カーたんブログ。 60代一人暮らし 大切にしたいこと

カータンBLOGの漫画手法はズルい!

カーたんブログ

出典: フジテレビ月9枠で1991年に放映され、「月曜の夜は街からOLが消える」と言われた 『東京ラブストーリー』が14年ぶりに再放送されました! 原作:柴門ふみ 主演:織田裕二、鈴木保奈美 主題歌:小田和正 「ラブストーリーは突然に」 最終回は視聴率32. 3%を記録し 「カンーチ」「セックスしよ」 で社会現象にもなった大ヒットドラマ! 小田和正さんの主題歌も200万枚を超える大ヒット! 「あの日あの時あの場所で君に会えなかったら…」 のフレーズは今の若い方も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 最近では「半分、青い」でも流れたりと、1990年代を象徴する名曲です。 放映当時、中学生だった私は、超天真爛漫な赤名リカのカンチラブに衝撃を受け、どハマりしまして。 月曜日は何を差し置いてもテレビの前に君臨! 思春期真っ盛りの中、ハラハラドキドキしながら母と一緒に観たものです 笑 最終回はハッピーエンドでない展開に、しばらく放心状態だったのを今でも覚えています。 それから何度も繰り返し見た 「東京ラブストーリー」 リカとカンチの息の合った掛け合いが大好きでした。 【東京ラブストーリー】リカVSさとみ 「名言」の前に!! このドラマはリカ&カンチはもちろんですが、 カンチ&リカ&さとみ カンチ&三上&さとみ 三上&さとみ&なおこ の三角関係もこのドラマに欠かせない見どころで、大いに引き付けられました。 もう見ているこちらは きぃぃぃぃ!!! となったものです。 第一話でさとみが、カンチ、リカ、三上の4人で初飲みしているときのこと。 (カンチ)「お前(三上)が泣かした女の子一人ひとり慰めたんだ」 (リカ)「たまねぎとハンカチみたいな関係だね」 (さとみ) 「でもね、長尾君が慰めた女の子はみんな永尾くんのこと好きになったんだよ」 って、それ、、、 あんただろぉーがぁぁぁぁ!!! さとみちゃんは、第2話でカンチに告白されて「宿題にさせて」なんて言っちゃうところや、第6話で「どうしたらいいか分からない。 永尾君決めて」なんて留守電に入れちゃうところが、女を敵に回す女なんですよねぇ。 三上を好きなのに、彼女に不自由しない三上を好きなんて、認めたくない潔癖さとみ。 三上と付き合っても、カンチに知られたくないと言って潔癖ぶるさとみ。 なんだかんだいって結局、カンチにも三上にも好かれていたいってことよね… そして好かれているってことを誰もより自覚してるんですよねぇ だいたいねっ「サクランボの種を出すのが恥ずかしい」とかいう女の子が、カンチの誕生日にカンチを呼び出して相談するとか…ねぇ。 電池切れちゃったみたい。 こんなにそばにいるのにね。 こんなに遠く見える。 なんでかな。 ちゃんとつかまえてて。 私だけを好きって言ってて。 あいつの機嫌の悪さはいつもさみしさの裏返しだからな。 赤信号はないぞ。 その前に赤名はいなくなる。 もうすぐあなたは素敵な人に会うんだよ。 お前が彼女と会った時点でもう変わってるんだよ。 コンコンドア開けてよ、コンコンてノックしたんだけど、カンチ、返事なかったよ。 こんなとき。 「よくやったね」 カーンチ!! リカの愛は重いのか 出典: リカは強引だけど、その行動にはいつもウソがなくて、一途な愛がありました。 リカは自分の気持ちに正直に、いつでも前に前に突き進むタイプ。 「俺の名前はカンチじゃない、『ながおかんじ』」 「でもね、私の同級生で『かんじ』っていたけど、『カンチ』って呼ばれてたよ」 ってな具合に、カンチはリカのペースに次第に引き込まれて行くんですね。 最初は自分とは正反対のリカにどんどん惹かれていくも、次第にそのダイレクトな気持ちを受け止めきれず「重く」感じていくカンチ。 当時ドラマを見ながら、全身全霊でカンチを愛するリカに、 『リカ、落ち着いて!!』 なんどそう思ったことか!! カンチの気持ちの変化に気付いていたリカは、さとみから「三上と別れる」と聞いて、カンチの心が離れていくのは時間の問題だと悟ります。 焦るリカは、すぐに愛媛に行きたいとカンチにせがむんですね。 「今行かなきゃ意味がないの!」 そんなリカの「別れ」を感じて焦る想いが切なくて切なくて。 最終回では一人カンチの育った町へ旅だち、探しに来たカンチに 「気が変わったら来て」 そう言って帰りの電車の時刻を告げるリカ。 しばらく一人考えていたカンチは、思い立って全力で走ってホームに向かいます。 『復活するかも!!????』 そう期待したものの、告げた時刻の一本前の電車に乗って行ってしまったリカ。 優しいカンチはリカに別れを告げた自分を責めてしまうだろう。 リカは自分から別れることでカンチを楽にさせてあげたかった。 最後の最後で、自分から身を引いたリカの愛に泣けました。 リカの愛は重かったかも知れません。 全力でぶつかってくるリカは、まっすぐで、不器用で、同じ思いで向き合ってくれないと全身で怒るリカ。 でもいつもリカの心の底にはカンチがいて、実は自分の想いを犠牲にしても、カンチの想いを優先していました。 補足がないと、なんとも分かりづらい行動に翻弄されていましたが、すべてはカンチに元気でいてほしい、笑っていてほしい…そのためにはリカの愛は犠牲にだってなる… まさに、主題歌「ラブストーリーは突然に」の歌詞中にある 『君のために翼になる 君を守り続ける やわらかく君を包むあの風になる』 ですよね。 今では織田裕二&江口洋介以外考えられませんが、その2人の東京ラブストーリーも見てみたかったような…。 今回の再放送は、10月8日スタートの月9ドラマ『/スーツ』で織田裕二と鈴木保奈美が『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりの共演を果たすことから決定したようですね。 第一話を終えて、「神回!」だと、すでに話題になっているようです。 ななと申します。 無趣味で晩酌好きというくらいしかアピールポイントのない私ですがっ! このブログでは子育てに悩み、乗り越えた経験や、子供の成長とともに母として感じたことを綴っています。 カテゴリー• 1 最近の投稿• アーカイブ•

