グーグル リモート デスクトップ。 スマホからパソコンにアクセス!「Chromeリモートデスクトップ」の導入方法と使い方

iPhoneからPCを操作するChromeリモートデスクトップの使い方

グーグル リモート デスクトップ

Chrome リモート デスクトップを使うと、パソコンやモバイル デバイスからインターネット経由で、他のパソコンにあるファイルやアプリケーションにアクセスできます。 Chrome リモート デスクトップはパソコン上でウェブを介して使用できます。 モバイル デバイスでリモート アクセスを行うには、Chrome リモート デスクトップ アプリをダウンロードする必要があります。 パソコンでリモート アクセスを設定する Mac、Windows、Linux パソコンでリモート アクセスを設定できます。 パソコンで Chrome を開きます。 アドレスバーに「 remotedesktop. google. [リモート アクセスの設定] でダウンロード をクリックします。 画面の手順に沿って、Chrome リモート デスクトップをダウンロードしてインストールします。 Chrome リモート デスクトップにアクセスを許可するため、パソコンのパスワード入力が必要となる場合があります。 [設定] でセキュリティ設定を変更するよう求められる場合もあります。 で Chrome リモート デスクトップを使用する方法をご覧ください。 Chromebook で Chrome リモート デスクトップを使用するには、他のユーザーとパソコンを共有する方法をご覧ください。 他のユーザーとパソコンを共有する 他のユーザーにパソコンへのリモート アクセスを許可できます。 アクセスを許可されたユーザーは、アプリ、ファイル、メール、ドキュメント、履歴のすべての操作を行えるようになります。 パソコンで Chrome を開きます。 上部のアドレスバーに「 remotedesktop. google. [サポートを受ける] でダウンロード をクリックします。 画面の手順に沿って、Chrome リモート デスクトップをダウンロードしてインストールします。 [サポートを受ける] で [ コードを生成] を選択します。 コードをコピーして、パソコンへのアクセスを許可するユーザーに送信します。 相手がサイトにアクセスコードを入力すると、そのユーザーのメールアドレスが記載されたダイアログが表示されます。 相手にパソコンへのフルアクセスを許可するには、[ 共有] を選択します。 共有セッションを終了するには、[ 共有を停止] をクリックします。 アクセスコードは 1 回限り有効です。 パソコンを共有中は、パソコンの共有を続行するかどうかを確認するメッセージが 30 分ごとに表示されます。 パソコンにリモート アクセスする• パソコンで Chrome を開きます。 上部のアドレスバーに「 remotedesktop. google. [ アクセス] をクリックして、リモート アクセスするパソコンを選択します。 別のパソコンへのアクセスに必要な PIN を入力します。 矢印を選択して接続します。 セキュリティ保護のため、リモート デスクトップ セッションはすべて暗号化されます。 リモート セッションを停止する 終了したら、タブを閉じてセッションを停止します。 [ オプション] [ 切断] を選択することもできます。 リストからパソコンを削除する• パソコンで Chrome を開きます。 上部のアドレスバーに「 remotedesktop. google. 削除するパソコンの横の [リモート接続を無効にする] をクリックします。 リモート サポートを提供する• リモート サポートを提供する相手にリモート アクセスのコードを送信してもらいます。 パソコンで Chrome を開きます。 上部のアドレスバーに「 remotedesktop. google. [サポートを提供する] にコードを入力し、[ 接続] をクリックします。 ステップ 1: ホスト コンポーネント用の Debian パッケージをインストールする 64 ビット Debian パッケージをからダウンロードします。 ステップ 2: リモート接続を許可する 上記の「パソコンでリモート アクセスを設定する」セクションに進みます。 ステップ 3(省略可): 仮想デスクトップ セッションをカスタマイズする 最初に接続したとき、デフォルトのセッション選択ツールが表示され、デスクトップ環境を選択することができます。 特定のデスクトップ環境を常に起動する場合は、次の手順を行います。 desktop ファイルを探します。 たとえば Cinnamon の場合は、「 cinnamon. ホーム ディレクトリに「. の部分を. desktop ファイルの末尾にあるコマンドに置き換えます。 chrome-remote-desktop-session」というファイルを保存します。 変更内容は、次回 Chrome リモート デスクトップ ホストを再起動したときから適用されます。 仮想デスクトップ セッションが作成され、Chrome リモート デスクトップの起動時に. chrome-remote-desktop-session が開始されます。 ヒント: デスクトップ環境によっては、一度に複数のセッションを実行できない場合があります。 この場合は、Chrome リモート デスクトップのセッションとローカル セッションで別のデスクトップ環境を使用するか、セッション選択ツールを使用することをおすすめします。 セッション選択ツールを使用して、Chrome リモート デスクトップとローカル セッションで同じデスクトップ環境にログインする場合は、一方のデスクトップ環境からいったんログアウトすることをおすすめします。 Chrome リモート デスクトップを削除する• Chrome リモート デスクトップのアクセスを削除するそれぞれのパソコンでアプリをアンインストールします。 「Chrome リモート デスクトップ ホストのアンインストーラ」アプリを探します。 アンインストーラを起動し、[ アンインストール] をクリックします。 問題解決のヒント Chrome リモート デスクトップに問題がある場合は、次の方法をお試しください。 パソコンを共有したり、パソコンにアクセスしたりするには、インターネットへの接続が必要です。 ページが開かない場合は、パソコンのネットワーク設定を確認します。 ウィルス対策ソフトウェアによって Chrome リモート デスクトップが使用できなくなっている場合があります。 Chrome リモート デスクトップで問題が発生する場合は、ウィルス対策ソフトウェアで次の通信が許可されていることを確認してください。 アウトバウンド UDP トラフィック• インバウンド UDP 応答• TCP ポート 443(HTTPS)のトラフィック• TCP と UDP のポート 3478(STUN)のトラフィック• 職場や学校のパソコンにアクセスしようとしている場合は、他のユーザーによるアクセスが許可されていない可能性があります。 詳しくは、管理者にお問い合わせください。 Chrome または Chrome OS の最新バージョンを使用していることを確認します。 上記以外の問題でお困りの場合は、 をご利用ください。 Chrome リモート デスクトップの機能改善について Chrome リモート デスクトップの改善に役立てるため、Google ではネットワークの待ち時間やセッションの継続時間に関するデータを匿名化して収集し、保存しています。 詳しくは、Chrome のをご覧ください。

