いきなりステーキ亀岡。 【店舗限定】大人気のワイルドステーキ200gを999円(税別)で販売します!

いきなり!ステーキ 京都亀岡店(地図/亀岡/ステーキ)

いきなりステーキ亀岡

平日でも結構混雑している店内 いきなりステーキ亀岡店は、2019年2月28日にオープンしたばかりの新規店です。 広くて停めやすい駐車場も用意されていて訪れやすくなっています。 訪れたのはオープンから約1か月後の4月2日で、まだまだオープンの物珍しさで訪れる人たちも多いのか店内は満席で、19時過ぎに店に到着した時点で空席待ちのお客さんがいました。 店内から漂ってくる香ばしい肉の香りを感じながら、しばし席が空くのを待ちます。 カット場でサーロインステーキ250グラムを注文 およそ15分ほどで席に案内され、「ご来店は初めてですか?」との質問に「はい」と答えると、「いきなりステーキ」の注文システムについて説明を受けました。 注文したいステーキが決まったら、テーブルの番号札をもって「カット場」と呼ばれる計測コーナーへ行きます。 そこでステーキの種類とグラム数を伝え、その場でかたまり肉をカットしてもらうことになるわけです。 私は、アンガス牛(USビーフ)のサーロインステーキを注文。 カット場で「250グラムでお願いします」と伝えると、スタッフは大きなかたまり肉を冷蔵棚から取り出しカットを始めます。 最初にカットされたものは、測ってみると400グラム近くあったので、どうするのかな?と思っていると、スタッフは「もう一度カットします」といってもう一度カットを始めました。 「あの肉はどうなるのかな?」と思いながら眺めている内に、次は280グラムほどにカットされました。 「少し大きいですが、これでいかがですか?」といわれたので、事前に「脂身のカットとかもしてもらえるよ」という情報を得ていた私は、「じゃあ、この部分の脂身を取ってもらえますか?」と伝え、248グラムのちょうどいい感じのサーロイン肉がカットされたのでした。 後で調べて分かったのですが、カットの途中で出た細かい肉や測りそこないの肉は、乱切り肉としてランチで提供されるようですね。 サイドメニューの注文タイミングを逸する…… 店内は満席の大混雑。 なのでホールスタッフも少ない人数でてんやわんやです。 サイドメニューのライスとサラダのセットを頼もうにも、なかなかスタッフがつかまりません。 レジを見てみると、「いきなりステーキ」独自のポイントカード「肉マイレージ」の発行に手間取っているようで、そちらにもスタッフが掛かり切りです。 オープンして間もない店だと、どうしてもこういうところが出てきてしまいますね。 何とかスタッフをつかまえ、サイドメニューを注文。 ちなみにサラダセットのライスは、無料で大盛りにも出来るとのことです。 まずは和風サラダを味わう さてその後、和風サラダとライスが到着しました。 「間もなくお肉をお持ちしますので、紙エプロンをしてお待ちください」といわれ、いそいそとエプロンをつけ、サラダをつつきながらサーロインを待ちます。 サラダ用ドレッシングは複数用意されていて、バルサミコ酢のドレッシングと、お店オリジナルのオニオン系ドレッシング「いきなりドレッシング」を試してみました。 バルサミコ酢のドレッシングはバランスのいい酸っぱさが感じられ、「いきなりドレッシング」は玉ねぎの甘みがクセになる美味しさで、今回は「いきなり~」をメインに掛けて食べました。 いよいよサーロインステーキの登場 こんがりと炭焼きのいい香りを漂わせて登場したのは、250グラムのUSサーロインステーキです(写真は既に特製ソースを掛けた後です)。 焼き加減はレアにしてもらったので、口の中に入れると香ばしさと肉のうま味が広がります。 カット場で焼き加減を聞かれた際、スタッフから「レアがおすすめですよ」と言われたので、初めてということもあってそれに従ってみたわけですが、実際に食べてみると納得です。 肉質は固いわけではありませんが、かといって柔らかいとはいえず、どちらかといえば筋っぽさのある印象で、もぐもぐと噛み応えを感じながらうま味を楽しむような食感だったです。 味を変えるための調味料が各種用意されていて、わさびやからしもありますが、今回は特製ソースだけで食べました。 味は甘辛の焼き肉のたれっぽさがあるものでしたね。 満腹になって「いきなりステーキ」を後に という感じで美味しく夕食を楽しんだわけですが、気になったのは客席のレイアウトや、テーブル上のアイテムの配置です。 いきなりステーキはもともと立ち食いの店としてスタートしたこともあって、お客の回転を上げることが必要ということなのでしょうが、全席がイス席になっている亀岡店でも回転を優先させていることが伺え、ちょっと落ち着いて食事をする気にはなれない点が残念でした。 また、テーブル席で向かい合わせに座った場合、テーブルの真ん中に低い壁のようにして食器や調味料が並べられているため、一緒に食事を楽しんでいる雰囲気が感じられ難いのも気になります。 比較的リーズナブルにステーキを楽しめるという点では素晴らしいのですが、夕食をゆったり味わうには不向きなお店かな?というのが率直な感想です。 ランチタイムに訪れてみるとまた違った印象になるのかもしれませんので、機会があればランチを試してみたいと思っています。

