西武 バス 大宮 営業 所。 西武バス株式会社/大宮営業所の天気(3時間毎)

西武バス株式会社/大宮営業所の天気(3時間毎)

西武 バス 大宮 営業 所

(西武バスで最近増殖中のいすゞ車。 KC-LV380N 99年式A9-625) (ノンステ投入によって既に廃車となった91年式A1-889) (車両) 大宮営業所の車両は専ら日産ディーゼルの車両だったが(大昔は三菱車MR470等が大半だった)、98年度からなんと22年 ぶりにいすゞ車が導入されて、周囲をびっくりさせた。 手始めにスロープ付きワンステップバス・KC-LV380N改が導入された。 当初は【北浦03】北浦和駅〜埼玉大学 の限定運用だったが、99年度にも増備されて、限定運用は解かれたが、 北浦03に優先的に運用されている。 一般車のいすゞ車も増備され、こちらは大宮駅西口発着路線を中心に使用されていたが、 2000年・2001年にエルガ合計9台導入に伴い、限定を解除したもよう。 車両の使用年数は概ね8〜9年。 最近では中堅車を中心にラッピング広告を施し、 注目を浴びている。 廃車になった車両は概ね伊豆箱根鉄道や、近江鉄道・西武高原バス・西武観光バス(秩父)などの子会社に 譲渡される。 大宮では、団地路線も抱えている為に、N尺(11m級)の車両も多い。 今後はどうなるであろうか・・・ 高速バス用の車両や、貸切用の車両も在籍している。 特筆されるのは、空港リムジン用車も成田空港行(ONライナー) と先日開業したばかりの羽田空港行にそれぞれ専用車がある。 ONライナー用が専用塗装に対して、羽田行は普通の ライオンズカラーである。 A2-956(日デU-UA440NSN・平成4年式) 現在は廃車済。 後期製造組はA2-15が存在したが、2002年12月に廃車になった。 その後期型との相違はハンドル形状他。 A3-52(日デU-UA440NSN・平成5年式) 西武におけるN尺車は、ここ大宮のみの配置。 2002年12月に廃車となった。 A3-67(日デU-UA440NSN・平成5年式) 大宮ではこのグループまで方向幕がローマ字非併記となっている。 A3-68(日デU-UA440LSN・平成5年式) 前述のA3-67と続番であるが、こちらは川越から平成8年転属。 よってL尺(N尺より若干ホイールベースが短い)となっている。 東部工業会(工業団地)の契約輸送専用。 川越営業所にも契約輸送車が在籍する。 A3-122(日デU-UA440NSN・平成4年式) 平成5年の後期になると、方向幕はローマ字併記となった。 A3-96〜98より採用。 A4-189(日デU-UA440LSN・平成6年式) こちらも転属車のため、L尺となっている。 平成12年初頭に転入。 A5-226(日デU-UA440LSN・平成7年式) 久々に大宮に新製配置となったL尺車。 このグループは当然、少数派。 A5-273(日デU-UA440LSN・平成7年式) こちらもL尺となっている。 この車両は現在日商岩井のマンションのラッピング車。 A5-274はJOMOのラッピング広告が施されている。 A6-365(日デKC-RM211ESN・平成8年式) こちらはこの年で70台以上も増備された短尺中型車。 この車は所沢からの転入車で(大34)大宮駅西口〜所沢駅西口 の大部分大宮移管に伴って転入。 狭隘・過疎路線中心に運用されている。 A7-479(日デKC-UA460LSN改・平成9年式) こちらは補助ステップ付ワンステップバス。 主に大36 大宮駅西口〜二ツ宮での充当が多いようだ。 画像ではちょっと分かりづらいかも知れないが、側窓がツーステップ車よりやや大きくなっている。 