プロゲスタン 通販。 プロゲスタン200㎎が最安値で買える通販はこちら

女性ホルモン剤 アーカイブ

プロゲスタン 通販

口コミ 評価の平均は4.82/5.00点で、非常に満足度が高い結果になっています。 女性化に効果が見られ、天然の黄体ホルモンであることと、経口のみならず、膣座薬として使えることが評価されています。 もっとも使用法よる効果に差はないようです。 副作用は太りやすくなる、眠くなるなどのケースが見られます。 プロベラはメドロキシなのでアンドロゲン作用を持っており女性化を阻害する面もあるので、こちらのほうがプロゲステロン単体なので選びました。 そして2日に分けて朝晩会陰部に塗ってみました。 一週間たちましたが、確かに胸は刺戟されてるようで、乳首が膨らんで大豆くらいになってます。 エストロモンやプレモンは持っていますが、今はプロゲスタン100だけです。 ただ皮膚に痒みがでるのが難点で、これはプロゲスタンに限ったことではありませんが、乳首周りの痒みがすごいです。 また背中の肩甲骨付近や脇の下とかにスポットで痒みの強い班がでます。 ですから継続しては服用せずいつも半月くらいあけて中止するの繰り返しになってしまいます。 様子をみながら使ってみたいと思います。 プロゲステロンの単独の製剤では血栓症にならないという検索結果を目にされるとおもいますが、Kocak FARMA社はトルコ語の説明書で血栓塞栓性疾患には禁忌としています。 ホルモン摂取による血栓症とそのリスクについての理解は必要です。 おかげさまで、プロゲスタン200のお陰で調子が良いです。 中年女性の薄毛予防にもなるらしく、今のところ、髪の毛は人よりも多い感じです。 睡眠にも寄与しますのでありがたいです。 対応も早く、ほぼ最短で届いて助かります。 3日に1回、寝る前にお尻に入れていますが、お尻に入れた後はすごく熱くて、ああ今吸収してるんだなと実感させてくれます。 プロゲスタン100を入れた直後から、お尻というか腸というかが熱くなってきて効いてるのがわかります。 アンドロゲン作用の無い天然型の黄体ホルモンということで飛びついてみましたが、あくまで私の場合は寝つきが良くなった程度で他は変化ありませんでした。 ところでこのお薬、ピルカッターで分割しようとすると中がクリーム状なので大変なことになります。 レビューに書いてある座薬で使うは極一部の方と思われた方が良い、直腸を通過する前にカプセルが割れて指に付いて出てくる。 上手く入っても下痢したり腹痛に襲われる。 個人的な意見ですが色々なレビューはあてにならない、やはり自分で試して失敗するのが一番女性化に繋がります、やはり行き付けの産婦人科を見つけるのが一番身体に負担が少ないのが分かりました、女性には良い薬なのでしょう、有り難うございます。 生理前のpmsが本当につらくて、どうにかならないかとずっと思ってました。 今まで試したなかで一番効きました! 特に肩こりとイライラなどの精神的な部分が和らぎました。 これからも続けようと思います。 もっと早く知りたかったです。 体には効いているように感じます。 飲んだ直後に感情が不安定になる時があります。 毎日の体調自体はとても良いです。 生理の後に使い始めると次の生理出血がとても軽くなりますのでありがたいです。 PMSにも効果があり、便利です。 もう少し分量が増えるとかすれば、リピートします。 安く買えて効果が出れば満足ですのでこれから試していきたいです。 副作用がないので、まず安心です。 膣に入れやすいので服用するよりも座薬としてのほうが良いと思いました。 私は生理痛がひどく、毎回動けなくて冷や汗が出るほど重症です。 こちらを服用してからは和らぎました。 飲みやすいですし、続けてみようと思います。 経口摂取では分解されやすいと聞いて座薬として使っています。 再注文確定です。 もっと早く試せばよかったです。 結果は驚くほど改善! オススメです。 年齢的にも更年期に差し掛かり、エストロゲンなどを試しましたが特によくならず、ダメ元でしたが、今回は大当たりです。 ずっと使い続けます。 