上沼 恵美子 岡江 久美子。 【芸能】上沼恵美子 岡江久美子さん急逝にショック…収録急きょ取りやめ [ひかり★]

上沼恵美子 クギズケ 「アンタッチャブル柴田 元妻の件でいじられる。」2020.6.14

上沼 恵美子 岡江 久美子

タレントの上沼恵美子さん(65)が4月25日、収録予定だった『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)を急遽、取りやめ。 その理由が旧知の仲であった岡江久美子さん(享年63)の訃報を受け、精神的に大きなショックを受けていることによると報道され、ファンから心配の声が上がっています。 番組は新型コロナウイルス感染防止のため、2週間分を「総集編」という形で放送。 この日から収録再開予定だったものの、上沼さんの体調のことを一番に考え、中止が決められたとのこと。 上沼さんは現在、新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受けた局側の配慮により、パーソナリティーを務めるABCラジオ『上沼恵美子のこころ晴天』も当面の間、出演を見合わせている状況です。 この上沼さんの収録取りやめのニュースを受け、ネットでは「恵美ちゃん、人間味あるよね。 恵美ちゃんも体大事にしてね」「メンタルやられてそう。 大丈夫かな」「2歳しか違わない人が急変して亡くなったと聞くとかなりショック受けるだろうね」「お茶の間で見てた私もショックなんだから、近しい人達は相当ショックなんだろうな」といった心配の声が多数上がっていました。 「上沼さんと岡江さんは1992年10月から1993年6月まで放送されていたクイズ番組『新伍のワガママ大百科』(TBS系)に、共にレギュラー出演者として参加した関係。 年齢も近い上に、共に主婦をしながらタレント業を務めているなど共通点も多く、2人して和気あいあいと番組を盛り上げていました。 2017年10月に『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』(朝日放送)に岡江さんの娘である大和田美帆さんがゲストで出演された際は『あなたのお母さん大好き!』と、岡江さんの飾らない人柄を絶賛されていたのをよく覚えています。 それだけに、上沼さんが受けたショックの大きさは計り知れません」(テレビ局勤務) 3月30日放送のラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』では、岡江さんと同じく新型コロナウイルス感染による肺炎で3月29日に亡くなった志村けんさん 享年70)について「本当に人はいずれこうやって最期があるわけです。 無念でならないです」と語っていた上沼さん。 新型コロナウイルス感染症の拡大が、一刻も早く収束するのを願います。

次の

上沼恵美子 クギズケ 「アンタッチャブル柴田 元妻の件でいじられる。」2020.6.14

上沼 恵美子 岡江 久美子

foredooming. foredooming. 14-225x150. ytv. foredooming gmail. com Administrator お笑いMovies 検索: 人気動画ランキング• 動画一覧• 5,502• 114• 270• 106• 105• 606• 103• 148• 117• 184• 102• 196• 123• 245• 486• 313• 169• 262• 102• 355• 435• 246• 757• 110• 306• 209• 102• 1,064• 164• 119• 554• 625• 108• 277• 252• 628• 449• 616• 575• 18 お気に入り一覧• Your favorite page is not registered. 最新動画•

次の

今日の上沼恵美子

上沼 恵美子 岡江 久美子

「新型コロナの蔓延に加えて65歳という年齢もありますからね。 『絶対に上沼さんに感染させたらあかん』というのが現場の共通認識。 上沼さん自身、親交があった岡江久美子さんの訃報にとても心を痛めていることもあって、しばらくは出演を見合わせることになりそうです」 とはいえまだまだ現役。 コロナ禍が去ったら、上沼には再びテレビ・ラジオに戻って、歯に衣着せぬトークで芸能界を盛り上げてほしいところ。 「もっとも近いと言われているのが、現在、関西で6本のテレビレギュラーを持つハイヒール・モモコさん。 3人のお子さんを育てたことで、関西の主婦の感覚もよくわかっているし、何よりその強烈すぎるキャラクターは大きな武器。 また、生放送の情報番組で便利グッズを紹介する際に、その値段を聞いて『そんなら100均で買うわ!』と毒舌を吐いてブチ切れたことも。 ある意味、プロデューサー泣かせなところも上沼さんにソックリなんです」 関西では毒舌漫才師のボケとして、また「主婦の代弁者」として安定した人気を誇るモモコ。 だが、ある在阪のテレビマンはこんなエピソードを明かす。 「大阪のグルメ激戦区として知られる福島の高級レストランにフラッとモモコさんが現れたんです。 お連れの方はおそらく男性のスタッフかマネージャーさんだと思うのですが、1人1万円以上するコース料理を頼んで、数万円もするワインをボトルでオーダー。 10万円以上の支払いを済ませて帰っていきました。 その気風のよさに大物の貫禄を感じました」 これまで上沼のポジションを脅かすようなタレントが皆無だったのも事実。 (近田ラリー).

次の