A8-525(日デKC-UA460NSN・平成10年式) 大宮ならではのN尺車。 このグループはA8-525・526・531の3台となっている。 この車は埼玉県自動車整備振興会のラッピングバス。 A9-598(日デKC-UA460LSN・平成11年式) 用途外車と呼ばれる、貸切兼用車。 大宮にはA7-422と2台在籍。 こちらにはアイドリングストップ装置が取りつけられている。 通常は大34 大宮駅西口〜所沢 駅西口に充当されている事が多い。 ABS装備車。 A9-600(日デKC-UA460NSN・平成11年式) 基本仕様はA8台車と変わらないが、新たにアイドリングストップ&スタートシステムが装備された。 このグループはA9-599〜601の3台が在籍している。 バンパー側面に埋め込まれているものはコーナーランプ。 大宮UD車最後のツーステップ車となった。 A8-537(いすゞKC-LV380N・平成10年式) 西武バスで20数年振りに製造されたいすゞ車という、記念すべきグループ。 所沢・川越・大宮に配属された。 ワンステップ・スロープ付となっている。 中扉は4枚折戸となった。 しかもロッドシフトを頑なに採用した西武バスが、このグループからフィンガーコントロールシフトを採用している。 アイドリングストップ機能は装備無し。 A9-625(いすゞKC-LV380N・平成11年式) 前述のワンステと違い、ツーステップ車として増備された。 このグループはロッドシフトとなっている。 大宮所属車のA9-624・625・639・640のうち624・625の2台はアイドリングストップ&スタートシステムが採用されている。 新製当初は大22・23で優先運用されていたが、現在は限定なしでほとんどの路線で活躍している。 A9-638(いすゞKC-LV380N・平成11年式) A8代に続き、この年もLVワンステップ車(スロープ付)が投入された。 大宮にはA9-626・627・628・637・638の5台が製造された。 主に北浦03・10〜12・15や大22・23で活躍している。 このグループもアイドリングストップシステムは装備されていない。 スロープ付ワンステップバスで、フィンガーコントロールシフト装備。 大宮には705と2台の在籍。 現在「タイヤ館」のラッピングが施されている。 A0-710(日デKL-UA272KAM・平成12年式) とうとう大宮にもノンステップ車が投入となった。 エンジンは中型車用のタイプが搭載されており、ターボチャージャー付となっている。 【北浦10〜12・15】北浦和駅〜大久保方面系統専用となっている。 A0-709〜713の合計5台が在籍している。 A1-729(いすゞKL-LV280N1・平成13年式) エルガワンステの第2陣。 このグループはA1-727〜730の4台製造された。 基本仕様はA0代のものと変わらない。 主に【北浦03】北浦和駅〜埼玉大学、【北浦10〜12・15】北浦和駅〜浦和北高校・大久保・大久保団地・加茂川団地、【大22・23】大宮駅西口〜川越グリーンパーク・西遊馬 中心に活躍している。 A1-752(いすゞKL-LV280N1・平成13年式) エルガワンステの第3陣。 このグループはA1-752〜754の3台製造された。 基本仕様は前述のものと変わらない。 主に【北浦03】北浦和駅〜埼玉大学、【北浦10〜12・15】北浦和駅〜浦和北高校・大久保・大久保団地・加茂川団地、【大22・23】大宮駅西口〜川越グリーンパーク・西遊馬 中心に活躍しているが、時々他の路線にも充当される。