たまに間違って少ないグラムの方を買ってしまうのですが、こちらに戻すと一気に男性化が収まる気がします。 夜になると色々考えてしまい眠れない日々がかなり解消されました。 継続使用します。 使い始めて間もないですが期待持てそうです。 継続服用します。 これまではプロゲスタン100mgとプロギノバ2mgを1日1錠づつを服用してましたがどんどん身体に変化が出て満足です。 かなり強いみたいで抗男性ホルモンを飲んでいるか玉抜きしてないとフラフラになりました。 使用は生理が終わった1週間後から、生理開始予定日の前日まで膣内部に入れています。 元々痩せ型ですが、少し女性らしい体つきになりました。 副作用もなく継続使用したら症状が大幅に改善しました。 今は止めていますが症状を見ながら継続的に服用したいと思います。 とても助かりました。 ソフトカプセルは飲みやすく癖もありません。 軟カプセルであり、座薬として非常に使いやすいです。 効果の方は胸の張りがある感じです。 日一錠200mgを服用し始めて4日程ですが、卵巣ホルモンと併用での相乗効果は、感じます。 副作用は今の所は無いです。 胸の効果以外の脂肪も増えるので太り易く、良く言えば女性っぽいふくよかさが増すみたいですし、服用量と服用期間に注意しつつ、続けてみます。 今後の期待で星五つです。 ただコレ錠剤は大きめですが、ソフトカプセルですので、服用の場合は多めの水で飲み込めば問題無いです。 口腔内が乾燥気味だと喉や食道へつっかかり易くなるので、先ず一口水をゴックンっと飲んで湿らしてからカプセルを多めの水で飲み込めば飲み込み易くなると思いますよ。 膣剤でや、自己責任の坐剤、その他の場合は関係無いですが。 卵胞ホルモンと併用したらバストトップとか、乳腺とかが非常に発達してきました。 ただ、私の場合、服用するとすごく眠くなります。 副作用などの表情は一切無いので様子を見ながら使用して行きたいと思ってます。 ソフトカプセルに慣れるまでは取り出しとかちょっと手間取りますけど、効果自体はバッチリだと思います。 脂肪着くので太り過ぎにご注意を… 効果 PMS(月経前症候群)、産後うつ病、生殖補助医療における黄体補充 Kocak FARMA社のプロゲスタンは、薬効成分にプロゲステロンを含有するPMS(月経前症候群)、産後うつ病治療薬です。 ほかにも、日本国内において、プロゲステロン製剤は膣錠として生殖補助医療(ART)における黄体補充での適応があります。 プロゲスタンの薬効成分であるプロゲステロンは、黄体ホルモンです。 プロゲステロンは、エストロゲンとともに排卵の制御に関わる神経内分泌へ作用し、子宮内膜の受精卵着床準備に重要な役割を果たすホルモンです。 また、黄体ホルモンであるプロゲステロンは、卵巣の黄体から分泌され、子宮内膜を充実・維持させ、受精卵の着床を促し、妊娠中は妊娠を維持するホルモンで、子宮筋の緊張をゆるめる作用もあります。 女性ホルモン(黄体ホルモン)をプロゲスタンで補充することで、黄体ホルモンの不足による各種症状を改善します。 成分 プロゲスタン(Progestan) 100mg:プロゲステロン 100mg プロゲスタン(Progestan) 200mg:プロゲステロン 200mg 飲み方・使い方 医師または薬剤師の指示に従って服用してください。 5カプセル)を1日2回又は3回、採卵日(又はホルモン補充周期下での凍結胚移植ではエストロゲン投与により子宮内膜が十分な厚さになった時点)から最長10週間(又は妊娠12週まで)腟内に投与する。 副作用 乳房緊満感(乳房が腫れて痛い) 浮腫・体重増加(むくみ、体重が増える) 胃腸障害(気分が悪い、嘔吐、食欲がない) 激安通販情報 Kocak FARMA社のプロゲスタンは、薬効成分にプロゲステロンを含有するPMS(月経前症候群)、産後うつ病治療薬です。 日本では販売しておらず、個人輸入で取り寄せることになります。 日本企業によるインターネットの代行サービスが数社取り扱っていますが、価格差が大きく注意が必要です。 調査したところ、以下のサイトが最安値でした。

次の

プロゲスタンの通販最安値はココ!

