キャンプ場行方意不明事件 父親。 小倉美咲ちゃんの父親が顔だしNG?隠すのはなぜだろうとネットで話題に!記者会見についても

キャンプ場で行方不明になった美咲ちゃんの母親の会見、

キャンプ場行方意不明事件 父親

時事 2019. 09 2020. 15 niconews55 美咲ちゃん母が犯人でない理由は?髪を切る・募金・旦那が顔出ししない理由も明らかに【道志村 不明女児】 今年9月21日から、山梨県道志村で行方不明になっている千葉県成田市の小学1年生、小倉美咲ちゃんが行方不明になってから2カ月が経過した現在。 小倉美咲ちゃんの足取りは依然つかめず、母のとも子さんらは今月7日にも美咲ちゃんの特徴を乗せたチラシを配布するなどして情報提供を呼びかけています。 一方で、美咲ちゃんの母・智子さんの一挙一動が根も葉もない噂を呼び、とも子さんのSNSには非難の声が寄せられ続けています。 これに対し、とも子さんの義理の姉が噂を否定するコメントを発表。 とも子さんが犯人でないことを裏付ける発言として、話題になりました。 【道志村 不明女児】美咲ちゃん母が犯人でない理由は? 「美咲ちゃんの母が犯人ではない」理由は、広まってしまった悪い噂の多くが嘘である為。 これまで様々な噂が持ち上がっていた美咲ちゃん母・とも子さんについて、智子さんの夫の姉は次のように答えています。 行方不明の理由について 現時点で 警察は事件と事故両面の可能性で捜査をしている。 しかし山にいる可能性は低く、行方不明に気づきど捜索するまでの20分の間に不明となったことが「不思議」な状況。 「警察は事件と事故両面の可能性をにらみ、大規模な捜索が16日間で終わってからは、 聞き込みを続けています。 ただ、 あの山に美咲ちゃんがいる可能性は低いでしょう。 彼女がいなくなったのは、わずか20分の間で、周囲にはちょろちょろと流れる沢しかなく、下流に流されるなど考えにくい。 それでも、下流の道志ダムまで自衛隊が捜索したのに、遺留品のかけらも見つからないのだから、本当に不思議なことが起きた、という感じなんです」 出典: とも子さんの挙動について 「ハッシュタグで店の宣伝は嘘」・・インスタグラムにハッシュタグを付け、店舗の名前を入れていたことについては 知り合いがすぐに気づいてくれるようにしたかったから。 「SNSで知り合った他人とキャンプも嘘」・・ 一緒に行った家族も成田市の地域の集まりで、そのなかで仲がいい家族とはこれまでもキャンプに行ったことがある。 「美容院にいったは嘘」・・ 知り合いに頼み、自宅で美咲ちゃんが不明になった時の髪の長さにした。 カラーリングはしている。 チラシを配ったり呼び掛けをしたときに娘と同じ髪型だと声をかけやすくするため。 「募金は詐欺は嘘」・・とも子さんの大阪の知人が善意で始めたこと。 悪意があるように受け取られてしまった。 このほか、「涙を流していなかった・会見の時にカンペを見ていた・友達から嫌われていた・テントからほとんど出てこなかった・不明中SNSをしていた」などの噂がありますが、 裏付ける情報はなく信用には足りません。 家庭について とも子さんの夫、雅さんについて 「夫が顔出しをしなかったのは「別居しているから」は嘘」・・家を買い、一緒に住んでいる。 顔を出さなかったのは、会社の方々や顧客に迷惑をかけたくないから。 だからインスタなどで顔を出していた母親だけにした。 夫の雅さんの姉は、 別居疑惑に対し 「家を買ってから、ずっと一緒に住んでいます」 「雅が顔を出さなかったのは、会社の方々や顧客に迷惑をかけたくないから。 だからインスタなどで顔を出していた母親だけにしたんです。 ネットで母親が批判されているのは本当につらい。 2人の娘に愛情を注いできたのに、父親がいないときにこんなことになって、責任を感じて、ほとんど寝ずに警察の方々と一生懸命探し回っていました。 ハッシュタグだって、心配して連絡してくださった友人やお客さんに自分のインスタがすぐわかるように、と思ってやったこと。 一緒に行った家族も成田市の地域の集まりで、そのなかで仲がいい家族とはこれまでもキャンプに行ったと言っていました」 出典: とも子さん自身はインスタで説明 ともこさんも同様に、「様々な噂」について否定。 当時の状況について説明しています。 美咲がいない今、自分のことなんてどうでもいいです。 私が何かなってみつかるならそれでいいです。 家を売ればみつかるなら喜んで売ります。 美咲が見つかるなら何でもできます 今、自分のことを考えてる余裕ないです。 Instagramのコメントが荒れてるのは知っていました。 でもそんなこと気にしてる時間が勿体なかったんです。 でも、私を応援してくれる方もたくさんいます。 その方々がSNS上で心ない人たちとぶつかってしまう、その人達が責められてしまう それが本当に辛くて、申し訳なくて。 その方々への謝罪と恩返しのつもりで昨日Instagram更新しました。 出典: 美咲ちゃん母「今、自分のこと考えてる余裕ないです。 」 今は自分のことを考えている余裕はない、とも子さん。 またとも子さんの儀姉は「ネット社会って本当に怖いです。 夫婦仲が悪いとか、母親が殺したとか、美咲はあの場所に行っていなかったとか、すべてウソ。 世の中、暇人や冷たい人が多いんだと思いました」と世間に対する不信感もあらわにしています。 一方で、1日も早い発見を祈り続けている人々も。 美咲ちゃんに関する情報提供については、下記まで。 大月警察署:0554-22-0110 ネットの反応 山梨のキャンプ場で行方不明になった小倉美咲ちゃんを捜すチラシが遠く離れた我が家の新聞の折り込みに入っている。 親御さんの必死さがひしひしと伝わる。 一日も早く無事で見つかって欲しい! — くじら KUJIRAJP 道志村で行方不明になっている小倉美咲ちゃんのその後の報道が全くされなくなてしまったことに対する報道に対しての危機感を強く感じる。 正直台風の被害より、マラソンの札幌開催に対する話よりこの話の方がよっぽど大事だと個人的には思うんですけどね。 世の中が冷たすぎる。 — Bee Bee98803345 ニュースで報道されなくなりましたが、未だ見つかっていません。 何が力になれるかわかりませんが、SNSで地道に拡散し続ければ、何かしらの手がかりがあるかもしれないと思い発信しています。 些細な手がかりでも見つかりますように🙏 — ミウ 風一族 miu1308.

