ライオン キング ハイエナ 声優。 大和田伸也、実写版『ライオン・キング』でシンバの父・ムファサを再び担当

実写版映画ライオンキング・オリジナルアニメからの変更点まとめ!

ライオン キング ハイエナ 声優

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 実写版「ライオンキング」の日本語吹き替え声優は? まずは物議をかもしている日本語吹き替えのキャストを確認していきましょう。 今作日本語吹き替えの声優に選ばれたのは以下の方達です。 ・シンバ役・・・賀来賢人 ・ナラ役・・・門山葉子 ・スカー役・・・江口洋介 ・ティモン役・・・亜生(お笑いコンビ「ミキ」) ・プンバァ役・・・佐藤二朗 まだ、発表されていないキャラクターも多いですが、主となるメンツはこの方達に決定したようです。 (発表され次第追記します) 主に舞台やドラマ、日本映画で活躍する俳優女優さんというメンツになっていますね~。 ここに異色の芸人さんがいるのがちょっとビックリですw 予想の斜め上を行く配役に若干戸惑っている方も多いのではないでしょうか? 世界のディズニーの関係者が選んだ人達ですので変なことにはならないと思いますが、ライオンキングファンとしてはかなりの違和感がw 誰が正解ということもないのですが、この謎の違和感は一体なんなんでしょうかね~。 とくにティモン役の亜生さんは芸人さんですが、良い方向のアクセントになってくれれば良いですが・・・。 2019年7月12日追記・・・ ほかのキャラクターの吹き替え声優さんも発表されました! キャラクターと担当声優さんは以下の通りです。 若さ溢れるヤングシンバ&ナラの吹き替えを担当しているのは下のお二人。 ・ヤングシンバ・・・熊谷俊輝さん ・ヤングナラ・・・小林星蘭さん 下の方で改めてお二人について書きますが、とにかく子供時代のシンバとナラの歌声が可愛すぎますw とくに主役のヤングシンバの吹き替えを担当する熊谷俊輝さんの歌声はかなり聴き応えがありそうです! ライオンキング実写版吹き替えの声優が最悪?がっかりしたとの声も 実は実写版「ライオンキング」の吹き替えが発表されてから、ツイッターにも多くの 不安や不満の声が呟かれています。 そっちの方が断然馴染みあるし、ライオンキングなんてずっと昔からあってファン付いてるんだからさ?? 絶対字幕でいきます。 このメンバーが悪いわけじゃない。 先程も書いたように誰が正解ということもないのですが、人気の俳優さんやお笑い芸人さんを選んでいることに引っかかります。 オーディションを受けた結果ということになっていますが、ここまで最近 人気の人達が揃うのもおかしな話ですw 今作のライオンキングはほとんどがCGのため歌の上手いミュージカル俳優&女優さんやプロの声優さんを想像していた人が多かったようですが、見事に今話題の芸能人ばかり。 本場アメリカのキャストでは、 俳優・歌手・作曲家など世界的に活躍する ドナルド・グローバーがシンバ役。 世界トップクラスの歌唱力を持つ 歌姫ビヨンセ・ノウルズが幼なじみのナラ役に選ばれました。 本場でのガチの人選があったからこそ、「日本ではどんな歌ウマガチ勢が選ばれる?」と皆さん期待していたようです。 日本語吹き替えで選ばれた人選が悪いとかではなく、ファンからしたら 「もっと上を目指せるよね?」ってことだと思います。 僕もライオンキングは子供の頃から観まくっているので、その気持ちがすごい分かります。 実力派揃いのアナ雪などの人選はかなり評判が良かったですが、ライオンキングでは早くも不満が多いのが気になります。 なぜ有名芸能人が選ばれるのか ディズニー映画の吹き替え役はオーディションを通して人選しているとのことです。 その理由とはいくつかあり、どれもシンプルなものでした。 その記事に書かれていた理由は簡単にまとめるとこんな感じです。 ・話題になる ・マスコミも取り上げる ・知名度があるので広報、宣伝がしやすい ・アニメファン以外の層も取り込める ・・・要は客集めということですねw 興味がない人も有名芸能人が吹き替えをするとなったら、作品に注目する可能性があり話題になりやすいですからね~。 また、映画は莫大なお金がかかるので、お客さんがこないと大赤字。 絶対に失敗できない制作側は、なんとしても映画を話題にしなくてはいけないので、有名芸能人の起用に走るのだとか。 一方でプロの声優さんを使わないのは、一般的な知名度が低い、顔出しNGなどがあるということで、非常に宣伝がしづらいということがあるようです。 ディズニーはオーディションでキャストを決めているということですが、少なからずこのような意図もあるのかもしれません。 キャスト俳優の声優としての評判は? もう選ばれてしまったのですから、文句を言っても今更くつがえることはありません。 潔く腹をくくって今回選ばれたキャスト達の声優としての評判を見ていきましょうw もしかして、実績がありすごい作品になるかもしれません。 ちなみに、評判が明確にでる主要キャラを演じる方たちを中心に書いています。 では順番に見ていきましょう! 賀来賢人 まずはシンバ役の賀来賢人さんから。 映画 ライオンキング プレミアム吹き替え版 にて シンバ役をやらせて頂くことになりました。 全身全霊で演じ、歌いました。 今まで見た事の無い映像美、スケールになっています。 かなり本格的な演技をすることで有名です。 気になる声優の評判ですが、まだ声優は未経験。 このライオンキングが初めてということのようです。 アフレコは難しいとよく聞きますが、いつもの演技を吹き替えでも発揮してくれれば評判も高くなりそうです。 実は賀来賢人さん歌もかなり上手いようで、それもディズニーのオーディションを突破した理由の一つかもしれません。 