プロゲスタン 通販

微粉化されているため吸収効率が上がっています。 天然成分と同じ作用なので安全性が高いのが特徴です。 しかし男性ホルモンの働きを阻害する作用に関しては の方が20〜50倍強いため、 MTFの女性化目的ではあまり使用されていません。 抗エストロゲン作用はプロベラの100分の1であり、 プロベラにあるアンドロゲン活性作用もこちらにはないためその点においては優秀といえますが、作用がマイルドな分服用量が多くなってしまうので肝臓への負担が気になります。 この点に関しては具体的な資料に乏しいため判断が難しいです。 分かり次第追記していきます。 【使用効果】 男性 男性ホルモン抑制+卵胞ホルモン剤の女性化促進 プロゲスタンの効果 プロゲスタンの成分は黄体ホルモンなので、 黄体ホルモンの効果が得られます。 毎日服用することで徐々に以下のような変化が得られます。 ・男性ホルモンの抑制 男性ホルモンを抑制する作用があるので男性的な特徴が薄れていきます。 ・筋肉量減少 黄体ホルモンにはタンパク異化作用というのがあり、 タンパク質を分解しエネルギーなどへの変換を増加させます。 筋肉はたんぱく質で構成されているのでようするに筋肉が落ちやすくなります。 手足が細くなり女性的なきゃしゃなものになりやすくなります。 普段使っている筋肉はそれほど落ちないので、 トレーニング次第ではある程度の維持は可能です。 ・体型の女性化 黄体ホルモンは女性らしい脂肪のつき方を促進させますので、 女性体型になります。 男性は肩幅が広くお尻が小さい逆三角形型ですが、 お尻に脂肪がつき大きくなるので三角形型になります。 体や顔の輪郭も骨ばったゴツゴツした感じから 丸みのあるやわらかい輪郭に変わります。 卵胞ホルモンにも同様の作用がありますが さらに促進させてくれます。 ・バストアップ効果 男性ホルモンの減少と黄体ホルモン作用により 発達が促進されます。 妊娠した女性は赤ちゃんへの搾乳のために胸が大きくなりますが これは黄体ホルモンの作用であり、 男性が服用しても同様の効果が得られます。 ・体温上昇作用 男性より女性のほうが少し体温が高いのをご存知でしょうか? 女性は排卵時に基礎体温が上がりますが黄体ホルモンの作用です。 ・体臭の変化 男性ホルモン低下により皮脂の分泌が減るので 体臭や加齢臭は軽減されます。 匂いの質も女性のような甘いにおいに変化します。 ・ニキビの改善 皮脂の分泌が減り 角質も減るためニキビの改善と予防効果があります。 しかしニキビの治療目的なら効果副作用共にベンザックの方が優秀なのでおすすめです。 ・はげの改善 男性ホルモンが原因の脱毛症 はげ は止まり、 育毛効果も得られます。 しかし純粋に発毛目的で使用するならミノキシジルの方が効果が高く、 副作用も少ないのでおすすめです。 ・髪の女性化 髪もホルモンの影響を受けるので、 男性ホルモン減少により 女性のような細くしなやかなものになります。 ・体毛が薄くなる 髪に育毛効果があるのに対して 髪以外の体毛は逆に薄くなっていきます。 プロゲスタンの副作用 男性ホルモン低下による症状が主です。 ・吐き気、つわり様症状 服用初期に見られます。 ホルモンバランスの変化によるもので、 朝の吐き気や、食欲不振をもたらすことがあります。 2〜3ヶ月で身体が慣れてくるので重く捉える必要はありませんが、 症状が重い場合は服用を中断し、医師の診察を受けてください。 ・性欲低下 男性ホルモンによる本能的な性欲は低下します。 リビドー 性感 は女性的になります。 ・性的機能不全 男性ホルモンは性欲を亢進させる作用があります。 なので抑制されることで性欲が減退します。 長期服用では勃起不全になる可能性があります。 ・生殖能力低下と精子形成障害 長期服用で起こる可能性があります。 生殖能力低下・・・精子を生産する機能が損なわれる可能性があります。 精子形成障害・・・精子自体の機能に影響がでる可能性があります。 