次の

在宅勤務で役立つグーグルクロームのChromeリモートデスクトップ

グーグル リモート デスクトップ

この記事の目次• Chromeリモートデスクトップとは >> Chromeブラウザの機能拡張アプリとして、Chromeにインストールします。 そうしますと、別の端末のChromeからそのデスクトップを操作できるようになるというものです。 同じ敷地内のネットワークになくとも、インターネット経由で操作できてしまう、というとんでもないアプリです。 勿論無料です。 自宅のPCに忘れてしまったファイルを、遠方から操作し、ドロップボックスのフォルダにインしてしまえば、手元のパソコンにも同期されるなどといった使い方ができちゃいます。 アプリ版は以下からどうぞ。 >> >> Chromeリモートデスクトップの使い方 まずはサーバー側のPCでChromeリモートデスクトップを起動します。 アクセスしてくる方の端末にだけ教えるPINコードを母艦側で設定します。 任意の数字を入力します。 iPhoneなどスマホ側でもChromeリモートデスクトップを起動します。 すると、接続可能な端末が表示されますので、それをタップします。 以下のようにPINコード入力を求められますので、前述のPINコードを入れます。 無事、PINコードがあっていれば開通です。 いやほんと、こんなに簡単につながるんですよ、凄いですね。 動画もいちおう見られる、ピンチインアウトもOK PCのデスクトップが操作できますので、iPhoneからほとんどの操作が可能です。 LTEで接続しましたが、多少の遅延はありますが、許せる範囲です。 動画もちゃんと映ります。 ただし、iPhone5cでは音は出ませんでした、さすがにそこまでは厳しいですよね(Androidでも出ないっぽいです)。 操作にはちょっと慣れが必要。 そもそもマウスがありませんので、iPhone側でまずマウスポインター自体をさらさら~っと移動させ、クリックしたいところで、さらにタップ、またはダブルタップ。 という独特の操作感です。 とはいえ5分もすればなれます。 操作しづらくとも、ピンチアウトによるズームが可能なので、画面サイズがあわないのは気にしなくても大丈夫です。 まとめ~iPhoneからPCを操作する Chromeリモートデスクトップは、とくに詳細な設定をせずとも手軽にデスクトップ共有ができるアプリです。 かつては、IPアドレスの設定したり、ルータによっては出来なかったりと敷居の高い印象でしたが、ネットの進歩は目覚ましいですね。 さらに、相手のデスクトップを共有して、母艦側から相手のPCを操作してしまうなどは、ユーザーサポートなどにも使えるかと思います。 ぜひ、みなさんも機会がありましたら、作業効率化にお役立てください。 >> ・プライバシーについて 当ブログではGoogleアナリティクスとcookieを用い、個人を特定しない範囲でアクセス状況を記録しています。 Google側ではその情報をGoogleアカウントと紐付けパーソナライズ広告に利用しています。 その情報は取り扱いに注意しつつ、内容充実や企画立案など、皆様のお役に立てるよう活用しています。 パーソナライズド設定をオフにするには、Google公式ページを御覧ください。 ・広告について 当ブログでは運営のために、Amazonアソシエイト・プログラム、及び、バリューコマース、リンクシェアジャパン、アクセストレード、A8. net の運営するアフィリエイトプログラムに参加しています。 それらのリンクからユーザー様が該当サイトにて購入されたとき、サイトが紹介料を獲得します。 TwitterやInstagramなどSNSで公開された投稿については、本文の説明上必要と思われます著作権法で認められています「引用」としての利用として、ASPの埋め込み引用機能(エンベッド)を用い掲載をしています。 ・免責事項について 当ブログの記事の内容や感想については、あくまでも個人的な見解となります。 また、記事執筆当時の情報で、実際の状況や環境によって掲載内容と異なる場合がございます。 万一トラブルや問題、損害が発生しましても、一切の責任を負えません。 あらかじめご了承ください。 Please enable JavaScript.

