もやし と 豚肉 炒め。 もやしの炒め方のコツ・時間は?味付けのおすすめ!|健康♡料理♡美容♡恋愛

豚肉ともやしのネギ塩炒め

もやし と 豚肉 炒め

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

味付けは2パターン!もやし炒めのレシピとコツ:白ごはん.com

もやし と 豚肉 炒め

こんにちは~筋肉料理人です! 今日はもやし料理の基本、豚肉を使った 「もやし炒め」をおいしく作る方法を紹介させていただきます。 もやしの炒めものは、「もやしのシャキシャキ感を活かすために強火でさっと炒める」のが定説ですが、言うはカンタン、 強火でさっと炒めておいしく作るのにはちょっとしたコツがあるんです。 筋肉料理人の「もやし豚」 【材料】2人分• 豚こま肉 80g• もやし 1袋(200g)• サラダ油 小さじ3• 刻みねぎ 適宜 (A)• しょう油、日本酒 大さじ1• 片栗粉 小さじ1 作り方 1. 合わせ調味料を作ります。 タカノツメは種をとり、キッチンハサミで細かい小口切りにして(A)と混ぜ合わせます。 砂糖を入れるのは優しい味にするため。 にんにくを入れるのはもやし独特の匂いを消すため。 片栗粉を入れるのは水っぽくなるのを防ぐためです。 もやしは水にさらし、その後、しっかり水気を切ります。 水気を切ったらボウルに入れ、サラダ油小さじ1を入れ、ボウルを鍋返しの要領でふって混ぜ、もやしにサラダ油をまぶします。 さらしすぎはかえってべちゃべちゃになるのでNG。 フライパンにサラダ油小さじ2を入れて中火にかけます。 熱くなったら豚こま肉を広げて入れましょう。 混ぜながら炒め、 豚こま肉の色が変わったらもやしを入れて、混ぜながら炒めます。 もやしに透明感が出てきたら1のタレを入れて炒めます。 出来れば鍋返しをしながら炒め、タレともやしの水分を飛ばします。 時間をかけて炒めることで味付け後に出る水分を飛ばし、皿に盛り付けた後に水が出ないようにします。 (私のおすすめは中火でしっかり水気を飛ばす炒め方。 水が出にくいし、炒めたもやし独特の食感、味が出ておいしいです) 5. タレがしっかり絡んだら皿に盛り付けます。 刻みねぎをちらして完成です。 もやし炒め、トッピング3選! シャキシャキのもやしに豚のうま味、甘辛のしょうゆ味が絡んでおいしい! ビールがイケる味です。 このまま食べてもおいしいですが、 私はこれにマヨネーズをかけます。 B級の極みって味ですが、これが良いんです。 そして、これに 削り節をたっぷりトッピングするのもおいしいです、身近な調味料、食材を組み合わせるのがおいしい。 ビールのつまみだけでなく、ご飯もモリモリいけます。 ご飯に合わせるのなら塩昆布を使ったアレンジもおすすめです。 基本のレシピのしょう油を小さじ1に減らし、 もやしと一緒に塩昆布8~12gを入れて炒めます。 塩昆布の塩気とうま味が効いて、めっちゃご飯がいけます。 もやし好きのあなたにおすすめのレシピです!.

次の

【みんなが作ってる】 豚肉 キャベツ もやしのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

もやし と 豚肉 炒め

お得食材といえば、もやし! でも、炒めると水が出やすくて味が決まりにくかったり、シャキッとした食感をうまく残せなかったり、悩みも多い食材です。 以前、「絶対ベチャッとしない! 絶品「もやしの塩炒め」の作り方」という記事でも、もやしの上手な炒め方を取り上げましたが、さらにバージョンアップした「絶対シャキッと!」仕上がるもやしの炒め方をご紹介します。 『 』によると、もやし炒めを上手に仕上げるには、水分キープと加熱時間にそのカギがあるとか。 1分ほどおいてざるに上げ、水けをしっかりときりましょう。 この手順を踏むことで、もやしがたっぷりと水を吸って、シャキッと張りのある状態になります。 【ポイント2】オイルでもやしの表面をガード! ポリ袋にもやしを入れてサラダ油を加え、袋をシャカシャカ振るようにしてもやしを動かし、油を全体にまぶします。 もやし1袋(約200g)にサラダ油は小さじ1が適量。 オイルでもやしの表面をコーティングすることで、加熱したときに熱が早く伝わり、水分が逃げるのを防ぎます。 【ポイント3 】1分以上の炒めは厳禁! 炒め時間は強火で約1分、が鉄則。 フライパンの中でちょうどいい堅さまで炒めるのは「炒めすぎ」です。 余熱でもどんどん火が通るので、少し生っぽいくらいで取り出しましょう! これら3つのポイントを押さえれば、ご飯がすすむ「もやし炒め」が速攻でおいしく仕上がります。 ぜひ試してみてくださいね!.

次の