賀来賢人さんについては、映画公開後に追記していきます! 2019年8月9日追記・・・ 超実写版公開日になりちょこちょこと各声優さんの評判が上がってきました。 少しずつですがアップしていきますね! まずは主人公シンバの吹き替えを担当した賀来賢人さんの評判から。 ライオンキング観てきたぞ。 いくつかよくわからんカットがあったけどなにより映像がすごかったよ。 吹き替えのシンバの声がやっぱり宮本さんで慣れてると違和感強いかも。 でもみんな上手だったかなと思った。 ミュージカルを主にやっている方のようですが、2017年にスマホゲームの「レジェンヌ」で声優デビューしたようです。 現在、門山葉子さんの声優としての評判も情報が全くないので、こちらも映画公開後に追記していきます。 2019年8月9日追記・・・ 門山葉子さんの評判もSNSに上がってきていますね~。 「愛を感じて」の生歌もよかったけど、それ以上に「スピリット」に感動した。 何かを演じるという意味では声優も舞台も変わらないから吹き替えも全く気にならなかったし、ナラの芯の強さが声に良く出ていたと思いました。 イベントの様子はニュース参照 — おがT othercarrion SNSの評判通り門山葉子さんのナラはアニメよりも性格が強い雰囲気が出ていた感じがしました。 今どきの女性の強さを表現したかったのかもしれませんね。 アニメ版とはまた違ったナラでしたが、そこまで違和感はなかったかなと思います。 賀来賢人さんと同じく吹き替えの ナラの歌声はとても良かったです! 個人的には歌以外は可もなく不可もなくって感じでした。 (上から目線ですいませんw) 江口洋介 ディズニーヴィランズ(悪役)スカーを演じる江口洋介さんはベテラン俳優さんで、数々の映画やドラマなどに出演しています。 江口洋介さんは2017年3月18日に公開された「ひるね姫~知らないワタシの物語~」でモモタローという役で声優を務めています。 佐藤二朗さんのプンブァはイメージがなんか出来る。 賀来賢人くんと門山葉子さんが愛を感じて歌うのか。 江口洋介さんはひるね姫のお父さんの声が上手かったからスカーももしかしたら… — Little? 。oO ひるね姫 の円盤視聴。 やっぱりこれ唯の夢落ちじゃいないよなぁ。 普通に良い作品だしなんでこう評価低いのか判らん。 あと江口洋介、ちゃんとアニメ向けのメリハリつけた演技してて旨い。 — 偽物 nisemono661119 『ひるね姫』73点。 『君の名は』かと思ったらトヨタだった(何言ってるか分からねえと思うが本当にそうなんだよ)なんでこんなストーリーにしたのかよくわかんないけど嫌いじゃないですこれ。 登場人物全員状況適応能力ありすぎワロタ。 あと声優初挑戦らしい江口洋介が普通に上手くてびっくりした。 — NORA nora912 「ひるね姫」みました?。 これは夢なの?現実なの???となって、ちょっと混乱しましたが、子供と一緒に見られるいい作品でした。 俳優さんがメインの声優を務められてる作品ってなかなか……なことが多いんですが、違和感なく、江口洋介さん、めっちゃカッコよかった!! —? C・>竹美 低浮上中 mimiko1004 江口洋介さんの 声優としての評判はかなり良いようですね~。 長年の演技がやはり光っているようです。 プンバとティモンはナイスな感じで、ハクナマタタも最高でした。 一瞬美女と野獣要素が出たりして…。 だがなぜスカー、スカーなぜ… — 蟻さん kurakura42 江口洋介さんが吹き替えを担当するスカーはかなり賛否両論ありますね~。 SNSの評判にもあるように、スカーというキャラクターに対する解釈がアニメ版とかけ離れています。 関連: 関連: 佐藤二朗 佐藤二朗さんも長年俳優さんとして活躍し、様々な映画やドラマで活躍されています。 独特な性格とクセのある演技で最近人気がすごい俳優さんです。 佐藤二朗さんは実はディズニー映画の声優は2回目なんです。 1回目の声優は2015年に公開された「インサイド・ヘッド」でビンボン役を演じています。 ビンボン役ではかなり評判が良く、今回のプンバァ役も不安がないという声が結構多いです。 インサイド・ヘッドのビンボンが佐藤二朗さんと知ってびっくりした めっちゃ上手い…… — ななお?? ただ佐藤二朗さんが演じるフラナガンは最高でした!! — みさっぺ@今夢中なバンドはnoovy misachi627 誰かと思ったらフラナガン佐藤二朗さんなのか。 うまいな。 これだけ評判が良いと佐藤二朗さんが演じるプンバァを観てみたくなってきますね! 2019年8月9日追記・・・ 佐藤二朗さんが吹き替えをしているプンバァの評判も見ていきましょう! ライオンキング良かった…開始5分でなんかもう感極まってウルウルした。 幼シンバのお腹パンパンな感じとかめっちゃ可愛いしムファサは威厳があってかっこいくて、プンバァとティモンも愛おしいしなにより吹き替えが思ったより良かった!! — まめ HumKORo プンバァの評判についてはまだ多くないので随時追記していきます。 個人的な評価するなら、佐藤二朗さんが吹き替えを担当したプンバァはかなり良かったです! アニメ版をリスペクトしつつ、佐藤二朗さんのプンバァをしっかり演じていたような気がします。 佐藤二朗さんのプンバァはかなり良かったと思いますので、 プンバァ好きの人は安心し観れると思います。 ただ、プンバァがリアルすぎてちょっと・・・w 関連: 関連: 亜生(お笑いコンビ「ミキ」) はい、問題はこの方です。 ティモンとプンバァといえばライオンキングの名脇役ですからね~。 佐藤二朗さんのプンバァへの不安は解消されましたが、亜生さんのティモンってどうなんでしょうか? 