次の

あの「いきなりステーキ」をもっと堪能できる裏テクニックがあるらしい

いきなりステーキ亀岡

on Feb 5, 2019 at 2:48am PST この数年で一気に店舗を増やした「いきなりステーキ」ですが、こちらを運営するのは外食産業の大手企業であるペッパーフードサービスです。 「ペッパーランチ」を主力ブランドとしており、国外にも展開を広げているいま最も勢いがある外食チェーンといっても過言ではありません。 「いきなりステーキ」の最大の特徴は立ち食いでステーキを食べるという独特のスタイルで、当初はその珍しさからメディアなどでもよく取り上げられていました。 全国に拡大中! いきなりステーキの1店舗目、東京都中央区の銀座4丁目にあるお店がオープンしたのは2013年のこと。 その後店舗展開はフルスピードで進み、2015年には40店舗を超える店舗が都内にオープンし、東京以外のエリアにもお店がどんどん増えました。 2018年には300店舗を超え、同年の11月に秋田のお店がオープンしたことによって、全国47都道府県にいきなりステーキの店舗ができたという経歴があります。 いきなりステーキのランチメニュー on Jun 10, 2018 at 10:10pm PDT ここからはいきなりステーキで味わえるランチメニューをそれぞれ詳しく紹介していきたいと思います。 最初に紹介するメニューはこちらの「CABワイルドステーキ」です。 通称「ワイルドステーキ」と呼ばれるこちらのメニューですが、肩ロース肉を使用しており、数種類あるステーキの中でも一番安価な価格設定となっています。 肉の上にはガーリックバターがのせられており、途中で味を変えたい時はこのバターを溶かして食べてみてください。 また、ステーキにはコーンも添えられており、ボリューム感もプラス。 ステーキは値段相応で若干硬さはあるものの、牛肉をリーズナブルにがっつり食べたい時はこちらのメニューがおすすめです。 価格は300gで1,390円、200gで1,130円、450gで1,850円での提供となっています。 on Nov 18, 2018 at 10:14pm PST 次に紹介するいきなりステーキの人気ランチメニューは「乱切りカットステーキ」です。 その名の通り、いろんな部位や種類の肉をざっくりとカットし、盛り合わせにしたお得なステーキとなっています。 数量限定での提供となっており、時間帯によっては売り切れてしまっていることもあるのでご注意ください。 乱切りカットステーキは300gで1,650円、200gで1,100円での提供となっています。 ランチ限定 定量カットも 定量カットでの提供は、以前まではディナータイムのみの実施となっていましたが、多くのお客さんからのリクエストによって、ランチタイムでも定量カットでのステーキの提供が行われるようになりました。 肉の種類は、リブロースステーキ、トップリブステーキ、ミドルリブステーキ、ヒレステーキ、US産ヒレステーキ、Naruo サーロインステーキ、CABアンガスビーフ サーロインステーキとなっています。 上記で紹介したランチメニューのようにライスやサラダ、スープなどはセットになっていないため、少々お得感は薄れてしまうものの、昼からお好きな部位の肉をステーキで味わいたい方にはおすすめの注文方法となっています。 ライスは200円の追加料金で注文することも可能です。 ランチ定量カット、店舗によって違う 上記で紹介したランチの定量カットでのステーキの提供ですが、事前に気をつけておきたいのが、店舗によって扱っている肉の種類が異なるということです。 店舗ごとにある程度扱っている肉の種類は固定されているものの、メニュー内容の切り替えなどのタイミングで扱われる肉の種類も変更されることがありますので、当日直接お店に行って確認するのが確実といえるでしょう。 