大宮 サティ 映画。 イオン大宮店

イオンシネマ大宮のアクセス・上映時間・映画館情報|映画の時間

大宮 サティ 映画

概要 [ ] パリ音楽院在学中にピアノ小品『』『』『』などを発表。 カフェ・コンセール『黒猫』に集う芸術家の1人となり、やと交流(のちにカフェ・コンセール『オーベルジュ・デュ・クル』に移る)。 のために『』を作曲。 またカフェ・コンセールのためのいくつかの声楽曲を書く。 よく知られる『』はこの時の作品。 と関係し、いくつかの小品を書く。 同一音形を繰り返す手法を用いた『』『』なども書いた。 なお『』というのは彼が自分の作品全体の傾向を称してもそう呼んだとされ、主として酒場で演奏活動をしていた彼にとって、客の邪魔にならない演奏・家具のように存在している音楽というのは重要な要素だった。 そのことから彼は現在ののルーツのような存在であるともいえる。 また『』『』『』『』『』『』のように、作品に奇妙な題名をつけたことでも知られる。 及びにも党籍を置いていた(当初は社会党に入党していたが、共産党結党と同時に移籍)。 ドビュッシーとの交友関係もよく知られる。 作風 [ ] それまでののあり方が膨張していた時代に、彼は様々なの伝統に問題意識を持って作曲し続け、革新的な技法を盛り込んでいった。 たとえば、若い頃にに入り浸っていた影響もあり、を自作品に採り込んだのは、彼の業績の一つである。 そこではは放棄され、和声進行の伝統も無視され、並行音程・並行和音などのにおける違反進行もが書かれた。 後にやも、を扱うことによって、既存の音楽にはなかった新しい雰囲気を醸し出すことに成功しているが、この大きな潮流は、サティに発するものである。 生涯サティへの敬意について公言し続けたラヴェルは、ドビュッシーこそが並行和音を多く用いた作曲家だと世間が見なしたことに不満を呈しており、その処女作『』において既にドビュッシーよりも自分が先に並行和音を駆使したと述べ、それがサティから影響を受けた技法であることにも触れている。 また、彼の音楽は厳密なからはずれた自由な作風のため、の表記も後に捨てられた。 したがって、臨時記号は1音符ごとに有効なものとして振られることになった。 についても自由に書き、・・・も後に廃止された。 を書かずとも、もしそこの音の中に調性があればそれが現実であり、や小節線などを書かずとも、もしそこの音の中に拍子感があればそれが現実であるとみなしていたため、実際には、それらが書かれていないからといって、調性や拍子が必ずしも完全に存在しないわけではなかった。 散文的に、拍節が気紛れに変動するような作品も多く存在し、調性とはほど遠い楽句や作品も多く生み出されている。 これらは、どんな場合にも完全に放棄されたわけでなく、最晩年の『ノクターン』や『』のように、読譜上の便宜面からの配慮によって、拍子記号・調性記号・小節線を採用した作品がまれにある。 のあり方についての新しい形は、特にがそれを受け継ぎ、大きく発展させ、後のへと続くことになった革新の発端と見なされている。 また、についての問題提起は、後のにおける多くの試みの発端とされ、などにまでつながる潮流の源流になっている。 崩壊のひとつの現象として、が西洋音楽史上の記念碑と見なされているが、それが依然として3度集積による和声だったのに対し、サティは3度集積でない自由で複雑な和音を彼の耳によって組み込んだ。 これは、解決されないや3度集積によらない和音を書いた以降はじめての和声的な革新とされている。 この影響によって、印象主義からの音楽においては、自由な和声法による広い表現が探求されることになった。 また、的見地においても彼は多くのあり方を導入したとされ、鑑賞するだけの芸術作品ではない音楽のあり方をも示した。 『』に縮約されているように、ただそこにあるだけの音楽という新しいあり方は、やたちによるに影響を与えた。 また、『』における840回の繰り返し・『』第3曲結尾部における267回の繰り返し・『』第16曲「タンゴ」や映画『幕間』のための音楽における永遠の繰り返しは、たちによるの先駆けとされている。 サティが始めた多くの革新は、過去の音楽や、他の民族音楽などの中に全くないものではなかったものの、ほとんどが彼独自のアイデアにもとづいたものであるため、現代音楽の祖として評価は高く、多くの作曲家がサティによる開眼を公言している。 最後の作品となったバレエ『』では、幕間に上映された映画『幕間』のための音楽も担当した。 またその映画の中でと共にもしており、最晩年の姿を見ることができる。 生涯 [ ] 自画像• - にて誕生。 でをうける。 - 父アルフレッド・サティがをやめ、パリに移住。 - 人の母ジェイン死亡。 に住む父方の祖父母に預けられ、として再度洗礼。 教会のに魅せられ入り浸る。 - 祖父ジュール・サティがエリックにヴィーノのもとで音楽を学ばせる。 - 祖母ユラーリがオンフルールの浜辺でで発見される。 サティは父のいるパリへ再度移住。 - に入学。 父アルフレッドがピアノ教師だったユージェニ・バルネシュと再婚。 - 音楽院が退屈すぎ退学する。 - 酒場のピアノ弾きになる。 - で日本の歌謡にふれる。 - 薔薇十字教団創始者ジョセファン・ペラダンと出会う。 - 聖杯の薔薇十字教団聖歌隊長に任命される。 - と交際を始め、彼女に300通を超える手紙を書く。 6ヵ月後に絶交。 - 入学。 - シュヴィヤール演奏会の会場でで決闘し、に留置される。 - スコラ・カントルム卒業。 パリ郊外の急進社会主義委員会に入党。 - 詩人と知り合う。 - パリのの芸術家たちと交流し、自身もメンバーとなる。 - 聖ジョセフ病院にてのため死去。 の公共墓地に埋葬。 作品 [ ] 詳細は「」を参照 舞台作品 [ ]• あやつり人形劇『ブラバンのジュヴィエーヴ』 - 1899年• 喜歌劇『思春期』(別名「愛の芽生え」「いとしい奴」とも)• 喜歌劇『メドゥーサの罠』 - 1913年• グノーの歌劇『にわか医師』のためのレチタティーヴォ - 1923年• バレエ音楽『ユスピュ』 - 1892年• パントマイム『びっくり箱』 - 1929年(編曲)• バレエ音楽『』 - 1917年• バレエ音楽『メルキュール』 - 1924年• バレエ音楽『(ルラーシュ)』 - 1924年• バレエ幕間に上映された「映画『幕間』のための音楽」を含む• 劇付随音楽『ソクラテス』 - 1920年• 劇付随音楽『星の王子』(原曲は消失) - 1891年• 「救いの旗」のための頌歌• ナザレ人• 天国の英雄的な門への前奏曲• 夢見る魚• サーカス劇『5つのしかめっ面』 - 1914年 ピアノ曲(作曲年代順) [ ]• アレグロ• ワルツ=バレエ - 1885年• 幻想ワルツ - 1885年• 4つのオジーヴ(尖弓形) - 1886年• 3つのサラバンド - 1887年• 3つの - 1888年• (6曲) - 1890年• の最初の思想 - 1891年• 「星たちの息子」への3つの前奏曲 - 1891年• バラ十字教団のファンファーレ - 1892年• ナザレ人の前奏曲I、II - 1892年• エジナールの前奏曲 - 1892年? 祈り - 1893-1895年 断片• - 1893-1895年• ゴシック舞曲(副題「我が魂の大いなる静けさと堅固な平安のための9日間の祈祷崇拝と聖歌隊的協賛」) - 1893年• 天国への英雄的な門への前奏曲 - 1894年• 冷たい小品 - 1897年• 舞踏への小序曲 - 1900年• 貧しき者の夢想 Robert Cabyによる校訂 - 1900年• 世俗的で豪華な唱句 - 1900年• 愛撫 - 1897年• - 1900年• エンパイア劇場のプリマドンナ• 夢見る魚• ビックリ箱 - 1899年• 壁紙的な前奏曲 - 1906年• パッサカリア - 1906年• 12の小コラール - 1906年• 2つの夜の夢 - 1911年• 新・冷たい小品 - 1906年?• - 1912年• - 1912年• - 1913年• - 1913年• あらゆる意味にでっちあげられた数章 - 1913年• - 1913年• - 1913年• 子供の音楽集 - 1913年• 童話音楽の献立表• 絵に描いたような子供らしさ• はた迷惑な微罪• 新・子供の音楽集 - 1913年• メドゥーサの罠• 踊る操り人形• 5つのしかめっ面• 世紀的な時間と瞬間的な時間 - 1914年• 嫌らしい気取り屋の3つの高雅なワルツ - 1914年• 最後から2番目の思想 - 1915年• (全21曲) - 1914年• ラグ・タイム・パラード• (全3楽章) - 1917年• パンダグリュエルの幼年時代の夢 - 1919年• 最初のメヌエット - 1920年• シネマ• 梨の形をした3つの小品(4手連弾) - 1903年• 不愉快な概要(4手連弾) - 1908〜12年• 馬の装具で(4手連弾) - 1911年• パラード• 組み立てられた3つの小品(4手連弾と小管弦楽団)• (管弦楽曲、または4手連弾) - 1920年• ハンガリーの歌(未完)• 「ヒザンティン帝国の王子」前奏曲(消失)• クリスマス(消失)• 詩篇(消失)• バレエのための物語(消失)• アリーヌ・ポルカ• 2つの物• バスクのメヌエット• 不思議なコント作家• ピエロの夕食• シャツ• フーガ・ワルツ• 「思い出」のライトモティーフ• 野蛮な歌• 皿の上の夢• 薔薇の指への夜明け• 若い令嬢のためにノルマンディの騎士によって催された祝宴 そのほかの器楽曲 [ ]• (全3曲、ヴァイオリンとピアノ) - 1914〜15年• いつも片目を開けて眠るよく肥った猿の王様を目覚めさせる為のファンファーレ(2トランペット) - 1921年• 2つの弦楽四重奏曲 - (作曲年不詳)• 再発見された像の娯楽(オルガンとトランペット)• シテール島への船出(ヴァイオリンとピアノ)• - 1920年 宗教曲 [ ]• 貧者のミサ• 信仰のミサ(オルガン曲)(消失) 歌曲 [ ]• 3つの歌曲• シャンソン• やさしく• こんにちは、ビキ• エリゼ宮の晩餐会• ピカドールは死んだ• 子供の殉教• 空気の幽霊• オックスフォード帝国(歌詞散逸)• 歌詞のない3つの歌曲• いいともショショット• 中世の歌• 3つの恋愛詩• 4つのささやかなメロディ• 潜水人形• 十代の合唱• 神の赤い信条• ベストを着た肖像• おーい! おーい!