調べてみたら、亜生さんは声優としての経験があるとのこと。 この映像を観た人からは早くも高評価の声が・・・。 歌も普通に上手いし、これは本当にダークホースとなってしまった感がありますね~。 SNSでも絶賛のコメントが多く、亜生さんの声優としての質の高さが分かります。 今日のディズニー実写の中で一番忠実に作られてた。 最高でした。 個人的に亜生さんのティモンと佐藤二朗さんのプンバァの良さをぜひ観てほしいと心から思います。 映画 ムファサです。 愛を込めてやらせていただきました。 ぜひご期待ください 本日 新たな日本語版予告も解禁 — 大和田 伸也 oowadashinya 大和田伸也さんはアニメのライオンキングでもムファサ役を演じていますので、今の所唯一の続投声優さんということになります。 大和田伸也さんは俳優のほかにも、劇場版アニメやゲーム、海外ドラマなど多くの吹き替えをやっています。 俳優としても声優としても実績がありますし、大和田伸也さんに関しては何も心配ないですね! ツイッターには早くも喜びの声が沢山呟かれています。 大和田伸也さまがムファサァァァア!!!!!! あああああむちゃくちゃ嬉しいムファサのあの貫禄、気品溢れる感じが大和田伸也さまのええ声とほんと、ぴったりで、ほんと、叫んだわ。 8月9日追記・・・ アニメ版からの続投でムファサの吹き替えをした大和田伸也さ評判はどうでしょうか? そういや、最近動物系の動画で泣いちゃう歳になったから、ライオンキングかなり涙してしまった アニメ版は涙しないんだけど、CGがリアルすぎてうぅーってなってしまった。 「ムファサの吹き替えはあんたしかいないよ・・・」というのが満場一致の意見でしょうw 想像通りのムファサで、声が観ている人の心の奥に響いてきて心が揺さぶられるのが分かります。 カラオケバトルなどのテレビにも出演しているので知っている方も多いかもしれません。 小林星蘭さんはタレントや女優、声優として幅広く活躍する14歳。 超実写版・ライオンキングの公開まであと僅かですが、2人が吹き替えを担当するヤングシンバとナラの最新映像が公開されました! 透き通るかわいい声と素晴らしい歌声が最高ですね~。 SNSでも早くも高評価の意見が多いようです。 熊谷俊輝さんの歌声はもちろん凄いのですが、ヤングナラの吹き替えを担当した小林星蘭さんの歌声も個人的には良かったです。 正直2人ともセリフでは棒読み感がたまに出ていましたが、歌唱力でそれらをカバーしている感じですねw 声質もアニメ版のヤングシンバとヤングナラに似ていたので、違和感はあまり感じませんでしたよ! 関連: 2019年8月9日追記・・・吹き替え版のライオンキングは思っていたほど最悪ではなかった? 公開前は落胆と不安の声が多かった実写版ライオンキングの吹き替えですが、観てみると意外に悪くありませんでした。 吹き替え全体の評判もそこそこ良いようで、皆さん思っていたよりも楽しめているようです。 ただ、ムファサとティモンとプンバァに関しては、 今回の吹き替えのキャストで良かったので、吹き替えでも楽しめるのは間違いないです。 僕は吹き替えのあとに字幕版もはしごして観てきたので、各おすすめポイントを比較した記事も書いて後ほどアップします。 江口洋介さんや佐藤二朗さん達は声優としての評判も良いので、記事を書いている内に観たくなってきましたw しかし、声優未体験の方もいるので公開されるまでどうなるか分かりませんね~。 大好きなライオンキングだけにこのキャストで良かった~ってなることを本当に願っていますが一体どうなるでしょうか。 ジャングル大帝レオとの関係もなんかまた再燃しているようですし、色々と話題になりそうですw 公開後はすぐに追記していきますので、評判の方も是非楽しみにしていてください! 関連:.

次の

実写版映画ライオンキング・オリジナルアニメからの変更点まとめ!

ライオン キング ハイエナ 声優

ディズニー映画の最高峰『ライオン・キング』が、公開から25年を経て超実写版『ライオン・キング』として再びスクリーンへ帰ってきました。 数あるディズニー作品の中でも、歌・キャラクター共に、未だに世界中に愛されている代表作品の一つです。 ストーリーはオリジナル作品と全く同じでありながら、すべてがCGのためアニメ版以上の大迫力と圧巻の映像美が楽しめます。 そして何より注目なのが、監督、そしてキャラクターの声です。 監督を務めるのはマーベル作品の俳優としても知られ、『ジャングル・ブック』を監督したジョン・ファヴロー。 声優には主人公シンバ役はドナルド・グローヴァー、ナラ役には世界の歌姫ビヨンセ、ムファサ役にジェームズ・アール・ジョーンズ、スカー役にキウェテル・イジョフォーが出演しています。 2019年夏を代表する話題作の1本です。 ぜひ、ご家族・友人・大切な人と観てほしい作品です。 実写映画『ライオン・キング』吹き替え声優キャスト一覧 実写映画『ライオン・キング』の豪華声優キャストを紹介します。 アフリカ・サバンナの王ムファサ 王ムファサが暮らすのは、サークルオブライフにより動物たちが幸せに暮らすプライドランド。 王ムファサと王妃サラビの間に生まれたシンバは、いつか父のような強く、勇敢な王になることを夢見ていました。 しかし、王ムファサの弟でありながら、自身が王になれなかったことを不満に思い、ムファサとシンバがいなくなることを願っていたのです。 弟スカーの王ムファサに対する反抗 ハイエナたちと兄を恨むスカーは共謀し、スカーは自身が王になる野望を叶えるべく、シンバをヌーが大移動する谷へおびき寄せ、シンバを助けに来た王ムファサを谷から突き落とし殺してしまいました。 シンバは自分のせいで父が死んだという罪悪感と、シンバを殺そうとするハイエナたちの追跡により国を追われました。 