鶏 胸 肉 しっとり レシピ。 もうパサパサさせない!胸肉でしっとり美味しい「鶏ハム」を作るレシピ!

人気の常備菜レシピ。ポリ袋で簡単。しっとりやわらか蒸し鶏の作り方

鶏 胸 肉 しっとり レシピ

大人気のしっとりやわらか蒸し鶏のレンジだけで作れるバージョンです。 ジップロックコンテナーで調理してそのまま保存できます。 3つのポイントをおさえることでレンジでもやわらかく仕上がります。 調理時間:30分(漬けておく時間も含みます)冷蔵保存:4日 人数:3人分• 鶏ムネ肉 1枚(300~330g)• 砂糖 小さじ1• 片栗粉 小さじ1• 酒 大さじ1• 鶏ムネ肉を横長に置き、写真のように1センチ幅に切る。 厚い部分は1センチ幅に切った後、幅2センチほどに細長く切る。 ムネ肉を耐熱容器に入れ、砂糖と塩を入れ手でもみこむ。 次に片栗粉を入れ、手でなじませ、酒を入れて全体を混ぜる。 ふんわりラップをかぶせ室温に5分置いておく。 ふんわりラップをかぶせたまま500wの電子レンジで3分加熱する。 3分後、下から上にかきだすようにかきまぜる。 再度ふんわりラップをかぶせ、500wで1分30秒加熱する。 表面がほんの少しピンク色という程度なら、ぴっちりラップをかけレンジの中に5分ほど置いておき余熱で火を通してできあがり。 赤っぽい部分が3割程度ある場合は追加で30秒ずつ加熱し、表面がほんの少しピンク色の状態になったら加熱をやめレンジ内に5分置いてできあがり。 ポイント1 繊維を断つように細長く切る。 観音開きにするよりもムネ肉の繊維が切れるので柔らかい食感になり、加熱後に箸だけで簡単にほぐれます。 また、細長く切ることで表面積が広がり全体に均一に熱が通りやすくなります。 加熱後に切らずにそのまま食べられるメリットもあります。 ポイント2 余熱で完全に火を通す。 加熱した後、レンジ内に5分置いて余熱で火を通すことで加熱しすぎによるパサつきを防げます。 加熱直後、表面がほんの少しピンク色、という程度なら5分の余熱で火が通ります。 加熱直後、赤っぽい部分が3割以上ある場合は追加で30秒加熱してください。 ポイント3 砂糖、塩、片栗粉、酒を表面にまぶす。 砂糖、塩、片栗粉には保水効果があるのでもみこんで10分置いておくことでしっとりやわらかい食感になります。 電子レンジについて レンジの出力は他のレシピでは600wに統一していますが、このレシピでは500wです。 500wよりも低出力な機能は搭載していないレンジがあるため一般的な500wにしています。 電子レンジは丸皿が回転するターンテーブル型と回らないフラット型の2種類ありますが、ターンテーブル型は上から、フラット型は下から火が通ります。 途中で下から上にかきだすようにかきまぜることで加熱ムラが防げます。 電子レンジはマイクロ波で水を振動させ発熱させます。 豆腐の水切りにレンジを使うように、レンジで加熱すると食品中の水分が外に出ていきやすいです。 加熱前に砂糖、塩、片栗粉をまぶすことにより肉汁の流出を減らし、しっとりジューシーに仕上がります。 サラダチキンのアレンジレシピ ポン酢とオリーブオイルは相性バツグン!あっさりで美味しいです。 「つくりおき食堂の超簡単レシピ」大好評発売中です! つくりおき食堂のレシピ本がネットで予約開始になりました。 未公開レシピ多数ですのでご覧いただけたら嬉しいです。 なんと電子ブックつきです。 紙版をご購入いただくと電子版がもれなくついてきます。 忙しいけど料理がしたい、時間がないけど家族に手作りのご飯を食べてもらいたい、と思っている方々に少しでもお役に立てたら嬉しいです。 長年思い描いていた出版の夢が叶ったのはブログを見てくださっているみなさまのお陰です。 本当にありがとうございます。 これからもお役に立てるレシピを発信できるよう頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。 アクセスしていただきありがとうございます。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 人気レシピTOP50はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

