クワ が ノン。 【ポケカ】クワガノンV(グッズロック)優勝デッキレシピ

クワガノン育成論 : 8世代対応!汎用型クワガノン|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

クワ が ノン

【ポケモン剣盾】クワガノンの育成論と対策【害悪破壊の超火力ポケモン】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はクワガノンの育成論と対策を考えていきたいと思います。 クワガノンの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【クワガノンの特徴1】最強特攻種族値145 クワガノンの一番の特徴は、最強特殊火力御三家ともいうべきシャンデラ・サニゴーン・クワガノンの一角となる特攻種族値145でしょう。 他の2体はゴーストタイプですが、クワガノンだけ電気・虫タイプです。 今作はダイジェット使いが多い=エースが電気弱点である可能性が高いので、高火力電気技がタイプ一致でうてるのは強力だといえるでしょう。 虫タイプですが電気複合なので、実はダイジェットを等倍で受けられます。 【クワガノンの特徴2】鈍足中耐久 クワガノンがマイナーポケモンになっているのは素早さ種族値43というかなりの鈍足ポケモンだというのが原因の1つでしょう。 4倍弱点は持たないものの耐久は決して高いわけではなく、鈍足なので2発目の攻撃を耐えられるかというと非常に難しいと言わざるを得ません。 ではどのようにこのポケモンをランクバトルで使うかというと• 鈍足高火力を活かしてトリックルームエースとして使う• 威力120・命中50・確定麻痺の「でんじほう」+空振り保険をあわせて使う• ダイマックスして耐久を上げて使う• etc… といった方法が考えられます。 自分も剣盾S1で結構クワガノンを使っていたんですが、とつげきチョッキを持たせてダイマックスしてました。 【クワガノンの特徴3】特性:ふゆう 地面技が無効にできる特性ですが、虫複合なので地面は弱点ではなく微妙です。 むしろダイサンダーによる火力UPや欠伸防止の恩恵を受けられないので、クワガノンの特徴からするとアンチシナジー感が否めません。 (黒い鉄球を持たせてふゆうを無効化し、フィールド効果を受けられるようにする方法も一応あります。 ) とはいえ交代際に地面技を流せることは、当然使い方によっては強い場面もあります。 クワガノンの育成論と戦い方 空振り保険を生かしたトリッキーな型や、黒い鉄球をもたせた意表をついた型、命の珠をもたせた火力お化け、とつげきチョッキや回復きのみをもたせたバランス型などがいます。 【クワガノンの育成論】特殊アタッカー&受けに強いチョッキクワガノン• 特性:ふゆう• 個体値:A抜け5V• もちもの:とつげきチョッキ・回復きのみ• わざ:ほうでん・むしのさざめき・エナジーボール・ハサミギロチン 特徴・戦い方 トゲキッスやサザンドラ、ドヒドイデ、ヌオー、トリトドンなど特殊かつ弱点をつけるポケモンに強いクワガノンです。 チョッキをもたせて耐久に振っているので命の珠トゲキッスには対面から勝ちます。 (ダイジェット確定3発に対してダイサンダー確定2発) スカーフサザンドラもだいもんじ確定2に対してむしのさざめき確定1発なので勝ちます。 ドサイドンは相手がダイマックスしてもチョッキドサイドンでないかぎりエナジーボールで31. ダイマックスさせて使うと意外にもクワガノンは硬く、火力がかなり高いポケモンだという印象になるでしょう。 また、素早さをカバルドン抜き抜きまで調整しているのでカバルドン初手に合わせるのもありです。 エナジーボールを上から1発入れた後、普通はあくびが飛んでくるので交代、ステロをまかれますが後続のポケモンで十分倒せる圏内に入れられます。 また、チョッキカビゴンなど非常に苦手対面でもハサミギロチンで無理やり勝ち筋を切り開けるようになっています。 カバルドンは鈍足の調整先になりやすいので抜き抜きまで振っています。 S1で活躍したうちのクワガノンは結構麻痺らせて勝たせてくれました。 他の候補としては後攻「ボルトチェンジ」 S操作かつ地面弱点の不意をつける「マッドショット」 フェアリーや氷打点になる「ラスターカノン」 もちものを回復きのみにするならS操作の「ねばねばネット」や「でんじは」、電気の通りがいい相手にとても強くなれる「じゅうでん」 なども面白いでしょう。 チョッキクワガノンを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 クワガノンの対策 受けよりも攻めよりの選出をする。 マイナーポケモンなのでこれといって対策をしておく必要はありませんが、間違っても引き先がない状態でのこれらのタイプが4倍弱点のポケモンの選出はしないようにしましょう。 ドヒドヌオーなど、一応相性補完がいい組み合わせで選出するならありですが、交換時の択に負けると高火力によりほぼ一撃で葬られてしまいます。 (一撃必殺を撃たれる可能性も十分にあります) ドヒドイデ、ヌオー、ナマコブシ、トリトドン、ドサイドン、ガマゲロゲ、アーマーガア、オニゴーリ、オクタンといったポケモンの弱点をつける上に、一撃必殺ももつことから、比較的害悪・受けよりの編成に強いポケモンです。 受けループよりも対面構築などの攻めよりの選出をするほうがいいでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】クワガノンの育成論と対策【害悪破壊の超火力ポケモン】 いかがでしたでしょうか。 最高火力御三家であるシャンデラ・サニゴーン・クワガノンのうちの1体クワガノン。 マイナーですが意外と刺さる場面も多いので使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

