水木 しげる。 水木しげるさんの妖怪大全「アマエビ」誤記の謎 「意図ではなく…」

水木しげるさんの妖怪大全「アマエビ」誤記の謎、水木プロに聞いた 「妖怪ファンでは有名」なエピソード(withnews)

水木 しげる

経歴 [ ] 生い立ち [ ] 大塚村(現・大塚町)の商家・飯塚家に生まれた。 飯塚家はを製造したり、屋を営んだりしていたが、父・藤兵衛が「女相手の商売はあわん」という理由で呉服の仕入れをやめてしまったために、布枝が生まれた頃には蔵に残ったを細々と売ったり、テニス用の作りの人を集める元締めのようなことをして生計をたてていた。 また、藤兵衛は村議会議員を務め、戦後、酒の小売の免許をとり、酒屋を始めた。 結婚 [ ] 安来高等女学校(現・)卒業後、二人の姉が相次いで嫁いでいく中、布枝は家に残り、祖母の手伝いをしていた。 祖母も他界して手も空いた頃には結婚適齢期を過ぎ、良い縁談話を待ちわびていたところに、(昭和36年)に(本名・武良茂)とのが舞い込んできた。 間に立ったのは布枝の母の弟で、この叔父の妻の実家が武良家の遠縁だった。 水木の多忙のため、見合いから5日後に結婚式というスピード婚だった。 式場はの灘町後藤のお屋敷 だった。 結婚生活 [ ] 赤貧洗うがごとき当時の水木の生活は、見合い話で聞かされた仲人口とはかけ離れていた。 「東京」のイメージとは程遠い水木の家を初めて見たとき、布枝は声を上げて驚いたという。 常に質屋に入り浸りで、長女が生まれた後には布枝が持ってきた着物まで出されてしまう。 しかし、懸命に漫画を描く水木の姿を見て、布枝は次第に敬意を抱くようになり、やがて自分の誇りにさえ思うようになったという。 漫画の締め切りが迫ると、ベタ塗りなどの単純作業をこなすこともあった。 二女に恵まれ、やがて水木の名が売れて生活も好転したが、代わって水木は漫画の依頼が増え過ぎて殺人的な多忙に苦しめられるようになる。 水木は妻や家族にかまける余裕が無くなり、貧乏時代よりこの頃の方が辛かったかもしれないと布枝は書いている。 ゲゲゲの女房 [ ] に設立された「水木しげる夫妻」ブロンズ像 に著した自伝『』が、4月から9月まで『』においてテレビドラマ化されている。 さらにこの年の11月には映画(制作・配給:)が公開された。 翌年には舞台化もされている。 布枝をモデルとした人物を、テレビドラマではが、映画ではが、舞台ではがそれぞれ演じている。 テレビドラマのヒットを受け、2010年の年間大賞には、「ゲゲゲの〜」が選ばれて受賞している。 また、に夫婦のブロンズ像、安来市大塚町の実家の前に「つなぎ石」の石碑が建てられている。 テレビ出演 [ ]• 2010年、の番組『』に生出演(および夫・水木しげるとともにVTR出演)した。 2010年、の番組『』に出演した。 2010年、NHK総合、、、で放送の『』にゲスト審査員として出演した。 家族・親族 [ ] 実家• 祖母 数え年88歳で亡くなった。 祖父が早世して以来、一人で家を支えていた。 父・ 藤兵衛(呉服商、酒屋、政治家) 明治32年()4月8日生 ~昭和61年()没。 2代目 藤兵衛の次男 、卒。 幼少にして父の死去に遭い、家業の呉服商に従事していたが、17年()の企業整備で老舗を閉鎖 する。 昭和23年()期するところありて、酒類販売を開始した。 旧大塚村時代村議に数回当選し、議長にも推された。 趣味は囲碁、釣。 の創設者と若い頃からの友人だった。 母・ つや子(布部、家島栄隆の妹 )。 兄・ 藤兵衛(元教員) 昭和4年()生まれ。 最初は龍矢と言う名前だったが、父の死後に改名し藤兵衛の4代目を継いだ。 5月31日放送分の『』に妻、娘と出演。 晩年には12月10日放送分の『』に妻と出場(自身にとってはこれが生涯最後のテレビ出演となった)して歌を歌い特別賞を授賞し、その翌年の2月2日に89歳(数え年90歳)で急逝した。 現在は甥(兄の子)の頼寿が藤兵衛の5代目を継いでいる。 姉(2人、1人は近隣にある大きな農家に嫁いだ )• 妹 自家• 夫・ (漫画家・妖怪研究者)• 長女・ 尚子(水木プロ社長)• 、 『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』。 著書 [ ]• 『ゲゲゲの女房 人生は…終わりよければ、すべてよし!! 』、2008年3月。 『ゲゲゲの女房 人生は…終わりよければ、すべてよし!! 』実業之日本社〈〉、2011年9月。 『ゲゲゲの食卓』、2011年4月。 (共著)『ゲゲゲの女房と品格の母が語る 知足安分』、2011年4月。 『「その後」のゲゲゲの女房 あるがままに。 すべてに感謝!! 』、2018年9月。 脚注 [ ] [].

