野良猫 親子。 子猫でも野良猫に優しくしてはいけない2つの理由

野良猫の親子がいます。子猫のうち1匹だけ目ヤニにで目が開かない子がい...

野良猫 親子

日中や夕方、散歩に出掛ける姿を見つけたり、夕飯時に餌やりするお宅に訪問したり、ちらほら見掛ける野良猫達。 夜遅い時間に徘徊する姿もありますが、深夜時間帯は寝静まりかえっていると思います。 もちろん繁華街では、深夜から早朝にかけて、人がいなくなってからが餌にありつけるゴールデンタイムかもしれません。 夜行性と言われる猫にはちょうどいい時間かも。 ですが、住宅街の深夜は、寝静まる時間となっているのが多いと思います。 野良猫達はどんな所で寝ているのでしょうか? 寝る場所はどんなところを好む? ざっくり言うと、 雨風しのげる安全な場所。 になります。 猫の祖先は、岩場の陰や、木の隙間や穴を住処にしていたため、その名残で暗くて狭い場所を好むと言われています。 そして、寝る時は無防備になる・・だから安心して寝たい!野良猫達も寝場所探しは必死です。 ただでさえ警戒心強い野良さん達ですからね。 住宅街ではどんな場所で寝ているか?• 家の軒下、床下、天井裏• 倉庫や物置• 家と家の間の物陰• マンション、アパートの建物の物陰• ビニールハウス• 道路の側溝• 河原の橋の下 その他、世話する方がいれば、公園やマンション、アパートの駐輪場の隅などにダンボールでこしらえた小屋みたいなもので寝ていることもあります。 時折、民家の玄関先で寝ていることありますが、警戒心が強い野良猫ですので、普段は目立つような場所を寝床にはしていないと思います。 飼い猫の匂いやゴハンの匂いに誘われて来ているか、放し飼いの猫や元飼い猫かもしれません。 寝床の近くに餌場があることも重要 寝床の近くに餌場があることも重要です。 寝床に適していても餌がなくては生きていけませんので、餌場から遠くない場所というのも重要になってきます。 安心して寝られるのも大事ですが、食べなくては生きていけないので、食べることも同じくらい、それ以上に大事です。 寝床の近くには必ず餌場となる場所があることと思います。 近所の野良猫の寝床 管理人宅の近くに猫屋敷があるのですが、野良猫達はそこで寝泊まりをしています。 そして、猫屋敷のどんなところで!?というと、二ヵ所あって、• 猫屋敷の庭に大きいポリバケツのようなものが複数あり、その上にボロいシートがかかっています。 その中の隙間のようなところ• 使われていないプレハブの下 猫屋敷がどんな家か?と言えば、廃屋やゴミ屋敷をイメージしてもらえればかなり近いと思います。 なにせ管理人も最初は誰も住んでいない家だと思い、それでここに住み着いてしまっているんだなぁ.. なんて思っていましたから。 同じ寝場所で猫達は一緒に寝る? 群れて生活をせず、単独行動をする猫達は、自分の縄張りを持っていて、縄張りの範囲で生活しています。 ですので、一緒に暮らすのは通常、母猫と仔猫の間柄だけです。 それぞれの猫が縄張りの中で寝床を見つけて生活しているのが普通です。 しかし、人から餌を与えられ餌に困ることがない野良猫達は、縄張り争いをして自分の餌を確保するのにそこまで必死になる必要がありません。 このような事情から縄張りは持つにせよ他の野良猫達と共有ができます。 管理人の近所の野良猫達も住処を共有して使っており、夜な夜な決まって集まり、その住処で寝泊まりしています。 子供を守らなくちゃ!母猫が寝床を変える。 ミーミー、ミャーミャー仔猫の鳴き声がするな。 と、人が覗いたり見に行ったりすると、母猫がシャーっと威嚇することがあります。 子供を守らなくちゃ!と本能的な行動です。 少しでも不安を感じれば、母猫が仔猫の襟首咥えて、寝床を移動することがあります。 管理人の近所の母猫も2回寝床を変えているのを見かけました。 野良猫達の寝場所は見つけられる? 雨風しのげる安全な場所・・とは言ったものの、どこを寝場所にしているかよくわからない。 いや、野良猫達の安息の寝場所を見つけることは無粋。 邪魔しちゃいけない。 とは思いつつ去勢・不妊を行う為だったり、仔猫の保護が必要だったりもあるやも。 成功するかはさておき、こんなことを試すのはいかがでしょうか?• 少し大きめの魚を与えてみる。 夜な夜な徘徊して怪しそうな物陰にペンライトを照らしてみる。 新雪の足跡をたどってみる。 寝床が見つかったら、身の危険を感じて寝場所を移動することもあります。 興味本位で野良猫の生活圏に踏み込むのは控えましょう。 この他、母猫が仔猫を育てている場合、母猫が自分の餌を食べに出掛ける際に住処から仔猫が顔を出してしまっていたり、母猫が授乳を終えてすっかり油断している時などに住処付近で母猫と仔猫がくつろいでいる姿を見かけたりします。 時間帯によっても見つけやすい時間というのもあると思います。 以上になります。 環境によって異なる部分もありますが、大体は以上のような所で寝泊まりしていると思います。 (夏冬や住宅街、繁華街、都心と田舎などで寝場所を含め行動が違ってくることもあります。

