山中 教授 バフ。 バフをマスク代わりに走ってみた話

山中教授がおすすめするbuff(バフ)!

山中 教授 バフ

京都大学iPS細胞研究所山中伸弥教授がジョギングなどの運動中も感染に警戒するよう注意を呼び掛けています。 「公園でジョギングをする人が多くなっているような気がします。 でも、新型コロナウイルスは感染しても多くの人は症状が出ません。 感染していてもジョギングする方がたくさんいます。 (感染者が)走って大きな息をすると、周りにもしかしたらウイルスをまき散らしているかもしれません。 せきやくしゃみと同じような状況です」 ジョギング中でも周囲の人への配慮としてマスクをしましょうと呼び掛ける山中教授ですが、ご本人は運動中の不織布マスクがあまりお好きではないようで…。 山中教授が取り出したのは 「Buff(バフ)」と呼ばれる、ジョギングなどで使用する口などを覆うグッズです。 通気性に優れた生地で作られていて、スポーツ用品店などで売られています。 より そんなBUFF、ベックオンにももちろん新作が到着しています! BUFF(バフ) 寒い時に首にまいたり、バンダナとして、時にはキャップとしてもつかえます。 サイクルジャージのアクセントにもなるから一枚は持ってたいアイテムです。 でも今は、マスクの代わりとしてジョギングやサイクリングなどのスポーツの際のエチケットにもなります。 マスクとして使用しても、 通気性が良いので息苦しさも少なく快適です。 スタート当初は、スポーツ愛好家、特にアウトドアファンやスキーインストラクター仲間の手に渡りました。 その後、改良を重ねながら、多機能ヘッドウェアとして販売されるようになり、1995年より海外進出。 現在では世界70カ国、2万店を超える店舗で展開するブランドに成長しました。 今年の新作が入荷。 これ一つで10通りの使い方ができるというマルチなスカーフです。 ひとつは持っていたい優秀アイテム。 コーディネートのアクセントにも使えます。 少しの気遣いが、周りへの配慮、安心感につながります。 緊急事態というこの局面、みんなで乗り切りましょう!.

次の

山中伸弥教授、コロナ対策にランニング時のエチケットを呼びかけ「マスクやバフの使用を。周りにウイルスを撒き散らしているかもしれません」

山中 教授 バフ

在宅勤務の増加や週末などの外出自粛の影響で、逆にランニングやジョギングをする人が増えた。 私の住まいは都内でも郊外なので都内の公園ほどではないが、それでも以前よりも走っている人は確実に増えている。 そんな状況に警鐘を鳴らしているのが京都大学の山中伸弥教授。 ご自身もマラソンランナーである教授が、ジョギングや散歩中のエチケットを動画で公開している。 山中教授の真摯な呼びかけ 山中教授は2012年のノーベル生理学・医学賞受賞者だが、マラソンランナーとしても有名だ。 ご自身の自己ベストは、今年2020年2月の京都マラソンで出した3時間22分34秒だというのだから素晴らしい限りだ。 その山中教授がYouTubeで発しているメッセージが、ジョギングでのエチケットだ。 「時々のジョギングや散歩はOKという風に言われているが、公園でジョギングをしている人が多くなっている気がする」「走って大きな息をすると、周りにもしかしたらウイルスを撒き散らしているかもしれない」というもの。 そして、周囲へのエチケットとして走る時もマスクを着用するよう呼びかけるとともに、マスクでは息苦しい人向けのグッズも紹介している。 ランナーならではのメッセージだ。 山中教授が紹介していたのが、ネックカバーやフェイスカバーと呼ばれるもの。 UVカットの素材もあるようなので、サイクリストにも愛用されているのだとか。 外出自粛はまだまだ続くので、山中教授のメッセージを真摯に受け止めてエチケットに努めたいと思う。 山中教授が紹介した影響なのかは不明だが、Amazonではバフのネックカバーが軒並み品切れ状態になっている。 なんでもすぐに買い占められというのが最近の傾向だが、ネックカバーまでそうなのかと驚いた。 同じような商品はないものかと探してみたら、ワコールから「」という商品が発売されていた。 汗を吸って速乾性で、UVカットされているというもの。 これを顔に巻いて走ることで、マスクをかけて走るのと同じような効果があるとのこと。 風が強くてホコリが飛んでくるような日にも良いかもしれない。 かなり気になるランニンググッズだ。

次の

山中伸弥教授、コロナ対策にランニング時のエチケットを呼びかけ「マスクやバフの使用を。周りにウイルスを撒き散らしているかもしれません」

山中 教授 バフ

在宅勤務の増加や週末などの外出自粛の影響で、逆にランニングやジョギングをする人が増えた。 私の住まいは都内でも郊外なので都内の公園ほどではないが、それでも以前よりも走っている人は確実に増えている。 そんな状況に警鐘を鳴らしているのが京都大学の山中伸弥教授。 ご自身もマラソンランナーである教授が、ジョギングや散歩中のエチケットを動画で公開している。 山中教授の真摯な呼びかけ 山中教授は2012年のノーベル生理学・医学賞受賞者だが、マラソンランナーとしても有名だ。 ご自身の自己ベストは、今年2020年2月の京都マラソンで出した3時間22分34秒だというのだから素晴らしい限りだ。 その山中教授がYouTubeで発しているメッセージが、ジョギングでのエチケットだ。 「時々のジョギングや散歩はOKという風に言われているが、公園でジョギングをしている人が多くなっている気がする」「走って大きな息をすると、周りにもしかしたらウイルスを撒き散らしているかもしれない」というもの。 そして、周囲へのエチケットとして走る時もマスクを着用するよう呼びかけるとともに、マスクでは息苦しい人向けのグッズも紹介している。 ランナーならではのメッセージだ。 山中教授が紹介していたのが、ネックカバーやフェイスカバーと呼ばれるもの。 UVカットの素材もあるようなので、サイクリストにも愛用されているのだとか。 外出自粛はまだまだ続くので、山中教授のメッセージを真摯に受け止めてエチケットに努めたいと思う。 山中教授が紹介した影響なのかは不明だが、Amazonではバフのネックカバーが軒並み品切れ状態になっている。 なんでもすぐに買い占められというのが最近の傾向だが、ネックカバーまでそうなのかと驚いた。 同じような商品はないものかと探してみたら、ワコールから「」という商品が発売されていた。 汗を吸って速乾性で、UVカットされているというもの。 これを顔に巻いて走ることで、マスクをかけて走るのと同じような効果があるとのこと。 風が強くてホコリが飛んでくるような日にも良いかもしれない。 かなり気になるランニンググッズだ。

次の