次の

健康以下、介護未満 親のトリセツ

カーたんブログ

先日blog友さんに教えていただいた ) とても愉快なblog… 私も毎日ではないですが パソコンに向かえる時には 必ず覗いていて ふほ、フホホホホ…と 笑いながら楽しませてもらってました。 カータンさんのblog… 今日見に行ったら、 小学生の頃に ブルマーがよそのお宅の屋根に! (詳しくはで) …って話を堪能したあと… 追記が……… 明後日12日に発売控えた 『あたし・主婦の頭の中』blogだというのに… そんな折… 昨日のblogの内容に 賛否両論?かナンカ… 炎上ではないだろうけど コメント欄にコメント殺到したみたいで… 内容的には カータンさんのお子さんに関する… 子育て的な話題だったのかな… とにかく、コメント欄書き込みもストップされ 揚げ句、その記事(日記)を 削除されたそうなんですよ… 削除するまでに コメント欄にカータンさんが 謝罪のコメントを書き込まれたらしいんですが、 それに対して、 「出版時期だから、 安易に謝っているように思えます」って 書き込みがあったらしく、 そう思う人もいるんだ…と 思われてる間もなく またそれに対するコメントも入り このままでは炎上しかねないと思われたんでしょう コメント欄をストップ、 そしたら今度は メッセージがたくさん来て 励ましがほとんどだったろうと思いますが、 あるメッセージを読んまれ、 「もう本当に完全のノックダウン。 動悸が激しくなって、 あぁもう私ダメかも・・・と思ったんです。 」 (本文抜粋させてもらいました) …だったそうです。 内容には触れられてませんし 私も削除された日記読んでませんが、 何となく想像つきますから、 この文章を読んだ時、 胸が詰まって苦しくなりました。 私のblogにも まあ今花男Fでいつも以上に たくさんアクセスいただいてますが、 カータンさんのblogは その何十倍、いや何百倍ものアクセスが 毎日あるわけです。 しかも、読者の幅が広そうだし。 …そんなblogを書かれてる方が そんな状況に置かれた時に 読んでノックダウンされるような そんなメッセージを 一体どんな人が どんなつもりで書いて送ったの…? 見ず知らずの匿名の… しかしカータンさんのblogを よく知る人物… やみくもにイタズラで書いたって そこまでダメージ与えられないはず… blog知ってまだ間もなく、 私も一度もコメントしてませんが、 あんなにたくさんのアクセス数で (アメブロ子育てジャンル1位) コメント受け付け コメントに目を通しておられるのにも スゴイ!と思います。 なのに、それによって ブロガーさん本人が 予期せぬダメージ受けられ… しかし、そんな 心身に異常をきたすくらい 落ち込んでいる姿を を見せることの方が、 ずっと子供さんが傷つくこと、 可哀相なことだと思われ、 自己防衛策として 記事(日記)を非公開(削除)にされたと… 感心しつつも 更に胸が痛み、辛かったです… 私はカータンさんの本 買いますよ! 何時間もかけて書(描)かれてる カータンさんのblog、 読者の心をワシづかみ! お仕事並みの仕立ての良いblogです! 今回のことの 傷はすぐには癒えなくても blogや本の反響を 直に受け止めていただいて 更にパワーアップして 前進していただきたいと 願います。 私は買ったblog本に アンケートハガキついてたら それに、 ついてなかったら 出版社宛に カータンさんへ感想と励ましの手紙 書こうと思います。 四回目鑑賞花男Fのネタバレ広場を ちょい延期して 今夜は携帯からこんな話題でした….