次の

水木しげるさんの妖怪大全「アマエビ」誤記の謎 「意図ではなく…」

水木 しげる

というわけで、今回は「妖怪ビジュアル大図鑑」を紹介します。 本書は、「ゲゲゲの鬼太郎」でおなじみの水木しげるさんが描いた日本各地の妖怪333体を収録。 冒頭では「小豆洗い」や「河童」「べとべとさん」など誰もが知る人気者の妖怪36体を取り上げ、以降は「人間のような姿」「動物のような姿」など姿形で妖怪たちを分類して紹介しています。 一番のおすすめポイントは、オールカラーの絵が美しいこと! 細やかに描かれた妖怪たちは個性豊かで、見た目からして怖いものもいれば、どこかユーモラスなものもいて、見ていて飽きません。 なかには、こじらせ妖怪も。 人を笑わせることが生きがいの「五体面(ごたいめん)」は、自分の姿を見て笑ってくれないと暴れるという厄介な妖怪です。 万が一見かけたら、必ず笑ってあげてください。 この妖怪に取り憑かれると、心にゆとりがなくなり、落ち着きがなくなってしまうそうです。 忙しく動き回ることで、なぜか安心できるんだとか。 この妖怪は江戸時代のころに存在が確認され、取り憑かれる人が増え続けていく一方とのこと。 仕事がたまりがちな休み明けのタイミング、みなさん、くれぐれもご注意ください。

次の

水木しげるのラバウル戦記 (ちくま文庫)

水木 しげる

昨年11月30日に亡くなった漫画家・水木しげる。 太平洋戦争真っ只中の10代の頃から93年の生涯にわたり、水木氏の思想の"背骨"となったのは、ドイツの文豪・ゲーテの言葉だという。 奇しくも遺作となってしまった新著『』(双葉新書)のテーマもまた、その名言の数々だった。 今回、現代ビジネスでは、昨年10月中旬に収録された生前最後のインタビューを同書より抜粋、特別に公開する。 「生と死」「幸福」「仕事」など、ゲーテの言葉に託した、水木氏の最後のメッセージに耳を傾けたいーー。 水木 手に取ったのは十代の終わり頃です。 よく読んだのは、二十代、三十代。 それ以降は、あまり読んでない。 二十歳に近づき、戦争もきびしくなってきて、いつ召集になるかもしれなくなった。 それまでは哲学なんてものとは無縁に生きてきたわけだけど、死の恐怖を克服するために、どうしても読むようななりゆきになったんです。 聖書も何度か読んで、暗記した文章もありますよ。 哲学書は、ゲーテ以外には誰の著作を読まれましたか。 水木 いろんな本を読みましたけどね。 カントだとかヘーゲル、ニーチェ、ショーペンハウエルだとかも、よさそうなので読みましたけど、やっぱりゲーテは全体的に大きくて、頼りになるって感じでしたね。 カントとかヘーゲルは学者ですし、あんまりね。 ゲーテは(ワイマール公国の)宰相ですし、人間として大きいですよ。 普通の人間よりひとまわり大きい。 水木 ゲーテはひとまわり人間が大きいから、読んでいると自然に自分も大きくなった気がするんです。 水木 他の連中は思考して、考えたことを吐露するという感じだけれど、ゲーテの場合は人生とか、人間とか、すべてを含んだ発言なんです。 幅が広いから参考になるわけですよ。 そこへいくとニーチェなんかは特別なときの言葉が多かったように思いますね。 ニーチェはゲーテのファンだったから、ゲーテ哲学に大きな影響を受けているのではないでしょうか。 水木 そうでもないです。 ゲーテは人生をじっくりと味わった言葉ですよねえ。 ショーペンハウエルやニーチェとかは、ケンカ腰で喋るような感じで(共感できなかった)ね。 日本ではニーチェ的な考え方はあまり上手くいかないのと違いますか。 ニーチェというのは他人に勝たなけりゃいかんという苦しい考え方をして、大騒ぎしてるからねえ。

次の