アーバン エア マスク。 Alan Walker のロゴが入った『アーバン・エアーマスク』が、先行予約開始!

【楽天市場】AIRINUM エリナム REUSABLE & LONG

アーバン エア マスク

カジュアル衣料品店「ユニクロ」が機能性肌着「エアリズム」に採用している生地のマスクを開発し、19日から販売を始めた。 多少汗をかいてもサラサラ、ツルツルな感触。 蒸し暑い日本の夏に、エアリズムはなくてはならない存在。 毎年、この時期に肌着を買いだめしている筆者にとって、注目の商品。 意気込んで長蛇の行列に並び入手した。 午前9時前。 いつも通り職場を目指し、神戸市内の会社近くまで来た。 会社の前の大型商業施設に、見慣れぬ行列ができていた。 「何かの売り出しかな」。 赤字に白い文字「ユニクロ」の見慣れたロゴが目に入った。 張り出された紙を読むと、販売前からSNSなどで注目を集めていたエアリズムマスクの整理券を求める人たちの行列だった。 午前10時過ぎからは会議がある。 遅刻はできないと一瞬尻込みしたが、すぐにきびすを返し、行列の最後尾に。 見た感じ200~300人くらいだろうか。 新型コロナウイルスの感染者が日を追うごとに増え、マスクが手に入らなかった時期でもこれほどの行列はみたことがない。 そもそも品がないから、行列にもならないから比較にならないか。 ソーシャルディスタンスを取りながらとあって、どんどん行列が伸びる。 駆け足で加わる人たちもいて、30分後くらいには千人以上になっていたのではないか。 館内アナウンスを聞くと、整理券は計千枚以上は配布したようだ。 店員さんによると、整理券を手に入れることができなかった人も多そう。 神戸でも、ようやくドラッグストアやコンビニでマスクが手に入るようになったが、期待の高さがうかがえる。 やや厚手の手作りマスクをしていた女性は「どうしても、この季節は暑くて我慢できない。 エアリズムのマスクなら涼しいかと思って、朝早くに来たのよ」。 気持ちは分かる。 通販で買った私のマスクは立体型の洗えるタイプ。 通気性は悪くはないが、梅雨時期に入ってから歩くときなどは暑くて、つい外してしまう。 それにしても前に進まない。 並んでいる人たちも、先頭がどうなっているかと、そわそわしながら首を伸ばすようにのぞき込む。 約1時間並び、ようやく整理券を入手。 1人、S、M、Lの各サイズ1パック(3枚入り)ずつ購入できる。 各1袋1089円。 Sは子ども用、Mはやや小さな大人用、Lはさらに一回り大きい。 このサイズ感と、購入システムを一人ずつ説明するのに時間がかかったようだ。 並んでいる人たちに、説明用のビラを配るとか、ネットなどに誘導してお知らせすれば、並ぶ時間は大幅に短縮できただろう。 「午前11時~正午までにお買い求めください」という指示通り、11時半ごろ、店内へ。 店の入り口で整理券と引き替えに3パックを手にした。 「意外にスムーズ」と思った直後、目に入ったのはレジまで続く長蛇の列。 店内を何度もくねくねと回遊。 レジまでの所要時間は約20分。 そういえば、今日身に付けているパンツ、シャツ、下着全てユニクロ。 もちろん肌着はエアリズム。 知らない間にユニクロのヘビーユーザーになっていたとは…。 最新の商品をチェックし、次のターゲットを探しながら並んだので、さほど苦にはならなかった。 さっそく、着用。 生地の質感はさすが。 少し厚手のようだが、さらっとしていて、ひんやり。 夏用ではないというが、これからの時期にはありがたい。 Mがジャストサイズ。 女性記者にも着けてもらった。 Mサイズはやや大きく、Sサイズだと少しきつい。 耳に掛けるひもの部分に伸縮性はあるが、それぞれの顔に合わせる調整機能は改良の余地がありそうだ。 同僚は古くなったエアリズムで手作りマスクに挑戦したらしいが、くたっとして思うような仕上がりにはならなかったらしい。 ツイッターには、行列への不満のコメントが目立つ。 神戸だけでなく、全国的に消費者が押しかけているようだ。 こうも行列ができると、感染防止どころか、集団感染のリスクすら出てくる。 だが、手に入れた人は「おしゃれマスクじゃない感じ。 自分には最高」とのコメントも。 当面、毎週50万パックを生産するらしいので、ほどなくすれば並ばなくても手に入るだろう。 早く手に入れたい方は、時間に余裕を持って、お買い求めを。 (神戸新聞・ネクスト編集部).

