ハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にする。 Excelで毎回起こるフリーズ、Excelが動作しなくなる原因と対処法

Office2013の文字入力が遅い(プチフリーズする)場合の対処法

ハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にする

Office2013のWordやExcelを使用していて、パソコンのスペックが低い場合などに、文字入力時に極端に遅くなる(プチフリーズする)現象が発生します。 これは、MS様がのUIに近づけようと頑張って付けた機能ですが、それが災いして発生するアホな現象です。 対処策は2つ 【ハードウェアアクセラレータを無効にする】 (参考)Office 2013 では視覚機能やビデオの品質がコンピューターによって異なる場合がある• Excelなど、任意のOffice2013アプリを起動• [ファイル] タブの [オプション] を開く• [詳細設定] から、[ハードウェアのグラフィック アクセラレータを無効にする] のをオンにして、[OK] ボタンをクリック。 要するに、PCのハードウェアによるグラフィック表示支援機能をOfficeが使って、CPUをできるだけ使わずに軽快に動作させようって機能だけど、Office2013とハードウェア(またはドライバ)の相性が悪く、むしろ遅くなってしまうというアホな現象です。 なので、それをOFFするということです。 で、これでも遅い場合は下記も合わせて実施 【アニメーション効果を無効にする】 (参考)[Tip] Improve Microsoft Office 2013 Performance by Disabling Unnecessary Animations ExcelやWordのカーソルがぬるぬる動くのを止めて、PCの負担を減らします。 この対処法はをいじるので、知識のある方が操作してください!!• [スタート] ボタンより、[ファイル名を指定して実行] を開く• 名前欄に、[ regedit ] と入力して [OK] をクリックし、エディタを起動• 作成後に値を[1]に変更。 Officeアプリを再起動すると、ぬるぬる動くのが無くなる。 Canucks.

次の

Excelが重すぎる!3つの対処法を実践して軽くしよう

ハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にする

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年6月) グラフィックアクセラレータ Graphics Accelerator は、 PC などのグラフィック処理をする機器装置(アクセラレータ)である。 もともと、1980年代頃に、当時のや WS 程度の性能のを必要としていた等を、当時のパーソナルコンピュータでも使用しようとした際に、PCの性能も向上しつつあったとは言えそれを補助するために、PC用の付加装置として、線や円、曲線の高速描画やその拡大縮小に関する処理の高速化に重点がおかれて開発された製品等を指して呼ばれたもので(WSでは標準装備などであったため、わざわざ名前が付けられることも無かった)、次に独立した節として示す「ウィンドウアクセラレータ」といった商品も現れたが、PC-9801の終焉などもあり、のスペック(機能&性能)向上に飲み込まれるかたちで、独立して意識されることもなくなった。 ウィンドウアクセラレータ [ ] ウィンドウアクセラレータ は、の描画の高速化に特化したグラフィックアクセラレータの一種である。 それまでのグラフィックアクセラレータは、上のでの使用を目的として、線や円、曲線の高速描画やその拡大縮小に関する処理の高速化に重点がおかれて開発されていたが、ウィンドウアクセラレータは、主として等のオーバーラップウィンドウの描画に特化した機能の高速化に重点がおかれている。 用のウィンドウアクセラレータとしては、社(現SONIC Blue社、チップ開発部門は社に売却)のS3-911が先鞭をつけ、S3-924の世代において、Windows 3. 1のGDI全てをで描画できるようにが完了している。 登場後、がWindowsに実装されるまでは特に変化の無い市場であったが、それ以後は開発競争が再燃し、高速化、高解像度化、動画再生支援機能、描画機能を実装したものが次々と販売されていった。 背景 [ ] 以上のような流れの背景には、パーソナルコンピュータの性能と機能の向上の波がある。 1980年前後、いわゆる「の時代」には、の性能が低く、グラフィックに関してハードウェアの比重が重かった。 その後「パソコンの時代」になると、CPUの性能は向上した一方で、バスやメモリがさほどボトルネックでもなかった時代のため、CPUによって直接グラフィックの処理なども行ってしまうのが効率が良く、グラフィックのハードウェアは特殊機能などを除き、表示するために必要なごく少ない機能のみを持つ、というスタイルがトレンドとなった。 そのため、より高度なグラフィックを求めるユーザ向けのグラフィックアクセラレータという製品が登場する余地があったのである。 また機種固有の事情としては、IBM PCはグラフィック機能をに独立させ、柔軟に機能向上があったのと比較し、NEC PC-9801は登場時点からすれば比較的高機能ではあったものの、仕様がほぼ固定してしまっていたため、サードパーティー製のグラフィックアクセラレータである GA-1024A が、を256色で遊ぶために人気となる、などといった現象を起こしており、前節の「ウィンドウアクセラレータ」なる商品が現れたのも、結局のところそのような「PC-98の特殊事情」であると考えたほうが正直な所であろう。 その後時代が到来し、1990年代も後半になると、CPUの速度向上に比して周辺が遅い、というような状態になり(だいたいの目安として、1992年策定のの頃まではCPUの信号線をそのまま外部に繋げることができていた、というのがある。 VLバスはCPUに486を前提としているが、DX2以降の486では内部クロックが逓倍されるようになったように、その頃から周辺との速度差が現れてきている)、グラフィックスについてはビデオカードのに重点が置かれるのが普通になったため、わざわざ「グラフィックアクセラレータ」として意識されることはなくなった。 また、16ビット時代には、保護などのないMS-DOSアプリが直接グラフィックを操作していたのが、Windows以降はそういうことはできなくなった、ということもあるだろう。 注 [ ]• 集積回路の汎用化と専用化についての「牧本ウェーブ」に少し似ているかもしれない。 関連事項 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

