きゃ りー ぱみゅ ぱみゅ 検察庁。 きゃりぱみゅ“大炎上”をファンのせいにして逃走「あり得ないわ…」

蓮舫議員“きゃりぱみゅ”に嫌がらせ!? 炎上掘り返しに「ほっとけよ!」(2020年5月29日)|ウーマンエキサイト(1/2)

きゃ りー ぱみゅ ぱみゅ 検察庁

が5月10日につぶやいた「#検察庁法改正案に抗議します」のツイートを削除した。 多くの芸能人も拡散しているこのハッシュタグには賛否両論が巻き起こっているが、きゃりーがツイートの削除に際してこの論争に参戦した理由を説明すると、今度はあらたな疑念が湧き上がっているという。 「きゃりーは当該ツイートを削除した11日に、削除に至った理由を長文で説明。 そこには『私の信頼している友達がこの話をしていて政治に詳しくない私のところまで話が降りてきました』と書かれてありました。 その友人とは何者なのかと、ファンの興味が集まっているのです」(芸能ライター) もちろん芸能人だろうがそのお友達であろうが、誰であろうと政治について語り、疑問を投げかけるのは自由である。 とはいえ、きゃりーぱみゅぱみゅという500万超ものフォロワーを持つ有名人を相手に政治を語り、政治色の強いツイートをさせるキッカケを与えるとは、よほど強い信頼で結ばれている友人ではないだろうか。 「今回の検察庁法改正案を巡っては反対派もそうでない人たちもかなりの熱量をもって論戦しています。 その時にまた賛否両論を呼ぶツイートをするのか、それとも『ファン同士の激論を見たくない』との理由で静観するのか。 発言の善し悪しはともかく、きゃりーに政治的なツイートをしてほしくないと思っているファンは、これからも冷や冷やし続けることになりそうです」(前出・芸能ライター) 今後しばらくはきゃりーのツイートにより一層の注目が集まりそうだ。 (白根麻子).

次の

きゃりぱみゅに「検察官法改正反対」を“吹き込んだ人”は誰なのか!?|ニフティニュース

きゃ りー ぱみゅ ぱみゅ 検察庁

スポンサーリンク きゃりーぱみゅぱみゅの「 検察庁法改正案に抗議します」騒動で炎上が話題に 検察庁法改正案に関して、 小泉今日子さんや浅野忠信さん、辻仁成さんなど多くの著名人から抗議が相次ぎました。 5月10日、ツイッター上では《#検察庁法改正案に抗議します》というハッシュタグがトレンド入りした。 芸能人もこのハッシュタグを使って改正案に反対を表明。 浅野忠信、井浦新、秋元才加、オアシズの大久保佳代子、城田優、高田延彦、綾小路翔、小泉今日子(ツイッターは事務所名義だがツイートは本人)などなど、多数が声をあげていて、きゃりーもその1人だ。 引用元: きゃりーぱみゅぱみゅさんも抗議する一人でしたが、 世間からは人格否定をするかのような批判ツイートが相次ぎ炎上。 中でも酷かったのが、 政治評論家の加藤清隆氏。 既に削除されておりますが、きゃりーぱみゅぱみゅさんに対して加藤清隆氏は、 歌手やってて、知らないかも知れないけど、検察庁法改正案は国家公務員の定年を65歳で揃えるため。 安倍政権の言いなりになるみたいな陰謀論が幅をきかせているけど、内閣が検察庁を直接指揮することなどできません。 デタラメな噂に騙されないようにね。 歌、頑張って下さい。 「歌手やってて、知らないかも知れないけど」ってかなり失礼な表現ですよね。 さすがにきゃりーぱみゅぱみゅさんも、ご立腹な様子です。 なぜきゃりーぱみゅぱみゅさんだけ、これだけ批判され炎上してしまったのでしょうか。 どなたが怒っても当然 としているため、 きゃりーぱみゅぱみゅさんが叩かれるのはおかしな話です。 しかし、きゃりーぱみゅぱみゅさんが 呟きと同時にアップした画像がよくなかった。 — きゃりーぱみゅぱみゅ pamyurin 投稿した理由は 信頼している友達の話を聞いて、国民が大変な時期に動く必要があるのか? 自分たちの未来は自分たちで守りたいといった思いでつぶやいたようです。 そして、削除理由はファン同士でコメント欄が荒れており、 これ以上ファン同士の争いは悲しくなるだけだから削除したとのことです。 最後に 「今後は発言に責任感を持って投稿していきます。 失礼いたしました。 影響力がある方は発言一つ一つ気をつけなければいけないので大変ですね・・・.

次の

きゃりぱみゅ“大炎上”をファンのせいにして逃走「あり得ないわ…」

きゃ りー ぱみゅ ぱみゅ 検察庁

が5月10日につぶやいた「#検察庁法改正案に抗議します」のツイートを削除した。 多くの芸能人も拡散しているこのハッシュタグには賛否両論が巻き起こっているが、きゃりーがツイートの削除に際してこの論争に参戦した理由を説明すると、今度はあらたな疑念が湧き上がっているという。 「きゃりーは当該ツイートを削除した11日に、削除に至った理由を長文で説明。 そこには『私の信頼している友達がこの話をしていて政治に詳しくない私のところまで話が降りてきました』と書かれてありました。 その友人とは何者なのかと、ファンの興味が集まっているのです」(芸能ライター) もちろん芸能人だろうがそのお友達であろうが、誰であろうと政治について語り、疑問を投げかけるのは自由である。 とはいえ、きゃりーぱみゅぱみゅという500万超ものフォロワーを持つ有名人を相手に政治を語り、政治色の強いツイートをさせるキッカケを与えるとは、よほど強い信頼で結ばれている友人ではないだろうか。 「今回の検察庁法改正案を巡っては反対派もそうでない人たちもかなりの熱量をもって論戦しています。 その時にまた賛否両論を呼ぶツイートをするのか、それとも『ファン同士の激論を見たくない』との理由で静観するのか。 発言の善し悪しはともかく、きゃりーに政治的なツイートをしてほしくないと思っているファンは、これからも冷や冷やし続けることになりそうです」(前出・芸能ライター) 今後しばらくはきゃりーのツイートにより一層の注目が集まりそうだ。 (白根麻子).

次の