ご教示お願い致します。。 「ご教授」「ご教示」「ご指導」「ご指南」の意味と違い、使い方とは?

やせ方ご教示お願い致します(長文)

ご教示お願い致します。

意外と知らない「ご教示」の意味 日常会話では「教えてください」が多く使われており、「ご教示ください」はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、よく聞くことになります。 意味を知らないまま「ご教示ください」と急に言われては、対応に困ってしまうこともあるでしょう。 ここでは、「ご教示」の意味と使い方を紹介します。 ご教示の意味と用法 広く使われている「教えてください」と意味は同じです。 それを丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」となります。 また、もともと「教示」とは、知識や方法が対象となっている言葉です。 職場で言うと、ものの使い方や状況の報告に当たります。 目上の方に、よく分からないことや必要な情報を尋ねるときには「ご教示ください」と言いましょう。 ご教示の例文 日常的には使われないというのもあって、あまり「ご教示」を使った文章が浮かばない人も少なくないでしょう。 ビジネスではどう使われているのか、例を紹介します。 「知っている方がいれば是非ご教示願いたいです。 」 人が対象となっていますが、人材や担当者の「情報」を求めているので適切な使い方と言えます。 「ご教示を賜りたいと存じます。 」 より丁寧な文章でお願いをするときに使う言い方です。 「使い方をご教示くださり大変に感謝しております。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。 しっかりとお礼を言うことで誠意も伝わるでしょう。 「この後のスケジュールをご教示下さい。 」 相手方のスケジュールを聞いて確認しておきたいときに使います。 「在庫の有無をご教示下さい。 」 ことの現状を確認したいときにも使えます。 「教示」と「教授」の違いとは? ビジネスで間違えやすいのが「教示」と「教授」の使い分けです。 違いを知らないために、誤って「教授」を使ってしまうケースもあります。 意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 何が対象なの? それぞれの語句が対象としているものは、簡単に言うと「教授」は学問・技芸、「教示」は知識・方法です。 「教授」は、一時では知り切れない長期的なものを指します。 それに対して「教示」は、聞いたら今すぐ知ることができる方法や情報を指します。 もし、ビジネスで「教授」を使ってしまうと、今後も教え続けていただくというニュアンスになってしまいます。 一次的に何かを教えてもらう場合、基本的には「教示」を用いて、情報を聞くようにしましょう。 しかし、長期的にスキルを身に付けるために教えを乞う場面では、使用しても差し支えありません。 「教示」「教授」はどちらも書き言葉 「教示」「教授」はいずれも口語ではなく、書き言葉として使われるものです。 話し言葉として使用する場合は、言い換えが必要となります。 書き言葉として使われる教示、教授 どちらも、主にメールや文章で使われる言葉です。 畏まったメールや文書で、敬意を表すときに使用します。 しかし、口語として接待や会議のときに使うのは硬すぎる印象を相手に与えてしまうため、会話で使用するのは避けましょう。 話し言葉の時の言い換え 元々の意味は教えるという意味です。 目上の方に対して使うので、「教えてください」を敬語にして「教えていただけますか?」や「教えていただけますでしょうか?」と言い換えましょう。 他には、情報を聞き出す用途として「お聞かせいただけますか?」や「お尋ねしてもよろしいでしょうか?」というのも、同様の意味合いになります。 似ている単語「ご指南」と「ご指導」 教授と教示以外にも、似た言葉で「ご指南」と「ご指導」があります。 これらも、書き言葉になります。 ビジネスで使い間違えることがありますので、明確な違いを覚えて、正しい方を使いましょう。 正しいのは? ビジネスシーンで使用するのに適しているのは「ご指導」のほうです。 「ご指導」はある目的のために、教えを乞うという意味があります。 一連の流れに沿った教えを受けて、明確な目的達成を願うときは、「ご指導」を使いましょう。 また、対象としている範囲は、教育やノウハウ、技術と幅広いため、ビジネスにおいても多用されます。 それに対して「ご指南」は、武術や芸能といった精進的なものに限定されます。 よって、ビジネスシーンでは「ご指導」を使用するほうが適切でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご教授」と「ご教示」は似ている言葉ではありますが、用途は大きく異なります。 ビジネスシーンでは、些細な言葉遣いの誤りが、自分の評価を下げてしまうことも少なくありません。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。

