君が隣にいることいつか 歌詞意味。 なごり雪【歌詞解釈】

あいみょん「猫」歌詞の意味を解釈&考察!強がる彼の気持ちとは?

君が隣にいることいつか 歌詞意味

歌詞の深読み ここからは歌詞を抜粋し、独自解釈の深読みをしていきます。 あまりリアル過ぎぬように いつの日か笑えるように 君の名は伏せるよ 匿名を使って <出典>ロザリータ /Mr. Children 作詞:桜井和寿 出だしの歌詞です。 ここで「ロザリータ」というのは匿名、というよりは仮名だということがわかります。 フランスとかイタリアとか、その辺りの女性のような名前の雰囲気を感じます。 もしかしたら、彼女の風貌からはどこか欧風な空気感が醸されていたのかもしれません。 本名で呼んでしまうと心の傷がうずくから、仮名をつけたのでしょう。 最初の設定から主人公が失恋の苦しさにあえいでいることを感じ取ることができます。 OH 曇った日の海のようにどんより 重く湿って気怠い 君のキスが胸を離れない <出典>ロザリータ /Mr. Children 作詞:桜井和寿 リアルです。 重く湿って気怠いキスとは…。 この表現で、別れの雰囲気や前兆のようなものをお互いに感じていたことが想像できます。 かつては心が浮き立つような甘いキスもあったことでしょう。 なんとも切ないです。 でも、このリアルな描写と切なさが聞く人の胸に浸みます。 ロザリータ 僕のロザリータ さよならなんて言わないで 恋多き女 ロザリータ 僕のロザリータ <出典>ロザリータ /Mr. Children 作詞:桜井和寿 続いてこの歌詞もリアルです。 未練だらけの男の気持ちが伝わってきます。 彼女は恋多き女性だったんですね。 実は、僕も経験があります。 失恋した女性が恋多き人だったこと…。 そんな女性にのめり込んでしまうと、付き合っているときから気苦労は絶えないもの。 そしてどこかで来ると予想していた通り、その言葉はやってきます。 「さよなら」 この部屋の鏡に映る退屈な男 君の部屋の鏡ならマシに見えたのに <出典>ロザリータ /Mr. Children 作詞:桜井和寿 ここも個人的にとても共感できる歌詞です。 …もう桜井さんは僕をモデルにこの歌詞を書いたと思う。 と錯覚してしまうくらい。 ここで言う「退屈な男」というのは、退屈を感じている男という意味ではありません。 その男自身が退屈な人間であるという意味です。 いきいきしていない、覇気がない。 そんなぼんやりした取るに足りない男。 だけど、そんな男も彼女といたころにはマシだったんですね。 恋多き女性ですから、魅力的な女性だったのでしょう。 そんな彼女が隣にいたころ、この男は輝いていたのです。 でも、それも過去の話。 彼女を失った今、落ち込んで退屈な男になってしまったのを自覚して嘆いている。 そんな様子と心境が、このたった2行の歌詞でヒリヒリ伝わってきます。 甘い言葉 完璧な微笑み そばかす 唇 下品に濡れる果実 <出典>ロザリータ /Mr. Children 作詞:桜井和寿 ここの歌詞のリアルさのインパクト。 強烈です。 そして「完璧な微笑み」。 ここまではなんというか、日常のと言いますか、健全な彼女との思い出なのですが…。 その次です。 「そばかす」「唇」、そして最後・・・「果実」 このパーツのチョイス、そして順序。 (・・・ちょっと直接的に書きすぎたでしょうか) OH 曇った日の海のようにどんより 暖かくて凍えそうな 君の肉体 胸を離れない <出典>ロザリータ /Mr. Children 作詞:桜井和寿 この歌詞で、彼女との関係はもう良好ではなかったというのが読み取れます。 まだつながっているけど、どこかに暗い未来の予兆がある。 それが暖かくもあり、同時に凍えそうだという表現につながっています。 そして、胸を離れず記憶に残っているのは、その時期の思い出だったりする。 これもなんかわかります。 でもなぜでしょうね。 幸せ絶頂のころのことは、覚えてはいるけど記憶に薄いんです。 別れてしまっている現実がそうさせるのでしょうか。 学びの一言 重く苦しい失恋。 幸せで輝いていたころの思い出とのコントラストが、そのつらさを際立たせます。 でも、そんな重く苦しい失恋の経験も、人生の一幕にはあってもいいのかもしれません。 恋愛と失恋は表と裏の関係で切り離せません。 それだけつらい失恋を経験したということは、それだけ恋い焦がれる激しい恋をしたということです。 そんな経験がある人生とない人生では、どちらを選びたいでしょうか。 つらくてたまらないときは、心のしたいままに思い出に浸かってしまうのも、僕はいいと思います。