絶望の中、行き倒れていたところ、イボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモンに助けられ、彼らとともに新たな土地で暮らし始めます。 そこでは、嫌なことだってどうにかなる、心配ないという意味の 「ハクナマタタ」という生き方を学び、シンバは立派な雄ライオンへと成長するのでした。 プライドランドの崩壊 新たな王スカーとハイエナたちにより、以前はサークルオブライフを保っていた王国も、草木が枯れ、生き物がいない土地へと姿を変えてしまいました。 そのような危機的事態を救うべく、シンバの幼なじみの雌ライオンのナラが本当の王シンバを探しに行くのでした。 助けを求めて国を飛び出したナラは、偶然にもシンバたちと再会を果たします。 しかしプライドランドへ戻ってきてほしいと頼むも、シンバは父の死の責任から王位を放棄しようとします。 その後、王であり父であるムファサからの言葉が、シンバの心を変えるのです。 過去と向き合うことを決意したシンバはナラ、ティモン、プンバァと共にプライドランドへ戻ることに。 スカーとの対決 かつてのプライドランドを取り戻すため帰還したシンバは、家族や友と協力をして、スカーとハイエナたちを倒し、プライドランドに平和を取り戻しました。 そしてシンバは新たな王となり、王妃となったナラとの間には新しい生命が誕生しました。 実写映画『ライオン・キング』感想や見どころ 近年、『美女と野獣』『ダンボ』『アラジン』など、ディズニーの実写化がブームとなっていますが、ついに不朽の名作『ライオン・キング』が実写化されたことにより、喜ぶディズニーファンは多いのではないでしょうか。 オールCG作品となっていますが、クオリティが高すぎて本物の映像も含まれているのではないかと驚くシーンも多くあります。 ストーリーだけでなく、あの有名な楽曲たちも再び観客を楽しませ、感動させてくれること間違いなしの作品になっています。 アニメ版との大きな違い 動物がとてもリアルに描かれていることから、アニメ版では当たり前の非現実的な動物の行動シーンも、ストーリーはそのまま、現実的な描写へと変わっており、その違いを見つけるのも何度も見ているファンにとっては楽しめるポイントではないでしょうか。 ぜひ映画館で迫力のある映像美と楽曲を楽しんでください。 実写映画『ライオン・キング』は2019年8月9 日 金 公開 アメリカでは2019年7月19日公開され、日本では2019年8月9日の全国で公開されます。 上映劇場は公式サイトから探せます。 何度も何度も観ても飽きない素晴らしい作品です。 また、エルトン・ジョンが手がける聞き覚えのあるミュージックは本編随所で流れますので、BGMとして聞いているだけでも気分が盛り上がるでしょう。 ディズニーアニメ『ライオン・キング』は、下記の動画配信サービスで視聴できます。 ディズニーアニメ『ライオン・キング』は、複数の動画配信サービス(VOD)で配信されていますが、 U-NEXT・ビデオパスであれば、初回の無料登録でもらえるポイントを使うことで、無料で見る事ができます。 ディズニーアニメ『ライオン・キング』を今すぐ観たい方はU-NEXT 『ライオン・キング』の動画と、その他の映画を無料で視聴したい方にオススメなのがU-NEXTです。 U-NEXTでは、 31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は、初回登録時に600ポイントがもらえます。 『ライオン・キング』は、U-NEXTだと324円で配信されており、600ポイントを使って無料で見ることができます。

次の

【悪役】ライオン・キングのスカーとは?プロフィール&トリビア!スカーの本名・アニメ版&実写版の声優も!

ライオン キング ハイエナ 声優

概要 [ ] では、で放送されている。 日本語および英語によるを実施(カイオンの声は黄色、バンガの声は水色、その他のキャラクターの声は白で表示される)。 各話の中でシーンが存在する。 ストーリー [ ] プライドランドの王シンバの息子のカイオンは、幼馴染のラーテルのバンガとバオバブボールで遊んでいると、バオバブの実が危険なアウトランドへ落ちてしまう。 カイオンはここまでだと諦めようとするが、バンガは気にせずこっそり忍び込みバオバブの実を取りに行った。 そんな時、ハイエナのリーダー、ジャンジャの手下のチーズィとチュングに捕まってしまった。 それを見たカイオンがバンガを離すようにと言ったが、二人に「弱虫」だとからかわれてしまい、バンガをジャンジャの元へ連れて行こうとしたその時だった。 「バンガを離せ!」と怒り狂ったカイオンが、雄叫びをあげた。 そして、雲がライオンのような顔の形に変化した。 二人は、なんとかアウトランドから逃げ出す事に成功し、プライドロックへ戻った。 その後、ラフィキが「新たな伝説が生まれた」と衝撃の一言を口にした。 なんとカイオンは、ライオンガードというガーディアンのリーダーと選ばれた。 ライオンガードは本来、雄のライオンしかいなかったが、カイオンは先祖たちの助言によってその掟を打ち破り、バンガと友達のチーターのフーリ、シラサギのオーノ、カバのべシティがメンバーとして加わった。 最初はバンガを除いた友達は不審に思っていたが、彼のためなら頑張る覚悟を決め、シンバからも認められる。 ジャンジャ達ハイエナを始め、ハゲワシの議長ムジュンゴやジャッカルのリーダーレイレイなどの宿敵に挑みながら、「プライドランドがある限り、ライオンガードは戦う!」とカイオンたちの冒険が始まる! 登場キャラクター [ ] 担当名は日本語版のもの。 