次の

「ご教示」の意味と使い方!例文や類語「ご教授」との違いも解説

ご教示お願い致します。

では、ビジネス上で「ちょっと教えてほしい」こととはどんなものでしょうか。 まずは社内を想定して考えてみます。 例えば打合せや勉強会を行う場合、出席者が揃う日を調整しなくてはなりません。 その際に「ご教示願います」を使って以下のようなメールを送るとよいでしょう。 例文1:会議や勉強会の日程調整を行う場合 【宛先】 第二営業部 〇〇課長 システム部 〇〇さん 企画部 〇〇さん、〇〇さん 【題名】 会議日程調整について 【内容】 各位 お疲れ様です。 新商品のプロモーション活動について打合せを行いたくご連絡いたしました。 会議室はこちらで予約しておきますので、来週ご都合のよい日時を2,3ご教示願います。 お忙しい中恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。 以上 第一営業部 〇〇 いかがでしょうか。 出席者一人ひとりに「すみません、都合のいい日時教えてください」と聞いて回ることはありませんので、このようなメールを送る場合がほとんとです。 もし気心の知れた同僚相手に送るメールであったとしても、ビジネス上では丁寧に「ご教示願います」を使うのがマナーです。 それでは次に、自分が知らないことについて詳しく知る人に教えを乞う場面を想定してみましょう。 例文2:分からないことを教えてほしい場合 【宛先】 経営企画部 〇〇さん 【題名】 新商品ホームページ掲載について 【内容】 〇〇さん お疲れ様です。 今回当社が開発した新商品をホームページに載せたいのですが、広報申請の手続きについて以前担当されていたと伺いましたのでご連絡いたしました。 必要な書類と照査先をご教示願います。 お忙しい中恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。 営業支援部 〇〇 この場合、相手にとって教えることが負担にならない程度の内容を聞くのがよいでしょう。 時間がかかりそうだったり相手にも考えさせるような内容だと「ご教示願います」では軽すぎます。 より丁寧な表現は後ほど解説いたします。 「ご教示願います」はメールのみ? 上の「ご教示願います」の例文は2つともビジネスメールを想定していますが、もちろん会話の中で使っても問題はありません。 ただ「ご教示願います」だと少し堅苦しい感じがしてしまう場合は「教えていただけますでしょうか」や「教えていただけると有難いです」など「教えて」を丁寧に言い換えるだけでも十分です。 目上の人や社外の人にも「ご教示願います」でOK? 「ご教示願います」には尊敬語の「ご」や丁寧語の「ます」が使われていますので、そのままでも十分敬語と言えます。 しかし、社内で先輩・同僚向けに「ご教示願います」を使うなら十分ですが、目上の方や社外の取引先向けではもう少し丁寧さをプラスした方がよいでしょう。 より丁寧に「ご教示願います」を言い換える方法を、下記ステップに沿って詳しくみていきます。 ここは「お願いいたします」が適切でしょう。 「お願いします」だと「願います」とあまり差が感じられませんので、「いたします」を使います。 さらにより丁寧な印象となる「お願い申し上げます」も可です。 ではこの2つの違いは何なのでしょうか。 詳しくみていきましょう。 お願いというより、命令している? 「ご指導ください」「お電話ください」「指導してください」「電話をしてください」、これは前2つと後ろ2つでどちらも同じことを言っていますが若干ニュアンスが違うように感じませんか。 「ご お ~する」は謙譲語で、自分を下げて相手を立てる表現方法です。 一方で「ください」は丁寧な表現で相手を敬う言葉となります。 したがって「ご指導してください」のように2つ組みあわせた表現は誤りとなります。 「ください」はできるだけ避けよう さすがに「教示してください」とは言いませんので、この場合は「ご教示ください」が正しい使い方となり、他の例をみても「ご指導願います」「お電話ください」となりますので問題はないでしょう。 しかし、実はこの場合の「ください」は「~しろ」という命令形を丁寧に言い換えた言葉にすぎません。 「ご教示ください」というのは一見丁寧な言い方に聞こえますが、「教えろ」と言っているようなものです。 「ご教示ください」と言われて命令されたと感じる人はいないでしょうが、いずれにしても「ください」はいくら丁寧語とはいえ命令形となりますので、取引先や目上の方に使うのは避けましょう。 ご教示願いますとご教授願いますの違い 「ご教示願います」と似た表現で、「ご教授願います」というものがあります。 一体どちらが正しいのか、迷ったことのあるビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。 まずは「教授」という言葉、その字のとおり「教えを授ける」という意味で、「大学教授」という職務名があるように学問や専門知識を教え伝えていくことがイメージできます。 「教示」が「すみません、ちょっと教えてください」だったのに対し、「教授」は「時間をかけてじっくり教えてください」となります。 「ご教授願います」を使った例文 「ご教示願います」と「ご教授願います」それぞれの例文を見てみるとイメージがつきやすいでしょう。 教示:「ご都合の良い日時をご教示願います」 教授:「商品知識が未熟ですので、今後ともご教授いただければ幸いです。 」 「教授」は学問や専門知識が対象となりますので、尊敬の念を込めて使う場合が多いでしょう。 そのため例文のように「ご教授願います」よりも丁寧な表現が望ましいです。 このように「ご教示願います」は今すぐ情報を知りたいときに、「ご教授願います」はじっくり学びを得たいときに使います。 正しい使い方で自信につなげよう 今回は知っているようで知らない「ご教示」の意味や使い方、「ご教授」との違いについて解説しました。 今まで何気なく「ご教示願います」と使っていた方も、目上の方や社外へメールを送る際はもう少し丁寧さをプラスしてみてください。 敬語の組合せ方は他の言葉でも応用できますので、ぜひ参考にしてみてください。 ビジネスにおいて、メールや会話の中での言葉遣いが商談の明暗を分けることは多々あります。 業務に追われて忙しい毎日を送っているとつい「上司が使っているから」「同僚のメールから引用した」などと楽をしがちですが、自分でしっかり正しい使い方や意味を調べてみるとメールも商談も怖くなくなり自信につながるでしょう。 「ご教示」や「ご教授」だけでなく、普段何気なく使っていた言葉にもぜひ目を向けてみてください。

