な貝殻 メガバナとの差別化を挙げると、メガ枠を消費しない、再生力を生かしたサイクル戦、 命中安定の催眠技、持ち物を持てるこの4つですね。 持ち物として割と多いのは黒いヘドロですが、メガゲンガー 滅び持ち がつらい場合は 綺麗な抜け殻も視野に。 ちなみに瞑想スイクンには勝てません。 交換際に胞子を打てば相手に対して有利なポケモンを安定して後出しできます。 再生力は強い。 ・メガデンリュウ タイプ受け 耐久受け 技構成例:10万ボルト ボルトチェンジ 龍の波動 気合玉 @デンリュウナイト H振りだけでC149ボルトのメザ氷確定4発とかなり固い。 非メガなら氷が等倍になるなど、 メガシンカのタイミングも要求される。 対面で打ち負けることはまずありませんね。 ねむねご型にするのも一つの案。 ・霊獣ボルトロス 特性受け 技構成例:10万ボルト めざパ 氷 草結び 気合玉 @オボンの実 ランターンと同じく蓄電持ちで、電気技読みで後出しができる。 チョッキフルアタかオボン悪だくみが安定か。 化身と違い、電磁波分の技スぺがあるので広く相手を見ることができる。 ピンポイントではあるが、弱保高速移動もありか。 ・ポリゴン2 耐久受け 技構成例:冷凍ビーム イカサマ 電磁波 自己再生 @進化の奇蹟 言わずと知れた高耐久。 トレースであれば悪戯心を手に入れ、ボルトロス突破後に上から電 磁波を入れたり、毒であれば上から再生連打のような動きもできます。 最近ではトレースよ りも火力を重視したDL型が増加傾向にあり、型は多様化している。 悪巧み気合玉で突破され る可能性もあるので処理速度を速める意味でも推奨。 ・サザンドラ タイプ受け 技構成例:流星群 悪の波動 大文字 気合玉 @拘り眼鏡 シーズン13で多く見られたガルクレセサザンの並びの一匹。 一貫のできやすい電気、水、 霊、悪をすべて半減で受けることができるうえ、ラティオスと違って火力に補正をかけるこ とから後出しをさせにくくする。 ヘラクレセドランがつらい場合は気合玉を大地の力にし、 眼鏡を珠にすることで対面で3匹に有利が取れる。 ただしHはいうほど高く無いので交換読 みをうまく決めてできるだけ疲弊させない立ち回りが必要。 ・バシャーモ 逆に狩る) 技構成例:馬鹿力 フレアドライブ 剣の舞 守る @ラムの実 僕がいつも愛用しているラムバシャーモ。 相手のボルトロスは電磁波を入れようと後出ししてくる場面が多くあるため、交換際に使える剣の舞からフレアドライブで対処できる。 ボルトロスだけではなくクレッフィに対面から安定処理できたり、ナットレイやサンダー、ヒートロトムまで起点にできるため汎用性も高い。 剣の舞を積めば鉢巻逆鱗よりも指数はだいぶ上なので大抵のポケモンは倒すことができる。 ・ギャラドス 逆に狩る 技構成例:滝登り 氷の牙 ストーンエッジ 竜の舞 @ラムの実 傍からみれば対策には見えないが、サイクルを回すうえで一回舞った後にストーンエッジを打てば図太いぶっぱが31. ラムの実はボルトロス対策だけではなく鬼火アローや熱湯の火傷に対しても使うことができるためとても役立つだろう。 威嚇もあるので積極的にサイクルに組み込んでいきたい。 以上が自分のなかで対策できそうなポケモンです。 突破すること自体は他のポケモンでも十分にできます。 自分があげた以外にも対策方法はいくらでもあるので、それぞれのPTにあった対策方法を組み込めればレートで成績を残す要因にもなります。 ツイッター pokeiku77.

