鏡開き 禁止。 【鏡割り】と【鏡開き】の意味の違いと使い方の例文

密かに人気!結婚式に鏡開きのススメ

鏡開き 禁止

正月の鏡餅 かがみもち を下げて食べる儀式。 お供え開き、お供えくずし、鏡割りなどともいう。 現在は1月11日、以前は20日が一般的であった。 徳川の3代将軍家光 いえみつ の忌日が20日であるため、11日に繰り上げられたという説がある。 武家では具足 ぐそく 開きといい、鎧兜 よろいかぶと に供えた具足餅を下ろして雑煮にして食べた。 婦人は鏡台に供えた鏡餅を同様にして食べた。 武士は刃柄 はつか を、婦人は初顔 はつかお というように、それぞれもっとも重視する道具と二十日 はつか との語呂 ごろ 合せを祝った。 近来は武道の寒稽古 かんげいこ に引き継がれ、終わった日に鏡餅で汁粉をつくって食べることが多い。 鏡餅は刃物で切ることを忌み、手で欠いたり槌 つち でたたいたりして割る。 開くというのは縁起を担いで、めでたいことばを使ったものである。 鏡餅は本来、稲作に伴う儀礼で、農耕神としての歳神(年神) としがみ への供物であったろう。 それを下ろして食べることは、正月の祭りの終わりを意味するものであったはずであるが、暦の混乱のためか、あるいは開くという語感から転じたものか、むしろ仕事始めの意味に解する場合が多く、期日も2日や4日に行う例がある。 現在鏡開きの日とされている11日も、商家の仕事始めにあたる蔵開きの日と一致する。 [井之口章次] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

鏡開きは鏡餅を食べるまで?! 正しい鏡割りの方法とは? 餅レシピもご紹介

鏡開き 禁止

結婚式におすすめの鏡開き はじめまして。 名古屋の酒類卸イズミックの営業、下曽山と申します。 私事ながらこの度結婚するにあたり、偉い人から是非コラムをとのお声を頂き執筆させていただくことになりました。 とはいえSNSも見る専門の私にとってコラムの執筆は難しい。 同じくイズミックでコラムを担当している青田先生の偉大さを痛感します。 拙い文章ではございますがご了承ください。 さて、結婚式にはお酒は欠かせないもの。 結婚式のお酒といえば乾杯のスパークリングワインが定番だと思いますが、最近は意外なことに鏡開きも密かに人気があるらしく、かくいう私も、和式の結婚式に加えお酒関連の仕事をしているという事もあって鏡開きをプランに入れることにしました。 「鏡開き」はもともと新年の仕事・行事初めの儀式の一つです。 お正月に鏡餅を割って食べるあの行事が起源で、なぜ酒樽を開けるのも鏡開きと呼ばれるようになったかというと、酒屋では樽の上蓋のことを「鏡」と呼んでいたことから。 「鏡」は円満を、「開く」は末広がりを意味し、まさにこれからの2人の門出を祝う結婚式にもピッタリ。 新郎新婦が蓋を木槌で叩く姿は、ケーキカットの和風版とも言えますね。 今は和装のブームもあってオプションでプランを用意している式場が増えているよう。 もし取り扱いがなくても持ち込みで対応いただける式場も多いようです。 そうそう体験できるものでもないですし、映えるのでこれから結婚式をお考えの方は検討してみては? 弊社でも毎年鏡開きが行われます。 勢いよく飛ぶしぶきに歓声があがります。 樽酒ならではの魅力 鏡開きの面白いところは、その見た目の映え感だけではありません。 普段はあまり味わうことのない樽酒の味わいが楽しめるのもまた醍醐味。 樽に使われる杉の香りが日本酒に移ることで爽やさをもたらし、まろやかでコクのあるとても飲みやすい味わいに変化させてくれます。 さらに少し寝かせることで日本酒のうま味と樽の木香が最も調和しますので、私は1週間ほど前に搬入を済ませました。 当日が楽しみです。 映え感、味わいともにゲストにウケること間違いなしの「鏡開き」、一生に1度の大切な日の思い出にいかがでしょう?.

次の

「鏡開き」;鏡餅を包丁で切り分けちゃう、の巻

鏡開き 禁止

contents• 鏡開きとは? 鏡開きとは、正月行事のひとつで、 飾っていたかがみもちをおろして食べることです。 鏡開きの歴史を遡ると、 江戸時代の初期ではないかと言われています。 武家の間で広まっていった行事で、年神様にお供えしたお餅を包丁で切るのは、切腹を連想さ せてしまうということで縁起が悪いとされた為、手や木槌などで割ることにしていたそうで す。 そこでやっていた「割る」という表現についても縁起が悪いのではないかということで、縁起 の良い表現である「開く」に呼び方を変えた結果、「鏡開き」と言われるようになったそうで す。 現在までその文化が言い伝えられていたと考えるとすごいですよね。 鏡餅はいつ食べるの? 地域によって異なり、 関東では11日、 関西では15日または20日とされています。 ここでなぜ地域差が生まれたのかと疑問が湧きますよね? 地域差が生まれた理由は当時の江戸幕府が影響しています。 元々は20日正月といって1月20日に行われていた鏡開きですが、鏡開きという文化を定 着させた3代将軍の徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなった際、月命日である20日を避 けようとなった結果、1月11日へ変更されました。 この徳川幕府の影響力が大きかった関東では11日となり、そこから離れた地域に関して は20日のまま行われたりしていたそうです。 鏡開きのやり方! 正しい鏡開きのやり方について、順番に説明してきます。 鏡餅を下げる この時、神様に感謝の気持ちをささげるのを忘れないようにしましょう。 鏡餅を綺麗にする 長い間飾っていたので、どうしても埃がついてしまっているかと思います。 綺麗にしましょう。 お餅を割る 木槌や金槌などを使用して、お餅を割ります。 ずっと飾っていて硬くなってしまった鏡餅については、少しずつ叩くことによりヒビを 入れてから、勢いよく叩くことで割れわすくなります。 割った餅を食べる どう食べても問題ないので、好きに食べて大丈夫です。 硬くなっていたとしても、お雑煮などの汁物に入れてしまえば美味しくいただけます。 鏡開きの禁止事項 先ほどは鏡開きの正しいやり方を紹介しましたが、禁止事項というのもあります。 それは 餅を刃物で切ってしまうということです。 江戸時代に刃物で切るのが切腹を連想 させてしまうので、やってはいけないこととして当時から伝えられています。 今では切腹の文化がないのでピンとこないかもしれませんが、 歴史や当時の背景を考え るとやってはいけないことだとわかります。 終わりに 皆さんは何気なく鏡開きをやっていませんでしたか? 鏡開きの歴史ややり方を学ぶことで、より正月行事に興味が湧いたのではないでしょう か。 スタートダッシュという言葉がある通り、1年のはじまりというのはとても大事です。 そんな1年のはじまりの行事だからこそ、大切にすべきです。 次回から正しい鏡開きをすることで、皆さんにとって素敵な1年の始まりとなってくれ れば幸いです。 【こちらもお薦め】.

次の