お 心遣い いただき。 「お気遣い」と「お心遣い」の違いは?類語や英語表現も紹介

「ご配慮」の意味、使い方、類語「お気遣い、ご考慮」との違い、例文

お 心遣い いただき

「お心遣いいただき」というフレーズは、ビジネスシーンや公の場でのコミュニケーションにおいて、頻繁に使われる言い回しだと言えるでしょう。 そのため、「お心遣いいただき」という言い回しを使用したことがある方や、見聞きしたことがある方も、少なくないと考えられます。 しかし、「お心遣いいただき」という言い回しの、正しい使い方について、理解していると自信を持っている方は、意外と少ないと予想できます。 身近な表現であるからこそ、曖昧な理解のまま、放置してしまいがちです。 そこで今回は、「お心遣いいただき」という言い回しをテーマにして、基本的な使い方や目上の人への使い方、敬語への言い換えや例文などを、考察・ご紹介していきます。 Web電話帳を導入しませんか? 目上の人に対して「お心遣いいただき」というフレーズを使用するシチュエーションの1つとして、目上の人や上司から、自分のことを心配されたときが挙げられます。 仕事の進捗やスケジュール、体調やプライベートのことなどについて、目上の人が心配したり気遣ってくれたりした時に、「お心遣いいただきありがとうございます」といった形で、感謝の気持ちを伝えることが可能です。 また、相手との間柄や相手の地位によっても、使用する感謝の言葉は変わってくると考えられます。 気心が知れた上司であれば、「お心遣いいただきありがとうございます」という言い回しを使用した方が、自然なやり取りができるでしょう。 しかし、より地位の高い相手や敬意を払うべき相手に対しては、「お心遣いいただき、誠にありがとうございます」「お心遣いいただき、御礼申し上げます」といった言い回しの方が良いケースもあると考えられそうです。 提案されたとき.

次の

「お気遣いいただき」の意味とビジネスでの使い方・例文|上司

お 心遣い いただき

お心遣いの意味とは何か? 「お心遣い」は「お(御)」と「心遣い」から構成されています。 心遣いには、思いやる・配慮するといった意味が含まれています。 頭に接続語である「お(御)」がつくことによって、相手に敬意を表す意味となるでしょう。 「お心遣い」は相手が自分のためにしてくれた好意に対して思いやり、配慮を感じたときに、それに応えるこちらの気持ちを表す場合に使用されます。 謝意を述べる場面で、特に使用頻度が高い言葉です。 また以下では「お心遣いに関連して」相手への思いやりや、優しい人の特徴、周りに優しくできないな、思う際に知っておくとよい改善方法を解説しています。 人に優しくする方法を学び、社内の人間関係をよりよくすることを目指しましょう。 どのような相手に使うか ビジネスシーンでお心遣いを使う相手は、主に取引先や目上の先輩や上司などに対してです。 このように相手の心遣い、つまり配慮が見えた場面にお心遣いを使います。 「お心遣い」を使う際の注意点 お心遣いを使用する上ではいくつか注意点があります。 まず、報告書や企画書の中での使用はふさわしくありません。 これらのビジネス文書においては、訓読みである和語は基本的には使われることが適切でないとされているためです。 和語とは日本で作られた言葉のことで、現在日本で使われている訓読みの熟語(例えば、「花畑」や「王様」など)がそれに当たります。 その反対を漢語といい、中国から入ってきた言葉で、音読みで読まれる熟語をさします。 ビジネス文書中では、漢語(音読み)である「ご配慮」がお心遣いとほぼ同じ意味で、より適切だといわれます。 どのような場面で使うか お心遣いは、報告書や企画書などのビジネス文書以外であれば、使用できます。 たとえば、挨拶文やビジネスレターです。 その理由として和語は、それ自体が持つ特有の奥ゆかしさを表現できるといわれています。 挨拶文や相手に謝意を伝えるときには「ご配慮」などの漢語よりも、むしろ相手に気持ちのよい印象を与えることができる長所があります。 もちろん、ビジネスだけでなくプライベートでも大いに活用できます。 お気遣いとお心遣いの違い お心遣いとお気遣いの違いについてたくさんの人がわからないと思います。 どちらも業種や職種を問わずあらゆるビジネスにおいて多用される言葉です。 2つの言葉の違いを具体的に取り上げていきます。 お気遣いの意味 「お気遣い」の意味そのものは、お心遣いとほぼ同義です。 相手の好意に対して、謝意を述べたり遠慮をしたりするときに使います。 違いを上げるうえでの特徴としては、 お気遣いの言葉の成り立ちが「気を遣う」から構成されている点です。 このことから、自分のために神経を使って配慮を示してくれたときなどが適切な使用場面であるといえます。 お心遣いとの違い 「お気遣い」と「お心遣い」は意味はほぼ同じですが、含まれる意味が異なることから細かく使い分ける必要があります。 「お心遣い 」 相手が自分に思いやりのある行為をしてくれたときに使う言葉。 お気遣いが使われるときは、相手から自分への心配や遠慮といった心情が強く表れている場面です。 例えば、客人として招かれたときにお茶を出してくれるなどの相手の行為に対して「お気遣いなく」とはいいますが、 「お心遣いなく」とはいいません。 こちらの環境や今ある状況、心情などを察して相手がしてくれようとしている行為に対して、 「心配(気遣い)する必要はありませんよ。 」と遠慮をする様子を表しています。 ほかの「お心遣い」の類語 「お心遣い」には、ほかにもシーンに合わせて使える類語があります。 「ご配慮」 お気遣い以外の類義語として代表的なものには、先ほども少し触れた「ご配慮」があります。 ご配慮は、挨拶文であっても報告書などの少し堅いシーンであっても問題なく使用することができます。 意味もほとんど同じであるため、自分より年齢や立場が上の人、取引先や敬意を払うべき相手にも共通に使える言葉です。 強いて違いをいうならば、 ご配慮の方がお気遣いよりも広い意味を含んでいるので使用シーンが豊富である、という点です。 たとえば、 こちらから相手に遠慮や配慮を求める際に、「ご配慮願います。 」とはいいますが「お気遣い願います。 」とはいいません。 「心づくし」 「心づくし」とは、相手のために心をこめて何かをしたり、何かを作ったりすることを意味しています。 たいていの場合には、心づくしのあとに名詞をつけてつかうでしょう。 例えば、「心づくしの料理」や「心づくしのおもてなし」などとできます。 「お心入れ」 「お心入れ」は、「心のこもった」と同じ意味で、相手からの心遣いや気遣いを感じる贈り物を形容するのに使われます。 「お心入れの贈り物」と使うのが定型でしょう。 「ご高配」 「ご高配」とは、他人への気遣いや心遣いを丁寧にした表現です。 ビジネスシーンでは、目上の人に、またはフォーマルな手紙や挨拶などにも使われる言葉でしょう。 よく使われる表現では、「平素は、格別のご高配を賜り御礼申し上げます。 」などがあります。