• 医者の家で• 戦いの前日• ポールとヴィルジニー• 大きな島の王様• ロクサーヌ(消失)• 乗り合いバス• カリフォルニアの伝説 語録 [ ]• 「肝心なのはを拒絶することではないんだよ。 なんとしてもなど受けるような仕事をしないでいることが必要なんだ」(ジャン・コクトーに対して)• 「皆自分たちのしたいことをちょっとやりすぎると、君は思わないかい」 ギャラリー [ ]• と『幕間』の撮影 1924年 サティに因んだ作品 [ ]• ヴェクサシオン - の小説(1987年)• ぶよぶよカルテット - 著のライトノベル。 - の楽曲。 - の楽曲。 アーモンド入りチョコレートのワルツ - 著の短編集。 - の楽曲。 サーフサイド・サティ - の課題曲。 著書(訳書) [ ]• 『エリック・サティ詩集』 編訳 1989、新版1994、1997• 『卵のように軽やかに サティによるサティ』 ・編訳 〈筑摩叢書〉 1992/ 2014• 『書簡から見るサティ』オルネラ・ヴォルタ編著、・訳 1993• 『エリック・サティ文集』オルネラ・ヴォルタ編、訳 1997 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 エリック・サティに関連する および があります。 オルネラ・ヴォルタ編「エリック・サティ文集」岩崎力訳 白水社 1997• オルネラ・ヴォルタ編著「サティとコクトー 理解の誤解」訳 1994• 「エリック・サティ覚え書」 1990、新装版2005、2015• として無料で入手可能。 関連書籍 [ ]• 『エリック・サティ』・訳 深夜叢書社 1976• 『睡れる梨へのフーガ エリック・サティ論』深夜叢書社 1977• 『サティ 音楽の手帖』 1981• アンヌ・レエ『エリック・サティ』訳 白水社 1985/ 2004• 『夜の音楽 ショパン・フォーレ・サティ ロマン派から現代へ』• ・・訳 シンフォニア 1986• オルネラ・ヴォルタ『サティイメージ博物館』訳 1987• 『サティ弾きの安息日』 1992• 島田璃里『サティ弾きの休日』 2003• オルネラ・ヴォルタ『エリック・サティの郊外』昼間賢訳 早美出版社 2004• 『 総特集 エリック・サティの世界』、2016年1月 臨時増刊号。 責任編集 出典・脚注 [ ]• 『卵のように軽やかに サティによるサティ』 エリック・サティ著 秋山邦晴・岩佐哲男訳 訳者あとがき 302P,304P• 『卵のように軽やかに サティによるサティ』 エリック・サティ著 秋山邦晴・岩佐哲男訳 訳者あとがき 303P,304P.

次の

109シネマズ菖蒲(埼玉県久喜市)映画館、シネコン、上映スケジュール

大宮 サティ 映画

概要 [ ] パリ音楽院在学中にピアノ小品『』『』『』などを発表。 カフェ・コンセール『黒猫』に集う芸術家の1人となり、やと交流(のちにカフェ・コンセール『オーベルジュ・デュ・クル』に移る)。 のために『』を作曲。 またカフェ・コンセールのためのいくつかの声楽曲を書く。 よく知られる『』はこの時の作品。 と関係し、いくつかの小品を書く。 同一音形を繰り返す手法を用いた『』『』なども書いた。 なお『』というのは彼が自分の作品全体の傾向を称してもそう呼んだとされ、主として酒場で演奏活動をしていた彼にとって、客の邪魔にならない演奏・家具のように存在している音楽というのは重要な要素だった。 そのことから彼は現在ののルーツのような存在であるともいえる。 また『』『』『』『』『』『』のように、作品に奇妙な題名をつけたことでも知られる。 及びにも党籍を置いていた(当初は社会党に入党していたが、共産党結党と同時に移籍)。 ドビュッシーとの交友関係もよく知られる。 作風 [ ] それまでののあり方が膨張していた時代に、彼は様々なの伝統に問題意識を持って作曲し続け、革新的な技法を盛り込んでいった。 たとえば、若い頃にに入り浸っていた影響もあり、を自作品に採り込んだのは、彼の業績の一つである。 そこではは放棄され、和声進行の伝統も無視され、並行音程・並行和音などのにおける違反進行もが書かれた。 後にやも、を扱うことによって、既存の音楽にはなかった新しい雰囲気を醸し出すことに成功しているが、この大きな潮流は、サティに発するものである。 