次の

野良猫を捕獲する方法【子猫と成猫・なれていない猫】

野良猫 親子

家で飼われている猫の多くは避妊や去勢手術をしていると思いますが、野良猫は基本的には避妊去勢手術はしていません。 ボランティアで避妊去勢手術を受けている地域猫もいますが、多くの猫は避妊去勢手術をしていない状況です。 すると、どうなるかというと子猫をどんどん生む事になります。 猫は妊娠しやすい動物で、しかも多胎動物なので一度に複数の子猫を生みます。 でも気になる事があるのですが、野良猫は一体どこで出産するのでしょうか?街を歩けば、たくさん野良猫を見ますが、出産している場面を見たことはありません。 ただ、産んだ子猫を引き連れて移動している姿は何度も見たことがありますし、我が家の庭に来る事もあります。 でも数日間でいなくなるので他の場所に移動していると思うのですが、一体どこに移動するのか気になります。 そ こで今回は野良猫の出産や出産後の行動について見ていきたいと思います。 我が家でも出産間もない子猫を庭で見たことがありますが、どのように対応したかについての実体験など もお話ししたいと思います。 スポンサーリンク Contents• 野良猫はどんな場所で出産するの? 先ずは野良猫の出産場所についてですが、基本的には動物が出産する場合には安全な場所を確保します。 野良猫の場合も一緒で基本的には目立つ場所は避けます。 例えば民家のある場所なら家と塀の間の狭い空間とか床下などの場合もあります。 または人があまり来ないような草むら等の比較的安全な場所を選びます。 尚、避けるのは人ばかりではありません。 子猫はカラスなどにも狙われるので総合的に安全な場所を本能的に探して出産場所とするようです。 ただし、適当な場所が見つからなかったり、急に産気づいてしまった場合などはこの限りではありません。 猫の妊娠期間や 1 回で産む頭数はどの位?生涯ではどの位の子猫を産むの? 猫の妊娠期間は概ね 2 ヶ月です。 大体 60 日余りで出産します。 猫が 1 回に出産する頭数は年齢によっても変わりますが、成猫の場合で 3 匹から 5 匹位です。 また猫は 7 歳位からシニアと呼ばれますが、 10 歳位のシニア猫でも出産します。 ただし、高齢の場合には出産の頭数も減りますし出産のリスクも増えます。 因みに猫の発情期は年に 2 回あるので年間で 6 匹~ 10 匹の子猫を産む事になります。 また、猫は生後 6 ヵ月から 1 年の間には妊娠可能となりますが、仮に 1 歳から 10 歳まで毎年出産した場合には単純計算で 60 匹から 100 匹の子猫を産む計算となります。 その主な理由が天敵であるカラスなどの外敵に襲われたり交通事故に会ったり、あるいは感染症などが原因との事です。 つまり、猫は生涯でたくさんの子猫を産みますが、生後 6 か月以上生き延びるのはその 4 分の 1 程度なのです。 そんな野良猫ですが、もしあなたの家の庭で出産したらどうしますか? 野良猫が自宅の庭で出産したらどうすればいい? 猫が知らぬ間に自宅の庭で出産するという話はよく聞きます。 出産しないまでも親猫が子猫を引き連れて暫くの期間、庭に住み着く事もありますが、そのような場合にはどうしたらいいのでしょうか? 理想を言えば子猫を保護して母猫は避妊手術をする事ですが、万が一にも近所の飼い猫だった場合、勝手なことをしたらトラブルの元となりますので、うかつな事はできません。 仮に誰の飼い猫でもない事が分かっていても、なかなかそこまでできる人はいないのではないかと思います。 仮に野良猫が庭で出産した場合、もし母子ともに問題なければ放置しておけば、何れは引越しをします。 我が家でも親猫が 3 匹くらいの子猫を連れて数日間過ごす事はありますが、基本的には見守る事にしています。 心配しなくても数日経てばいなくなります。 でも、そこで可哀想だからと餌などを与えたら、そこに住み着いてしまいますので、餌を与えるのはやめるべきです。 基本放置すれば数日で引っ越します。 猫が引越しをする理由ですが、同じ場所に住んでいるとどうしても匂いが残るので外敵から身を守るという習性上、しばらくしたら引越しをするのです。 このように定期的に住み家を変える事で外敵から身を守りつつ、子猫がある程度成長したら狩りを教える為に食料を確保しやすい環境を探すのです。 ですので、仮にあなたの家の庭先で出産したり、引っ越してきた場合でもしばらくしたらいなくなります。 野良猫は出産した後はどこに行くの? このように野良猫は出産後は住み家を探し求めて転々とします。 出産場所からどの位の期間で居なくなるかはその時の環境にもよるので一概には言えませんが、猫の習性上一つの場所に居続ける事はありません。 母猫がある程度落ち着いて子育てできるような場所を探し求めて何度か移動をします。 そして生後 4 か月位から親離れが始まります。 親離れした子猫ですが、メス猫の場合は母親のテリトリー内かその近くを自分のテリトリーとしますがオス猫の場合には他のエリアに移動します。 母親のテリトリーよりも少し離れた場所に移動する理由は本能的に近親交配を避ける為とも考えられています。 まとめ 野良猫は人目につかない安全な場所で出産します。 そして出産後、しばらくしたらまた引っ越しをします。 このように住み家を転々とする行動はしばらく続きます。 住み家を転々とする過程で仮にあなたの家の庭にやって来たとしても、しばらくしたら居なくなります。 しかしここで餌など与えてしまったら、当分そこに住み着く事になりますので、餌を与えるのだけはやめましょう。 また、生後間もない子猫の場合には触らないようにしましょう。 人間の匂いが付いたら母猫が育児放棄をしますので、もしあなたの家の庭で猫の親子を見つけても決して触らず、遠くから見守る程度にしておきましょう。

