コールスロー の 作り方。 【みんなが作ってる】 ケンタッキー コールスローのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

サラダやおかずにもなるコールスローのレシピ・作り方まとめ

コールスロー の 作り方

人気のケンタッキーのコールスローの再現レシピです。 調味料は塩、砂糖、酢、マヨネーズだけで作れます。 時間が経つほど味がなじんで美味しくなるので常備菜にぴったりです。 作り置きできるので、キャベツの大量消費にもおすすめです。 調理時間:30分 冷蔵保存:3日 人数:3~4人分• 塩 小さじ1(6g)• 砂糖 大さじ2(18g)• マヨネーズ 大さじ3(39g)• 酢 大さじ3(45g)• キャベツは水で洗い、みじん切りにする。 玉ねぎは皮をむき、半分に切りみじん切りにする。 にんじんは皮をむき、みじん切りにする。 野菜はすべて清潔なポリ袋に入れ、塩小さじ1を入れ、袋の上から手でもみ、全体に塩をなじませる。 袋の口をねじり、冷蔵庫に入れ20分ほど置く。 20分後、冷蔵庫から出し再びポリ袋の上から手でよくもみ、出てきた水分を流し捨てる。 (水分が出にくいときは水分が出るまで袋の上からよく手でもんでください。 しばらく揉むと必ず水分が出ます。 ボウルに砂糖大さじ2、マヨネーズ大さじ3、酢大さじ3を入れかきまぜ、水切りした野菜をすべて入れかきまぜ、できあがり。 冷蔵庫に入れ1時間ほど冷やすと、味がなじんでより一層美味しくなります。 みじん切りにした玉ねぎを入れることでケンタッキーの味に近づきます。 作った当日よりも翌日のほうが味がなじんでより一層美味しくなります。 マスタードは使わないので2歳の子も食べられます。 時間が経つと調味料が下に沈むので、清潔な箸で下から上にかきだすようにしてかき混ぜ、お召し上がりください。

次の

人気のケンタッキーのコールスローの再現レシピ。玉ねぎで簡単常備菜の作り方。

コールスロー の 作り方

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

人気のケンタッキーのコールスローの再現レシピ。玉ねぎで簡単常備菜の作り方。

コールスロー の 作り方

コールスロについて コールスローの歴史は、古代ローマまでさかのぼります。 当時はおそらくマヨネーズを使わないキャベツのサラダでした。 コールスローの名前の由来は、英語のコールスローは、オランダ語でキャベツサラダを意味するkoolsaladeを短縮したコールスラ koolsla から生まれました。 アメリカ合衆国とイギリスではこれを誤ってcoldslaw 冷たいスロー と呼び、冷たいサラダに対して、ホットスローという温サラダが作られることもあったと言われています。 興味深いですね。 英語coleには本来ラテン語から派生したキャベツの意味があり、後に,coleの意味が復活して英語でもcoleslawと呼ばれるようになりました。 ですから、もともとコールスローはキャベツが主役のサラダと言えます。 今ではいろいろな野菜を使い、ドレッシングのバリエーションも多いので、野菜を美味しくたっぷり取り入れられるので、とてもヘルシーですね。 コールスローの調理法について コールスローの基本レシピをマスターして、毎日の食卓を野菜たっぷりでヘルシーに! 火を使わず簡単に作れますよ。 ・塩胡椒。 これだけでOK! まずは、キャベツは芯を除いて、千切りにします。 人参もキャベツに大きさを合わせて、千切りにします。 野菜を切ったらボウルに移し、塩をまぶしてしんなりさせ、水分を絞っておきます。 そうするとこで水っぽくなるのを防げます。 ボウルにドレッシングの材料を入れてしっかりと混ぜ合わせます。 水気を切ったキャベツ・人参・コーンをドレッシングと和え、塩・胡椒で味を調えたら出来上がり。 野菜から水が出やすので、食べる直前にドレッシングと合えることが美味しく仕上げるポイントです。 時短で、節約!ツナ缶で作る、コールスローです。 所要時間はたったの5分の超簡単レシピです。 キャベツは5mm幅くらいの千切りにし、人参はスライサーを使って細切りにします。 ボウルに切った野菜を入れ、ツナ缶を丸ごと入れましょう。 酢・塩胡椒で味付けし、皿に盛り付けたら出来上がり。 ツナ缶は一缶を全部使うので、缶詰に含まれている塩分の味をみて塩加減を調整してくださいね。 ポテトサラダは、ジャガイモをつぶして、ほかの具と一緒にサラダにしたもの。 ふつうはマヨネーズを使って味付けしますが、マヨネーズを使わないレシピや、隠し味を入れたり、など様々なバリエーションがあり奥深いサラダです。 子供にも大人にも人気あるこのサラダ。 お酒のおつまみとしても、こだわりの逸品として用意しているお店もありますねよね。 この記事では、ポテトサラダの基礎知識に加え、基本のポテトサラダ、ポテトサラダのアレンジ、レンジで作るポテトサラダ、残ったポテトサラダで作るリメイクにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の