次の

Chromeリモートデスクトップでマルチディスプレイ環境に接続する場合はWEB版が確実

グーグル リモート デスクトップ

複雑な設定は一切必要ナシ 2020年2月以降、連日のようにニュースを騒がせている新型コロナウイルス。 電車や職場での感染から身を守るため、自宅などで業務を行う「 テレワーク」( リモートワーク)を推奨する企業が増えています。 3月からは全国の小・中学校が一斉休校となり、両親で交互にテレワークを考えている家庭も多いのではないでしょうか。 テレワークというと、ITの専門知識や難しい設定が求められそうに感じますが、現在では在宅での業務を簡単に実現できるツールが登場してきています。 その1つが、Googleが提供する「 Chromeリモートデスクトップ」です。 Chromeリモートデスクトップの起動画面。 必要なのはWebブラウザーの「Chrome」とGoogleアカウントのみで、誰でも無料で使えます。 例えば、自宅にあるパソコンのChromeの画面内で、職場にあるパソコンを遠隔操作できます。 ここではChromeリモートデスクトップを職場のパソコンにインストールし、 自宅のパソコンからリモートアクセス(遠隔操作)する方法を紹介します。 Chromeは職場と自宅の両方のパソコンに必要なので、あらかじめインストールしておいてください。 Googleアカウントは、ふだん使っているGmailのアドレスとパスワードがそのまま使えます。 設定からリモートアクセスまでの一連の操作手順を、以下で見ていきましょう。 企業のセキュリティポリシーによっては、Chromeリモートデスクトップのインストールや利用が許可されない場合があります。 あらかじめ社内のシステム部門などに確認してください。 職場のパソコンの準備をする まずは職場のパソコン(遠隔操作される側)に、Chromeリモートデスクトップをインストールします。 Chromeウェブストアから入手可能です。 上記のURLをクリックするか、Chromeウェブストアで「Chromeリモートデスクトップ」と検索してください。 Chromeリモートデスクトップの設定 続いて、職場のパソコンでChromeリモートデスクトップの設定を行います。 アドレスバーの右側に表示されるアイコンをクリックしてください。 1Chromeリモートデスクトップの設定を開始する Chromeのアドレスバーの右側にあるChromeリモートデスクトップのアイコンをクリックし、[リモートアクセス]をクリックします。 2アプリのインストールをキャンセルする 初回起動時は、上記画面の右下にあるポップアップが表示されます。 これはChromeとは独立したウィンドウで、Chromeリモートデスクトップを利用するかの確認です。 あとからインストールすることもできるので、ここでは[インストールしない]をクリックします。 3リモートアクセスを許可する [リモートアクセスの設定]で[オンにする]をクリックします。 4パソコンの名前を設定する 現在(職場)のパソコンに名前を設定します。 こうすることで、リモートアクセスするときに、ほかのパソコンとの区別が付きやすくなります。 設定後に[次へ]をクリックします。 5PINを設定する リモートアクセス時のパスワードとなる「PIN」を設定します。 6桁以上の任意の数字を指定し、[起動]をクリックします。 6設定が完了した 設定が完了しました。 先ほど入力したパソコンの名前に「オンライン」と表示されています。 電源とスリープの設定 ここまでの設定で、自宅のパソコンからリモートアクセスすることは可能なのですが、もう1つやっておきたいことがあります。 職場のパソコンのスリープ対策です。 職場のパソコンがスリープしてしまうと、自宅からのリモートアクセスができなくなるため、電源とスリープの設定をあらかじめ変更しておく必要があるのです。 また、リモートアクセス時には、職場のパソコンのディスプレイが他人から見えない状態になっているのが望ましいでしょう。 この設定も変更しておきます。 続いて[スリープ]の項目にある時間を[なし]に設定します。 上記画面では「バッテリー駆動時」と「電源に接続時」の両方を[なし]にしていますが、後者のみでもいいでしょう。 これで、職場のパソコンは手動で操作しない限り、常に起動したままの状態になります。 デスクトップパソコンの場合は、これに加えてディスプレイの電源をオフにしておけば準備完了です。 ノートパソコンの場合は、さらに[電源の追加設定]からカバーを閉じたときに[何もしない]設定にしておきます。 