桐生 市 コロナ。 コロナのピンチをチャンスにプロジェクト made in 桐生のマスク | 桐生商工会議所

県内の最新感染動向

桐生 市 コロナ

相川俊英 [ジャーナリスト] 1956年群馬県生まれ。 放送記者を経て、1992年にフリージャーナリストに。 地方自治体の取材で全国を歩き回る。 97年から『週刊ダイヤモンド』記者となり、99年からテレビの報道番組『サンデープロジェクト』の特集担当レポーター。 主な著書に『長野オリンピック騒動記』など。 だが、肝心の地方自治の最前線は、ボイコット市長や勘違い知事の暴走、貴族化する議員など、お寒いエピソードのオンパレードだ。 これでは地方発日本再生も夢のまた夢。 ベテラン・ジャーナリストが警鐘を鳴らす! 赤字の桐生競艇の存続が課題となり、協議中の市町村合併に影響を及ぼした 桐生市は織物の街として栄え、「西の西陣、東の桐生」と称された歴史と文化を持つ日本でも指折りの老舗都市である。 しかし、地場産業の衰退とともに人口流出が続いていた 1975年の約14万8000人をピークに減り続け、2村を編入合併した2005年の人口は約12万8000人。 今年5月末現在の人口は12万を割り込み、近隣都市(太田市や伊勢崎市)に大きく水をあけられている。 人口の流出先は主に連坦するみどり市域であった。 桐生市の人口減は市財政にも影響を及ぼしていた。 周辺自治体と比べ、住民1人当たりの市債残高の多さが目立つようになっていた。 桐生市は1市2町3村の広域圏での合併構想(その前には太田市などとの広域合併も模索したものの断念)を打ち出したが、うまくいかなかった。 そこには、この地域固有のある問題が絡んでいた。 桐生市は1956年から公営ギャンブルの1つ、桐生競艇を開催してきた。 競艇場は隣接する笠懸町の阿左美沼に設置され、翌1957年からは笠懸町と大間々町、薮塚本町も競艇事業に参画した。 3町で一部事務組合(阿左美水園競艇組合)を設立し、競艇を開催するようになったのである。 桐生競艇のあがりが主催自治体の財政を潤す時代が長らく続いた。

次の

県内感染者106人に 新たに10人確認 新たに桐生とみどり判明|社会・話題|上毛新聞ニュース

桐生 市 コロナ

ページ番号1017154 更新日 令和2年6月11日 新型コロナウイルス感染症が拡大し、医療機関の受診が困難になりつつあることを踏まえ、厚生労働省は 時限的・特例的な対応として 医師が可能であると判断した範囲において初診から電話やオンラインによる診療を認めています。 新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、ご活用ください。 まずは確認 普段からかかっているかかりつけ医等に、電話やオンラインによる診療を行っているかご確認ください。 かかりつけ医等をお持ちでない方は、群馬県ホームページに掲載されている一覧から電話・オンラインによる診療を行っている最寄りの医療機関を確認してください。 留意点• 医師の判断によっては、すぐに医療機関を受診する必要があるため、できるだけ最寄りの医療機関を選択することをお勧めします• 電話やオンラインによる診療では、診断や処方が困難な場合があります• 医療機関に来訪して受診するよう推奨された場合は、必ず指定の医療機関に直接かかるようにしてください• 新型コロナウイルス感染症が疑われる場合は、県新型コロナウイルス感染症コールセンターに連絡し、指示に従ってください• 電話やオンラインによる服薬指導をしている薬局もあります 県新型コロナウイルス感染症コールセンター 電話:0570-082-820 問い合わせ先 群馬県庁医務課 電話:027-226-2535.

次の

コロナのピンチをチャンスにプロジェクト made in 桐生のマスク | 桐生商工会議所

桐生 市 コロナ

ページ番号1016997 更新日 令和2年5月15日 新型コロナウイルス感染症の拡大による国の緊急事態宣言に基づき、群馬県では、幅広い事業者に対して休業を含めた拡大抑制に向けた協力を要請しています。 本市では、様々な形で感染症の拡大防止の対策に協力をいただいている事業者を応援するため、協力金を支給します。 対象事業者 次の要件を全て満たす事業者とします。 市内に主たる事業所を有する法人または個人事業主• 令和2年4月7日以前から市内で事業を営み、引き続き継続する意欲のある事業者• 個人事業主にあっては、令和2年1月1日時点で本市に住所を有し、引き続き居住していること• 常用する従業員が5人以下(専従者を含む)であること• 国の緊急事態宣言を受け、感染症の拡大防止に具体的な協力をいただいていること• 群馬県の感染症対策事業継続支援金の交付対象事業者でないこと• 市税等に滞納がないこと(納税猶予の許可を受けている場合は滞納に該当しません)• 暴力団、暴力団員および暴力団関係者が、経営に関与していないこと• 支給額 1事業者あたり5万円(1回限り) 申請期間 令和2年5月18日(月曜日)から7月31日(金曜日)まで(7月31日消印有効) 申請方法 必要書類を「桐生市感染拡大防止協力金対策室」に郵送で提出をお願いします。 あて先:〒376-8501 桐生市織姫町1番1号「桐生市商工振興課感染拡大防止協力金対策室」 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、接触機会を低減し、感染拡大防止に徹底的に取り組む本事業の趣旨をご理解いただき、また対象事業者の皆様に速やかに協力金を支給するため、 対面での受付・説明は行いません。 ご不明な点はお電話(番号: 0277-22-7500)で対応させていただきます。 必要書類• 添付書類(下記の1から3のうち、該当するものをご提出ください。 法人の場合• 直近の決算書における「法人事業概況説明書」の1ページ目の写し• 振込先通帳を開いた1ページ目と2ページ目の写し(銀行、支店、口座番号、名義が分かる部分)• 個人(青色申告者)の場合• 令和元年分「確定申告書第一表」の控えの写し• 令和元年分「所得税青色申告決算書」の1ページ目と2ページ目の写し• 振込先通帳を開いた1ページ目と2ページ目の写し(銀行、支店、口座番号、名義が分かる部分)• 個人(白色申告者)の場合• 令和元年分「確定申告書第一表」の控えの写し (市県民税申告を行っている方は市県民税申告書の控えの写し)• 令和元年分「所得税申告収支内訳書」の1ページ目の写し• 申請書で業種のコードを記入する際は、下記の業種一覧表をご参照ください。 支給の決定• 申請書を受理後、内容を審査し、適正と認められる場合に協力金を支給します。 申請書等の受理から、2〜3週間程度で指定の口座に振り込みます。 (申請書等に不備がある場合は、別途期間を要します。 協力金を支給する旨の決定をしたときは、後日、支給に関する通知を発送します。 なお、協力金を支給しない旨の決定をしたときは、後日、不支給に関する通知を発送します。 問い合わせ先 ご不明な点は下記までお問い合わせください。

次の