次の

君がいない

君が隣にいることいつか 歌詞意味

夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ 夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない。 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ゲガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで ひいらぎの解釈 君がいなくなった日々は抜け殻のようで。 このどうしようもない無気力な感覚も心と体が思うようにいかなくて、ちぐはぐなんだ 何もする気が起きないから寝転んでみたよ。 それで気づいたんだ君は猫のように自由になったんだ、と。 いつかフラッと現れてくれないかな、また会いたいな。 つまらなく何気ない毎日を君色に染めてほしいな 君と別れて 何もやる気が起きない様子です。 ひとつの恋愛が終わった後は、誰しも少し憂鬱になりますよね。 頭で君を忘れようとしても、何度も考えてしまい上手くいかないようです。 何もやる気が起きないけどとりあえず寝転んで「 君は自由な猫になったんだ」と気が付きます。 また一緒に過ごしたいと願っているのでしょう。 ひいらぎの解釈 家について、一人で過ごす時間が堪らなく嫌だ。 歩く歩幅やスピードは君のペースなんだよ。 ふと君のことを考える 君のことで頭がいっぱいで、ため息が増えてしまうよ君が私がこんなにも悩んでるって知ったら、自分から終わりにした癖にって思うだろうな、馬鹿にしろよ、笑えよ 家で一人で過ごす時間が長く感じてしまうから、一人で過ごすのが嫌なんでしょう。 「歩く歩幅やスピードは君のペースなんだ」という状態から、 おそらく長い付き合いだったのかと思います。 生活の一部にいた君が突然いなくなって、その変化に戸惑ってるのかな、とも思いますね。 僕がこんな風に悩んでることが君に知れたら、笑ってくれよ、と少々自虐気味になっていますよね。 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない。 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい ひいらぎの解釈 君が居なくなった日々は、こんなにも違うのかと思うほど、味気なくて退屈だよ。 君のことを忘れようと頭ではしてみるけれど上手くはいかないんだ。 でもそうだった、君は猫のように自由になったんだよね いつかまた君の声を聞かせてほしい 矛盾だらけな僕を許して慰めてほしい 君がいない生活が、つまらないものだと気づいたようです。 忘れようと努力してみても上手くはいかず、「全身で君を求めてる」という表現から、 まだ君のことが好きだと自覚したのかな、と思います。 君は自由になった猫だ。 でもまた一緒に過ごしたい。 自分から終わりにした癖に、と思うかもしれないけれど、許してほしいと思ってるようです。 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ ひいらぎの解釈 君がいなくなった日々は抜け殻のようで、このどうしようもない無気力な感覚も心と体が思うようにいかなくて、ちぐはぐなんだ 何もする気が起きないから寝転んでみたよ。 そうだった、君は猫のように自由になったんだよね いつかまた偶然会えないだろうかつまらなく何気ない毎日を、再び君色に染めてほしいな 君は猫のように自由になったけれど、また偶然会えないかな、と願っているようです。 そして 再び生活の一部に君が戻ってきてほしい、といった心情かなと思います。 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで ひいらぎの解釈 君がもし捨て猫だったら ぼくが拾って、抱きしめるよ 傷ついてたらその傷を癒せるように、僕の温もりをあげるよ 会いたいんだ、忘れることなんかできない。 猫になってでも現れてほしい、君であれば姿かたちはなんだっていいや 君と一緒にいれるなら僕は幸せだよ 君が捨て猫、つまり 誰のものでもない恋人のいない状態だったら僕が抱きしめたい。 もし傷ついているなら癒してあげたい、と思ってるようです。 人間でなくても君であれば何でもいい、そんな風に思えるほどの強い想いですね。 一緒にいられれば他に何もいらない、 それだけで幸せだ、という大きな愛情ですよね。 La fin... まとめ 今回はあいみょんの「猫」の歌詞を徹底解釈しました。 自分から別れを切り出した彼を猫と例えるという発想は自分にはなく、あいみょんが発想に長けているんだなと改めて実感させられました。 今後も当サイトではあいみょんを追って行くのでぜひチェックして見てください!.

