シャープ マスク 販売。 シャープのマスク販売、「入力されたメアドは登録済」なら申込完了

SHARPシャープが国産マスクの販売を開始!購入時の注意点や会員登録の手順などを解説

シャープ マスク 販売

大文字と小文字の入力間違い(abcd example. jpとAbcd example. jpなど )• 「 」を全角で記載している(abcd@example. jpなど)• comや. jpがない( gmail、 co、 neなど)• 「 」以降が書かれていない(abcd など)• 一部メールサービスでは受け付けない文字列が使用されている(abcd. example. jp、ab.. cd example. 半角英字 大文字・小文字)• 半角数字• 」(ピリオド)は「.. 」などのように連続で使用することや マークの直前で使用することはできません。 商品特長• 多気工場クリーンルームで製造• 液晶パネルも製造可能な三重県多気工場のクリーンルームで製造。 安心してお使いいただけます。 立体三重構造で、花粉よりもさらに小さい生体ウイルスや微粒子からもしっかりガード。 風邪などの際にも他の方への飛沫拡散を防ぐのに効果的です。 VFE試験やPFE試験でも99%以上の結果を確認しています。 PM2. 高密度フィルターの採用により、PM2. 5や花粉の対策としてご利用いただけます。 しっかりノーズフィッター採用• 鼻のラインに合わせてぴったりフィットするノーズフィッターで、マスクの隙間を減らし、メガネの曇りを抑えます。 マスク下部のアルファベット(SHARP)が正しく読める側を外側にして、ひもを耳にかけます。 ノーズフィッター(鼻あて)を鼻の形に合わせて、隙間を少なくします。 マスクの下部を下へ大きく広げ、プリーツを伸ばしてあごまで覆います。 使用上のご注意• 有害な粉塵やガス等が発生する場所やそれを防ぐ目的での使用はできません• 肌に異常がある場合および肌に合わない場合は使用を中止してください• 臭いで気分が悪くなった場合は使用を中止してください• 乳幼児の手の届かないところに保管してください• 本品は使い捨て用途ですので洗濯などで再利用はできません• 火気の近くでは使用・保管しないでください.

次の

マスクの販売に関するお知らせ:株式会社SHARP COCORO LIFE

シャープ マスク 販売

関連記事• シャープが、4回目のマスク抽選販売の新規応募者が32万576人だったと発表した。 当選者は7万人。 累計応募者は778万7472人。 シャープは、第3回目のマスクの抽選販売への新規応募者が約65万人だったと発表した。 当選者は当初予定していた6万人から7万人に増やす。 シャープがマスクの抽選販売の応募を締め切った。 その結果、470万6385人と多数から応募があったため、販売する数量を4万箱に急きょ増産。 当選倍率は約118倍となっている。 シャープは、家庭用マスクの販売方法を抽選に変更する。 「COCORO MEMBERS」への事前登録は不要とし、当選した人が購入時に登録する形に。 応募は4月27日の午前0時から午後11時59分まで受け付ける。 シャープが製造した個人向け不織布マスクを販売するECサイト「SHARP COCORO LIFE」が、発売日の4月21日朝からアクセスできない状態になっている。 関連リンク•

次の

マスク|シャープ生産品の購入方法は?予約販売や通販と価格についても調査!