次の

バス停「西武バス大宮営業所」

西武 バス 大宮 営業 所

この節のが望まれています。 現行路線 [ ] 大宮駅西口 - 西遊馬 - 川越グリーンパーク方面 [ ]• 大22:西口 - 三橋一丁目 - 西武車庫 - 新屋敷 - - 川越聖地霊園入口 - 川越グリーンパーク• 大23:大宮駅西口 - 三橋一丁目 - 西武車庫 - 新屋敷 - 西遊馬(深夜バスあり)• 大25:大宮駅西口 - 三橋一丁目 - 西武車庫 - - 佐知川原• しかし、当時未整備であった 経由による定時運行の確保が困難となったことから、川越グリーンパークで分断された。 大25は公園墓地・青葉園へのアクセス路線も兼ねる。 付近の道路が狭く混雑するため、彼岸の時期には大幅減便を行い、代わりに大宮駅西口-青葉園の直行便を多く運転する措置をとる。 大宮駅西口 - かみこ公園 - 中並木方面 [ ]• 平日朝のみ運行。 大宮駅西口 - 水判土 - 指扇駅方面 [ ]• 大31:大宮駅西口 - 中並木 - - - 下 - -• (出入庫):水判土 - 佐知川 - 土屋下 - 西遊馬 - 指扇駅 以前は西遊馬発着だったが、指扇駅整備工事が竣工され、(5年)より指扇駅に乗り入れを開始した。 同時に、路線名も指扇線へ変更され、水判土 - 指扇駅の出入庫も新設された。 ただ、指扇駅ロータリーは現在でも広い設計ではなく、大31がまとまった休憩時間をダイヤに組み込んでいる場合、駅から西遊馬の折返場までし、ここで休憩するケースがある。 大宮駅西口 - 藤橋 - 加茂川団地方面 [ ] 大32は「藤橋」が強調された表示になる。 原則として中型車を使用するが、写真の大型車(A1-579)も当系統に充当される。 大32:大宮駅西口 - 中並木 - 三橋四丁目 - 藤橋(電建住宅入口) - 加茂川団地• 大33:大宮駅西口 - 中並木 - 三橋四丁目 - 藤橋(電建住宅入口) - 加茂川団地 - 加茂川団地へのアクセスとしては後発で、運行本数も大39より少ない。 中型車と大型車の併用で運行される。 大宮駅西口 - 二ツ宮 - 馬宮団地 - ららぽーと富士見方面 [ ] 大36の三条町経由便は、後部表示と共に「三条町」が強調される。 (A7-236)• 大35:大宮駅西口 - 中並木 - 水判土 - 飯田宿 - - 堤防 - - 団地 - 東大久保 -• 大36:大宮駅西口 - 中並木 - 水判土 - 飯田宿 - 二ツ宮(深夜バスあり)• 大36:大宮駅西口 - 中並木 - 水判土 - - 二ツ宮• 大37:大宮駅西口 - 中並木 - 水判土 - 飯田宿 - 二ツ宮 - 治水橋堤防 - 飯田新田 - 馬宮団地 かつて二ツ宮にあった自動車試験場への足として利用されていたが、自動車試験場が(昭和63年)にへ本移転した後も沿線住民の利用率は多く、平日(運行開始当初は月 - 土曜)には深夜バスが運行されている。 大36の一部は、水判土 - 二ツ宮新道間が三条町経由となる。 大37の馬宮団地線は(平成4年)に新設された。 かつて馬宮団地を経由していた大35(2代)がその2年後の(平成6年)に廃止された。 2015年(平成27年)4月には、旧・富士見市役所停留所付近にららぽーと富士見がオープンし、これに伴う路線開設によって21年ぶりに(系統番号としての)大35が復活。 この大35は馬宮団地を経由するため、大37のうち早朝と深夜を除く全便が大35に振り替えられた (所沢担当の大34は馬宮団地非経由)。 治水橋は(平成5年)に現在の橋が竣工・開通するまで、現在の橋のやや下流側に橋が設けられていたが、この旧橋の供用開始が(昭和9年)と古く、大型バス同士のみならず、大型ダンプなどとのすれ違いの際には双方の車輌が減速・徐行していたりと、かなりのデメリットが生じていた。 しかし、現在の橋梁では歩道も含め道幅の広い道路となり、路線バスも走行出来る環境となっている。 大宮駅西口 - 上落合七丁目 - 大宮駅東口方面 [ ]• 大38:大宮駅西口 - 中並木 - 住宅前 - 上落合七丁目 - 大宮駅東口 大宮駅の東と西を結び、西武バスが大宮駅東口に乗り入れる唯一の路線。 現在は中型車で運行される。 2016年11月16日より、「日赤入口」バス停を「上落合七丁目」と改称。 2017年4月1日改正より、平日・土日祝3往復運行から、土日祝1往復のみの運行となった。 