豊臣 秀吉 妻。 秀吉の妻の名前

豊臣秀吉の妻【ねね】は顔良し、性格良し、人望アリの最高な人物だったの?

豊臣 秀吉 妻

正確な身分もわからないほどまずしい生まれの豊臣秀吉は、母親の再婚相手にいじめられ「絶対偉いサムライになってやる!」と13才で家を飛び出して、織田信長の家来となります。 何ももたずに生まれた秀吉は、人の心とチャンスを手に入れる努力をおしみませんでした。 ある寒い日、秀吉はふところであたためたぞうりを、信長に差し出しました。 信長は、この気づかいに感心し、たちまち秀吉を気に入ったそうです。 ほかの家臣たちから「ただの人たらし(ごますりがうまいヤツ)」と思われようと、秀吉は信長の役に立とうと必死でした。 10日間で18個もの城を攻め落としたり、味方に裏切られて絶体絶命の信長を戦場から逃がしたりと、 死にものぐるいで戦ったのです。 目的はただひとつ。 偉くなるためです! そして信長が明智光秀に倒される「本能寺の変」が起きます。 備中(岡山)にいた秀吉は、これまた10日間で200キロを走りぬけ、京都で光秀を討ちました。 信長のかたきを討ったことで、秀吉の発言力は急上昇。 わずか2才の信長の孫、三法師のめんどうを見ることで織田家の実権を手にします。 信長の死をも利用して、秀吉はのしあがったのです。 その後すべての戦国大名を家臣にした秀吉は、とうとう天皇の次に偉い関白の位を与えられ、 信長にもできなかった天下統一を成しとげました。 実際、秀吉に会った朝鮮の使者は「サルにそっくり」と書いていますし、肖像画もサル似。 でも、じつは信長は「はげねずみ」というさらにひどいあだ名で秀吉を呼んでいました。 それは信長が秀吉の妻・ねねに送った手紙に書いてあります。 秀吉とねねは、当時としてはめずらしく親の反対を押し切って恋愛結婚したラブラブカップル。 しかし出世した秀吉は浮気するようになり、悩んだねねが信長に相談したのです。 信長は完全にねねの味方になって、やさしい言葉満載の手紙で返事をします。

次の

【はげねずみ】信長がねね(秀吉妻)に送った手紙に、信長の優しい一面が…!

豊臣 秀吉 妻

豊臣秀吉はなかなかに女好きであったと言われております。 正室の他、側室もわかっているだけで11人はいたと言われております。 秀吉は自分が農民という低い身分の出身であるという事にコンプレックスを抱いていたせいか、名門の出の女性を積極的に側室にしていました。 有名どころだと、 織田信長の妹・お市の娘の淀殿 茶々姫 織田信長の娘・三の丸殿 織田信長の弟・信包の娘の姫路殿 加賀の大名・前田利家の娘の麻阿姫 鎌倉時代から続く名門・蒲生家の三条殿 近江守護であった名門・京極家の松の丸殿 ・・・などがおります。 【スポンサードリンク】 ・・・戦国時代、衆道 男同士の恋愛 は武士のたしなみとも言われていたぐらい当たり前の事だったのですが、 秀吉はそっちには全く興味がなかったそうです。 そんな秀吉を見て家臣達は、 可愛い子紹介してよ って言っちゃうところに女好きの片鱗を見る事ができますね。 笑 豊臣秀吉の正室・ねねと豊臣家の関係は?? 豊臣秀吉の正室は、『ねね』という名の女性です。 『寧々』、『ねい』、『おね』などの名称もあります。 そして『北政所 きたのまんどころ 』、『高台院 こうだいいん 』との表記も一般的です。 呼び方多いですね。 笑 二人は、秀吉が織田信長に仕えるようになってから約7年後、秀吉が25歳の時に結婚します。 ねねは織田信長の家臣・杉原定利という武将の娘でした。 策略結婚が当たり前の武将達には珍しく、 2人は恋愛結婚だったのであります。 秀吉には正室、側室と妻が沢山いたにもかかわらず、子供が生まれたのは側室の淀殿のみでした。 子供のいなかったねねは幼い頃から秀吉の小姓として側にいた加藤清正や福島正則のことを自分の子供のように可愛がっていたといいます。 秀吉とねね、2人はとっても仲が良かったそうですが、 なんで淀殿しか子供産んでないんだろう。 ともやもやと疑惑を感じていたかもしれませんね。 昔々、大野治長の母親は、淀殿の乳母を務めていたそうです。 つまり、大野と淀殿は同じ乳で育った乳兄弟であります。 その上、二人は同い年で幼い頃からとても仲良しであったとか・・・。 幼馴染みってやつですね。 実は二人の間に恋心なんかがあって、戦国の世故に結ばれず・・・。 禁断の恋の後に秀頼が産まれた、なんていうドロドロした恋愛事情があったりして・・・。 ちなみにこの大野治長、豊臣VS徳川の最終決戦である大阪夏の陣でも淀殿達の味方につき、豊臣家が終わりを迎えた時には淀殿と秀頼と共に自害しています。 本当に秀頼の父親が大野治長だとしたら、家族で心中したという事になりますよね。 切ない・・・。 秀吉に跡継ぎのいない現状を危険とみて子供をこさえた、とどこかで見たことがあるのですが、さしたる根拠もないと噂話と思われます。 そもそも天下人の妻に手を出したのがもしバレてしまったら大変な事であります・・・。 しかしながら、この南殿という方についても謎が多いらしく、さらにその二人の子供も幼い頃に亡くなったという話らしいですが、確かな事は不明らしいです。 謎だらけですが、多くの妻がいるにもかかわらず淀殿にしか子供ができなかったのは事実・・・。 秀頼の父親の真相は闇の中であります・・・。 淀殿のプライド高い性格のせい?なぜ豊臣は滅んだ?? 淀殿は浅井長政とお市 信長の妹 の間に産まれた、良家の娘さんであります。 浅井長政は秀吉が戦で滅ぼした相手です。 淀殿にとって秀吉は父親を死に追いやった憎い相手なんですよね。 そういった事情もあり、秀吉の事を心から愛す事はなかったんじゃないかなぁ〜と個人的に思います。 そして淀殿は、信長の姪っ子というブランドもあり、さらには秀吉の妻達の中で唯一子供を産んでいる立場から、豊臣家ではかなりの地位を持つ女性でありました。 しかし、この豊臣家の天下も長くは続きませんでした。 秀吉の死後、徳川家康が天下をかっさらっていったからです。 多くの大名たちが豊臣家から離れていったし、豊臣家は天下人から摂河泉に65万石を領する一大名へと転落しました。 こうなってからも淀殿は、徳川の天下を決して認めず、依然として豊臣家がトップであり続ける事を望んでいました。 1615年の大阪夏の陣で豊臣家は完全に滅亡するのですが、こうなってしまったのも淀殿が 世の流れを無視して意地を張り続けたからだと言います。 徳川家康は、もともとは豊臣家を完全に滅亡させるつもりはなく、素直に臣従してくれればそれで良かったのです。 淀殿がそれを頑なに拒否し続けた結果、家康との関係も悪くなる一方でついには戦となってしまったのです。 確かに、かつて天下を取った人間が格下だった相手に頭を下げるのはかなり屈辱的なことではあります・・・。