ドリンクも種類豊富! on Feb 4, 2019 at 4:49am PST お酒にもさまざまな種類がありますが、ステーキに一番合うのはやはりワインでしょう。 いきなりステーキではステーキと一緒にワインを味わいたいという方に合わせて、グラスワインの用意も取りそろえています。 グラスワインは赤と白の両方が用意されていますが、肉汁したたるステーキに合わせるなら断然赤ワインがおすすめ。 また、ボトルワインは店舗ごとに取り扱い銘柄が異なりますので、スタッフの方に何があるか聞いてみるといいでしょう。 お気に入りのワインが持ち込める「BYO」 みなさんは「BYO」というワインの持ち込みシステムをご存じですか?この「BYO」とは、自分で好きなワインをボトルで飲食店に持ち込みができるシステムとなっており、持ち込み料金として1000円がかかりますが、お好みのワインをステーキと一緒に味わうならばこちらのシステムを利用するのもいいでしょう。 ワイングラスやオープナーなどもお店で用意してもらえます。 肉好きには必須!「肉マイレージカード」 on Aug 12, 2018 at 3:27am PDT いきなりステーキでは、肉好きにはたまらないポイントカードシステムとして、独自の「肉マイレージカード」というカードを採用しています。 こちらは食べたステーキのグラム数がそのままポイントカードのポイントとして反映される仕組みとなっており、ポイントがたまることによってゴールドカードやプラチナカードにランクアップさせることができます。 ランクアップ特典やバースデー特典など、特典内容も充実しており、大変お得なカードといえます。 チャージをしてボーナスポイントをもらおう こちらの肉マイレージカードにはお金をチャージして利用することができるプリペイド機能も搭載されており、チャージによって追加ボーナスポイントを付けることも可能です。 年会費も無料となっており、お会計の際も細かいお金のやりとりをする必要がなくスピーディーということもあって、とても便利なカード。 アプリを経由すればお手持ちのクレジットカードからチャージすることもできます。 まとめ いかがでしたか?この記事では、数あるステーキチェーンの中でも特に人気の高い「いきなりステーキ」について詳しく紹介しました。 オープン当初は変わり種扱いされていたこちらのお店も、今では全都道府県に進出するほど一般的になり、より気軽に利用することが可能となりました。 ランチタイムではボリュームたっぷりのステーキをお得な価格で味わうこともできますので、ぜひこの機会に食べに行ってみてくださいね。 神戸 - ステーキ・ハンバーグ 神戸には、老舗ステーキハウスやホテルに店を構える有名なレストランなどステーキを堪能できる店舗が数多くあります。 黒毛和牛や神戸ビーフをはじめバラエティーに富んだステーキが勢揃いしています。 シェフが目の前で焼いてくれる鉄板焼き店やステーキに合うワインを種類豊富にとりそろえている店、メディアで紹介され脚光を浴びている店など様々な特徴をもった店舗があるので、お好みに合わせて楽しむことができるでしょう。 特に、A5ランクの神戸ビーフは今や外国人の舌をうならせる日本を代表するブランド牛です。 ステーキだけでなく神戸牛のハンバーグもおすすめ。 そこで今回は、ステーキの本場神戸のおすすめ人気ステーキランキングを紹介します。 那覇 - ステーキ・ハンバーグ 独自の食文化を持つ沖縄は、まさにおいしい食べ物の宝庫です。 ソーキそば、ゴーヤチャンプル、サーダアンダギー、ちんすこうなど、沖縄ならではの料理やスイーツは数えあげるとキリがないほど。 それと同時に沖縄では、ハンバーガーや肉料理、アイスクリームなど、いわゆるアメリカ由来の食文化も根付いています。 