鶏胸肉がしっとり豪華な1品に!家政婦・志麻さんの時短レシピ

鶏 胸 肉 しっとり レシピ

鶏むね肉とインゲンのポン酢炒め 鶏むね肉を美味しく食べるには、切り方がポイントです。 厚いところは観音開きにして、厚さを均一にし、全体をフォークで刺して加熱しやすくしてから「そぎ切り」にするだけで美味しく食べられますよ。 いんげんは筋をとって、水にくぐらせて耐熱皿に並べ、ラップをふんわりとして500Wで2分加熱し、食べやすい大きさに切っておく。 フライパンに油を入れ、中火にかけ 2 を加え中火で焼く。 焼き色がついたら裏返して両面焼き色を付ける。 1)のいんげんを加え、ポン酢とみりんを回し入れ、強めの火加減でフライパンを揺らしながら汁気がなくなるまで絡める。 ふっくらジューシー、鶏むね肉とおからのナゲット 食物繊維をたっぷり含んだおからも使ったレシピをご紹介します。 鶏むね肉・鶏もも肉は包丁でひき肉状になるようにたたく。 玉ねぎはみじん切りにする。 コーンは汁気をきっておく。 たまごはボウルに割り入れ、ときほぐす。 (3)を1人3個分になるよう12等分して、楕円形に成型する。 (4)に(5)の衣を入れて、180度の油で5分程度、きつね色になるまで揚げる。 タルタルなしでもおいしいチキン南蛮 タルタルソースがないチキン南蛮は邪道でしょうか。 ソースに使っている卵やマヨネーズは今回鶏肉の衣として使っています。 子ども達にも大人気で毎回取り合いになっています。 量はお好みで調整してください。 【作り方】• 鶏むね肉は全体をフォークで刺したあと、一口大に切り、塩コショウをする。 ビニール袋 フリーザーバック に入れ、マヨネーズを加える。 マヨネーズがなじむようにもみ込む。 (ここまでの工程を下準備し、冷凍保存しておいてもOK!• 袋に片栗粉を加え、まぶす。 さらに袋に卵を割り入れ、なじませる。 別皿で溶き卵にして加えてもOK• 揚げ油で揚げる。 お肉を揚げている間に、耐熱容器にたれの調味料を入れレンジで加熱。 30秒ごと加熱し、途中でかき混ぜる。 とろみがつけばOK。 揚がったお肉をタレと合わせて完成です! 鶏むね肉のチキン南蛮風 もうひとつ、チキン南蛮レシピのご紹介です。 甘辛い味付けの鶏むね肉とマヨネーズの組み合わせはご飯も進む一品です。 スーパーで安く買うことができる鶏むね肉が、大人気おかずに大変身です。 耐熱容器に濃口醤油・酢・砂糖を入れて電子レンジ500Wで2分半加熱して南蛮だれを作っておく。 鶏むね肉を1cm幅に切り、塩コショウをして片栗粉をまぶす。 フライパンにサラダ油を入れ、(2)をきつね色になるまで焼く。 (3)を南蛮液につけ、マヨネーズをかける。 イタリアで人気の鶏むね肉のハムとチーズ焼き あっさりとして食べやすくヘルシーな食材として子どもにも人気の鶏肉を使って、フライパンで焼くだけなのに簡単でおいしいレシピをご紹介します。 イタリアでも人気のさっぱりした胸肉を使っています。 ヘルシーなうえに経済的で、火のとおりも早い時短料理といいことづくめです。 鶏むね肉に塩、こしょうをする。 フライパンにオリーブオイルを熱し鶏むね肉を入れて、強火で片面を焼く。 白ワインをかけ、アルコール分を飛ばす。 鶏むね肉の焼き色の面を上になるようにひっくり返す。 