次の

「ご教示ください」の意味と使い方や読み方!メール例文(目上や上司向け)を使って解説!

ご教示お願い致します。

意外と知らない「ご教示」の意味 日常会話では「教えてください」が多く使われており、「ご教示ください」はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、よく聞くことになります。 意味を知らないまま「ご教示ください」と急に言われては、対応に困ってしまうこともあるでしょう。 ここでは、「ご教示」の意味と使い方を紹介します。 ご教示の意味と用法 広く使われている「教えてください」と意味は同じです。 それを丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」となります。 また、もともと「教示」とは、知識や方法が対象となっている言葉です。 職場で言うと、ものの使い方や状況の報告に当たります。 目上の方に、よく分からないことや必要な情報を尋ねるときには「ご教示ください」と言いましょう。 ご教示の例文 日常的には使われないというのもあって、あまり「ご教示」を使った文章が浮かばない人も少なくないでしょう。 ビジネスではどう使われているのか、例を紹介します。 「知っている方がいれば是非ご教示願いたいです。 」 人が対象となっていますが、人材や担当者の「情報」を求めているので適切な使い方と言えます。 「ご教示を賜りたいと存じます。 」 より丁寧な文章でお願いをするときに使う言い方です。 「使い方をご教示くださり大変に感謝しております。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。 しっかりとお礼を言うことで誠意も伝わるでしょう。 「この後のスケジュールをご教示下さい。 」 相手方のスケジュールを聞いて確認しておきたいときに使います。 「在庫の有無をご教示下さい。 」 ことの現状を確認したいときにも使えます。 「教示」と「教授」の違いとは? ビジネスで間違えやすいのが「教示」と「教授」の使い分けです。 違いを知らないために、誤って「教授」を使ってしまうケースもあります。 意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 何が対象なの? それぞれの語句が対象としているものは、簡単に言うと「教授」は学問・技芸、「教示」は知識・方法です。 「教授」は、一時では知り切れない長期的なものを指します。 それに対して「教示」は、聞いたら今すぐ知ることができる方法や情報を指します。 もし、ビジネスで「教授」を使ってしまうと、今後も教え続けていただくというニュアンスになってしまいます。 一次的に何かを教えてもらう場合、基本的には「教示」を用いて、情報を聞くようにしましょう。 しかし、長期的にスキルを身に付けるために教えを乞う場面では、使用しても差し支えありません。 「教示」「教授」はどちらも書き言葉 「教示」「教授」はいずれも口語ではなく、書き言葉として使われるものです。 話し言葉として使用する場合は、言い換えが必要となります。 書き言葉として使われる教示、教授 どちらも、主にメールや文章で使われる言葉です。 畏まったメールや文書で、敬意を表すときに使用します。 しかし、口語として接待や会議のときに使うのは硬すぎる印象を相手に与えてしまうため、会話で使用するのは避けましょう。 話し言葉の時の言い換え 元々の意味は教えるという意味です。 目上の方に対して使うので、「教えてください」を敬語にして「教えていただけますか?」や「教えていただけますでしょうか?」と言い換えましょう。 他には、情報を聞き出す用途として「お聞かせいただけますか?」や「お尋ねしてもよろしいでしょうか?」というのも、同様の意味合いになります。 似ている単語「ご指南」と「ご指導」 教授と教示以外にも、似た言葉で「ご指南」と「ご指導」があります。 これらも、書き言葉になります。 ビジネスで使い間違えることがありますので、明確な違いを覚えて、正しい方を使いましょう。 正しいのは? ビジネスシーンで使用するのに適しているのは「ご指導」のほうです。 「ご指導」はある目的のために、教えを乞うという意味があります。 一連の流れに沿った教えを受けて、明確な目的達成を願うときは、「ご指導」を使いましょう。 また、対象としている範囲は、教育やノウハウ、技術と幅広いため、ビジネスにおいても多用されます。 それに対して「ご指南」は、武術や芸能といった精進的なものに限定されます。 よって、ビジネスシーンでは「ご指導」を使用するほうが適切でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご教授」と「ご教示」は似ている言葉ではありますが、用途は大きく異なります。 ビジネスシーンでは、些細な言葉遣いの誤りが、自分の評価を下げてしまうことも少なくありません。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。

次の