主人公 [ ] カイオン Kion - シンバの第二子でキアラの弟。 一人称は「僕」。 子供ながら鬣がわずかに生えている。 後に成長し、体つき、牙、雄叫びの威力等が強くなっている。 将来プライド・ランドの女王となる姉のキアラを支える為に、祖先の魂達が授ける雄たけびの力でプライド・ランドを守る力を得る。 激怒した時に雄叫びを使ってはいけないと考えているが、制御ができない為、味方まで巻き込んでしまうこともある。 ナラの励ましもあり、立ち直った。 シーズン3では、初代ライオンガードのリーダーのアスカリの霊に助けられ、雄叫びの更なる力を会得した。 正義感が強くお人好しである為、ライオン・ガードの仲間を部下としてではなく友として扱っている。 口癖は「ヘイヴィ・カビーサ!」(ねえ、完全に!)。 生真面目だがキアラに対して頑固で口喧嘩をすることがあるが、仲間や家族も守りたいと思っている。 スカーとの戦いでは、雨を降らせてスカーを倒すことに成功したが、スカーの策略により、ウシャリの毒を目に受けて狂暴化したり自我のコントロールを失ったりしたため、その治療のためにプライドランドを離れている。 公式の続編である『』では登場してはおらず、どのような扱いなのかは不明だが、カイオン達が『シンバズ・プライド』に登場しない理由も明かされるという。 シーズン3で最終決戦後、プライド・ランドから離れて命の樹へ向かう途中、インドライオンの姫君のラニと出会う。 仲良くなっていくうちに、惹かれ合うようになる。 最終話では彼女と結婚した。 友達 [ ] 『ライオン・ガード』のメンバー [ ] バンガ Bunga 声 - 雄の(ただし、ラーテルの英語名が「Honey badger」であるためと紹介されていることもある)。 素晴らしいという言葉を「すばんがらしい」(DVD字幕では「すごバンガ」。 un-Bunga-lievable)という事がある。 口癖は「ズカ・ザマー!」(恐れずに飛び込め!)。 一人称は「俺」。 大胆不敵で調子がいい性格をしている。 蛇や毒に対して免疫があり、強力な防御力と屁が得意。 ティモンとプンバァの養甥でシンバの養弟で、ハクナ・マタタのモットーを受け継いでいる。 産みの親や家族は不明で、フーリ同様に幼いころから一人で生きてきた。 虫(中でもプライド・ランドで一番珍しいフンコロガシの幼虫ウタム)が大好物。 シーズン3では、同じラーテルの雌ビンガと出会うが、初めて出会った自分より臭い匂いの生き物なため対抗心を持っていたが、ラーテルとしての優劣を競う間に仲良くなり惹かれ合う。 オーノ Ono 声 - 雄の(ただしと紹介されていることもある)。 口癖は「ハパーナ!」(いいえ!)。 一人称は「僕」。 目を負傷した際には、それまでの役目をアンガに委任し、代わりに最も聡明な者として活躍した。 真面目な性格で少し抜けているところもあるが、世話好き。 生まれたばかりのハメルコップの女の子、オーナに手を焼いていたが、彼女の母親クリンダと共に親子ダンスをした。 フーリ Fuli 声 - 雌ので、キングチーターの特徴を持つ。 額にハートの模様がある。 自信家で物事を割とはっきり言う性格。 狩りの時一匹で行動するのが好きだが、仲間といるのも好き。 毛皮がとても柔らかい。 体が濡れるのを著しく嫌う。 家族がいないため、ライオン・ガードのメンバーを家族の様に思っている。 口癖は「フウェズィ!」(あなたには無理!)。 一人称は「私」。 シーズン3では、初めて自分と同じチーターの雄アザードと出会い、お互いに惹かれ合う。 ベシティ Beshte 声 - 雄の。 口癖は「トゥウェンデ・キボコ!」(さぁ行こう、カバ!)。 一人称は「僕」。 かなりおしゃべりが大好きで、つい長話をしてしまう。 アンガ Anga 声 - 雌ので紫の体色が特徴。 オーノよりも上空を飛べる。 口癖は「アンガリンガ!」(彼は託すことが出来る)。 一人称は「私」。 初登場した際は無口で会話があまり成り立たなかった。 冷静で優しい性格。 『ライオン・ガード』のメンバー以外 [ ] マキーニ Makini 声 - 世話好きで場を盛り上げるのが得意な雌のマンドリル。 ラフィキの弟子。 ジャスィリ同様、正式なライオン・ガードのメンバーではない。 一人称は「あたし」。 好奇心旺盛で活発な性格。 ジャスィリ(Jasiri) 声 - 雌のハイエナで、姉のマドアがいる。 雌なのに雄よりやや小柄である。 一族のリーダー的な存在。 笑いが魅力で明るく友達想いの優しい性格。 モットーは「スィスィニサワ」(私達は同じ)。 一人称は「私」。 アウトランドで暮らすが、ジャンジャたちとは仲間ではないと言っており、ジャンジャたちもジャスィリが縄張りを通り掛かると攻撃してくるが、何度も撃退してきた。 ジャスィリは非常に懐が深く、最初はハイエナに偏見をもっていたカイオンを救い改心させ、自分達を殺そうとしたジャンジャたちを許している。 ジャンジャの一族とも仲間になり、スカーとの戦いの後、アウトランドの動物の女王になり、プライド・ランドから離れたライオンガードの帰りを待つことになる。 後に、「スィスィニサワ」の精神がスカーの軍団を壊滅させる切っ掛けとなり、カイオンとは愛とも取れる特別な絆を示す描写がなされている等、出番は多くないが特別な存在である。 また、二人が出会ったエピソードは個別に「Unlikely Friends」(Disney Book Group)として2016年に書籍化されている。 カイオンとジャスィリの関係は、ドイツで発売されたオーディオブック等における、シンバの息子のコパと雌ハイエナのアサンテの関係に類似していたり(出会った際の描写も合致している)、カイオンとはかつてのシンバとナラを思わせる描写もなされている。 