Office2013の文字入力が遅い(プチフリーズする)場合の対処法

ハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にする

突然のレイアウト崩れ…心当たりが何もない!! 先日、Word原稿を編集していたときのこと。 午前中の作業を終え、お昼にパスタを食べたのちに、午前中作業していたWordファイルを開き直すと… Wordのレイアウトがぐちゃぐちゃに崩れておりました!!! 思い返してみても、午前中に行った作業で特にレイアウト崩れにつながることを行った覚えはありませんでした。 お昼に食べたパスタが原因のはずもありません。 試しに、他のWordファイルを開いてみたところ、他のファイルでもレイアウトが崩れて表示。 ということは少なくともファイルが壊れていたわけではないと分かり、ほっと一安心…している場合ではなく、原因はWordそのものにあるわけで、このままでは仕事にならない。 しかたなく、Wordをインストールし直しました。 直りませんでした。 それは、Office365の更新プログラムのせいかも… 結論から言いますと、それは Office365の更新プログラムのせいでした。 この不具合は、更新されるとすぐに発生するわけでも、すべてのユーザーに発生するわけでもありません。 推測ですが、非力なPCで重い作業をしていると発生すると思われます。 私がそうでした。 当該の不具合が発生するのは、下記のバージョンです。 2156 更新プログラム バージョン 1805 ビルド 9330. 2078 以降は、この不具合は発生しないとのことですので、もしもこのような不具合が発生している方がいたら、今すぐ「更新オプション」ボタンを押して、更新してみてください。 対処法は、「ハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にする」をONに! 私の場合は、不具合が発生する更新プログラムの真っ最中のことでしたので、下記の方法でレイアウト崩れを解消しました。 Word を起動し、「ファイル」タブから「オプション」メニューを開• 「詳細設定」 メニューを選択する• 「表示」内にある、「ハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にする」にチェックをつける• 「OK」ボタンを押して、メニューを閉じ、Wordも閉じる 今後の更新プログラムのバージョンによっては、またこのような不具合が発生しないとも限りません。 もしレイアウト崩れの表示不具合が発生した場合は、 「ハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にする」にチェックをつけて回避しましょう。 ちなみに「ハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にする」とは? ハードウェア グラフィック アクセラレータ とは、パソコンのグラフィック機能のことです。 これが有効になっている場合(デフォルト設定)、Wordの処理をCPU ではなくグラフィック機能を使って行うことになります。 いいグラフィックボードを搭載した、グラフィック機能が高いパソコンであれば、CPU の負荷が軽減されるので快適に動きますが、そうでなければ逆に処理が遅くなり、今回のような不具合も起きやすくなるわけです。 「ハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にする」は普段ほとんど目にしない設定なので設定変更に怖さを感じる方もいるかもしれませんが、要は処理をCPUとGPUのどちらにさせるかの違いですので気軽に(?)変更して問題はありません。 グラフィック機能が高くないパソコンの場合は、はじめからハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にしておくほうが無難かもしれませんね。

次の