次の

子猫でも野良猫に優しくしてはいけない2つの理由

野良猫 親子

犬は人に付き、猫は家に付く という諺があるように、猫は住み着いた場所に執着すると言われています。 もちろん住み着いた場所には、寝床や餌場があり、繁殖が行え、天敵など身の危険が少ない、安全な場所を選んでいることでしょう。 それでも時折、よく見かけた野良猫を見なくなったり、少し離れた場所で目撃したり、引っ越しでもしたのかな?なんて思うことがあります。 野良猫って引っ越しはするのでしょうか? 前述で住み着いた場所について少し触れましたが、野良猫の習性から考えると理解しやすいかもしれません。 野良猫は自分の縄張り(テリトリー)を持っている 野良猫は、住んでいる場所を中心に、半径200~500m(メスはその半分)程度の範囲を生活圏としています。 この中で、住処の付近には寝場所、休憩場所、見張り場所を持っています。 そして、行動圏には、餌場・狩場、休息場所となる一休みできる場所、身を隠せる場所、暖まれる場所、など様々な理由で定期的に訪れる場所を持っています。 普段はこの住んでいる場所を中心に、自分のテリトリー内をパトロールのように定期的に訪れ生活をしています。 野良猫は自分で餌を確保しなければいけない 群れを作らず、1匹で狩りをする。 だから縄張りを持ちます。 この縄張りの中で餌を確保し生活をしていきますので、自分の縄張りを他の猫に取られてしまうと大変です。 このため、1日の中で定期的に自分の縄張りをパトロールするように訪れるのです。 そして、他の猫と縄張り争いがあるのもこのためです。 縄張りを奪われてしまったら死活問題ですからね。 人だってそうですね、縄張り争いや抗争ってつきもの。 任侠やマフィアの世界は、利権が掛かかれば命がけ。 やはり死活問題なので。 エサにありつけなければ、引っ越しもある 野良生活では、餌やりする人がいなければ、エサが豊富にあることの方が少なく、飢えればエサを求めて移動する場合があります。 そうなれば、住み慣れた縄張りを離れ、新たな縄張りを求めて彷徨うことはあるでしょう。 身の危険を感じて、引っ越し 何かしら身の危険を感じれば、移動をせざるを得ない場合もあるでしょう。 住処だった場所に野生動物が訪れるようになってしまったり、人の手が入ってしまったり、冬になり草木が枯れたせいで身を隠す場所がなくなってしまうことだってあるでしょう。 また、近所の人が犬を飼い出した。 犬の臭いを嫌って移動をすることも考えられます。 縄張りを追い出されてしまったために、引っ越しを余儀なくされる 新たな餌場、住処を求めて彷徨う流れ猫と縄張り争いになることもあります。 ケンカに負けて他の猫に追われれば、引っ越しをせざるを得なくなることがあります。 縄張りを奪う方も守る方も必死です。 ちょっと追い払う程度で済まないこともあり、大怪我をしてしまう場合もあるくらいです。 