実際、原語版ではカイオンとジャスィリの会話に度々「アサンテ(スワヒリ語でありがとうを意味する)」という単語が使用されている。 シーズン3にて、カイオン、バンガ、フーリにはそれぞれ新たな同種の異性となるラニ、ビンガ、アザードが用意され、最終話にて結婚したカイオンとラニ以外のペアにも明確な恋愛を示唆する描写が導入されたが 、ジャスィリとジャンジャに関してはそのような演出は最後までされなかった。 マドア(Madoa) 雌のハイエナでジャスィリの姉で、妹がライオンと友達になった事に最初は驚いたが、後にカイオンにジャスィリ達の救出を請う。 しっかり者で優しい。 孤児の可能性があるウェマとトゥヌをジャスィリと共に育てている。 ウェマ 雌のハイエナ。 マドアとジャスィリに家族のように暖かく育てられている。 人見知りだが好奇心旺盛な性格。 ウェマ、ジャスィリ、トゥヌはジャンジャたちに襲われて、火口に突き落とされただけでなく3匹が焼死するのをジャンジャたちが楽しみにするという残虐な罠にはめられたが、マドアがカイオンに助けを求めた事で、ライオンガードにすんでのところで救われた。 トゥヌ 雄のハイエナ。 ウェマと仲良しで、マドアとジャスィリに育てられている。 内気で大人しい性格。 『ライオン・キング』より登場している仲間達 [ ] ラフィキ Rafiki 声 - 雄の。 呪術師のような存在。 よく洞窟に絵を描いている。 また、声優はこれまでのシリーズではが担当していたが、2017年に死去したため、駒谷に交代。 ザズー Zazu 声 - 雄の。 先代ムファサよりプライド・ランドの王家に仕えている存在。 幼い頃のカイオンとバンガに手を焼いていた。 ティモン Timon 声 - 雄の。 バンガの養おじ。 『』では相棒のプンバァとともに主役を務め、おじと母親が登場している。 やんちゃな子供の頃のシンバの子育て地獄の経験があった為、幼い頃のバンガが懐いてきたのが呆れていたが、すぐ仲良くなる。 プンバァ Pumbaa 声 - 雄の。 バンガの養おじ。 『』では相棒のティモンとともに主役を務める。 幼い頃のバンガが懐いてきて、とっても可愛いと思ってすぐ仲良くなる。 家族・親族 [ ] 家族は父、母、姉の4頭。 4頭家族の他に亡くなったムファサとスカー、そしてジラ、ヌカ、コブ、ビタニも登場する。 プライドランドのライオン [ ] シンバ Simba 声 - 『ライオン・キング』の主人公であり、カイオンの父親。 プライド・ランドの現王。 カイオンの父親でもあり先代のライオン・ガードでもあったスカーの事を語り、将来の王になるキアラを支えるようカイオンにライオン・ガードとしての仲間を見つけるように伝える。 初めは見つけた仲間がライオンでなかったので呆れていたが、キアラを救われると認めた。 バンガとは後に互いを兄弟と認識して仲良くなった。 ナラ Nala 声 - 『ライオン・キング』のヒロインであり、シンバの愛妻でカイオンとキアラの母親。 落ち込むカイオンを慰める優しい性格。 キアラ Kiara 声 - 『ライオン・キング2』の主人公であり、シンバの第一子でカイオンの姉。 将来自分がプライド・ランドの女王となることを強く自覚しているが、ライオンガードを振り回していてカイオンと口喧嘩になることもあるが仲の良い兄弟である。 シーズン3の最終話では既にコブと結婚している。 ズーリ 声 - キアラの友達の雌ライオン。 青目のつり目。 サバサバとして大人しい性格。 いつも能天気なティーフを呆れている。 シーズン3では未登場。 ティーフ 声 - キアラの友達の雌ライオン。 緑目とアホ毛。 能天気で人懐っこい性格。 キアラを「リーダー」と尊敬していて興奮が収まらないが、ナラの前では冷静になる。 シーズン3では未登場。 故人キャラクター [ ] ムファサ Mufasa 声 - 先代のプライド・ランドの王。 キアラとカイオンの祖父であり現王シンバの父。 実弟スカーの謀略によって殺害されている。 時折、迷うカイオンに天からアドバイスを与える幻のような存在。 死因はであり、実弟のスカーに崖から落とされて殺害された。 孫であるカイオンからは「ムファサおじいちゃん」と呼ばれている場面もある。 スカー Scar 先代のライオン・ガードのリーダー。 キアラとカイオンの大叔父であり現王シンバの父方の叔父。 かつてはライオンガードのリーダーとして精力的に行動していたが、とある悪のライオンとコブラに騙されて目に毒の傷を受けた。 悪党たちをすぐに葬ったが、そのライオンの理論である「力ある者が統べるべき」という理論に同調していたこともあり、ムファサに悪党たちを倒した事を報告した際に、本当は褒められる事を期待していたのにムファサが「スカー」というあだ名をつけたことに恨みと(ムファサの王としての器に)失望を抱いた。 後に、プライドランドをのっとる計画をガードのメンバー達に持ち込んだが拒絶され、怒ったスカーは、正義の力「英雄の雄叫び」をチームに向けて放ってしまう。 それによって、プライドランドを守るライオン・ガードは全滅し、スカーは、正義の力である「英雄の雄叫び」を悪事に使ったために力を失った。 死因はであり、実の甥であるシンバに崖から突き落とされ、その後はハイエナたちに食べられ殺害された。 享年不明。 カイオンが雄叫びを火山で使用したことにより、マグマと炎と煙の霊体として復活し、再度プライドランドを乗っ取りシンバ達を葬る計画を立てる。 しかし、部下への扱い方は以前より荒っぽく、密偵でスパイであるトカゲ達に手下達を見張らせたりした為、ジャスィリに助けられたジャンジャからは疑問を感じられてしまい、裏切られる。 最終決戦ではカイオンによって倒される。 アスカリ Askari 初代ライオンガードのリーダーであり、今でも彼等を称える年間行事が開催される。 