生涯サティへの敬意について公言し続けたラヴェルは、ドビュッシーこそが並行和音を多く用いた作曲家だと世間が見なしたことに不満を呈しており、その処女作『』において既にドビュッシーよりも自分が先に並行和音を駆使したと述べ、それがサティから影響を受けた技法であることにも触れている。 また、彼の音楽は厳密なからはずれた自由な作風のため、の表記も後に捨てられた。 したがって、臨時記号は1音符ごとに有効なものとして振られることになった。 についても自由に書き、・・・も後に廃止された。 を書かずとも、もしそこの音の中に調性があればそれが現実であり、や小節線などを書かずとも、もしそこの音の中に拍子感があればそれが現実であるとみなしていたため、実際には、それらが書かれていないからといって、調性や拍子が必ずしも完全に存在しないわけではなかった。 散文的に、拍節が気紛れに変動するような作品も多く存在し、調性とはほど遠い楽句や作品も多く生み出されている。 これらは、どんな場合にも完全に放棄されたわけでなく、最晩年の『ノクターン』や『』のように、読譜上の便宜面からの配慮によって、拍子記号・調性記号・小節線を採用した作品がまれにある。 のあり方についての新しい形は、特にがそれを受け継ぎ、大きく発展させ、後のへと続くことになった革新の発端と見なされている。 また、についての問題提起は、後のにおける多くの試みの発端とされ、などにまでつながる潮流の源流になっている。 崩壊のひとつの現象として、が西洋音楽史上の記念碑と見なされているが、それが依然として3度集積による和声だったのに対し、サティは3度集積でない自由で複雑な和音を彼の耳によって組み込んだ。 これは、解決されないや3度集積によらない和音を書いた以降はじめての和声的な革新とされている。 この影響によって、印象主義からの音楽においては、自由な和声法による広い表現が探求されることになった。 また、的見地においても彼は多くのあり方を導入したとされ、鑑賞するだけの芸術作品ではない音楽のあり方をも示した。 『』に縮約されているように、ただそこにあるだけの音楽という新しいあり方は、やたちによるに影響を与えた。 また、『』における840回の繰り返し・『』第3曲結尾部における267回の繰り返し・『』第16曲「タンゴ」や映画『幕間』のための音楽における永遠の繰り返しは、たちによるの先駆けとされている。 サティが始めた多くの革新は、過去の音楽や、他の民族音楽などの中に全くないものではなかったものの、ほとんどが彼独自のアイデアにもとづいたものであるため、現代音楽の祖として評価は高く、多くの作曲家がサティによる開眼を公言している。 最後の作品となったバレエ『』では、幕間に上映された映画『幕間』のための音楽も担当した。 またその映画の中でと共にもしており、最晩年の姿を見ることができる。 生涯 [ ] 自画像• - にて誕生。 でをうける。 - 父アルフレッド・サティがをやめ、パリに移住。 - 人の母ジェイン死亡。 に住む父方の祖父母に預けられ、として再度洗礼。 教会のに魅せられ入り浸る。 - 祖父ジュール・サティがエリックにヴィーノのもとで音楽を学ばせる。 - 祖母ユラーリがオンフルールの浜辺でで発見される。 サティは父のいるパリへ再度移住。 - に入学。 父アルフレッドがピアノ教師だったユージェニ・バルネシュと再婚。 - 音楽院が退屈すぎ退学する。 - 酒場のピアノ弾きになる。 - で日本の歌謡にふれる。 - 薔薇十字教団創始者ジョセファン・ペラダンと出会う。 - 聖杯の薔薇十字教団聖歌隊長に任命される。 - と交際を始め、彼女に300通を超える手紙を書く。 6ヵ月後に絶交。 - 入学。 - シュヴィヤール演奏会の会場でで決闘し、に留置される。 - スコラ・カントルム卒業。 パリ郊外の急進社会主義委員会に入党。 - 詩人と知り合う。 - パリのの芸術家たちと交流し、自身もメンバーとなる。 - 聖ジョセフ病院にてのため死去。 の公共墓地に埋葬。 作品 [ ] 詳細は「」を参照 舞台作品 [ ]• あやつり人形劇『ブラバンのジュヴィエーヴ』 - 1899年• 喜歌劇『思春期』(別名「愛の芽生え」「いとしい奴」とも)• 喜歌劇『メドゥーサの罠』 - 1913年• グノーの歌劇『にわか医師』のためのレチタティーヴォ - 1923年• バレエ音楽『ユスピュ』 - 1892年• パントマイム『びっくり箱』 - 1929年(編曲)• バレエ音楽『』 - 1917年• バレエ音楽『メルキュール』 - 1924年• バレエ音楽『(ルラーシュ)』 - 1924年• バレエ幕間に上映された「映画『幕間』のための音楽」を含む• 劇付随音楽『ソクラテス』 - 1920年• 劇付随音楽『星の王子』(原曲は消失) - 1891年• 「救いの旗」のための頌歌• ナザレ人• 天国の英雄的な門への前奏曲• 夢見る魚• サーカス劇『5つのしかめっ面』 - 1914年 ピアノ曲(作曲年代順) [ ]• アレグロ• ワルツ=バレエ - 1885年• 幻想ワルツ - 1885年• 4つのオジーヴ(尖弓形) - 1886年• 3つのサラバンド - 1887年• 3つの - 1888年• (6曲) - 1890年• の最初の思想 - 1891年• 「星たちの息子」への3つの前奏曲 - 1891年• バラ十字教団のファンファーレ - 1892年• ナザレ人の前奏曲I、II - 1892年• エジナールの前奏曲 - 1892年? 