受精能力の欠如など どちらも子供が作れなくなるリスクに至ります。 これらは服用をやめれば回復する場合もあれば完全に回復しない場合もあるので、 よく考えた上で検討しなければいけません。 精液検査を行えば調べることができます。 ・麻酔作用 非常に弱いですが麻酔作用があります。 この作用のため、眠気を感じる方もいるでしょう。 車の運転や高所の作業では注意が必要です。 ・精神作用 倦怠感や疲労感をおこりやすくします。 うつ病になる確率があがることもわかっています。 生理中の女性と似たような精神状態になると思っていただければよいです。 ・抗アルドステロン作用 アルドステロンとは副腎皮質ホルモンの一つで、 ナトリウムの再吸収を促し 体内の水分量を増やす働きがあります。 黄体ホルモンはこの働きを阻害するのですが、 体がそれに反応してアルドステロンの分泌を促すので、 結果的に体に水分が溜まりやすくなります。 つまり女性のようにむくみやすくなります。 水分が増えると体液量、血液量が増えるので高血圧になる可能性があります。 また、水分が増えた分体重が増加します。 ・便秘 水分を溜め込もうとして腸内の水分吸収量が増え 女性並みに便秘になりやすくなります。 ・食欲増進作用 脂肪を蓄えようとするので食欲が増します。 ・肝臓への負担 ホルモンは肝臓で代謝されるので、 卵胞ホルモン同様肝臓に負担がかかります。 長期服用は肝臓障害のリスクが上がります。 対策としては 定期的な肝機能検査 飲酒をなるべく控える 肝臓の自己診断の方法としては ・黄疸 目や皮膚が黄色くなること ・吐き気、胸のむかつき ・疲労感 などがあります。 これらの症状がでたら服用をただちにやめ、病院で肝機能検査を受けてください。 まれに起こる重大な副作用 ・乳がん 乳がんリスクが女性と同等になります。 親族に乳がん歴がある場合は服用禁止です。 ・血栓症 血栓症とは血の固まりが血管を詰まらせてしまう病気です。 症状が起こった場所により病名が変わります。 代表的なものに エコノミークラス症候群や脳梗塞、心筋梗塞などがあります。 ホルモン剤には血がドロドロになってしまう副作用があるので、 血栓ができやすくなるのです。 血栓症リスクを緩和できるクリルビタミンを一緒に服用することが推奨されます。 クリルビタミンについては後述 血栓症の初期症状 下肢の疼痛・浮腫 突然の呼吸困難 息切れ 胸痛 中枢神経症状(めまい、意識障害、四肢麻痺等) 急性視力障害等 以上の症状が現れたら医師の診断を受けてください。 全ての副作用を記述していません。 服用の際は商品説明欄に記載されている注意事項をよく読みましょう。 当ページに記載されている内容は安全を保証するものではありません。 記載内容によるいかなる責任も負いかねますのでご了承ください。 服用してはいけないケース ・家族に乳がんの病歴がある ・手術後1週間以内の患者 ・脳梗塞、心筋梗塞、血栓静脈炎等の血栓性疾患又はその既往歴のある患者 ・動脈硬化症の患者 ・心臓弁膜症、心房細動、心内膜炎、重篤な心不全等の心疾患のある患者 ・てんかん ・喘息 ・片頭痛 ・甲状腺障害 ・腎臓病 ・糖尿病 ・肝臓病 ・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 ・重篤な肝障害のある患者[副作用を増悪させるおそれがある。 ] ・高カルシウム血症の患者[電解質代謝作用等の関与により症状を増悪させるおそれがある。 ] ・腎障害・心障害のある患者[ナトリウム又は体液の貯留があらわれることがある。 ] ・うつ病又はその既往歴のある患者[症状が悪化するおそれがある。 ] ・てんかん又はその既往歴のある患者[副腎皮質ホルモン様作用により、症状が悪化するおそれがある。 ] ・片頭痛、喘息、慢性の肺機能障害又はその既往歴のある患者[症状が悪化するおそれがある。 ] ・ポルフィリン症の患者[症状が悪化するおそれがある。 ] 女性化には卵胞ホルモンも必要 プロゲスタンは黄体ホルモンです。 女性ホルモンには 卵胞ホルモン エストロゲン 黄体ホルモン プロゲステロン があります。 卵胞ホルモンとは・・・体を女性らしく成長させるホルモン 黄体ホルモンとは・・・生理や妊娠に係わるホルモン 男性が女性化するためには2つの条件を満たす必要があります。 1 女性ホルモン値を上げること 2 男性ホルモン値を下げること 卵胞ホルモンには1の効果があり、 黄体ホルモンには2の効果があります。 黄体ホルモンは男性ホルモンを抑える作用は強いですが、 直接的な女性化効果はありません。 なので女性化するためには卵胞ホルモンを一緒に服用する必要があります。 女性化に理想的なホルモン値 女性と同じホルモンバランスが理想です。 血液検査で男性ホルモン値と女性ホルモン値を調べましょう。 男性ホルモン値は 総テストステロン値という項目です。 女性ホルモン値は エストラジオール値という項目です。 この二つが女性と同じ値になれば女性化が最速で進み、 徐々に女性的な身体変化が起こります。 というのも、エストラジオール値は女性でも 生理などの周期によって値が激しく上下するからです。 高ければその分女性化するというわけでもありません。 プロゲスタンを服用してもこちらの値は上がりません。 卵胞ホルモンで上がります。 ・血液検査の費用 総テストステロン値とエストラジオール値の両方で 2000円程度 保険適用外なら7000円ほど です。 保険適用でやってもらえるかは医師の方次第です。 ・保険適用外とは 保険証があれば医療費は本来、3割負担で済みますが、 これは病気の疑いがある場合に限ります。 病気の症状がない場合や健康診断が目的の場合は 保険適用外となり、 全額自己負担になります。 ホルモン値の検査は保険適用外であり、 本来なら全額自己負担になるのですが、 理解ある医師の方は3割負担で受けさせてくれることもあります。 中性化目的での使用について 女性ホルモンは体を女性的に、 男性ホルモンは男性的に成長させてくれる性ホルモンです。 プロゲスタンを服用すると男性的な成長が止まり、 その特徴も薄れていきます。 よって卵胞ホルモンを服用せず、 プロゲスタンのみを服用し続けるといわゆる中性化が起こります。 しかしこれは現実的に不可能といってよいです。 なぜなら性ホルモンというのは体調を維持する上で必要不可欠なものだからです。 性別にかかわらず 例えば男性でも 女性ホルモンか男性ホルモンのどちらかが 十分にあればなにも問題ありません。 しかしプロゲスタンのみを服用すると、 男性ホルモンと女性ホルモンの両方が不足してしまいます。 この場合、 ・更年期障害 ・骨粗しょう症 といった症状が現れてきます。 更年期障害は だるさ、頭痛、多汗、冷え性、吐き気、めまいなどの体調不良です。 その名の通り更年期の女性におこりがちですが、 加齢によるホルモンの分泌低下が原因なので、 同じ状況になれば男性でも発症します。 骨粗しょう症は骨密度が著しく低下し骨折しやすくなる病気です。 以上の理由によって、 男性が黄体ホルモンのみを単独で服用してはいけません。 クリルビタミンについて クリルビタミンとは ホルモン剤のリスクを緩和する目的で作られたサプリです。 主成分である EPA、DHAが 血栓症予防の他様々な 健康増進効果がありホルモン剤と相性の良い成分です。 EPA、DHAとは青魚に多く含まれる栄養素でオメガ3脂肪酸とも呼ばれています。 これらには 血液をサラサラにする効果+固まりにくくする効果があり、 血栓症リスクを軽減できます。 熱に弱く、加熱調理をすると壊れてしまうので刺身などの生魚からしか摂取できませんが、 クリルビタミンはカプセルタイプなので効率的に摂取できます。 成分は南極のオキアミから抽出しているので環境汚染の心配もなく安心して服用できます。 