ハムとチーズを上にのせて、ふたをして中火でチーズがとけるまで焼いて、中にも火が通ったら出来上がり。 チーズとろける!鶏肉のさっぱり塩レモン焼き 「照り焼きチキンもいいけど、甘いのがちょっと」という家族がリクエストする、甘くないチキンソテーを作りましょう。 ヘルシーを意識して鶏のむね肉を使用。 焼くだけの簡単レシピです。 とろけるチーズをのせて、さらにおいしくしました。 鶏肉はスジをとり、厚い部分を観音開きにして広げ、均等な厚さになるよう調整しておく。 鶏肉の両面に、塩・粗びきこしょう・レモンの搾り汁をふりかける。 熱したフライパン(中火)に油を引き、皮目から焼く。 ふたをして蒸し焼きにして、3~4分焼いたら裏返す。 両面焼けたら取り出し、6~7等分にカットし、とろけるチーズをのせトースターでチーズが溶けるまで焼く。 白みそでおいしい和風チーズタッカルビ もしおうちにキャベツと玉ねぎと鶏肉があるなら、こんなおかずはどうでしょうか。 コチュジャンの代わりに白みそを使った、フライパン一つでできる和風チーズタッカルビです。 ほったらかし工程が多いので、忙しい夜にぜひどうぞ。 余ったキャベツの消費にもなりますよ。 調味料はボウルですべて混ぜておく。 むね肉はそぎ切り、キャベツとにらは一口大、玉ねぎは5mm幅の薄切りに。 調味料の入ったボウルに、鶏肉・玉ねぎを入れてよく混ぜる。 フライパンにごま油(材料外)を入れ、キャベツとなじませる。 真ん中に(2)の材料を入れて軽く炒めたあとすぐにフタをして、少し弱めの中火で4~5分。 フタを開け、中身にほぼ火が通っていたら、周りにニラ、真ん中を空けてシュレッドチーズをすべて入れ、もう一度フタをして、3~4分。 チーズがトロ~っといい感じになればOK。 まず、鶏むね肉の真ん中に包丁を入れ、観音開きにします。 そうすることでハムのように丸まらせることが可能になります。 フォークでザクザクとまんべんなく穴を開けましょう。 調味料を揉み込んだら第一段階は終了です。 丸めたらラップでギュッと固めます。 その後、耐熱の保存袋などに入れて、準備完了!• (3)を沸騰したお湯の中に入れ、2分たったら火を止めます。 ピリ辛スパイシーなソースがポイントですが、今回はお子さんも食べやすいよう、ソースは辛くせず、食べやすくしました。 お好みで山椒を振って食べると、たれとの相性も抜群でより本格的な味に。 鶏肉は酒・砂糖で揉み込む。 耐熱容器に鶏肉を入れ、電子レンジ(600W)で3分、裏返して3分加熱する。 あら熱が取れるまで冷ます。 鶏肉を1cm程度の幅に切り分け、冷蔵室で冷やしたら、(3)のたれをかけて完成。 ふわふわ卵の鶏むね肉のピカタ 鶏むね肉に衣と卵をつけてナゲットのようにふんわりと仕上げていただくレシピです。 トマトソースでさわやかにいただけます。 鶏むね肉を1枚そぎ落としにしていく。 アルミホイルに小麦粉を広げ鶏むね肉をまぶしていく。 ボウルに卵を2個割り、塩こしょうで味を調えたら肉を液にくぐらせる。 フライパンにバターを入れ、バターが溶けたら衣をつけた鶏むね肉を卵にくぐらせて焼いていく。 角切りしたトマトにケチャップを加えてしっかりと混ぜ合わせたらソースの完成。 さいごに 鶏むね肉をおいしくいただけるレシピ10選をお届けしました。