次の

ボルトロス対策:ローグのブロマガ

ボルトロス 対策

ボルトロスの弱点• こおり(ふぶき、れいとうビーム等)• いわ(ストーンエッジ、いわなだれ等) 対策おすすめポケモン ボルトロスは「ひこう」「でんき」タイプとなっています。 ボルトロスは2つの弱点がありますが、「ひこう」「でんき」の複合タイプのため、それぞれの弱点が相殺されている点に注意しましょう。 ボルトロスは4タイプのわざを使いますが、「かわらわり」がこおり・いわタイプポケモンの弱点になっているので注意が必要です。 ボルトロス攻略におすすめのポケモンは高火力の「いわタイプ」です。 おすすめポケモンとおすすめわざの構成をまとめてみました。 ドサイドン(うちおとす・がんせきほう)• ラムパルド(うちおとす・いわなだれ)• マンムー(こなゆき・ゆきなだれ)• ミュウツー(サイコカッター・れいとうビーム) ボルトロスとの戦い方 天気が強風・雨の時はボルトロスが強い! ボルトロスは天候ブースト時(強風・雨の時)には、ブーストがかかり強力になってしまいます。 通常時に比べ、天候ブースト時には少人数で倒すのが困難になってしまいます。 ボルトロスを倒すのに必要な最低人数目安 個人的にも一番気になるのが攻略に必要な最低人数は何人なのかです。 ただし、これは参加者のポケモンの強さによって激しく変化すると思います。 超精鋭揃い(TL40)の場合:2人以上• 精鋭揃い(TL30後半)の場合:4人以上• 平均TL30程度の場合:8人以上• 平均TL20程度の場合:20人• 新人トレーナーの場合:攻略不可 参加人数は多ければ多いほど良いのです! 最大参加可能な20人で挑めれば一番良いですね! ボールを投げるタイミングやコツをあらかじめ知って、ゲットチャレンジに望みましょう。

次の

【ポケモンGO】ボルトロス(霊獣)の種族値と覚える技

ボルトロス 対策

それよりそろそろ花粉がやってきそうだから、マスクがないと鼻水の滝をお見せすることになっちゃうよ!! 恥ずかP! それはさておき、本日2020年3月3日(火曜日)から伝説レイドに『 ボルトロス』が登場する。 新型コロナウィルスの影響で開催が危ぶまれていたものの、とりあえずボルトロスの伝説レイドに関しては日本でも開催が決まったようだ。 さあ、準備をして期間中に1匹は捕まえておこう。 ・3月イベントの内容は発表済み 実は先月末、ポケモンGO 3月のイベント内容が発表された。 ダークライ、ギラティナアナザー、コバルオンのレイドウィークエンド、エスパーウィーク、ふしぎなボーナスウィーク……などのイベントが世界的には開催されるが、 日本・韓国・イタリアの3カ国は「開催は検討中」となっていたのだ。 それもこれも新型コロナウィルスの影響によるものなので、致し方ないと言えば致し方ないことなのだが、他のイベントはともかくとして「ボルトロスの伝説レイド」だけは、とりあえずの開催が決まったらしい。 中の人たち、本当にご苦労様です。 ・ボルトロスの弱点 さて、ボルトロスはイッシュ地方の伝説のポケモンで、順番的に先日まで登場していた図鑑No. 641「トルネロス」の次に数えられる。 あくまで個人的な予想だが、ボルトロスの次は「 ランドロス」が伝説レイドに登場するのだろうか。 とはいえ、特にいわタイプには強力なポケモンも多いため、そこまでパーティの編成には苦労しないハズだ。 以下のポケモンたちが活躍するぞ。 GOバトルリーグでも猛威を振るっている「 がんせきほう」は、レイドバトルでも強烈な威力を誇っている。 耐久力も高いから、ぜひ1番手で起用したい。 また、テラキオン・バンギラス・ラムパルド・マンムーあたりはレイド用ポケモンのレギュラーメンバーなので、すでに育成済みのトレーナーも多いハズ。 ボルトロス自体もメチャメチャ強いワケではないので、 それなりの人数でも攻略可能なハズだ。 というわけで、まずは開催が決まったボルトロスの伝説レイド。 今後のイベントについては追って紹介するが、どんな決断になるにせよ「決行派」も「自粛派」も優しい気持ちで見守るように心がけよう。 帰ったらすぐに手を洗うように! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!! 参考リンク: 執筆: Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. ScreenShot:ポケモンGO (iOS).

次の