次の

【あいみょん/猫】の歌詞の意味を徹底解釈

君が隣にいることいつか 歌詞意味

雨の中で登場するのは彼女と僕の2人。 そして雨と写真の数々。 歌詞とリンクしたMVのアニメーションがとてもいいですよね。 しかしこのMVだけではどういう内容なのか、歌詞の意味も分からないですよね。 またネットでは同様に意味があると考えている方が多かったです。 それも踏まえて考察していきました。 美波『アメヲマツ、』の『雨を待つ、』の読点の解釈は? 歌詞を考察する前に今回のタイトル『アメヲマツ、』の読点について気になりました。 まず『アメヲマツ、』を感じに変化すると『雨を待つ、』と変換できます。 ここから雨を待っている状態であることがわかります。 そして句読点『、』があることで文章の続きがあることを示しています。 前作の『カワキヲアメク』は漢字にすると『渇きを叫く』となります。 こちらは渇きに嘆き叫んでいる状態を意味したタイトルになっていて 『心から望む』という渇望 かつぼう 状態であるということを意味します。 そこに『雨を待つ、』をもってくると 『雨を待つ、 そして 渇きを叫く』。 となるのではと考えました。 前曲が『心から望む』『渇望』という望む結果に対しての現在の状態を表すとしたら、今回の曲 『アメヲマツ、』は渇き切る前段階の『過去』の回想なのではないでしょうか? それを踏まえて歌詞を考察していきます。 美波のアメヲマツ、歌詞の意味を考察! 美波のアメヲマツ1番は現在から過去に向けての回想? 『 カワキヲアメク』の過去章ではないかと仮説を立て今回の歌詞を見ていきます。 過去形フィルムに縋った僕らは 舵取り粘土に飲まれていつしか固まっていくようで 言葉税が 足りなくなっていってさ 書きなぐり漁った下書きをそっと強く塗りつぶす ここの歌詞では男女 僕と彼女 の心のすれ違いを表現しています。 『舵取り』、『粘土に飲まれ固まっていく』、『言葉税が足りない』など上手く関係を取り持とうとしてきた僕と彼女の日々。 それがいつしか取り返しのつかない溝を生み、戻れない関係すなわち別れを表しています。 そして『過去形フィルム』『下書きを塗りつぶす』というワードです。 現在から過去に向け僕が記憶をさかのぼり、思い出を修正してしまいたいという気持ちが綴られていると思います。 平気だよきっと誰かが 透明人間あてにした ああやっぱ今日もだめだな ここの透明人間は何を指すのかわかりませんでした。 しかし 過去の記憶を修正したいほど現在は苦しんでいる。 過去を取り除けないでいる自分に対し思い悩んでいることが伝わります。 ファインダー越しのかわききってた 僕にアメ降らせてくれないか ファインダーとはカメラを除く時の枠です。 こちらがファインダーです。 『ファインダー越しのかわききっていた』『僕に雨をふらせてくれないか』は現在から過去を振り返るとそこには 渇望しそうな自分がいた。 そして渇望という 欲している状態になにか埋めるものを探している気持ちと考えられます。 1番の歌詞には現在から過去に思いを巡らせた僕 男 がその記憶を何度もいい記憶にしようと試みるが どうにもならない現実に立ち尽くしている。 そして 今現在も含めて嘆き苦しんでいるという感じがしますね。 美波のアメヲマツ2番は彼女を忘れてしまう自分の気持ち? 