ヒカキン 小池。 ヒカキン(HIKAKIN)と小池都知事との対談で、 小池都知事が語った、 「ソーシャルディスタンスのすごい効果」とは?

ヒカキン、小池百合子都知事と“ネット対談” 「おうちにいましょう」と視聴者に呼びかける(リアルサウンド)

ヒカキン 小池

「やるべき時にやるべき場所にいてやるべきことをいう。 言うべき時に言うべき場所にいて言うべきことをいう。 それが難しいんです」 こう語ったのは、「人間探究科」「自然探究科」を京都市立堀川高校に開設し、国立大学への合格者数を1年で100人以上増やした「堀川の奇跡」の渦中にいた荒瀬克己校長だ。 正しいタイミングというものは、誰にとっても難しいものである。 小池都知事とユーチューブ対談、若い世代を意識 そこでHIKAKINだ。 新型コロナウイルス感染症が広まるなか、トップユーチューバーHIKAKINが東京都の小池都知事と。 13日現在で約880万回再生され、45万件の好評価を得ている。 この対談はHIKAKINからの打診に小池都知事が応えるかたちで実現。 収益化を目的とせず広告なしで見ることができるため、拡散しやすいかたちとなっている。 質問内容は、「新型コロナウイルスの感染が拡大している中で何ができるか?」「発熱したらどうすればいいか?」「若い世代はどんなことに気をつければいいのか?」「日本で若者の重傷者は出ているのか」といった、若い世代が気になる内容が中心。 自身が影響を与える世代を意識してのことだろう。 また、小池都知事も冒頭から、「HIKAKINさんがユーチューブで『3つの密』のことを仰っていただいて、それがすごくみなさんに見ていただいている」と語りかけるところから始まった。 朗らかな一面をのぞかせると同時に、質問に対しては正確な数字を伝えることに終始した。 危機をあおることなく淡々と回答した。 この動画の小池都知事に対しては、「笑顔や手を振るシーンもあり、硬すぎにほっこりした」「TVよりも印象がいい」「親近感がもてた」といった好意的なコメントが目立つ。 「何よりも運が良かった」謙虚な姿勢 HIKAKINといえば、言わずと知れたトップユーチューバー。 しかし、以前、については、「何よりも運が良かった」と謙虚な姿勢だった。 それこそが、彼らしい部分でもあるのだ。 ビートボックス動画で世界中からのアクセスを得てユーチューバーとなったHIKAKINではあるが、その影響力を元にテレビに本格進出、ということは今のところなさそうだ。 それは制作方法にあって、ひとりで企画から撮影、編集まで何でもできるメディアが合っているというからだ。 元々は恥ずかしがり屋で、人前で何かを話すことを避けてきたという背景も影響しているのだろう。 成功の理由は運であっても、自身の言葉の影響力は無視できなくなってきた。 動画で紹介した商品が店頭から消え、工場が生産に追われることもでてきた。 だからこそ、動画の企画は丁寧に扱う。 「商品レビューでは、『まずい』と言わないと決めています。 まずいと思ってしまったなら、たとえ動画を撮り終えていてもボツにしますね。 本当に自分がおいしいと感じられたものこそ、みんなに伝えるべきだと考えているので。 結果としてそのほうがみんなハッピーになれると思います」 みんなをハッピーな気分にさせる、これこそがHIKAKINの本質ではないだろうか。 前出の言葉にもどる。 「やるべき時にやるべき場所にいてやるべきことをいう……」。 HIKAKINの本質からすると、このタイミングでの小池都知事への対談は必然だったと言えるだろう。 収録後には「緊張した〜」と本音をこぼすシーンもあったが、TVを見ないと言われる若い世代には、自身の動画が効果的とふんだ。 広告未掲載も純粋に拡散を願ってのことだろう。 今回の動画のなかに何度も出てきた「 うちで過ごそう」。 我々にもこのタイミングでできることがありそうだ。