祈り - 1893-1895年 断片• - 1893-1895年• ゴシック舞曲(副題「我が魂の大いなる静けさと堅固な平安のための9日間の祈祷崇拝と聖歌隊的協賛」) - 1893年• 天国への英雄的な門への前奏曲 - 1894年• 冷たい小品 - 1897年• 舞踏への小序曲 - 1900年• 貧しき者の夢想 Robert Cabyによる校訂 - 1900年• 世俗的で豪華な唱句 - 1900年• 愛撫 - 1897年• - 1900年• エンパイア劇場のプリマドンナ• 夢見る魚• ビックリ箱 - 1899年• 壁紙的な前奏曲 - 1906年• パッサカリア - 1906年• 12の小コラール - 1906年• 2つの夜の夢 - 1911年• 新・冷たい小品 - 1906年?• - 1912年• - 1912年• - 1913年• - 1913年• あらゆる意味にでっちあげられた数章 - 1913年• - 1913年• - 1913年• 子供の音楽集 - 1913年• 童話音楽の献立表• 絵に描いたような子供らしさ• はた迷惑な微罪• 新・子供の音楽集 - 1913年• メドゥーサの罠• 踊る操り人形• 5つのしかめっ面• 世紀的な時間と瞬間的な時間 - 1914年• 嫌らしい気取り屋の3つの高雅なワルツ - 1914年• 最後から2番目の思想 - 1915年• (全21曲) - 1914年• ラグ・タイム・パラード• (全3楽章) - 1917年• パンダグリュエルの幼年時代の夢 - 1919年• 最初のメヌエット - 1920年• シネマ• 梨の形をした3つの小品(4手連弾) - 1903年• 不愉快な概要(4手連弾) - 1908〜12年• 馬の装具で(4手連弾) - 1911年• パラード• 組み立てられた3つの小品(4手連弾と小管弦楽団)• (管弦楽曲、または4手連弾) - 1920年• ハンガリーの歌(未完)• 「ヒザンティン帝国の王子」前奏曲(消失)• クリスマス(消失)• 詩篇(消失)• バレエのための物語(消失)• アリーヌ・ポルカ• 2つの物• バスクのメヌエット• 不思議なコント作家• ピエロの夕食• シャツ• フーガ・ワルツ• 「思い出」のライトモティーフ• 野蛮な歌• 皿の上の夢• 薔薇の指への夜明け• 若い令嬢のためにノルマンディの騎士によって催された祝宴 そのほかの器楽曲 [ ]• (全3曲、ヴァイオリンとピアノ) - 1914〜15年• いつも片目を開けて眠るよく肥った猿の王様を目覚めさせる為のファンファーレ(2トランペット) - 1921年• 2つの弦楽四重奏曲 - (作曲年不詳)• 再発見された像の娯楽(オルガンとトランペット)• シテール島への船出(ヴァイオリンとピアノ)• - 1920年 宗教曲 [ ]• 貧者のミサ• 信仰のミサ(オルガン曲)(消失) 歌曲 [ ]• 3つの歌曲• シャンソン• やさしく• こんにちは、ビキ• エリゼ宮の晩餐会• ピカドールは死んだ• 子供の殉教• 空気の幽霊• オックスフォード帝国(歌詞散逸)• 歌詞のない3つの歌曲• いいともショショット• 中世の歌• 3つの恋愛詩• 4つのささやかなメロディ• 潜水人形• 十代の合唱• 神の赤い信条• ベストを着た肖像• おーい! おーい!• 医者の家で• 戦いの前日• ポールとヴィルジニー• 大きな島の王様• ロクサーヌ(消失)• 乗り合いバス• カリフォルニアの伝説 語録 [ ]• 「肝心なのはを拒絶することではないんだよ。 なんとしてもなど受けるような仕事をしないでいることが必要なんだ」(ジャン・コクトーに対して)• 「皆自分たちのしたいことをちょっとやりすぎると、君は思わないかい」 ギャラリー [ ]• と『幕間』の撮影 1924年 サティに因んだ作品 [ ]• ヴェクサシオン - の小説(1987年)• ぶよぶよカルテット - 著のライトノベル。 - の楽曲。 - の楽曲。 アーモンド入りチョコレートのワルツ - 著の短編集。 - の楽曲。 サーフサイド・サティ - の課題曲。 