クリルビタミンの効果 ・血栓症リスクを軽減 血小板の凝集作用があるトロンボキサンA? と血小板の凝集抑制作用があるプロスタサイクリンI? を作り出す作用があり抗血栓作用が得られます。 つまり血液の凝固を防ぎさらにサラサラにします。 ・うつ病予防 DHAには実験によりうつ病の予防と改善効果が確認されました。 ・肝機能の改善 成分のスクワレンとカキエキスには肝機能改善効果があります。 ホルモン剤やお酒のダメージから肝臓を守ります。 ・血液中のコレステロール、中性脂肪を下げる 血中脂質低下作用があり、 コレステロールや中性脂肪を下げます。 悪玉コレステロールを減らす一方で善玉コレステロールは増やす作用があります。 これにより血がきれいになります。 ・動脈硬化、高脂血症の予防 血管の負担が減るので血管年齢が若く保たれます。 ・高血圧の改善 血圧降下作用があります。 また血流改善も合わさり血圧が正常化します。 ・心疾患と脳疾患の予防 心臓病の発症率を5年間で53%低下させます。 脳こうそく、脳卒中、心筋こうそくなど全身の血管系の病気を予防できます。 ・アレルギー改善 花粉症やアトピーなどの症状を緩和します。 オメガ3は体内では作れない成分で外部から摂取するしかありません。 不足するとアレルギーが起こりやすくなることがわかっています。 ・免疫強化 体の免疫力が上がることでガンなどの予防になります。 ・記憶力、学習能力の向上 DHAは脳の老化を食い止め働きを活性させる効果があります。 アルツハイマーにも有効なことが証明されています。 ・しわやしみ、たるみの予防 アスタキサンチンという強力な抗酸化力のある成分が含まれています。 肌に紫外線が当たると活性酸素が発生します。 活性酸素は有害な物質で、 シミ、しわ、たるみの原因になります。 ホルモン剤の女性化効果で肌が薄くなると、 紫外線に弱くなりシミやしわができやすくなります。 これを強力に抑えてくれるので美肌効果があります。 また、血流改善によって血液中の栄養、酸素が細胞のすみずみまで行き渡ることで、 若返りや美容効果も得られます。 ・視力回復 網膜の脂肪にもDHAが含まれており、 網膜細胞をやわらかくする働きがあることから、 網膜の反射機能を高め、視力の回復に役立つともいわれています。 ・肌荒れやニキビの改善 ホルモン剤でホルモンバランスが変化すると肌荒れやニキビが起こりやすくなります。 関連商品.

次の

プロゲスタン(プロゲステロン)200mgは楽天やAmazonでは買えない!通販で売ってるサイト5選

プロゲスタン 通販

微粉化されているため吸収効率が上がっています。 天然成分と同じ作用なので安全性が高いのが特徴です。 しかし男性ホルモンの働きを阻害する作用に関しては の方が20〜50倍強いため、 MTFの女性化目的ではあまり使用されていません。 抗エストロゲン作用はプロベラの100分の1であり、 プロベラにあるアンドロゲン活性作用もこちらにはないためその点においては優秀といえますが、作用がマイルドな分服用量が多くなってしまうので肝臓への負担が気になります。 この点に関しては具体的な資料に乏しいため判断が難しいです。 分かり次第追記していきます。 【使用効果】 男性 男性ホルモン抑制+卵胞ホルモン剤の女性化促進 プロゲスタンの効果 プロゲスタンの成分は黄体ホルモンなので、 黄体ホルモンの効果が得られます。 毎日服用することで徐々に以下のような変化が得られます。 ・男性ホルモンの抑制 男性ホルモンを抑制する作用があるので男性的な特徴が薄れていきます。 ・筋肉量減少 黄体ホルモンにはタンパク異化作用というのがあり、 タンパク質を分解しエネルギーなどへの変換を増加させます。 筋肉はたんぱく質で構成されているのでようするに筋肉が落ちやすくなります。 手足が細くなり女性的なきゃしゃなものになりやすくなります。 普段使っている筋肉はそれほど落ちないので、 トレーニング次第ではある程度の維持は可能です。 ・体型の女性化 黄体ホルモンは女性らしい脂肪のつき方を促進させますので、 女性体型になります。 