クワガノン育成論 : なんだこのクワガタ!? 超変態サポートクワガノン |ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

クワ が ノン

この育成論ではHABCDSなどの略称を用います。 個体値は全て理想個体を前提としています。 ダメージ計算はVS剣盾SWSHを使用しています。 初投稿の為至らないところは多いと思いますが、よろしくお願いします。 間違いや質問等御座いましたらコメントにてご指摘頂けると幸いです。 はじめに この育成論は、決して汎用性の高いものではありません。 現環境で多方面を見られるほどのスペックはないため、役割を限定することで環境で生き残ることを目指しました。 初投稿がそんなのでいいのか もし特定のポケモンに困ったとき、少しでも思い出していただけると幸いです。 ガラルではと並ぶ最高値のCとそこそこな耐久を持つが、図鑑説明からは考えられないほどの鈍足 S43。 この耐性と低いSを逆に利用し、チョッキを着せて対面性能を上げつつ後攻ボルトチェンジでサイクルを操作していくのが一般的な型として有名。 今作に於けるクワガノンの立ち位置 今世代でのクワガノンに対する影響として• めざめるパワーの廃止• 天敵ポケモンのリストラ が挙げられます。 めざめるパワーが廃止されたことにより、クワガノンをはじめ特殊アタッカーの技範囲は非常に狭まることになりました。 ただしめざパ炎が使えなくなったことでナットレイに役割が持てなくなったことは辛い一面であるかもしれません。 育成論のコンセプト 今回投稿する育成論のコンセプトは、 「見せ合いでの受けポケモンの抑制」 そして とあるポケモンを返り討ちにすること です。 前記の通り、役割対象となるポケモンはかなり狭くなっていることをご了承下さい。 本育成論での役割対象は、 そして、 ドリュウズ です。 一般的に対面はクワガノン不利とされています。 相手のパーティーにドリュウズがいるならクワガノンは選出しないし、逆にクワガノンが見えたらドリュウズを出しておけば安心です。 …本来ならね? 今回はそういった心理も突いていく型となります。 特性 ふゆうしかありません。 性格 ひかえめとします。 持ち物 じゃくてんほけんです。 今回のコンセプトの核を担います。 詳しくは後述。 努力値調整 H156 B4 C140 D4 S204 Sにかなりの努力値を割いているのは、S4振りアーマーガアを1抜くためです。 これをしておくと耐久型アーマーガアに対して上から攻撃することができます。 Sに振ってある場合でもクワガノンに対する打点も特にない上こちらの技を受け切ることは不可能なため一定以上の役割を持つことが出ます。 唯一怖いアーマーガアの型は最近ちょこちょこ見るHDタラプ型で、この型にはねやすめから入られた場合受け切られてしまいます。 Cの調整理由は後述、他は耐久へ。 技構成 確定は3枠、1枠は選択枠となります。 10まんボルト 命中安定、タイプ一致、高火力と非の打ち所がないメインウェポンです。 詳しいダメージについては後述しますが、受けポケモンに対してもっとダメージを出したい場合はかみなりとの選択になるかもしれません。 エナジーボール に対する遂行技です。 案外10まんボルトよりも使う機会が多いかも…? マッドショット へのびっくり芸を担います。 通常の型であれば選択枠ですが、今回の育成論では必須です。 ここからは選択枠となります。 エアスラッシュ ダイマックス前提の型であり、ダイジェットで弱点であるSを多少なりとも補うことができます。 さざめきを切っているのでくさタイプへの遂行としてなくはないですが、現環境においてくさタイプの採用率は低いので、使用する場面は少ないかもしれません。 ハサミギロチン 今回の育成論では見ることができない受けポケモンなどを無理やり見るための選択技。 もしパーティーのなかでこの二体の対策ができていないのであれば採用の余地あり。 むしのさざめき タイプ一致、身代わり貫通の高火力技であるにも関わらず、選択枠です。 理由としては、霊妖環境である現在で刺さる場面が少ないことと、今回の役割対象に対して使う場面が見当たらないことが挙げられます。 ダメージ計算と、ドリュウズの解説 さて、ここで今回のキモである、ドリュウズ返り討ち大作戦について解説していきたいと思います。 現環境でメジャーなドリュウズの型と言えば 1:ミミッキュ意識陽気かたやぶスカーフ型 2:ダイマの耐久で無理やり弱点を受ける弱保すなかき型 3:ステルスロック撒きなどの起点役も同時に担えるタスキ型 4:耐久を強くして対面性能を更に上げたチョッキ型 この4つです。 