2番の歌詞も見ていきましょう! 好きなものが青に飲まれて消えていった 安価推理自称名探偵いなくなれ 『安価推理自称名探偵いなくなれ』は美波さんの 特質的な表現ですよね。 チープであり、安っぽく、そして推理自称名探偵?? ここの部分では彼女のことを思い返す 僕に対するバカさ加減に呆れ、投げやりになっている状態。 彼女と過ごした過去に対して行ってきた 過ちを修正することなんて不可能である。 そんなことは考えれば簡単にわかるのにという呆れた気持ちの表現だと思います。 やがてやみ上がってしまう前に USBにそっと 閉まっておくよ いつかあの日の僕、愛してね。 『いつか僕がこの渇き切ってしまった気持ちを忘れてしまう前にこの気持ちをそっと心に焼き付けておくね。 いつかあの日の僕を愛してね。 』 ここでは彼女を失って渇ききった自身の心に触れ、渇いた気持ちを忘れてしまう、それはすなわち 彼女を愛していた気持ちを忘れてしまうこと。 それを今の僕は恐れていて、 忘れないように心に焼き付けておきたいという気持ちが表現されていると思います。 君はもう二度と戻らない 戻れない 帰 もど れないよ そして戻れない今の気持ちに悲しんでいるという塞がり感もかんじますね。 美波のアメヲマツ、の終盤は待っても彼女は戻らない? 美波のアメヲマツ、のCメロからラストまでを考察していきます。 邪魔するスクリーンセーバー 絶対忘れたくない。 ファインダー越しが 曇っていたら そっと笑い掛けてくれないか ピントが合うように ブレないように いつか届くといいなこのリリック 針は僕を追い続けた 君は僕の隣の数字で 待ってくれるよ な メイムでいいや 終盤は彼女に対しての気持ちが多く語られています。 特に『 スクリーンセイバー』や『針や数字』などの時間を表したワードがあります。 スクリーンセイバーはパソコンを一定時間使わないと出てくる待機画面です。 また『針は僕を追い続けた』、『君は僕の隣の数字として待ってくれないか』など追われ続ける僕、そして待ってはいない君。 時間が過ぎるとその記憶は薄れていってしまう。 そこに対して焦る僕の気持ちが表現されていると思いました。 そして君は待ってくれはしない。 やっぱ今日もダメな僕だな 抓っても滲むだけだろ かわいたアメ待ち続けていた やっぱり今日もダメな自分の繰り返し。 なにをしてもそこに君が戻ってくることはないのだろう。 雨を待つ、そして・・・・・・。 で歌詞は終わっています。 終盤をまとめるともう一定の時間が経て、僕は彼女の愛情さえも忘れてしまっていく感覚に怯えていいます。 そこに対して何を望んでもどんどん心が枯れていってしまう。 という内容でした。 正しく『 カワキヲアメク』の過去章なのではと感じました。 美波さんの歌詞はとても難しかったです。 美波アメヲマツ歌詞の意味を考察のまとめ 今回は『 美波アメヲマツ歌詞の意味を考察!雨を待つ、の句読点の解釈は?』と題して調べていきました。 美波のアメヲマツ、のMVは?• 美波『アメヲマツ、』の『雨を待つ、』の読点の解釈は?• 美波のアメヲマツ1番は現在から過去に向けての回想?• 美波のアメヲマツ2番は彼女を忘れてしまう僕の気持ち?• 美波のアメヲマツ、の終盤は待っても彼女は戻らない? 最後まで読んでくれてありがとうございます。

次の