著書(訳書) [ ]• 『エリック・サティ詩集』 編訳 1989、新版1994、1997• 『卵のように軽やかに サティによるサティ』 ・編訳 〈筑摩叢書〉 1992/ 2014• 『書簡から見るサティ』オルネラ・ヴォルタ編著、・訳 1993• 『エリック・サティ文集』オルネラ・ヴォルタ編、訳 1997 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 エリック・サティに関連する および があります。 オルネラ・ヴォルタ編「エリック・サティ文集」岩崎力訳 白水社 1997• オルネラ・ヴォルタ編著「サティとコクトー 理解の誤解」訳 1994• 「エリック・サティ覚え書」 1990、新装版2005、2015• として無料で入手可能。 関連書籍 [ ]• 『エリック・サティ』・訳 深夜叢書社 1976• 『睡れる梨へのフーガ エリック・サティ論』深夜叢書社 1977• 『サティ 音楽の手帖』 1981• アンヌ・レエ『エリック・サティ』訳 白水社 1985/ 2004• 『夜の音楽 ショパン・フォーレ・サティ ロマン派から現代へ』• ・・訳 シンフォニア 1986• オルネラ・ヴォルタ『サティイメージ博物館』訳 1987• 『サティ弾きの安息日』 1992• 島田璃里『サティ弾きの休日』 2003• オルネラ・ヴォルタ『エリック・サティの郊外』昼間賢訳 早美出版社 2004• 『 総特集 エリック・サティの世界』、2016年1月 臨時増刊号。 責任編集 出典・脚注 [ ]• 『卵のように軽やかに サティによるサティ』 エリック・サティ著 秋山邦晴・岩佐哲男訳 訳者あとがき 302P,304P• 『卵のように軽やかに サティによるサティ』 エリック・サティ著 秋山邦晴・岩佐哲男訳 訳者あとがき 303P,304P.

次の

大宮の上映スケジュール:イオンシネマ

大宮 サティ 映画

概要 [ ] パリ音楽院在学中にピアノ小品『』『』『』などを発表。 カフェ・コンセール『黒猫』に集う芸術家の1人となり、やと交流(のちにカフェ・コンセール『オーベルジュ・デュ・クル』に移る)。 のために『』を作曲。 またカフェ・コンセールのためのいくつかの声楽曲を書く。 よく知られる『』はこの時の作品。 と関係し、いくつかの小品を書く。 同一音形を繰り返す手法を用いた『』『』なども書いた。 なお『』というのは彼が自分の作品全体の傾向を称してもそう呼んだとされ、主として酒場で演奏活動をしていた彼にとって、客の邪魔にならない演奏・家具のように存在している音楽というのは重要な要素だった。 そのことから彼は現在ののルーツのような存在であるともいえる。 また『』『』『』『』『』『』のように、作品に奇妙な題名をつけたことでも知られる。 及びにも党籍を置いていた(当初は社会党に入党していたが、共産党結党と同時に移籍)。 ドビュッシーとの交友関係もよく知られる。 作風 [ ] それまでののあり方が膨張していた時代に、彼は様々なの伝統に問題意識を持って作曲し続け、革新的な技法を盛り込んでいった。 たとえば、若い頃にに入り浸っていた影響もあり、を自作品に採り込んだのは、彼の業績の一つである。 そこではは放棄され、和声進行の伝統も無視され、並行音程・並行和音などのにおける違反進行もが書かれた。 後にやも、を扱うことによって、既存の音楽にはなかった新しい雰囲気を醸し出すことに成功しているが、この大きな潮流は、サティに発するものである。 生涯サティへの敬意について公言し続けたラヴェルは、ドビュッシーこそが並行和音を多く用いた作曲家だと世間が見なしたことに不満を呈しており、その処女作『』において既にドビュッシーよりも自分が先に並行和音を駆使したと述べ、それがサティから影響を受けた技法であることにも触れている。 また、彼の音楽は厳密なからはずれた自由な作風のため、の表記も後に捨てられた。 したがって、臨時記号は1音符ごとに有効なものとして振られることになった。 についても自由に書き、・・・も後に廃止された。 を書かずとも、もしそこの音の中に調性があればそれが現実であり、や小節線などを書かずとも、もしそこの音の中に拍子感があればそれが現実であるとみなしていたため、実際には、それらが書かれていないからといって、調性や拍子が必ずしも完全に存在しないわけではなかった。 散文的に、拍節が気紛れに変動するような作品も多く存在し、調性とはほど遠い楽句や作品も多く生み出されている。 これらは、どんな場合にも完全に放棄されたわけでなく、最晩年の『ノクターン』や『』のように、読譜上の便宜面からの配慮によって、拍子記号・調性記号・小節線を採用した作品がまれにある。 のあり方についての新しい形は、特にがそれを受け継ぎ、大きく発展させ、後のへと続くことになった革新の発端と見なされている。 また、についての問題提起は、後のにおける多くの試みの発端とされ、などにまでつながる潮流の源流になっている。 崩壊のひとつの現象として、が西洋音楽史上の記念碑と見なされているが、それが依然として3度集積による和声だったのに対し、サティは3度集積でない自由で複雑な和音を彼の耳によって組み込んだ。 