初めてライオンとゾウの同盟を結び、ライオンガードを結成し、悪のライオンたちからプライドランドを守ったとされる。 『ライオン・キング2』より登場キャラクター [ ] ジラ Zira アウトランドのメスライオンのリーダーでコブとヌカとビタニの母親。 『ライオン・キング2』の終盤に川へ転落し、救おうとするキアラを振り払って溺死。 本作では、ジャスィリ達の水場を奪ったことが発端でカイオン達と遭遇する。 スカーと非常に親しかったため、「英雄の雄たけび」の雨を降らせるという効果と、スカーが「雄たけび」の力を失った理由も知っていた。 これらを利用し、「ジャスィリ達が困っていたのにカイオンは雨を降らせずに放置していた」や「雄たけびをライオンに使うと力を失う」という嘘の理由付けでカイオンとジャスィリの絆を割こうとしたり、カイオン相手に有利に立ち回ったが、カイオンとジャスィリの絆の強さが虚言を上回り、更にバンガが「肝心なのは誰に雄たけびを使うこと」と助言をした事で、カイオンによってアウトランドのさらなる奥地、『2』での彼らの本拠地に追放された。 シーズン3では既に死亡しており未登場。 コブ Kovu ジラの末っ子の次男で、ヌカとビタニとは異父弟に当たる。 『ライオンキング2』のエンディングではキアラと結婚している。 本作ではキアラの弟であるカイオンと出会ったりしている。 カイオンがシンバの息子である事を知った際には嬉しそうな表情を見せており、キアラに会える事を期待していた。 アウトランドのライオンで唯一、カイオンとジャスィリにも友好的な姿勢を見せ、唯一カイオンの「英雄の雄叫び」に吹き飛ばされなかった。 その後はジラの元へ去った。 シーズン3では既にキアラと結婚して王子になった。 ライオンガードが帰ってきた時、カイオンと再会する。 初めはカイオンからスカーだと勘違いされたが、キアラによって誤解を解いた。 ヌカ Nuka ジラの長子の長男でコブの異父兄。 『ライオンキング2』では血の繋がった従兄弟であるシンバを捕らえようとするのも失敗し、足を滑られた上に丸太が頭部を直撃し、死亡した。 悪役ではあるが、カイオンがシンバの息子である事を知った際にはコブと共に期待した表情を見せていた。 シーズン3ではすでに死亡しており未登場。 ビタニ Vitani ジラの長女でコブの異父姉。 『ライオン・キング2』の終盤にプライドランドへ降伏。 母、兄、弟に同様でカイオンと出会う。 カイオンとジャスィリが一緒にいるのを見て関心していた。 シーズン3ではカイオンに敗北されるが、彼の跡を継いでリーダーとなる。 プライドランドの住民 [ ] ピム 雄のハイラックス。 バンガの臭いを嗅いで逃げ出したが、マクウとの対決でバンガの背中にしがみつくようになる。 バシ 雄のカバ。 べシティの父親。 賢いカバでライオンガードの協力者である。 誰に対してもお人好しで改心したマクーを許している。 サーストン 雄の。 かなり忘れっぽい性格。 ムベヤ 雄の。 かなり物知りでべシティ同様おしゃべり。 モトト 雄の。 正義感が強く好奇心旺盛。 ライオンガードのべシティに強い憧れを持つ。 まだ子供だがゾウとしての才能を持つ。 クワト 雄のシマウマ。 友達思いでライオンガードに強い憧れを持っている。 まだ子供だが素早くて防御を制御する。 クリンダ 雌のハメルコップ。 温厚で母性豊かなシングルマザー。 生まれてきた娘をオーノの名前にちなんでオーナと名付けた。 アウトランドの敵 [ ] ジャンジャ(Janja) 声 - カイオン達の宿敵であるアウトランドのたちのリーダー的存在。 過去の記憶から、カイオン達とはほぼ同年代と推測される。 彼とその一族は、シェンジたちの子孫または親戚とされている。 頭の回転が早く気は荒っぽい性格だが、部族の仲間を思う心はある。 あまり自分の計画をわかってないチャングとチーズィを「アホども」と呆れていて、ついには二人を追い出すこともあるが、自分をよく思わないネネとタノに罠にはめられてしまったため和解する。 リーダーシップは優れているが、実は病弱で吐きそうになった事もある。 ジャスィリ達を敵とみなしており、カイオンとジャスィリが一緒にいる事がますます気に入らない模様。 スカーの命令もあり、彼女とその一族を殺す決意をしてしまう。 しかし、自身が絶体絶命の時にジャスィリに助けられたこと、ライオンガードとハイエナレジスタンスに必ず敗北してきた事、スカーの自分たちへの扱いの酷さ、ジャスィリやシンバ達が自分たちの罪を許したのもあり、善心が芽生えた事とスカーの側にいることに疑問を持ち、スカーを裏切る事となった。 最終決戦後、ライオンガードがスカーを倒したことを報告し、ジャスィリを新しいアウトランドの女王と任命し、ジャスィリの一族との仲は改善し、ジャンジャの一族ごとジャスィリの一族に同化した。 その後、旅に出たライオンガードを寂しげな表情で見送った。 ジャスィリとジャンジャの間に恋愛感情を示唆させる描写は最終話でも一切描かれなかった。 チャング(Chungu) 声 - 筋肉質で太めのハイエナ。 名前は「チュング」とも。 かなり食い気で獲物のことしか考えてないが、チーズィと共に追い出されたとしてもジャンジャのことを心配したり、悩みこんでしまった彼を支えるほどお人好し。 また、ジャンジャの理解者でもあり、彼の一族と共にスカーを裏切ることになった。 チーズィ(Cheezi) 声 - 小柄でいつも舌を出しているハイエナ。 笑い上戸でエドのようなポジション。 脳は全くないがジャンジャ譲りの悪質を持つ。 仲間想いな為、悩みを抱かえているジャンジャを気にかけて心配している。 チャング同様ジャンジャの理解者であり、スカーを裏切る。 