次の

豊臣秀吉の家紋や城、妻や死因や天下統一までの出来事をまとめて紹介します!

豊臣 秀吉 妻

>>秀吉、名前の変化 豊臣秀吉の名前の変化 豊臣秀吉は出世と共に名前をドンドン変えていきます。 羽柴という姓や藤吉郎という名前は有名ですが、実は、「藤原秀吉」なんて時期もあったんですよ。 では、秀吉の名前の変化について簡単に学んでいってみましょう。 百姓の子供として生まれた秀吉は、 日吉丸 と呼ばれていました。 ただし「太閤素生記」では、幼名が「猿」だったとされています。 まぁ、日吉丸と呼ばれるより当時から猿と呼ばれることが多かったのかもしれませんね。 その後、成長した秀吉は、 藤吉郎 と名乗ることになります。 あれ?姓は?と、思われるかと思いますが、貧しい百姓の子供でしたので姓はなかったといわれていますよ。 後に 木下 と名乗ることになりますが、これは信長に仕えることになったあたりからだとされています。 なぜ、木下なのか?という疑問も湧きますが、これははっきりしたことがわかっていません。 一説には、信長と出あったのが大きな木の下だったとか?恩人の松下之綱にヒントを得て木下にしたとか?いろいろですが、信長に使えることになったとされる1558年に「木藤」という自署した文章が見つかっていますので、この頃には木下藤吉郎を名乗っていたのは確かなようです。 秀吉 という名前になったのは、士分に取り立てられる頃だとされています。 木下という姓を羽柴に変えたのは1573年。 小谷城を攻め落とし、その地を信長から任されることになった年ですね。 尊敬する丹羽長秀と柴田勝家にあやかって 羽柴 にしたといわれます。 その後、秀吉は「 平秀吉 」を名乗ります。 「平」の姓は、超ブランド力のある名前ですよね。 天皇が臣下に送った姓として「平」「源」「橘」「藤原」がありますが、その中の「平」ですからね。 かっこいいから勝手に付けちゃえなんて軽い気持ちで名乗れる姓ではありません。 もう、権力がハンパない証拠ですね。 ついで、関白になる際、「 藤原秀吉 」となります。 ですが、この「平」や「藤原」でも秀吉は、納得できない。 天下統一を成し遂げたんだから、天皇から新たな名前を自分の為だけにもらう必要がある。 その資格も私にはある!と、いうことで天皇から新しい姓をもらったのが「豊臣」でした。 1586年12月、太政大臣に任命された秀吉は天皇から豊臣の姓を賜り「 豊臣秀吉 」になりました。 まるで出世魚ですね。 成長していくにつれて名前も変えていく。 しかも、最後は天皇から新しい姓までもらっちゃうんですからね。 ですが、この豊臣の姓も秀頼の代ではかなく消えていってしまうことになるのでした。

次の