大宮駅西口 - 市民医療センター入口 - 加茂川団地方面 [ ]• 大39:大宮駅西口 - 切引川 - - 入口 - 加茂川団地• 大39-1:大宮駅西口 - 切引川 - 円阿弥 - さいたま市民医療センター入口 - さいたま市民医療センター• 大40:大宮駅西口 - 切引川 - 円阿弥 - さいたま市民医療センター入口 - 加茂川団地入口 -加茂川団地 - 大宮南高校• 大41:大宮駅西口 - 切引川 - 円阿弥 - さいたま市民医療センター入口 - 加茂川団地 - 大宮南高校 - 水判土 大宮駅から現在の加茂川団地折返場は、団地内に存在したスーパー「地産ストア」の駐車場跡地を利用し、延長したものである。 それまでは現・加茂川団地入口停留所付近に折返場があり、そこを旧・加茂川団地停留所としていた。 旧停留所・折返場は団地から離れていたため、自転車の駐輪スペースが設けられていた。 大40のうち大宮駅発の平日朝二本は加茂川団地停留所を通過する。 大41は夕方以降のみの運行である。 の新都01とは、 - 庚申堂で併走している。 大宮駅西口 - 円阿弥 - 北与野駅 - さいたま新都心駅方面 [ ]• 新都11:大宮駅西口 - 中並木 - 三橋四丁目 - 円阿弥 - - - 西口 北与11が前身で、(平成12年)のさいたま新都心駅開業に伴い、北与野駅 - さいたま新都心駅間を延長して新都11とした。 北浦和駅 - 埼玉大学方面 [ ]• 北浦03: - 札の辻 - 北入口 - (と共同運行、深夜バス運行)• 南与01:埼玉大学 - 鈴谷札の辻 - 南与野駅西口(国際興業バス西浦和営業所と共同運行) 北浦和駅から(埼大通り)を直進し埼玉大学へ向かう路線である。 (平成19年)の改正により、北浦03の深夜バス運行が開始されたと同時に、南与野駅西口広場の供用開始に伴い、南与01が新設された。 北浦03の深夜バスは北浦和駅発が西武・国際興業1便ずつ、埼大発は国際興業1便のみ運行。 南与01は、朝夕ラッシュ時に数本運行される。 (平成22年)のダイヤ改正では、平日埼玉大学発の始発時刻の繰上げ 、土曜・日祝ダイヤの統一 などが行われた。 2015年のダイヤ改正で南与01の本数が増加した。 北浦和駅 - 陣屋 - 大久保団地方面 [ ]• 北浦10:北浦和駅 - 鈴谷 - 入口 - 陣屋 - 大久保団地 - -• 北浦11:北浦和駅 - 鈴谷 - 浦和西警察署入口 - 陣屋 - 大久保団地 - 大久保(深夜バスあり)• 北浦15:北浦和駅 - 鈴谷 - 浦和西警察署入口 - 陣屋 - 大久保団地 - 大久保 - 加茂川団地(深夜バスあり) 沿線の上大久保地区に大規模な県営団地・マンション群を抱えており、すべて合わせて1時間に3本以上運行されている。 北浦15は、出入庫機能と加茂川団地折返場での休憩機能を持ったダイヤ編成となっている。 北浦11・北浦15の深夜は北浦和駅発のみ設定され、復路は回送となる。 北浦10は、主に通学時間帯に北浦11を延長して運行される。 現行高速・空港路線 [ ] 「」を参照 コミュニティバス [ ] の西区役所線を受託運行している。 詳しくは同項目を参照。 廃止・移管路線 [ ] 一般路線 [ ]• (初代)大24:大宮駅西口 - 西武車庫 - 三橋一丁目 - 東五味貝戸• (2代)大24:大宮駅西口 - 西武車庫 - 三橋一丁目 - 新屋敷• 大33:大宮駅西口 - 自動車試験場 - 治水橋堤防 - 東大久保 - - 入口 - 三角 - 八丁• 大34:大宮駅西口 - 二ツ宮 - 治水橋堤防 - 東大久保 - 入口• (初代)大34:大宮駅西口 - 自動車試験場 - 治水橋堤防 - 東大久保 - 上福岡駅入口 - 上富 - 中富 - 秩父学園入口 - 市民医療センター - 西口• (2代)大34:大宮駅西口 - 二ツ宮 - 治水橋堤防 - 東大久保 - 上福岡駅入口 - 上富 - 中富 - 秩父学園入口 - 市民医療センター - 所沢駅東口 全長23. 95kmで、西武の一般路線で最長距離路線。 、へ完全移管した。 本線の(初代)(2代)と異なり、鶴瀬経由ではあったものの、当時の所沢東高校への利便性を考慮した路線。 2015年4月に大宮駅西口 - ららぽーと富士見(旧・富士見市役所停留所付近)間が復活。 大37:大宮駅西口 - 水判土 - 三条町 - 加茂川団地 - 大久保 現・大37(馬宮団地線)とは無関係である。 北浦12:北浦和駅西口 - 鈴谷 - 浦和西警察署入口 - 陣屋 - 大久保団地 に廃止され、北浦11に代替された。 