次の

このタイミングで小池都知事と対談。時宜を得たユーチューバー、HIKAKINの本質

ヒカキン 小池

小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた【ヒカキンTV】【新型コロナウイルス】 動画の冒頭でヒカキンは「少し前に僕がYouTubeで公開した『若いみんなへ、ヒカキンより。 それをきっかけに今回の対談が決まりました。 今、都知事も忙しい中、貴重な時間をいただきましたので、この動画でたくさんの人に新型コロナウイルスの正確な情報が届くよう、時間の許す限り(小池都知事に)質問させていただければと思っています」と説明した。 ありがとうございます」と感謝していた。 まずヒカキンが「新型コロナウイルスの感染が拡大している中で今出来ること、やるべきことは?」と質問すると、小池都知事は「先日、国が緊急事態宣言っていうのを出しました。 都はその宣言を受けて(都民の)皆さんに『こうしてください』『ああしてください』という緊急事態措置をお願いしているわけです。 その中で1番大きいのは『おうちにいましょう=STAY HOME』ってことなんです」と回答。 その上で小池都知事は「とは言えね、お買い物とか必要なものありますよね。 コンビニとかスーパーなどは開いてますから、日常品を買いに行くことは問題ありません。 だけど基本はおうちにいてくださいねということです」と強調していた。 つまり、食料品などの買い占めは一切必要ないということだ。 続けて、ヒカキンが「自分がもしコロナウイルスなんじゃないかと疑いのある様な症状が出た時にどこに連絡したらいいのか? どういう動きをするのがベストなのか? をお聞きしたいです」と聞くと、小池都知事は「いくつかルートがあるんですけれども、いつも行ってらっしゃるお医者さん、かかりつけ医ですね。 でもまずそこに行く前に電話をしてください。 と言うのはもう感染しているかもしれない中で、そこに行くとお医者さんにうつっちゃう可能性があるから。 そして、そこのクリニックに行ったら一緒に待ってる人にも、うつっちゃうということも考えられます。 なのでまずは電話で相談していただきたい」と説明した。 そして小池都知事は「新型コロナコールセンター・新型コロナ受信窓口というのもありますので、(疑いのある方は)ご相談ください」と視聴者に呼びかけていた。 さらにヒカキンが「10代、20代の感染者が増えているが若い人はどんなことに気をつければいいですか?」と問うと、小池都知事は「3つの密を避けてもらうのが、若い人にも重要になります」「仰る通り10代の方(の感染者が)増えているんですよ。 例えば4月7日に感染した方の数を全部合わせていくと、もう1200人近いんですね(東京都内全体の感染者数)。 その内、10~40代までの方が半分以上で690名です。 ということで感染者全体の約58%が10~40代の若者ということになります」と説明。 これを受けヒカキンは「老若男女問わず、基本家にいようということですね」とコメントしていた。 「若い方(10~40代)でも重症者になった方は東京都内だけですでに4名いらっしゃいます」と明かした小池都知事。 その上で「ただね、日本で、また東京で重症・重篤という方は30名はいっていないという状況ではあります。 今、東京都はとにかく亡くなる方を出さない、重篤、重症の方を出さない、これを第一にしています。 そして逆に言えば軽症の方、もしくは『陽性って出たけど僕元気』という無症状の方も多いんです。 いずれにしても(少しでも怪しい人は)コールセンター、かかりつけ医で検査を受けていただければと思います」とコメントした。 そして人と人との距離を1. 8~2メートル空けることを意識するソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の必要性を訴えた小池都知事は「世界的には社会のルールになっていることです。 お店によってはテープが貼ってあったり、丸が書いてあったりとか、そういう流れがもう世界でもあるし、社会の常識になっています。 新しい常識にしましょう」ともコメントした。 これにヒカキンが「例えばレジを待つ時(他のお客と)しっかり距離を離す状態を心掛ければ1ヶ月後の感染者が天と地ということですね?」と質問すると、小池都知事は「そういうことです」と強く肯定していた。

次の

ヒカキンが小池都知事に質問してみた!?サムネの衝撃がすごいw【動画】

ヒカキン 小池

新型コロナウイルスに関連し、人気YouTuber・ヒカキンさんのYouTubeチャンネル「ヒカキンTV」の動画に、東京都の小池百合子知事が出演し、注目されている。 これは、ヒカキンさんが小池都知事に新型コロナ対策についてさまざまな質問をする内容を、約21分の動画にわかりやすくまとめたもの。 4月10日の公開から14時間で530万回以上再生されており、若者を中心に幅広い世代が視聴したもようだ。 ヒカキンさんの質問の中には、食料品や日用品の流通に関するものがあり、「緊急事態宣言が出ても、 食料品や日用品の 買い溜めなどはしなくても心配ないですか」という問いかけに対し、小池都知事は「その点は全然心配ありません。 お店は普通にやっていますし、物流も止まらないので心配はありません。 買い溜めや買い占めなどは、むしろ避けていただきたいと思います。 大丈夫です」と語っている。 さらに、ヒカキンさんが、「最近よく聞くソーシャル・ディスタンスとはどういう意味なんでしょうか」と質問したところ、小池都知事は、「人と人との距離を6フィート、つまり1. 8m~2mくらい空けましょうということなんです。 これは、3つの密(密閉、密集、密接)と密接に関係しています。 人と人との距離を離しておくと、その分感染の危険が減るという話ですね。 ソーシャル・ディスタンスは、社会的距離と呼んでいます」とした。 また、小池都知事は解説の図を掲げながら、「ソーシャル・ディスタンスを全く何もしない時は、感染する確率が5日後に2. 5人にうつってしまいます。 その人たちがまた活動しますので、1カ月後には406人にまで広がってしまいます。 それを、50%意識しますと、一気にそれが半分に減って5日後に1. 25人、そこから1か月後に広がるのは15人。 さらに、とても意識した75%の場合、5日後に0. 625人に感染して、そこからの広がりは、1か月後2. 5人に感染を抑えられます。 ということで、ソーシャル・ディスタンスは、世界的には社会の常識となっています。 新しい常識にしていきましょう」と話した。 ヒカキンさんの動画は、効果音やテロップなどにより、誰でもわかりやすく編集されていることが特徴。 幅広い世代で新型コロナウイルス対策の理解が進む助けになりそうだ。

次の