しかしこの中でチョッキ型だけは初手から出てくることはほとんどないため、初手で出てくる型は1〜3の型だと思われます。 ここでは初手で出てくる可能性の高いこの3つのドリュウズを刈り取るプランを紹介します。 クワガノンを初手に選出する• ドリュウズと対面したら、ダイマックス• ダイアース、ドリュウズは爆発四散 雑に言うとこんな感じですが、全く利点がわからないと思いますので、詳しく解説していきたいと思います。 それではドリュウズ初手選出した側の思考について分析していきます。 まず、間違いなく有利対面。 そして、クワガノンからのドリュウズに対する打点はなく、クワガノンは交代安定の場面。 なのでここでの選択はノーリスクでかつ引っ込むクワガノンに対して圧力をかけられるステルスロックか、裏に圧力をかけ尚且つS操作のできるがんせきふうじ。 搭載しているいわ技がいわなだれだった場合選択する技は地震かもしれませんが、ダイマックスしないのであれば結果は変わりません。 与ダメージと被ダメージ マッドショットベースダイアース H4ドリュウズ 105. ドリュウズが「タスキを持っており」、「初手でダイマックスを切ってくる」ことがなければドリュウズに対面で勝つことができます。 弱点保険の発動すら許しません。 タスキで耐えて交代してくることもあるかもしれませんが、ドリュウズには先制技がないため、一度引っ込んだら仕事をすることが難しくなることは確実です。 有利選出だと思ったドリュウズが完全に無力化されたとあれば、裏の負担が増すことは確実。 ダイマックスを早くから使用することに関してリスクは高いですが、それに見合った仕事はしていると思っています。 ここまでは自慢のびっくり芸の解説でした。 それでは、他の役割対象に対する与ダメージについて。 10まんボルト HD252しんちょうアーマーガア 67. かみなり 81. はねやすめ後はひこうタイプが消えるので一概にこのように進むとは限りませんが、タラプアーマーガアを重く見たい場合は一考の余地あり。 ダイサンダーだった場合はHD252でも受け切ることは不可能です。 H252D4ドヒドイデ 87. エナジーボール H252ヌオー 158. HD252おだやかトリトドン 86. しかしこのポケモンに関しては一撃で落ちるか落ちないかよりタスキミラーコートの心配の方が大きいため、2ターン使って確実に倒しに行った方がいいと思います。 H252D4カバルドン 67. 素直なHBカバルドンならばいいのですが、パーティー構成での判断すら難しいです。 ダイソウゲンで薙ぎ払いたいのであればダイマックス前提になりますがソーラービームの採用もありです。 終わりに ダメージ計算も終わったところで、本論の締めに移りたいと思います。 何度も申し上げております通り、役割を絞っている関係上、どこへ出しても活躍できる、という育成論ではありません。 無理なポケモンには本当に無理です。 バンギラス然り、攻撃性能の高いほのおタイプ然り。 ただ物理ポケモンに人気のサブウェポンであるいわを利用して、他のポケモンに対しても強く出れる可能性のある型だと思っています。 もし上記のポケモンに困っている、もしくはクワガノンでドリュウズを見返したい。 そんなときにこのクワガノンを思い出していただけると嬉しいです。 拙文でございましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。 しかし、以下のような場面においてのドリュウズの対処が不足していると感じたため、そこの補完方法も記載して貰えるとより良い欄になると思います。 型破りでDMされる事は多くありませんが、型破りDMドリュがダイアースから入ってきた場合DUPと弱保未発動で倒せません。 6〜42. 2〜40. 初手では多くはないとはいえドリュがチョッキの場合弱保発動ダイアースでさえ70. 8〜83. 内容と本来呼ぶ相手をカモにして試合を上手く運ぶというコンセプトは良いですが、その確実性とリターンが信用できるものには思えません。 ドリュの使用率が高いので少しでも対面性能を上げPT全体での耐性をつけたいお気持ちは分かりますが役割対象というにはあまりにも不安定過ぎます。 また弱保がドリュ以外にも効きそうな相手を挙げると更に良い論になるかと。 ですがこれは控えめではなく臆病のほうがいいと思います。 そして、特攻の少し削って耐久に回したほうがいいと思います。 弱保で火力はどうにかなりますし。 また、ドリュ以外の役割対象は弱点をあまりつけないように思われるので、弱保頼りで火力を減らすのはあまり望ましく無いと思います。

