アイコス 説明書。 アイコス互換 Pluscig B2 日本語説明書付 大容量2200mAh [iQOS 電子タバコ スターターキット プラスシグ アイコス 互換機 加熱式タバコ 電子たばこ] :pluscig

アイコス【IQOS2.4PLUS】の使い方・新旧比較・購入方法まとめ!

アイコス 説明書

アイコス(iQOS)はフィリップモリス社から販売されている加熱式の新型タバコです。 紙巻きタバコはタバコの葉を燃やして吸いますが、アイコスは特殊な機械で葉を熱して吸うことが出来ます。 燃やすのではなく、熱することで蒸すような形になるので「煙」ではなく「水蒸気」を発生させます。 その熱して生じた水蒸気を吸うシステムなので「電子タバコ」とは呼ばれずに「加熱式タバコ」と呼ばれています。 紙巻きタバコでもなく、電子タバコでもない新しいタバコとして愛煙家の中で一気に人気が出て、話題になりましたよね。 特殊な機器で熱するので、機器自体の充電が必要な点もアイコスの特徴です。 電子タバコはカートリッジを入れて吸う形をとりますが、加熱式タバコのアイコスは専用のタバコを機器に直接差し込んで熱して吸います。 アイコスの銘柄は大きく分けて「ヒートスティック」と「ヒーツ」の二つがあり、フレーバーは13種類となっています。 アイコス(iQOS)はニコチンのみでタールが出ない アイコス(iQOS)はニコチンのみでタールが出ないのが大きな特徴です。 タバコは通常「ニコチン」と「タール」という成分が入っていて、タバコを吸うとニコチンとタールを摂取することになります。 タールは葉を燃やすことで発生する成分なのですが、アイコスは葉を燃やさずに熱して吸うのでタールが発生しないのです。 一般的にタールは人体に有害な物質とされていますので、アイコス(iQOS)はそれをカットする形でタバコを吸えるということで健康に配慮したタバコと言われ人気があります。 もちろん、紙巻きタバコなどと比べると健康的と言えますが、あくまでタバコなので全く健康へ害がない訳ではないですよ。 アイコス(iQOS)は煙の代わりに水蒸気が出る アイコス(iQOS)は煙の代わりに水蒸気が出ます。 タバコを吸うにあたって問題となっているのが、副流煙が周囲の非喫煙者に及ぼす影響ですよね。 喫煙者がタバコを楽しむ際に、発生する副流煙にも健康によくない物質が含まれているため、タバコを吸わない人からすると喫煙者が敬遠されがちなケースがあります。 しかし、アイコスは煙の代わりに水蒸気が出るので周囲の人にも優しいのです。 煙と違って、水蒸気はすぐに気化しますので、臭いや健康害などの面で周囲への影響が少ないと言われています。 こういった理由から、子供がいる方なども楽しめるタバコとしてアイコスは人気なんですね。 また、初めてアイコスを使用する方はまずどのような手順で楽しむのかわかりづらいですよね。 慣れると簡単に楽しむことができます。 こちらの記事でアイコスの吸い方について詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 相性によっては充電できないモバイルバッテリーもあるので注意しなければなりません。 どうしても機械と機械の相性という部分で問題が出てくる場合があります。 アイコスのメーカー自体がモバイルバッテリーの使用を推奨しているわけではなく、どのモバイルバッテリーもすべて使えるというわけではないので注意が必要です。 そういった点にも違いがあるので、まれに使えないものが出てくる場合があります。 また、メーカーからは公式のアイコス充電器を使用することが推奨されており、公式以外の充電器での使用で不具合などが起こった場合に保証対象外になるため、注意するようにしましょう。 非常時にスマホの充電器でアイコスの充電が可能ですが、普段は公式の充電器を使用するのがおすすめです。 アイコス(iQOS)の充電ができるケーブルとできないケーブルの違いは? アイコス(iQOS)の充電ができる iQOS純正ケーブル アイコス(iQOS)の充電ができるケーブル二つ目は、データ通信できるマイクロUSBケーブルです。 スマホやタブレットなどに使用されるマイクロUSBケーブルですが、実は種類があります。 「充電のみ」と「データ通信・充電両用」というように分かれています。 データ通信の可能なケーブルはアイコスも充電ができます。 このデータ通信が可能なケーブルは家電量販店や最近ではコンビニなどでも販売されているので、緊急時に気軽に購入することができます。 手元にアイコスの純正ケーブルがないという時に、マイクロUSBケーブルで代用したい場合は必ず「データ通信が可能」と記載されているマイクロUSBケーブルを購入しましょう。 