本当に必死です。 若猫の巣立ち、母猫の元から新たな場所へ、引っ越す 生後3ヵ月も過ぎれば、母猫は次の繁殖に備え、徐々に子離れしていきます。 メス猫は母猫と一緒に住処に留まることもありますが、オス猫は別です。 母猫がきつくあたったり、追い払われたりする場合があります。 オス猫は、生後1年もすれば発情し、交尾をすることができるようになります。 このため、 近親交配を避けるためには、本能的に必要なことなのでしょう。 ケンカに負けた猫が他の地域に移動すれば、異なる血を入れて繁殖していけますから。 子連れの母猫の引っ越し 子育ての時期には、数回引っ越しをする場合があります。 天敵から身を守るため、より安全な場所を求めて• 住処の衛生面から移動する ずっと同じ場所に留まっていると、徘徊して獲物を探す野生動物に襲われる危険性があります。 そう思えば、まだ歩けるか歩けないかの仔猫の襟首咥えて移動する理由もわかります。 これは、室内飼いの飼い猫も寝場所を移動することがあるように、自然の中で生きてきた祖先がこうして身を守ってきた本能的なものなのでしょう。 また、住処にずっと留まっていれば、不衛生な状況になることも考えられます。 そうなれば病気の心配も出て来ます。 それから臭いで天敵に気付かれる場合もあるでしょう。 こういった理由もあるかもしれません。 餌場がなくなったら引っ越しするのか?(管理人の近所の野良猫のケースより) 管理人の近所の野良猫達の中には、住処を移動した猫がいます。 管理人の自宅の近くに猫屋敷があります。 この猫屋敷は、雑然とした敷地で広さもそれなりにあったため身を隠す場所が多く、こちらの住民が定期的に餌も与えるため、住処とするには適した場所でした。 こちらでは、6匹程の野良猫達が住処として利用していました。 (他にも餌を求めて行き来する猫がいるので、10匹以上いる感覚です) この猫屋敷の住民が一時期、餌やりを止めた時期があり、餌やりを止めてから1ヵ月経過した辺りから徐々に移動をした様子でした。 移動後は、住処として使っているのは2匹のみで、他4匹は定期的には訪れているようですが、頻繁に目撃することもなくなっています。 他4匹の移動先は、500m程度離れた先にもう1軒の猫屋敷があるのですが、ほとんどはそちらに移動したようです。 管理人の住む地域では、餌やりをする住民が複数いるため、餌には事欠かない環境です。 このためか縄張り争いでケンカをする様子はあまりなく、野良猫達は縄張りを共有できる環境で暮らしています。 ・・・後日談ですが、近所の猫屋敷の住民が餌やりを再開し、移動した猫達が再び戻ってくることになりました。 以上になります。 他にも猫嫌いな人間にとっ捕まり、強制的に引っ越しさせられるなんてこともあるでしょう。 野良猫の普段の寝床。 こちらもご参考ください。

次の