次の

blogって…ホント、涙が出ちゃう…

カーたんブログ

でも、私のような主婦がそのような難しい内容のブログをいきなり始めても、なかなかいろんな方に読んでもらえないだろうと思って、まずは、日常のこと、育児のことなど、みなさんに笑ってもらえるような楽しい記事をあげるようにしていたんです。 その頃からいろんな新人賞に投稿してみたりして駄目だったり。 でも、駄目でよかったんだけどね。 今読み返してみたらひどいんだから(笑)。 でも、ずっと「ものかき」になる夢を諦めきれず。 私のようなものが書いたものをどうやったら見てもらえるか。 目立つ肩書きをつければいいのね!!と客室乗務員になったのもあるわね。 プロフィール 元外資系航空会社の客室乗務員。 現在中学3年生と小学1年生の女の子のママ。 次女の出産を機に始めたブログ「あたし・主婦の頭の中」が人気を呼び、さまざまなメディアなどで活躍中。 先輩ママとして、入学準備ですべきことをナビゲートしてくれます。 若者はみんなキラキラしてて…楽しい時代だったわね。 (遠い目…) あの頃の男子はいい意味でガツガツしててさ、今の時代の男子ったら!!しっかりしてよ!と思うわよね! だってさ…(今時の草食男子を嘆く話で10分脱線 笑) そんな中、上の子を産んですぐの入院中に、ライター募集の記事を見つけてこれだ!と思ってすぐに、原稿を書いて送って送ったの。 夫にも内緒でやってたので、夫が2階に上がってくる足音で、パソコンを閉めたりすることが続いて夫によからぬ疑いを持たれたりしたりしてね 笑。 疲れた体で、24時間ブログのネタのことばかり考えて、夫に体の心配をされたこともあったけど、私の中ではこの一年必死で頑張って結果が出せなかったら、もう「ものかき」の夢は諦める!と決めていたので、夫も協力をしてくれるようになったの。 そんな中で、口コミだけでブログの読者も2000~6000と徐々に増えていって、2008年にジャパンブログアワード最優秀賞をいただいて、夢だった本を出せることになったんです! プロフィール あんふぁんメイトとして日々発信中。 羊毛フェルトはプロの腕前。 読者になってくださる方が増えるにつれ、ブログの内容にも気をつけないといけないのだと実感しましたね。 今までのようなブログと並行しつつ、2人の娘を持つ視点から「」に関する活動にも力を入れていきたいと思っています。 あ、そうそう、幼稚園の男子が「うんち」とか「おっぱい」をネタに大騒ぎするでしょ? あれも立派な性の目覚めなんだそうです。 あんふぁんさん、お願いします! カータン いずれは、長女(高校生)のボーイフレンドのネタを書いてみたいんだけど 長女のお友達もブログを見てくれたりするから、これまた複雑なのよね… 笑。 (遠い目) 専業主婦だから、夫に養ってもらってるんだけど、なんだかそれが悔しい気もして…。 それでいいのか? 社会とつながっていたいのに、それでいいのか、自分!って思うのよね。 すごくよくわかるんだけど、その時期っていずれは通りすぎるものだから焦らなくても大丈夫! 子供と密着した子育ての期間は本当に短く限られているので、今を大事に楽しんで!!.

次の