近年では、ダイソーなどの100均でも「通信・充電両用」のUSBケーブルが販売されています。 購入時にデータ通信が可能な充電ケーブルかどうかをよく確認することが大事ですが、低価格で購入したい方にはおすすめです。 こちらの記事で100均USBケーブルをたくさんご紹介しています。 参考にしてみてくださいね。 アイコス(iQOS)の充電ができないケーブルは、データ通信ができないケーブルです。 ダイソーなどの100均などで販売されている「充電専用」と記載されているマイクロUSBケーブルでは、アイコスは充電できません。 また、アイコスを充電する際、充電ケーブルを差すと電池残量のモニター部分が緑色に点灯します。 まれにデータ通信できないケーブルでも、充電中のお知らせの点灯がある場合がありますが、上手く充電できなかったり、逆に電池が減ってしまったりというケースがありますので、使用しないようにしましょう。 故障の原因になる可能性もあるので、注意しましょう。 値段は2000円前後とお手頃なのですが、機能性が抜群の大容量モバイルバッテリーです。 シンプルなデザインでカラーはブラック・ホワイト・レッドの3種類から選べます。 男性でも女性でも使いやすいのが嬉しいですね。 10000mAh以上のモバイルバッテリーでは、2018年11月時点で世界最小+最軽量と言われているほどコンパクトで軽いのが特徴です。 容量の目安としては、iPhoneXSで約2. 6回、ipadproに約1回、スマートフォンで複数回充電ができます。 アイコスを充電する際は、モバイルバッテリー付属のケーブルを使用するよりはアイコス付属の純正ケーブルを使用するのがおすすめですよ。 スマホ用に持ち歩いておいていざという時にアイコスの充電に使うのに十分な高機能モバイルバッテリーです。 25000mAhという超大容量で、出力ポートが3ポートあるので、複数デバイスに同時に充電することができる便利なモバイルバッテリーです。 大容量ということもあり少し重さがあるので、持ち運ぶ際に気になる方もいるかもしれませんが、iPhoneで約6回充電でき、スマートフォンで約5回充電できるので、プライベートと仕事用で複数端末を持ち歩いている方におすすめのモバイルバッテリーです。 上部に搭載されているLEDデジタルスクリーンにバッテリー残量がパーセンテージで表示されるので、一目でバッテリー残量が分かるようになっています。 デザインはブラックを基調として、淵がおしゃれな赤ラインになっていてとてもスタイリッシュです。 男性が持ってもかっこいいですね。 近年では無線充電対応のデバイスが増えてきていて、ケーブルなしで置くだけで充電できるようになってきていますね。 そんな便利な無線充電が可能なモバイルバッテリーです。 もちろん出力ポートもあり、2出力あるので無線充電と合わせて同時に3つのデバイスを同時に充電することが可能です。 20000mAhの大容量で重さは438gと少し重めではありますが、それを十分にカバーする機能性で申し分ない仕上がりとなっています。 スマホを無線充電しながら、ケーブルを使用してアイコスを充電することが可能なのでバッグの中にたくさんケーブルを持ち歩かなくてよくなりますので、普段使いに便利なモバイルバッテリーですね。 このアイコス充電器付き灰皿はとても便利で、LEDライト付きの灰皿にアイコスホルダーとアイコスチャージャーが同時に充電できるポートが搭載されています。 アイコスを楽しむうえで必要な充電器と灰皿が一体になっているので、車などで使用するのにもおすすめです。 もちろん自宅やオフィスなど、どこでもオールマイティに使えるのでとてもおすすめなアイコス充電スタンドです。 アイコス(iQOS)の充電にモバイルバッテリーを活用して便利に使おう! 健康に配慮したタバコとして話題になった加熱式タバコのアイコス iQOS ですが、加熱するための本体機器は充電が必要です。 寝る前に充電しておけば、問題はありませんが、充電するのを忘れて外出してしまったというシチュエーションもありますよね。 そんな時に、スマホのモバイルバッテリーを活用すれば大変便利です。 アイコスの充電ケーブルの規格は、スマホやタブレットに使用されるマイクロUSBと同じなので、モバイルバッテリーを使用することができます。 ただし、モバイルバッテリーによっては相性が合わずに使えないものもあるので注意してください。 また、ケーブルも付属の純正ケーブルかデータ通信可能なケーブルを選びましょう。 もちろんメーカーからは公式の充電器とケーブルを使用することが推奨されているので、いざという時の緊急時などに上手くモバイルバッテリーを活用して、外出先などでも便利にアイコスを充電するようにしましょう。