男性は肩幅が広くお尻が小さい逆三角形型ですが、 お尻に脂肪がつき大きくなるので三角形型になります。 体や顔の輪郭も骨ばったゴツゴツした感じから 丸みのあるやわらかい輪郭に変わります。 卵胞ホルモンにも同様の作用がありますが さらに促進させてくれます。 ・バストアップ効果 男性ホルモンの減少と黄体ホルモン作用により 発達が促進されます。 妊娠した女性は赤ちゃんへの搾乳のために胸が大きくなりますが これは黄体ホルモンの作用であり、 男性が服用しても同様の効果が得られます。 ・体温上昇作用 男性より女性のほうが少し体温が高いのをご存知でしょうか? 女性は排卵時に基礎体温が上がりますが黄体ホルモンの作用です。 ・体臭の変化 男性ホルモン低下により皮脂の分泌が減るので 体臭や加齢臭は軽減されます。 匂いの質も女性のような甘いにおいに変化します。 ・ニキビの改善 皮脂の分泌が減り 角質も減るためニキビの改善と予防効果があります。 しかしニキビの治療目的なら効果副作用共にベンザックの方が優秀なのでおすすめです。 ・はげの改善 男性ホルモンが原因の脱毛症 はげ は止まり、 育毛効果も得られます。 しかし純粋に発毛目的で使用するならミノキシジルの方が効果が高く、 副作用も少ないのでおすすめです。 ・髪の女性化 髪もホルモンの影響を受けるので、 男性ホルモン減少により 女性のような細くしなやかなものになります。 ・体毛が薄くなる 髪に育毛効果があるのに対して 髪以外の体毛は逆に薄くなっていきます。 プロゲスタンの副作用 男性ホルモン低下による症状が主です。 ・吐き気、つわり様症状 服用初期に見られます。 ホルモンバランスの変化によるもので、 朝の吐き気や、食欲不振をもたらすことがあります。 2〜3ヶ月で身体が慣れてくるので重く捉える必要はありませんが、 症状が重い場合は服用を中断し、医師の診察を受けてください。 ・性欲低下 男性ホルモンによる本能的な性欲は低下します。 リビドー 性感 は女性的になります。 ・性的機能不全 男性ホルモンは性欲を亢進させる作用があります。 なので抑制されることで性欲が減退します。 長期服用では勃起不全になる可能性があります。 ・生殖能力低下と精子形成障害 長期服用で起こる可能性があります。 生殖能力低下・・・精子を生産する機能が損なわれる可能性があります。 精子形成障害・・・精子自体の機能に影響がでる可能性があります。 受精能力の欠如など どちらも子供が作れなくなるリスクに至ります。 これらは服用をやめれば回復する場合もあれば完全に回復しない場合もあるので、 よく考えた上で検討しなければいけません。 精液検査を行えば調べることができます。 ・麻酔作用 非常に弱いですが麻酔作用があります。 この作用のため、眠気を感じる方もいるでしょう。 車の運転や高所の作業では注意が必要です。 ・精神作用 倦怠感や疲労感をおこりやすくします。 うつ病になる確率があがることもわかっています。 生理中の女性と似たような精神状態になると思っていただければよいです。 ・抗アルドステロン作用 アルドステロンとは副腎皮質ホルモンの一つで、 ナトリウムの再吸収を促し 体内の水分量を増やす働きがあります。 黄体ホルモンはこの働きを阻害するのですが、 体がそれに反応してアルドステロンの分泌を促すので、 結果的に体に水分が溜まりやすくなります。 つまり女性のようにむくみやすくなります。 水分が増えると体液量、血液量が増えるので高血圧になる可能性があります。 また、水分が増えた分体重が増加します。 ・便秘 水分を溜め込もうとして腸内の水分吸収量が増え 女性並みに便秘になりやすくなります。 ・食欲増進作用 脂肪を蓄えようとするので食欲が増します。 ・肝臓への負担 ホルモンは肝臓で代謝されるので、 卵胞ホルモン同様肝臓に負担がかかります。 長期服用は肝臓障害のリスクが上がります。 