北浦13:北浦和駅西口 - 二度栗山 - 鈴谷 - 入口 - 入口 - 小村田 - 大宮駅西口 に廃止され、与本20系統に転換された。 北浦14:北浦和駅西口 - 二度栗山 - 与野駅入口 - 役所 - - 与野公園入口 - 大宮駅西口 に廃止された。 与本20:与野本町駅 - 陣屋 - 大久保団地 - 大久保 に新設。 北浦14の与野本町駅乗り入れの維持路線で、末期は平日1往復に削減の上 、に廃止された。 高速路線 [ ]• :大宮営業所 - 大宮駅西口 - 東所沢駅 - 所沢駅東口 - (と共同運行)• (と共同運行) 現在はとして、西日本JRバスと共同運行。 車両 [ ] 新エルガのA7-84(2017年式) 当営業所に在籍している一般路線車は他の営業所とは異なり、さいたま市向けのが3台在籍している以外は、製がほとんどで、製の車両は徐々に数を減らしている。 ただし、空港連絡バスや高速路線バス向けのほとんどがいすゞ自動車製である。 また、2006年に(車番:A6-135)がさいたま市の補助金を受けて投入されたが、この車のボディーは、シャシーは日産ディーゼル製である。 2010年には、所沢営業所より同型のCNGノンステップバス1台(車番:A6-128)が転属してきたが、いずれも2017年に除籍された。 までは、日産ディーゼル+製の大型長尺車が納入されていた。 より車体のノンステップバスが導入され、4メーカーが揃うことになった。 新車納入より行き先表示(前面・側面・後面)がフルカラーで出場している車両が運用についている。 脚注 [ ] [] 脚注 [ ]• 最寄停留所名も「西武車庫前」である。 web. archive. org 2020年4月20日. 2020年4月20日閲覧。 2015年4月現在、大22を初めとした国道16号経由地は、大部分がとなり、路線バスだけではなく自転車や歩行者にも配慮される道路へと変わっている。 web. archive. org 2020年4月20日. 2020年4月20日閲覧。 web. archive. org 2020年4月20日. 2020年4月20日閲覧。 web. archive. org 2020年4月20日. 2020年4月20日閲覧。 現・大37新設の前日:1月15日に、担当の当時の大32:本川越駅 - 入口 - 二ツ宮 - 大宮駅西口線が廃止された• web. archive. org 2016年11月17日. 2020年4月20日閲覧。 web. archive. org 2017年3月1日. 2020年4月20日閲覧。 web. archive. org 2020年4月20日. 2020年4月20日閲覧。 web. archive. org 2020年4月20日. 2020年4月20日閲覧。 web. archive. org 2020年4月20日. 2020年4月20日閲覧。 web. archive. org 2020年4月24日. 2020年4月24日閲覧。 web. archive. org 2004年10月10日. 2020年4月24日閲覧。 web. archive. org 2008年2月26日. 2020年4月24日閲覧。 注釈 [ ]• 5時台に西武・国際興業各1本ずつ増便された。 これにより、日祝は大幅増便・終車時刻の繰下げとなったが、土曜は数往復減便となった。 関連項目 [ ]• (区間)•

次の

西武バス大宮営業所

西武 バス 大宮 営業 所

ペット(小鳥・小犬・小猫)は小籠に入れ車内にお持ちください。 手回り品は車内にお持ちください。 スーツケース等の荷物については、原則としてお一人さま1個まで。 予めご了承ください。 手回り品は最小限にしていただきますようお願いいたします。 長大荷物・貴重品・危険物・破損する恐れのあるもの・車両を破損させる恐れのあるもの・他のお客さまに危害を及ぼしたり 迷惑をかける恐れのあるものの持ち込みはお断りいたします。 手回り品の破損・紛失・盗難等の責は、運行会社に重大な過失がある場合を除き、負いかねますので予めご了承ください。 車椅子について:折りたたみ可能なものはトランクでお預かりいたしますが、電動式車椅子につきましては原則としてお預かりできかねますので、 あらかじめご了承ください。 (他の交通機関のご利用をお願いする場合もございます。 ) 乗車券のご予約・ご購入方法.

次の