次の

【アイコス互換】Eonfineを吸ってみた。これは吸いごたえがヤバい。

アイコス 説明書

商品情報 アイコスカートリッジが使える! 大容量バッテリーに、3段階の加熱温度調整、 最新のバイブレーター機能がついたアイコス互換機です。 バッテリ容量:2200mAh フル充電で約30本分使用可能。 7V 電池容量:2200mAh 充電時間:2. アイコスではございません。 商品説明 アイコスカートリッジが使える!2200mAhの大容量バッテリーに、3段階の加熱温度調整、最新のバイブレーター機能がついたアイコス互換機です。 新型セラミック棒型発熱プレートを搭載。 全方位からムラなく加熱できます。 お好みに合わせて加熱温度の切り替えが可能。 ボタンを押すだけで加熱温度を高温,中温,低温の3段階に調整が可能です。 ヒートスティックカバーはスライド式でお手入れ簡単。 葉詰まりが無くなると同時に火傷も防止できます。 ユニークなバイブレーション機能を搭載しています。 7V 電池容量:2200mAh 充電時間:2. 電源OFFの状態でボタンを3回連続で押すと電源ONになります。 電源ONの状態でボタンを3回連続で押すと電源OFFになります。 電源ONの状態で加熱温度調整ボタンを押してお好みの加熱温度に調整します。 電源ONの状態でボタンを3秒間長押しするとLEDが点滅し加熱モードになります。 LEDが点滅から点灯に変わり設定温度に達すると喫煙可能となります。 喫煙可能の状態でボタンを3秒間長押しすると睡眠モードになります。 喫煙が可能な加熱モードの加熱時間は約4分間です。 約4分間の加熱終了後に加熱モードは停止します。 加熱終了後に再度喫煙をする場合は電源ONの状態でボタンを3秒間長押します。 バッテリーの残量を確保する為に使用をしない場合は電源をOFFにして下さい。 誤った操作での故障を避ける為に使用前に注意事項の確認を必ずお願いします。 【電池残量LED搭載】 電源ONの状態でボタンを1回押すとLEDランプの色で充電残量がわかります。 80%以上の残量で緑色のLEDランプが点灯します。 21%〜79%の残量で青色のLEDランプが点灯します。 20%以下の残量で赤色のLEDランプが点灯しますので充電が必要となります。 【安心の保護機能】 炭化洗浄機能を搭載しておりますのでクリーンな状態でお使いいただくことができます。 低電力保護,電池放電オーバーを防止します。 充電中の過流,過圧,過充電などの断電保護機能を搭載しています。 加熱モード 電源ON の状態で放置したり、ヒートスティックを挿入した状態で放置しないでください。 直接手で触れたり、可燃性の高い物を傍に置かないでください。 火傷や過充電の恐れがございます。 また安全面からも、充電しながらの使用はお避け下さい。 イメージ違いなどお客様都合によるご注文後のキャンセル、返品はお受け致しかねます。 色味の違い、材質の変更など、いずれの場合も不良品とはみなされず返品・交換の対象外となります。 領収書ご希望の方 ご注文の際、備考欄にご希望の宛名と但し書きをお書き添え下さい. PDF形式でメールにて発行いたします. 手書きの領収書をご希望の方は別途150円を頂戴致しますので御了承の上,その旨お書き添え下さい. お支払い方法について お支払いは、銀行振込・クレジット決済がご利用頂けます。 商品がお手元に到着しましたらすぐに商品の内容と動作確認をしていただきますようお願いいたします。 ・返品をご希望の場合は商品到着後7日以内にE-mailまたはTELにてご連絡下さい。 ・万一発送中の破損、不良品、あるいはご注文と違う商品が届いた場合は、返送料はこちらが負担いたします。 ・お客様の理由によるご返品の場合、返送料はお客様負担となります。 ・プレゼントの場合も保証期限に変更はございません。 相手先に直接発送した場合、必ず期限内に 商品に間違いがないか、動作は問題ないかご確認くださいませ。 メールの受信について 迷惑メール対策などでドメイン指定、フィルタをかけているお客様は、 「syumicolle costick. jp」 を例外設定頂きますようお願いします。 当店より、注文の承諾メール、振込先のお知らせや発送完了メール等をお客様にお届けできない可能性があります。 合計お買い上げ金額が10,000円以上の方は送料無料にて発送させていただきます。 詳しくは お問い合せ先 お問い合せは、メール・電話・FAXにて承っております。 翌営業日中にご返信させていただきます。 ご注文は24時間受け付けております!.

次の

アイコス互換 Pluscig B2 日本語説明書付 大容量2200mAh [iQOS 電子タバコ スターターキット プラスシグ アイコス 互換機 加熱式タバコ 電子たばこ] :pluscig

アイコス 説明書

ニオイの少ない電子タバコといえば『iQOS(アイコス)』だが、初心者なのか、それとも説明書を読んでいないのか、 たまに間違った使い方をしている人がいる。 吸い終えたあと、シコらないまま抜いてしまい、残ったカスをシコシコ出しているのだ。 かくいう私(羽鳥)も、実は初心者のころはそうだった。 いつもカスが残ってしまう。 灰皿に向けてシコシコシコシコとコスりながら「後始末がめんどくさいな……」と思っていた時期がある。 でも、よくよく説明書を読んでみたら、そうではなかったのだ。 つまるところ「シコってから抜く」だ。 けっして「抜いてからシコる」ではないのだ。 そしてそのまま、激しく燃えたスティックを「ヌポッ(効果音)」っと抜く。 まっすぐに、抜く。 このように抜けば、ややニオイのキツいカスが残ることもない。 ・2本挿しは危険 きちんと伸ばさないで抜いてしまうと、十中八九、カスが残る。 そのままの状態で次に挿入したら、いわゆる「2本挿し」の状態になるがゆえ、運が悪ければ壊れてしまう。 よって必ずカスは掃除しておくこと。 キレイにしておけば、次に気持ちよく吸うことができる。 そして、吸い終えたらシコってから抜く。 絶対に、忘れないように。 Report: Photo:RocketNews24.

次の