沖縄には米軍基地があるため戦後から多くのアメリカ人が駐留し、アメリカの料理を専門とするレストランが複数存在しているからです。 また、沖縄にはアグー豚や石垣牛などの高級肉があるため、アメリカンフードの代表格である、ボリュームたっぷりなステーキも食べられます。 そこで今回は、沖縄で食べたい美味しいステーキお店を紹介します。 京都市 - 焼肉・ホルモン,ステーキ・ハンバーグ 京都の玄関口・京都駅。 日本人はもちろんのこと、海外からの観光客やビジネス客などたくさんの人が行きかう大きな駅です。 ホテルや大型商業施設も多く、賑やかな京都駅周辺にはたくさんの飲食店が軒を連ねています。 京都と言えば、京料理や蕎麦などを思い浮かべる人も多いかと思いますが、実は、美味しいお肉をがっつりと味わうことができるお店も多いんです。 京都らしい落ち着いた上品な雰囲気のお店から、一人でふらっと立ち寄って、お酒と一緒に気軽に楽しむことができるお店まで種類豊富に揃っているので、ぜひ、京都駅周辺で、お肉を堪能してみてください。 今回は、京都駅周辺でお肉料理を楽しむことができるおすすめの17選を紹介します。 東京 - カレーライス,ステーキ・ハンバーグ ラーメン、ステーキ、カレーなどさまざまな種類のチェーンレストランがひしめく東京。 気軽に寄れてボリューム満点のB級グルメに心もお腹も満足でき、駅構内にある店や24時間営業の店など、立地や条件も良くとても便利です。 しかも、どの店舗で食べても味が安定していることもチェーンの魅力。 安心してお腹いっぱいいつもの味を堪能できます。 最近では、メガ盛りや厚切りステーキなどオリジナリティあふれるお店も増えています。 首都圏以外に住む友達や家族を連れていくと話題性があり、雰囲気も盛り上がること間違いなし。 今回は東京を中心に展開している絶対外せないおすすめ飲食チェーン店を紹介します。 横浜 - 鉄板料理(お好み焼き・鉄板焼き),ステーキ・ハンバーグ 今回は、横浜でおすすめの鉄板焼きディナーをご紹介します。 異国情緒があふれる横浜は、大人のデートにぴったりの街です。 おしゃれなレストランもたくさんあるので、記念日や誕生日には、いつもと違うディナーを楽しみたいものですね。 目の前で調理してくれる鉄板焼きディナーなら、スペシャル感もさらにアップします。 シェフとの会話を楽しみながら、カウンターで食事をするなんて、まさに大人のグルメの楽しみ方ですね。 人数限定の隠れ家的な鉄板焼きレストランをはじめ、鉄板焼きデビューにぴったりなお手頃価格のお店や、夜景が楽しめるホテル最上階ダイニングなど、ステキな夜が楽しめるお店がそろっています。 横浜でお店選びに迷った時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。 滋賀 - ご当地グルメ,焼肉・ホルモン,ステーキ・ハンバーグ 「近江牛」は、「松坂内」や「神戸牛」と並ぶ日本3大和牛の1つです。 黒毛和種の和牛の中でも、滋賀県内で最も長く肥育された場合に許されるブランド牛肉の名称です。 日本最古の和牛ともいわれている「近江牛」は、脂の融点が低く、肉全体にサシが細かく入っていて、非常に柔らかい肉質が特徴です。 琵琶湖のある滋賀県にビジネスや観光で行くのなら、ぜひとも食べて行きたい名物グルメです。 そんなブランド牛肉「近江牛」が、産地・滋賀で味わえる名店を紹介します。 しゃぶしゃぶ、すきやき、ステーキと、様々な食べ方で絶品のブランド牛肉をいただける人気店ばかり! さらに、リーズナブルな価格で食べられるランチメニューの充実した店もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