その後、アウトランドの指導者と任命された。 ネネ 頭脳派のハイエナ。 あらゆる計画を立てるが、リーダーであるジャンジャを罠をはめようとしたり、彼を利用してチャングとチーズィを追い出す卑劣な性格。 最終決戦では、ジャンジャと共にスカーを裏切り、ライオンガードと共戦することになった。 タノ 知恵者のハイエナ。 ネネ同様、ジャンジャを罠にはめようとする。 最終決戦では、ネネ同様、ジャンジャと共にスカーを裏切った。 ムズィンゴ(Mzingo) 声 - 『勇者の伝説』ではハイエナ陣営に於いてザズーのポジションにいた雄の議長。 紳士的な行動をしているが、目標の為なら手段を選ばず老若男女とて容赦はしない。 『勇者の伝説』以外ではジャンジャと別行動をとることも多く、ハゲワシの群れを率い議会を開く。 初めはジャンジャとレイレイとはリーダー争いになっていた。 しかし、ジャンジャ同様考えを改め、ハイエナと共にスカーを裏切ることにした。 その後、ジャンジャとは友人になる。 ムウォーガ ムズィンゴの手下のハゲワシ。 頭の回転が速いが、ちょっとドジが多くよくライオンガードに痛い目にあわされる。 最終決戦では、ムズィンゴ同様スカーを裏切る。 レイレイ 声 - 雌のでリーダー。 ゴイゴイの妻。 子持ち。 姉御肌でしっかり者。 ジャッカルは他の動物より賢いと思っているが、子供達のことで疑問を抱く事もある。 ジャンジャやムズィンゴとはリーダー争いになっていたが、最終決戦ではジャンジャとムズィンゴ達同様、考えを改めてスカーを裏切る。 ゴイゴイ 雄のジャッカル。 レイレイの夫でどこか抜けており憎めない部分もある。 最終決戦では、レイレイ同様スカーを裏切る。 ドーゴ レイレイとゴイゴイの息子。 母親の教育でずる賢さを持つようになるが、もともと素直で純粋は心を持っているため彼女の考えに疑問を持つ。 いつか家族と共にプライドランドに住みたいと密かな夢を持っていた。 キジャーナ レイレイとゴイゴイの娘。 母親の影響でずる賢い作戦を考える。 キボリ 雄のクロコダイル。 クールで、周囲が騒がしいのを呆れている性格。 群れから追い出されてウシャリにスカーの元へ案内された。 最終決戦ではジャンジャ達同様、考えを改めてスカーを裏切る。 シュパル 見張り役のトカゲのリーダー。 赤い体で睫毛が長い。 その他 [ ] ウシャリ 雄の。 冷酷で卑劣な性格で、バンガによくからむ。 当初はプライドランドで暮らしておりヴィランでもなかったが、ライオン・ガードに何度か踏まれたことで敵対し、復活したスカーに仕えたという珍しい経歴を持つ。 最終決戦ではカイオンに毒の傷をつける。 スカーが倒された後、怒り狂ってカイオンに襲いかかるが、バンガに阻止されて溶岩の中へ落ちて死亡した。 マクウ 雄ので新リーダーになる。 当初は頭の回転が早く乱暴者な為、まだ数の少ない魚を好き放題に食べるために川に来た。 カイオンとも対立する。 その後は改心して、魚が増えすぎたら食べに行くと頭に入れて、その場を去った。 その際、以前より丸くなってリーダーらしい事を苦労する一方、少しずつ慣れてきた。 プーア 雄のクロコダイルで元リーダー。 過去では群れに入り込んだカイオンとバンガを襲いかかるが、ザズーによって阻止された。 マクーチャ 雄のでヒョウ族の中でも力が強い。 遠くから遥々来る。 シーズン3に至るまでいくどか改心を見せるような描写があったものの、結局は敵になってしまった。 ムピシ 故郷にはない獲物を探しに遠くから来た雌のハリタカ。 秘境でしつこく高飛車な性格で新鮮な獲物しか狙わない。 生まれたばかりのオナを食べようとしたが、オーノによってそれを阻止されてしまう。 その後、諦めてプライド・ランドから去ることにした。 キニョンガ 声 - 雌のカメレオン。 恥ずかしがり屋で臆病だが、スカーの計画を密告してライオンガード に報告するスパイで頼もしい協力者。 3月18日 10 オウチュウのとくぎ The Call of the Drongo 3月25日 11 ラフィキのえ Paintings and Predictions 4月1日 12 ンバリへいげんをめざせ The Mbali Fields Migration 4月22日 13 バンガとおうさま Bunga and the King 4月29日 14 おたけびのちから The Imaginary Okapi 7月8日 12月4日 15 シロアリがいっぱい Too Many Termites 7月15日 12月25日 16 ガラゴのおおさわぎ The Trouble With Galagos 8月5日 2017年 1月8日 17 あたらしいともだち Janja's New Crew 8月26日 12月18日 18 ジャンジャのてした Baboons! 9月23日 1月14日 脚注 [ ]• かつて日本では、2017年1月13日から2020年3月20日まで、で放送されていた。 Rescue in the Outlands• Never Judge a Hyena by Its Spots• Little Old Ginterbong(バンガとビンガがラーテルとしての優劣を比べている際に、不可抗力でキスして照れる描写がある。 Journey to the Pride Lands(ベシティが、「フーリとアザードの関係は、カイオンとラニのそれにそっくりだ」と述べた。 ) 余談 [ ] 原語版のカイオン・ジャスィリ、ウシャリという重要キャラクターの各声優(Max Charles、Maia Mitchell、Christian Slater)は誕生日が8月19日である。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の