次の

「悔やんでも悔やんでも…」 小1女児行方不明から10日目 母が胸中語る

キャンプ場行方意不明事件 父親

Sponsored Link こんにちは!霊視してみました。 ひさびさの話題になっているものの霊視です。 美咲ちゃんが川下の方にいるのがみえます。 もしかしたら時すでに遅いかも。 白・滝という字が見える。 白滝川? 家族か友人が事件の詳細を知っています。 ツイッターの内容によりますと、 「美咲ちゃんが川下の方にいるのが見えます。 」 との事です。 さらに、 「白・滝という字が見える」 と発言しており、 「家族か友人が事件の詳細を知っている」 との事です。 Contents• 母の白滝という場所を発見! 出典: 度々すみません。 しかし、道志村からはかなり離れており、可能性があるならば捜索範囲をかなり広める必要があるようです。 ですが、霊視を行った方は 「母の白滝ではない」 とツイートに返信しています。 視てみました。 母の白滝ではないようです。 出典: ですが、 椿荘オートキャンプ場から約32km離れているため小学1年生の女の子が一人で歩いて行くには無理があるように思えます・・・。 うーん・・・。 やっぱりマップで確認しても遠すぎますよね。 霊視を行った方は、その後このようなツイートをしています。 美咲ちゃんが生きていたとしてもかなり体力は消耗しています。 もし、連れ去りの可能性があったとしたら、北の方、長野のあたりかな。 初老の男性が美咲ちゃんに声をかける様子がみえる。 なんか言ったもん勝ちみたいな・・・。 いえ、そんなことないですよね。 どこまで信憑性があるか分かりませんが、このように霊視を行う事で、美咲ちゃんの居場所を探る人が他にも居るようです。 ツイッターで、霊視を行っている方について反応を見てみました。 霊視に対してツイッターの反応は? 霊視だの超能力だの神の声が聞こえるだのそれ系のことゆって金稼いでるやつは、今こそ美咲ちゃんの居場所を突き止めて助けてあげてほしい。 テレビもほら、特番やれよ。 それが本当やったらできるでしょ。 「霊視なんて非科学的だけど、ここまで見つからないなら頼ってしまう。 」 という意見や、 「事件に乗じて霊視なんて胡散くさい事言う奴が出てきた。 」 など・・・。 小倉美咲ちゃんが行方不明になってから、すでに10日以上経ちます。 これだけ捜索しても見つからないのであれば、霊視などオカルト的な事でも頼ってしまうのは仕方ない事なのでしょうか? ただ、 能力がないにも関わらず、事件に乗じて「霊視」などと根拠もない事を並べる事は、皆さんやめるようにお願いします・・・。 もしよろしければ、この事をツイッターで拡散してもらえれば幸いです。

次の

『道志村キャンプ場行方不明事件』ネットに蠢く“疑心暗鬼”の心ない声

キャンプ場行方意不明事件 父親

山梨県道志村のキャンプ場で千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)が行方不明になってから21日で2カ月となる。 「日にちがたてばたつほど家族の傷は深くなる」。 母とも子さん(36)、父雅(まさし)さん(37)が朝日新聞の取材に苦しい胸の内を明かした。 両親はピースサインをする美咲さんの写真が入ったチラシ35万枚を作り、配り続けている。 道志村や周辺地域だけではない。 甲府市のほか、千葉、東京など首都圏の駅、商業施設でも配布する。 全都道府県警にも送り、警察署に掲示してもらうなど広く情報提供を呼びかけている。 とも子さんは「これだけ捜しても見つからなくて、全国のみなさんのすぐ近くにいるかもしれない。 短い時間で捜せる範囲で構わないので、みなさんの目と耳をお貸しいただけたらありがたい」と訴える。 美咲さんは9月21日、とも子さんと姉、友人ら計27人で道志村の椿荘(つばきそう)オートキャンプ場を訪れた。 午後3時40分ごろ、おやつを食べた後、先に遊びに行った友達を追ってテントを離れ、数十メートル先でとも子さんが見たのを最後に行方がわかっていない。 警察や消防、自衛隊などは16日間にわたり延べ1700人でキャンプ場周辺を捜索したが見つからなかった。 10月の台風19号でキャンプ場は大きな被害を受け、民間ボランティアによる捜索も中断している。 情報は山梨県警大月署(0554・22・0110)へ。

次の