次の

あの「いきなりステーキ」をもっと堪能できる裏テクニックがあるらしい

いきなりステーキ亀岡

迫佑樹さんが発行されている「スキルをつけて人生の自由度をあげる」をテーマにしたLINEのマガジンを紹介します。 スキルアップに関してを知りたい方は登録必須です! こんばんは お肉大好き 無職のうさぎたんです。 いきなりステーキに行ってきました。 気になっていたのは、いきなりステーキの肉は、固くてまずいのか?ということ。 いきなりステーキは、「ペッパーランチ」と同じところが経営しているとのこと。 高級路線というよりも定価格でステーキを提供するお店です。 ずっと本当においしいのか気になっていました。 いきなりステーキのワイルドステーキを食べて来たのでその感想を語っていきたいです。 いきなりステーキのワイルドステーキは、硬いけどおいしかった。 念願のいきなりステーキです。 いきなりステーキは、OPENから15:00まで平日のみランチをやっています。 店舗により異なります) 特に、CABワイルドステーキは、ライスとスープとサラダが付いてかなりお買い得です。 CABワイルドステーキ 300g 1,390円[税抜き] 200g 1,130円[税抜き] 450g 1,850円[税抜き] 引用: 私が行ったお店はランチメニューがディナーでも食べられるところでした。 ワイルドステーキ以外にもリブロースステーキやヒレステーキがあるとのこと。 私が行ったお店は立ち食い席の他にちゃんとした椅子がある席もありました。 お店によって、メニューや食べるスタイルが違うみたいです。 ワイルドステーキの300gを注文しました。 300gがボリュームがあり一番お買い得感があります。 注文の仕方ですが、ランチの場合は、メニューを店員に言えばもってくる普通のスタイルです。 最初に、スープとサラダが出されました。 サラダとスープは可もなく不可もなく。 そして、しばらくたってからお肉とライスの登場。 ランチのワイルドステーキは、お肉は予めカットされているので、ナイフを使わなくても食べられます。 ソースをかけるとより美味しい味になります。 ソースは、かなり勢いよく出るのでそっとかけたほうがいいです。 ソースをかけると油が飛び散ります。 ソースをかけた直後にすぐに食べようとすると、手に油が飛んで痛いです。 感想ですが、お肉は硬かったですが、おいしかったです。 中はほとんどレアです。 硬いお肉を食べているというよりも脂身を食べている感じがします。 外はパリッとしていて中はジューシーです。 ペッパーがきいていてソースなしでもおいしいです。 硬いお肉ながらこれはこれでありだと思いました。 癖になりそうな味でした。 お肉好きな人は、また食べに行きたくなりそうです。 ビールにあいそうです。 アルコール類も販売されています。 自分好みの味付けにできるのはいいですね。 ライスは大盛りに無料でできます。 私は大盛りで頼みました。 めちゃくちゃ顎が疲れる! 最初はおいしいと感じたのですが、お肉は弾力があって噛み切れないです。 めちゃくちゃ顎が疲れます。 最後の方は、顎がつりそうになるくらい疲れました。 300gでもこれだけ顎が疲れるので500gの場合もっと顎が疲れそうです。 硬いお肉や脂身みたいな食感が苦手な人は、きつかもしれません。 高齢者とか、歯が弱い人には向いていないと思います。 顎が疲れるのが嫌な人は、ランチメニューには、ハンバーグもあるのでハンバーグをおすすめします。 いきなるステーキでは、ワイルドステーキが一番ランクの低い肉です。 その他にもリブロースステーキ、ヒレステーキ、サーロインステーキなどあります。 ワイルドステーキと比べると高くなってしまいますが、ワイルドステーキよりかは、食べやすくて顎が疲れないと思います。 店内はかなり混雑していて居心地はあまり良くない。 いきなりステーキはかなり流行っているようでランチはかなり混雑していました。 回転を重視しているせいか、客と客との幅が狭く非常に窮屈に感じます。 居心地はあまり良くないです。 特に私が座った席は、窮屈感が非常に感じる席でした。 他の人のスペースを気にして食べなければいけません。 しかも、途中で店員に座っているのに、椅子の位置を直されました。 1000円以上のお金払ってこの居心地の悪さは、どうなんだろうと思ってしまいました。 例えばカップルとか家族連れとか、ゆっくり落ち着いて食べたい人には向いていないです。 あとは、鉄板が熱いので顔が汗だらけになりました。 暑くなるので、上着は予め脱いたほうがいいです。 女性の人は化粧が取れたりして気になるかもしれません。 牛肉のステーキってコスパ悪いよね。 持論になりますが、牛肉はコスパが悪いです。 ワイルドステーキ、300gで1350円(税抜き)でもすごく安いと思います。 立ち食いスタイルで、回転率をあげてこの安さで提供できているのだと思います。 そのせいもあってか居心地は、かなり悪いです。 1350円(税抜き)もあれば結構良いランチが食べれます。 例えば、とんかつ屋であればもっと安くでご飯もおかわり自由だったりします。 1,000円以上のランチであればもっとゆっくり落ち着けるところも沢山あるでしょう。 牛肉にこだわらなければ、クオリティの高いランチがお腹いっぱい食べれるので牛肉は、コスパが悪いなっと思ってしまいました。

次の