これは、解決されないや3度集積によらない和音を書いた以降はじめての和声的な革新とされている。 この影響によって、印象主義からの音楽においては、自由な和声法による広い表現が探求されることになった。 また、的見地においても彼は多くのあり方を導入したとされ、鑑賞するだけの芸術作品ではない音楽のあり方をも示した。 『』に縮約されているように、ただそこにあるだけの音楽という新しいあり方は、やたちによるに影響を与えた。 また、『』における840回の繰り返し・『』第3曲結尾部における267回の繰り返し・『』第16曲「タンゴ」や映画『幕間』のための音楽における永遠の繰り返しは、たちによるの先駆けとされている。 サティが始めた多くの革新は、過去の音楽や、他の民族音楽などの中に全くないものではなかったものの、ほとんどが彼独自のアイデアにもとづいたものであるため、現代音楽の祖として評価は高く、多くの作曲家がサティによる開眼を公言している。 最後の作品となったバレエ『』では、幕間に上映された映画『幕間』のための音楽も担当した。 またその映画の中でと共にもしており、最晩年の姿を見ることができる。 生涯 [ ] 自画像• - にて誕生。 でをうける。 - 父アルフレッド・サティがをやめ、パリに移住。 - 人の母ジェイン死亡。 に住む父方の祖父母に預けられ、として再度洗礼。 教会のに魅せられ入り浸る。 - 祖父ジュール・サティがエリックにヴィーノのもとで音楽を学ばせる。 - 祖母ユラーリがオンフルールの浜辺でで発見される。 サティは父のいるパリへ再度移住。 - に入学。 父アルフレッドがピアノ教師だったユージェニ・バルネシュと再婚。 - 音楽院が退屈すぎ退学する。 - 酒場のピアノ弾きになる。 - で日本の歌謡にふれる。 - 薔薇十字教団創始者ジョセファン・ペラダンと出会う。 - 聖杯の薔薇十字教団聖歌隊長に任命される。 - と交際を始め、彼女に300通を超える手紙を書く。 6ヵ月後に絶交。 - 入学。 - シュヴィヤール演奏会の会場でで決闘し、に留置される。 - スコラ・カントルム卒業。 パリ郊外の急進社会主義委員会に入党。 - 詩人と知り合う。 - パリのの芸術家たちと交流し、自身もメンバーとなる。 - 聖ジョセフ病院にてのため死去。 の公共墓地に埋葬。 作品 [ ] 詳細は「」を参照 舞台作品 [ ]• あやつり人形劇『ブラバンのジュヴィエーヴ』 - 1899年• 喜歌劇『思春期』(別名「愛の芽生え」「いとしい奴」とも)• 喜歌劇『メドゥーサの罠』 - 1913年• グノーの歌劇『にわか医師』のためのレチタティーヴォ - 1923年• バレエ音楽『ユスピュ』 - 1892年• パントマイム『びっくり箱』 - 1929年(編曲)• バレエ音楽『』 - 1917年• バレエ音楽『メルキュール』 - 1924年• バレエ音楽『(ルラーシュ)』 - 1924年• バレエ幕間に上映された「映画『幕間』のための音楽」を含む• 劇付随音楽『ソクラテス』 - 1920年• 劇付随音楽『星の王子』(原曲は消失) - 1891年• 「救いの旗」のための頌歌• ナザレ人• 天国の英雄的な門への前奏曲• 夢見る魚• サーカス劇『5つのしかめっ面』 - 1914年 ピアノ曲(作曲年代順) [ ]• アレグロ• ワルツ=バレエ - 1885年• 幻想ワルツ - 1885年• 4つのオジーヴ(尖弓形) - 1886年• 3つのサラバンド - 1887年• 3つの - 1888年• (6曲) - 1890年• の最初の思想 - 1891年• 「星たちの息子」への3つの前奏曲 - 1891年• バラ十字教団のファンファーレ - 1892年• ナザレ人の前奏曲I、II - 1892年• エジナールの前奏曲 - 1892年? 祈り - 1893-1895年 断片• - 1893-1895年• ゴシック舞曲(副題「我が魂の大いなる静けさと堅固な平安のための9日間の祈祷崇拝と聖歌隊的協賛」) - 1893年• 天国への英雄的な門への前奏曲 - 1894年• 冷たい小品 - 1897年• 舞踏への小序曲 - 1900年• 貧しき者の夢想 Robert Cabyによる校訂 - 1900年• 世俗的で豪華な唱句 - 1900年• 愛撫 - 1897年• - 1900年• エンパイア劇場のプリマドンナ• 夢見る魚• ビックリ箱 - 1899年• 壁紙的な前奏曲 - 1906年• パッサカリア - 1906年• 12の小コラール - 1906年• 2つの夜の夢 - 1911年• 新・冷たい小品 - 1906年?