次の

5層フィルター構造で水洗いできる!呼気バルブも付いたスウェーデン生まれの高性能マスク「AIRINUM」|@DIME アットダイム

アーバン エア マスク

(フリー素材です) こんにちは藤原のパクチーです! 普通にお店でマスクが買えるのはいつになるのでしょうか…。 政府も「 マスクを一世帯に二枚しか配らない」などと供述していますし、しばらくは品薄状態が続きそうです。 さて、現在、このような状況を危惧した様々な会社がマスクの開発・量産に乗り出しています。 医療分野の企業だけでなく、ファッションブランドや、有名家電メーカーなどが新規事業として開発に着手しており、 今後、それぞれの分野でマスクが様々なカタチの進化を遂げるのではないかと、期待が寄せられています! というわけで、今回は最新マスクの中でも特に注目されている Airinumの「アーバンエアーマスク2. こんにちは。 北欧区です。 発の次世代型アーバンマスク「AIRINUM(エリナム)」が日本初上陸。 本体は手洗い可能。 交換フィルター1枚で約100時間効果が持続するエコフレンドリーな。 MoMA Design Storeでの先行発売は終了。 100時間はフィルター機能が有効で、古くなったらフィルターのみの交換ができるみたいです! なんといってもこのデザインがかっこいいですよね! さすがスウェーデン生まれといったところでしょうか! スポンサーリンク どこで買える? (フリー素材です) 現在、エリナムさんの「アーバンエアーマスク2. 今回のマスクが買えるのはこの2店舗だけです。 実店舗での販売も予定していたようですが、健康と安全を考慮し、オンラインストアでの販売のみとしたようです。 あきらめきれないので、それぞれの入荷予定の案内を以下に記載しておきます。 — Forbes JAPAN forbesjapan.

次の

アーバンエアーマスク 2.0 PK M|ロフト

アーバン エア マスク

日本でも感染者がじわじわと増え始めている。 感染者の増加と共にマスクの需要も右肩上がりとなっている。 世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長も、2月7日の記者会見で、「(マスクや防護服などの)需要は最大で通常の100倍、価格は最大で通常の20倍となっている」とコメントした。 Today in my media briefing on I shared our concerns about severe disruption in the market for protective gear used by health workers and sick people. Demand is up to 100 times higher than normal and prices are up to 20 times higher. 各国のECサイトやフリマアプリなどでは、高機能マスクが高値で販売されている現実もある。 そんな中、東京・京都・大阪にあるニューヨーク近代美術館(MoMA)の公式ストア「MoMA Design Store」で、2月3日にスウェーデン発の高機能マスク「ARINUM アーバンエアーマスク 2. 0」が発売された。 前述のWHO事務局長の言葉を裏付けるかのように、税込7920円と高価格にも関わらず、わずか5時間で売り切れてしまった。 ならばと販売元のARINUM社のサイトを開いてみたのだが、トップページの一番上に「残念ながら、現在すべての製品が完売となっています。 (All products are unfortunately sold out at the moment. )」という注意書きが表示されていた。 まず、日本のMoMA Design Storeでの販売状況を訊いたところ、「日本のMoMA Design Store向けには50個用意していましたが、5時間で完売しました」という。 同社の公式サイトでは、1月29日の時点ですでに全製品が完売していたことも明かしてくれた。 新型コロナウイルスの発生確認後にすべての在庫がなくなったわけだが、「新型コロナウイルス発生前にも、オーストラリアの森林火災の影響でオーストラリアからの購入が増えていました。 通常よりも多くの売上があったため、現在は完全に売り切れ状態となっています」とも話してくれた。 そもそもアーバンエアーマスクは、「世界中の自分自身の健康に対して高い関心を持っていて、健康を維持したい人たちに人気があります」という。 購入者の多くは、「喘息、アレルギー、慢性疾患、または大気汚染のひどい地域に住んでいる人々」だ。 新型コロナウイルス発生後は、世界中のジャーナリスト、インフルエンサー、小売業者、そして一般消費者から無数の問い合わせが入っているという。 マスクの着用が一般的で新型コロナウイルスの脅威が身近なアジア地域だけでなく、南北アメリカやヨーロッパといったマスクを着用することがあまり一般的ではない地域からの問い合わせが急増した。 中国にある製造ラインはストップ。 中国の工場は、「新型コロナウイルスが発生した武漢市からはかなり離れた場所にあります。 工場では無菌状態で作業しています」とのこと。 皮肉にも、世界の工場である中国で新型コロナウイルスが発生してしまったため、現在は「製造ラインがストップした状態」だ。 今後の予定については、「正確なことはまだ見えませんが、製造ラインの再開は4月を目途にしています。 その後、ヨーロッパにも製造拠点を設ける計画です」と話す。 感染症の脅威はすでにチャイナリスクとしてカウントされていたが、新型コロナウイルス発生を受け、今後中国だけに依存するのではなく、複数箇所に製造拠点を構えるというリスクヘッジをかけてくる企業は同社に限らず増えてくるのだろう。 最初から高額であるアーバンエアーマスクの転売状況について訊ねてみた。 すると、「個別のケースについてコメントすることは差し控えますが、一般客を装ってを購入し、定価以上の価格で転売しているケースがあることは把握しています。 誰もが平等に綺麗な空気を吸えることができるようにしたいのが当社の願いなので、当社製品が転売されているのは非常に遺憾です」と語ってくれた。 最後にアーバンエアーマスクのような高機能マスクを本当に必要としている人にメッセージがあるか訊いてみた。 同氏は、「人間は毎日約2万回呼吸します。 空気は人間の生存に不可欠です。 あまり綺麗でない空気を吸うと、私たちの健康に深刻なダメージを与え、喘息、呼吸器疾患、癌、脳卒中、さらには死に至る可能性があります。 実際問題として、大気汚染が原因で年間700万人が命を落としています。 あまりにも多すぎる数字です。 大気汚染、花粉、バクテリアやウイルスなどから自己防衛するため、アーバンエアーマスクはより清潔な空気を呼吸できるようにします。 当社は高機能マスクという製品を通じて、空気の質に対する認識を高めるという使命とともに、地球上のすべての人に綺麗な空気を提供できるようにしたいと考えています」と答えてくれた。 高機能マスクに限らず、マスクが1日も早く安定供給され、必要としている人に十分な数のマスクが行き渡ることが望まれる。 Airinum公式サイト.

次の