シャープ マスク 販売

シャープ マスクの販売開始は、4月21日午前10時から、とされていた。 シャープの会員制ECサイト「COCORO MEMBERS」は、その数日前から混雑し始めていた。 購入にはユーザー登録が必要だったからだ。 「ウェブサイトが開きにくい」「登録のためのコード番号がメールで届かない」などの声がSNSでは上がり始めていた。 けれども、それは、当日起こるトラブルに比べれば、軽いジャブに過ぎなかった。 販売開始の4月21日10時が近づくと、「COCORO MEMBERS」にはいよいよアクセスが集中し、そのうち、ほとんどの人に表示されなくなった。 シャープのTwitterアカウント担当者が「私にもマスクのサイトは見えなかった」とぼやくほどだ。 マスクのページ、私ですら今日一度も見れませんでした。 ご迷惑おかけしたみなさま、申し訳ありません。 ご迷惑おかけしたみなさま、申し訳ありません。 」 それと前後して、シャープのネットワーク対応家電を使っている人々から、奇妙な現象の報告が上がり始めた。 「スマホアプリでログインエラーが出て、スマホから家電が操作できない」 「レシピのダウンロードにいつもより時間がかかる」 「スマホに入っているアシスタントアプリが動かない」 ネットワーク家電を使っている人々は、もちろん、マスクを買おうとしている人々とはなんの関係もない。 その後、10時を過ぎて「COCORO MEMBERS」のサイトにアクセスできなくなると、家電をスマホアプリから操作するのも、同時に困難になっていった。 結局、 「COCORO MEMBERS」でのマスク販売は、22日夜になっても復旧できていない状況だ。 シャープのネットワーク家電でのトラブルは、「COCORO MEMBERS」へのアクセスが落ち着くとともに解消し始めている。 だが現在も、「認証動作の遅さ」などのトラブルが完全に解消したわけではない。 「21日のマスクの販売は終了した」ことになっているが、次にいつ販売されるかは、まだ公開されていない。 桁違いの人数がサイトに殺到、「サイバー攻撃」と誤認 写真はイメージです。 Shutterstock シャープのマスク販売サイトのトラブルは、「人が集まりすぎたこと」が原因だ。 ECサイトに人が集まり過ぎて落ちる・アクセスができなくなる、という現象そのものは、決して珍しいことではない。 この時期にマスク、となれば、家電製品などより、圧倒的な量の人々がやってくるのは当然だ。 けれども、今回のトラブルが拡大した理由は多層的な側面がある。 まず、アクセスしてきた人数がシャープの想定とは文字通り「桁違い」だったと想定されることだ。 ではどのくらいだったのか? シャープ広報は「実は、把握できていない」と答える。 なぜなら、「サイトが落ちる前に」セキュリティが働いてしまったためだ。 同社では、セキュリティ対策として、不正なアクセスを遮断するファイアウォールをサービス内に組み込んでいる。 多くの企業は「DDoS攻撃」と呼ばれるサイバー攻撃に悩まされているが、その対策のためだ。 DDoS攻撃は、大量のアクセスを短時間に行うことで、サーバーへの侵入やサービス停止を試みる。 そのためファイアーウォールは、「その企業のサービスとして想定し得ない量のアクセス」を、DDoS攻撃と認識して止める。 今回は、その「想定し得ない量のアクセス」が会員制ECサイト「COCORO MEMBERS」に集中した。 結果、ファイアーウォールは、殺到する購入希望者をサイバー攻撃と誤解し、サービスを止めてしまった…というのが真相だ。 家電機器との「認証サーバー共有」がトラブル拡大の引き金に シャープの「COCORO MEMBERS」トップページ。 4月22日22時時点ではこうしたお詫びメッセージが表示されていた。 シャープ ここにさらに、シャープにとってもう一つの想定外が加わった。 シャープのネット接続家電は、「COCORO MEMBERS」への接続を前提に作られていた、ということだ。 同社の家電では、より賢く家電が働くように、ユーザーの利用状況を蓄積する仕組みが用意されていた。 家電そのものがアクセスするだけでなく、スマホをリモコン代わりに使う専用アプリを経由して、インテリジェントな操作を実現している場合もあった。 スマホアプリなどは、まず「COCORO MEMBERS」でユーザー認証を行い、それから動く仕組みになっていた。 しかし今回は、「COCORO MEMBERS」へのアクセスが増え、ファイアーウォールがアクセスを遮断した。 すると、マスクの購入希望者だけでなく、「ネットワーク家電を操作しようとするアプリ」などのアクセスも遮断されてしまったのだ。 これが、シャープのネットワーク家電で動作トラブルが起きた原因だ。 シャープが見誤った「入り口の共有」の負の連鎖 シャープ本社。 シャープ ネット上には「シャープの家電は、すべて同じサーバーで動いている。 だから動かなくなった」との推測もあったが、シャープ側の説明によれば、これは正しくないという。 まず、 ネットアクセスに関係ない機能、例えば通常のリモコンで操作することなどは、問題なくできた。 また、認証が「COCORO MEMBERS」とは別のサーバーで動いていた同社の テレビ「AQUOS」も、動作不良を起こさなかった。 認証以外の作業は「COCORO MEMBERS」とは別のサーバーであるので、これも動作に問題はなかった。 ただし、同社へのアクセスが増えた関係から、動作が遅くなったりしたことはあったようだ。 実は、シャープのネットワーク家電サービスである「COCORO+」は、コアがアマゾンのクラウドインフラサービスである「AWS」で動いており、混雑に合わせた対処には、本来比較的強い。 しかし、マスク販売のような、家電へのアクセスとはレベルが違う数のアクセスが来ること、そして、認証サーバーという「入り口の共有」が問題を引き起こすことを、シャープは読み切れなかった。 マスク販売は、22日夜の段階でも再開されていない。 シャープ広報は「再開の予定はまだ決まっていない」と話す。 現在同社内では、原因の完全な究明と復旧、今後の対策に向けた作業が進められている。 シャープ広報は、 「最優先は、弊社のネットワーク家電を利用していただいている皆様に、これ以上のトラブルが起きないようにすること。 その作業をまず進め、そののちに、マスク販売の再開を検討したい」 と話している。 需要が高すぎる商品に、ECサイトはどう対処するか アクセス集中によるNintendo Switch抽選販売延期をしらせるビックカメラのおしらせ。 ビックカメラ どんなECサイトも、アクセス集中によるトラブルは起きる。 特に現在は「巣ごもり」中であり、ただでさえECサイトの利用率は平時より増えている。 日本有数のECサイトの一つであるビックカメラの公式サイトですら、マスクよりずっとニーズが低いはずのNintendo Switchの販売の影響で、一時アクセス不能に陥っている。 特に、マスクのように「あらゆる人が注目する」製品の場合、販売の情報はあらゆるメディアで拡散される上に、いつもならECサイトで買い物をしないような人まで購入を試みる。 マスク販売を手がけるECサイトは、どこもアクセス集中に悩まされている。 アイリスオーヤマのECサイト「アイリスプラザ」も、マスクの販売開始以降、アクセス集中で遅くなっている。 サイトには「つながりにくい時間がある」旨の注意書きがある。 アイリスオーヤマのECサイト「アイリスプラザ」のマスク販売についての4月22日分のおしらせ。 オンラインショッピングでは一般に、「何時から販売開始」というアナウンスを避ける傾向にある。 そうすると、その時間を狙って多くの人がやってきて、販売開始時間に合わせたアクセス集中が起きるからだ。 今回の シャープのミスは、鉄則である「定時からの販売回避を行わず、マスクという製品に人々が集まる量を完全に見誤っていた」ことに起因する。 そもそも、アクセスしづらいサイトに皆が集まって、買えた・買えないで一喜一憂している状況は不健全だ。 マウスをひたすらクリックしている多くの人と、ツールなどを使って一気に大量のアクセスをかける転売業者との間での不公平もある。 アクセス集中を避け、トラブルなく公平に必要なものを売るためには、「事前登録による抽選」「公平なアクセス制限による販売」などの施策が必要だと筆者は考える。

次の