• - 1912年• - 1912年• - 1913年• - 1913年• あらゆる意味にでっちあげられた数章 - 1913年• - 1913年• - 1913年• 子供の音楽集 - 1913年• 童話音楽の献立表• 絵に描いたような子供らしさ• はた迷惑な微罪• 新・子供の音楽集 - 1913年• メドゥーサの罠• 踊る操り人形• 5つのしかめっ面• 世紀的な時間と瞬間的な時間 - 1914年• 嫌らしい気取り屋の3つの高雅なワルツ - 1914年• 最後から2番目の思想 - 1915年• (全21曲) - 1914年• ラグ・タイム・パラード• (全3楽章) - 1917年• パンダグリュエルの幼年時代の夢 - 1919年• 最初のメヌエット - 1920年• シネマ• 梨の形をした3つの小品(4手連弾) - 1903年• 不愉快な概要(4手連弾) - 1908〜12年• 馬の装具で(4手連弾) - 1911年• パラード• 組み立てられた3つの小品(4手連弾と小管弦楽団)• (管弦楽曲、または4手連弾) - 1920年• ハンガリーの歌(未完)• 「ヒザンティン帝国の王子」前奏曲(消失)• クリスマス(消失)• 詩篇(消失)• バレエのための物語(消失)• アリーヌ・ポルカ• 2つの物• バスクのメヌエット• 不思議なコント作家• ピエロの夕食• シャツ• フーガ・ワルツ• 「思い出」のライトモティーフ• 野蛮な歌• 皿の上の夢• 薔薇の指への夜明け• 若い令嬢のためにノルマンディの騎士によって催された祝宴 そのほかの器楽曲 [ ]• (全3曲、ヴァイオリンとピアノ) - 1914〜15年• いつも片目を開けて眠るよく肥った猿の王様を目覚めさせる為のファンファーレ(2トランペット) - 1921年• 2つの弦楽四重奏曲 - (作曲年不詳)• 再発見された像の娯楽(オルガンとトランペット)• シテール島への船出(ヴァイオリンとピアノ)• - 1920年 宗教曲 [ ]• 貧者のミサ• 信仰のミサ(オルガン曲)(消失) 歌曲 [ ]• 3つの歌曲• シャンソン• やさしく• こんにちは、ビキ• エリゼ宮の晩餐会• ピカドールは死んだ• 子供の殉教• 空気の幽霊• オックスフォード帝国(歌詞散逸)• 歌詞のない3つの歌曲• いいともショショット• 中世の歌• 3つの恋愛詩• 4つのささやかなメロディ• 潜水人形• 十代の合唱• 神の赤い信条• ベストを着た肖像• おーい! おーい!• 医者の家で• 戦いの前日• ポールとヴィルジニー• 大きな島の王様• ロクサーヌ(消失)• 乗り合いバス• カリフォルニアの伝説 語録 [ ]• 「肝心なのはを拒絶することではないんだよ。 なんとしてもなど受けるような仕事をしないでいることが必要なんだ」(ジャン・コクトーに対して)• 「皆自分たちのしたいことをちょっとやりすぎると、君は思わないかい」 ギャラリー [ ]• と『幕間』の撮影 1924年 サティに因んだ作品 [ ]• ヴェクサシオン - の小説(1987年)• ぶよぶよカルテット - 著のライトノベル。 - の楽曲。 - の楽曲。 アーモンド入りチョコレートのワルツ - 著の短編集。 - の楽曲。 サーフサイド・サティ - の課題曲。 著書(訳書) [ ]• 『エリック・サティ詩集』 編訳 1989、新版1994、1997• 『卵のように軽やかに サティによるサティ』 ・編訳 〈筑摩叢書〉 1992/ 2014• 『書簡から見るサティ』オルネラ・ヴォルタ編著、・訳 1993• 『エリック・サティ文集』オルネラ・ヴォルタ編、訳 1997 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 エリック・サティに関連する および があります。 オルネラ・ヴォルタ編「エリック・サティ文集」岩崎力訳 白水社 1997• オルネラ・ヴォルタ編著「サティとコクトー 理解の誤解」訳 1994• 「エリック・サティ覚え書」 1990、新装版2005、2015• として無料で入手可能。 関連書籍 [ ]• 『エリック・サティ』・訳 深夜叢書社 1976• 『睡れる梨へのフーガ エリック・サティ論』深夜叢書社 1977• 『サティ 音楽の手帖』 1981• アンヌ・レエ『エリック・サティ』訳 白水社 1985/ 2004• 『夜の音楽 ショパン・フォーレ・サティ ロマン派から現代へ』• ・・訳 シンフォニア 1986• オルネラ・ヴォルタ『サティイメージ博物館』訳 1987• 『サティ弾きの安息日』 1992• 島田璃里『サティ弾きの休日』 2003• オルネラ・ヴォルタ『エリック・サティの郊外』昼間賢訳 早美出版社 2004• 『 総特集 エリック・サティの世界』、2016年1月 臨時増刊号。 責任編集 出典・脚注 [ ]• 『卵のように軽やかに サティによるサティ』 エリック・サティ著 秋山邦晴・岩佐哲男訳 訳者あとがき 302P,304P• 『卵のように軽やかに サティによるサティ』 エリック・サティ著 秋山邦晴・岩佐哲男訳 訳者あとがき 303P,304P.

次の