これにより、 カバーを閉じてディスプレイが見えない状態にしつつ、パソコンを起動したままに保つことができます。 8[電源オプション]画面を表示する [電源とスリープ]画面の下部にある[電源の追加設定]をクリックし、[電源オプション]を表示します。 ここで[カバーを閉じたときの動作の選択]をクリックします。 9[カバーを閉じたときの動作]を設定する [カバーを閉じたときの動作]から[何もしない]を選択して[設定の保存]をクリックします。 ノートパソコンのカバーを閉じても、パソコンは起動したままになります。 自宅のパソコンからアクセスする 職場のパソコンでの設定が完了したので、今度は自宅のパソコン(遠隔操作する側)を操作します。 職場のパソコンと同じGoogleアカウントでChromeにログインし、Chromeリモートデスクトップもインストールしておいてください。 Chromeリモートデスクトップを起動すれば、すぐにリモートアクセスができる状態になります。 10職場のパソコンに接続する Chromeリモートデスクトップのアイコンをクリックして起動し、前述の手順で設定した職場のパソコンの名前をクリックします。 次回以降、PINの入力を省略したいときは、[このデバイスにPINを保存します。 ]にチェックを付けておきます。 12職場のパソコンにアクセスできた 職場のパソコンにリモートアクセスできました。 Chromeの画面内に、職場のパソコンのデスクトップが表示されています。 全画面表示にする Chromeリモートデスクトップのオプション設定を見ていきましょう。 特に「 全画面表示」は必須で、Chromeのアドレスバーなどを非表示にできるため、まるで職場のパソコンをそのまま操作しているように扱えます。 13オプションを表示する Chromeリモートデスクトップの画面右端にある[<]をクリックすると、オプションが表示されます。 14全画面表示に切り替える オプションが表示されました。 [全画面表示]にチェックを付けます。 15全画面表示に切り替わった Chromeリモートデスクトップが全画面表示に切り替わり、職場のパソコンのデスクトップが、自宅のパソコンのディスプレイいっぱいに表示されました。 リモートアクセスを終了したいときは、オプションのいちばん上にある[ 切断]をクリックしてください。 全画面表示を終了し、Chromeのタブを閉じてもOKです。 ファイルのやりとりをする 職場と自宅のパソコンで、ファイルをやりとりすることも可能です。 職場から自宅へのダウンロード、自宅から職場へのアップロードの両手順を見ていきます。 なお、以降はChromeリモートデスクトップの表示をウィンドウに戻して操作しています。 16職場のパソコンからファイルをダウンロードする まずは職場から自宅へのダウンロードです。 自宅のパソコンからリモートアクセスし、Chromeリモートデスクトップのオプションにある[ファイルをダウンロード]をクリックします。 17ダウンロードするファイルを選択する 職場のパソコンからダウンロードしたいファイルを選択し、[開く]をクリックします。 18ファイルをダウンロードできた ファイルをダウンロードできました。 ファイルの保存場所は、Chromeでダウンロードしたファイルを保存するフォルダーを同じです。 標準では[ダウンロード]フォルダーとなります。 19ファイルをアップロードする 今度は、自宅から職場へのアップロードです。 自宅のパソコンで、Chromeリモートデスクトップのオプションにある[ファイルをアップロード]をクリックします。 20アップロードするファイルを選択する アップロードするファイルを選択し、[開く]をクリックします。 21ファイルをアップロードできた ファイルをアップロードできました。 ファイルの保存場所はデスクトップです。 以上、職場と自宅を想定したChromeリモートデスクトップの使い方を解説しました。 職場のパソコンを自宅に持ち出し、社内のファイルサーバーなどにアクセスするには、VPNなどの高度な設定が必要になるでしょう。 しかし、職場のパソコンにあるファイルを適宜参照しながら、メインの作業は自宅のパソコンで行うのなら、Chromeリモートデスクトップが最適です。 また、自宅のパソコンに職場ほどの性能がなくても、ネットワーク(通信環境)さえ安定していれば、スムーズな操作が可能です。 テレワークを実現する手段の1つとして、ぜひ試してみてください。 close 閉じる.

次の