次の

あの「サラダチキン」を手作りしたい! 鶏胸肉をしっとり柔らかく茹でる方法

鶏 胸 肉 しっとり レシピ

おはようございます。 鶏肉大好き梅つま子です。 今日も料理ネタです! いきなりですが皆様、鶏肉はお好きですか?! 私は、大好きですっ!! ときどき無性に鶏肉が食べたくなり、年に2度くらい、ケンタッキーに駆け込むことがあります。 今日お届けするのはこちら! 我が家で欠かさず作っている茹で鶏のご紹介です。 塩味だけの、万能茹で鶏。 最近は、「サラダチキン」として、コンビニなどでもよく見かけますね! 胸肉で作るけど、ぱさつかず、しっとり仕上がります。 この茹で鶏を作るので、我が家ではほとんどハムを買いません。 用意するもの 鶏胸肉……1~2枚 (皮付きか、皮なしかは、お好みで!私は皮付きをいつも選んでいます。 ) 酒……大さじ1 塩……小さじ1 今回はどーんと1キロ袋で買いました。 4枚入っていましたので、2枚使います。 残った2枚は、凍らせちゃいます。 ドリップがこぼれないように、袋ごとビニール袋に入れて、冷凍庫へ。 なお、使うお肉は、常温でしばらく置いておきます。 なぜかというと、冷えすぎていると、茹でるときに中まで火が通りにくく、生煮え状態になってしまいます。 お肉からドリップが出てたら、キッチンペーパーでふき取っておきます。 作り方 1.おなべの中に胸肉を入れ、塩小さじ1となじませて、5分くらいおきます。 そして、水を、お肉が全部水没するくらい入れます。 お酒大さじ1も一緒に。 2.火にかけます。 強めの中火くらいで。 3.沸騰させる過程で、アクが浮いてきますので、適宜とります。 キレイにとりきらなくても大丈夫。 この辺は、適当で、感覚で! 4.完全に沸騰したら、そのタイミングでふたをします。 沸騰させすぎちゃうと、お肉が硬くなるので要注意です。 5.お湯が十分に冷えるまで、放置です。 ふたは開けないようにします。 6.おなべに触っても熱くなく、十分に冷えたところで、ふたを開けます。 浮いている脂やアクが気になるような、らここで取ります。 7.スライスします。 ここでぜひ、つまみ食いしましょう! まだあったかい茹で鶏、サイコーです! 思い思いに、ビールなどを片手に…。 厚さはお好みですが、5ミリくらいの厚さにしています。 包丁を研いでおくと、スムーズに包丁が入って気持ちいいですよ! 8.保存容器に入れます。 このとき、煮汁も一緒に入れておけば、鶏肉はしっとりしたまま保存できます。 ね、おいしそう。 9.茹で汁を袋に入れておきます。 こんな風に、計量カップにビニール袋をセットすると入れやすいですよ! こんなふうに、1カップくらいずつ、2袋できました。 しばらく使わないことがわかっていれば冷凍してもいいですが、私の場合、すぐに使うので、冷蔵庫に入れておきます。 茹で鶏の使い道はたくさんあります。 それはもう、何の上にも乗せられる!くらいなもので…。 満足度が高いのは、「女子ランチ」的気分を味わえるからかも?! そして、茹で汁は、こういうものに化けます! あるとうれしい、あったまる。 かきたま汁! 茹で汁だけじゃ、家族全員分にはちょっと足りないなー、と思えば、だし汁をプラスします。 お鍋に入れたら、茹で汁にすでに塩味がついているので、ちょこっとしょうゆをプラス。 片栗粉でとろみをつけて、溶いた卵をとろーり。 順番を忘れがち(笑) ところで、かきたま汁を作るときは、いつも「片栗粉と卵、どっちが先だっけ!?」と混乱します。 ( 片栗粉が先ですね。 あいうえお順と覚えよう…笑) 余談ですが。 「魚、鶏、同着で豚、牛」ということですね。 うんうん、私も同じです! 魚ってすごいな。 もちろん養殖もあるけど、天然の魚は、海が勝手に育ててるんですもんね…。 そして、鶏もやっぱりすごい。 茹でても焼いても揚げてもおいしいし、さらに茹で汁までおいしいなんて、えらいな。 余談その2 先日遊びに行った高校時代の友達のおうち、キッチンにシャトルシェフがあったのです。 なんでも、お母さんが長年使っていらしたそうで。 娘である彼女も、便利に使うようになったのは、自然な流れだったそう。 「カレーなんかは作ったらここに放り込んじゃえば、煮崩れなく煮込めるよ!」とのこと。 シャトルシェフ、ただいま絶賛、気になり中です。

次の