次の

クワガノン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

クワ が ノン

クワガノンVデッキの特徴 グッズロック性能 「パラライズボルト」が威力が50ダメージと若干少なく感じますが相手は手札からグッズを出して使えないという追加効果が強力となります。 現環境のポケモンカードのデッキではグッズが約デッキの半数を締めている状況でグッズロックされていると何もできない状況が続いてしまいます。 また、合わせて相手のエネルギーがついてないポケモンを《ボスの指令》等でバトル場に呼び込むと《ポケモンいれかえ》、《回収ネット》等は使えないため相手のポケモンを何もできない状況に持ち込むことが容易に可能となります。 ワザの威力が高いちょうでんじほう 1番の特徴は、「パラライズボルト」ですが下ワザの「ちょうでんじほう」もエネルギーをトラッシュするデメリットはあるものの3エネルギーで190ダメージを出すことができます。 また、雷タイプのデッキですので《エレキパワー》を使用することができるため簡単+30バフできる点もかなり強いです。 ちょうでんじほう(190ダメージ)のバフの目安 ・1エレキパワー=220ダメージ(ザシアンV) ・2エレキパワー=250ダメージ(ザシアンV+鋼鉄のフライパン) ・3エレキパワー=280ダメージ(三神) パラライズ+ちょうでんじほう=240ダメージ ・1エレキパワー=270ダメージ(タッグチーム全般) もちろん「パラライズボルト」でないので相手はグッズを使用できるようになるため クワガノンVのグッズロックをメインに闘うデッキだとグッズロックを解くタイミングには注意が必要です。 可能であればグッズロック中は相手の手札に使用できないグッズが溜まりやすいので《マリィ》や《リセットスタンプ》で手札を減らした状態で解除したいです。 基本的に倒したいポケモンを《ボスの指令》等でバトル場に読んでロックしますが手張りから逃げる選択を取れるため相手の逃げるエネルギーを増やすことができる《アブソル》を採用するのが現環境(記事記載時は、ムゲンゾーン環境)では主流です。 「あくのはき」で相手を逃げれなくするクワガノンデッキのキーカード グッズロック+エネルギー破壊、遅延 特性「ふわふわまくら」を使用し相手をねむり状態にすることができ、相手はグッズを使用できないため逃げれず、ワザを使うこともできない状態を作りやすくなります。 この《メリープ》と《まどろみの森》の組み合わせはLoデッキにも採用されるコンボカードとなっています。 ・こんらん こんらん状態は、相手にエネルギーがある状態でもワザを使う際にコイン判定が必要になります。 相手がウラを出した場合は、30ダメージ入るので貴重なダメージソースになる点、こんらんはポケモンチェックで回復しない点が優れていますがこんらん状態は、にげることはできますので《ハイド悪エネルギー》や《ナイトシティ》、《ゼラオラGX》の「じんらいゾーン」では逃げられてしまう点は注意が必要です。 以下、例 ・超タイプへの出張.

次の