次の

「お気遣い」と「お心遣い」の意味とそれぞれの使い方〜就活にも使える覚えたいマナー

お 心遣い いただき

心遣い・気遣い・気配りの違い 「誰かに対する配慮」といった意味の言葉にも、いろいろな種類があります。 例えば「心遣い」や「気遣い」といったものですが、これらは何気なく使っているものの、こまかい意味の違いについては、意外に気をつけたことがないという人も多いでしょう。 うっかり混同してしまわないためにも、似た言葉の意味をそれぞれしっかり把握しておきたいところです。 そこで今回は、「心遣い」「気遣い」「気配り」という3つの言葉の意味や違いについて、詳しく解説していきます。 心遣い 「心遣い」を辞書で調べると、「あれこれと気を配ること、心配り」というものと、「祝儀、心づけ」の2種類があります。 「心遣い」の「遣」の字は、「工夫して役に立つようにする」といった意味があり、「何かに用事をさせる」といった意味の「使」とは違います。 「気遣い」との違いで言うと、どちらも「気を配ること」を表している点では同様です。 しかし、使い方は完全に同じではありません。 「心遣い」は、主に相手が自分に対し、まごころや思いやりの気持ちを示してくれた時に使われます。 例えば、落ち込んでいる時に激励してくれたりといった際に、「お心遣いありがとうございます」などのように使います。 この場合「お気遣いありがとうございます」という言い方もできますが、「気遣い」の使い方は、「心遣い」と以下のような点で違いがあります。 気遣い 「気遣い」の辞書での意味は、「あれこれと気をつかうこと、こころづかい」というものと、「よくないことが起こるおそれ、懸念」という2種類となっています。 ここでは、前者の意味が問題となります。 辞書に「こころづかい」という言葉が使われているように、「気遣い」と「心遣い」は意味合いがよく似ています。 しかし、前述のように使い方は若干異なります。 「気遣い」が使われる場面は、相手が自分のために、神経を使って何かをしてくれた時です。 例えば相手の家を訪ねた際、お茶をだしてもらった時などに、「どうぞお気遣いなく」といった具合に使います。 この場合「お心遣いなく」とは言いませんから、この点は両者の大きな違いと言えるでしょう。 気配り 「気配り」の意味は、「あれこれと気をつかうこと」「手抜かりがないよう注意すること」といったものです。 また、辞書では「こころづかい」という意味も載っています。 このように、「気配り」もまた、「心遣い」や「気遣い」と意味の上で大差はないと言うことができます。 ただ、ニュアンスには若干の違いがあります。 「気遣い」や「心遣い」は行う相手が限られますが、「気配り」の方は、もう少し広い範囲に向けて行われるのが通常です。 また、「気遣い」などは今現在についての配慮を指しますが、「気配り」は、これから起こることに対して使われることが多いという点も異なります。

次の