対策としては 定期的な肝機能検査 飲酒をなるべく控える 肝臓の自己診断の方法としては ・黄疸 目や皮膚が黄色くなること ・吐き気、胸のむかつき ・疲労感 などがあります。 これらの症状がでたら服用をただちにやめ、病院で肝機能検査を受けてください。 まれに起こる重大な副作用 ・乳がん 乳がんリスクが女性と同等になります。 親族に乳がん歴がある場合は服用禁止です。 ・血栓症 血栓症とは血の固まりが血管を詰まらせてしまう病気です。 症状が起こった場所により病名が変わります。 代表的なものに エコノミークラス症候群や脳梗塞、心筋梗塞などがあります。 ホルモン剤には血がドロドロになってしまう副作用があるので、 血栓ができやすくなるのです。 血栓症リスクを緩和できるクリルビタミンを一緒に服用することが推奨されます。 クリルビタミンについては後述 血栓症の初期症状 下肢の疼痛・浮腫 突然の呼吸困難 息切れ 胸痛 中枢神経症状(めまい、意識障害、四肢麻痺等) 急性視力障害等 以上の症状が現れたら医師の診断を受けてください。 全ての副作用を記述していません。 服用の際は商品説明欄に記載されている注意事項をよく読みましょう。 当ページに記載されている内容は安全を保証するものではありません。 記載内容によるいかなる責任も負いかねますのでご了承ください。 服用してはいけないケース ・家族に乳がんの病歴がある ・手術後1週間以内の患者 ・脳梗塞、心筋梗塞、血栓静脈炎等の血栓性疾患又はその既往歴のある患者 ・動脈硬化症の患者 ・心臓弁膜症、心房細動、心内膜炎、重篤な心不全等の心疾患のある患者 ・てんかん ・喘息 ・片頭痛 ・甲状腺障害 ・腎臓病 ・糖尿病 ・肝臓病 ・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 ・重篤な肝障害のある患者[副作用を増悪させるおそれがある。 ] ・高カルシウム血症の患者[電解質代謝作用等の関与により症状を増悪させるおそれがある。 ] ・腎障害・心障害のある患者[ナトリウム又は体液の貯留があらわれることがある。 ] ・うつ病又はその既往歴のある患者[症状が悪化するおそれがある。 ] ・てんかん又はその既往歴のある患者[副腎皮質ホルモン様作用により、症状が悪化するおそれがある。 ] ・片頭痛、喘息、慢性の肺機能障害又はその既往歴のある患者[症状が悪化するおそれがある。 ] ・ポルフィリン症の患者[症状が悪化するおそれがある。 ] 女性化には卵胞ホルモンも必要 プロゲスタンは黄体ホルモンです。 女性ホルモンには 卵胞ホルモン エストロゲン 黄体ホルモン プロゲステロン があります。 卵胞ホルモンとは・・・体を女性らしく成長させるホルモン 黄体ホルモンとは・・・生理や妊娠に係わるホルモン 男性が女性化するためには2つの条件を満たす必要があります。 1 女性ホルモン値を上げること 2 男性ホルモン値を下げること 卵胞ホルモンには1の効果があり、 黄体ホルモンには2の効果があります。 黄体ホルモンは男性ホルモンを抑える作用は強いですが、 直接的な女性化効果はありません。 なので女性化するためには卵胞ホルモンを一緒に服用する必要があります。 女性化に理想的なホルモン値 女性と同じホルモンバランスが理想です。 血液検査で男性ホルモン値と女性ホルモン値を調べましょう。 男性ホルモン値は 総テストステロン値という項目です。 女性ホルモン値は エストラジオール値という項目です。 この二つが女性と同じ値になれば女性化が最速で進み、 徐々に女性的な身体変化が起こります。 というのも、エストラジオール値は女性でも 生理などの周期によって値が激しく上下するからです。 高ければその分女性化するというわけでもありません。 プロゲスタンを服用してもこちらの値は上がりません。 卵胞ホルモンで上がります。 ・血液検査の費用 総テストステロン値とエストラジオール値の両方で 2000円程度 保険適用外なら7000円ほど です。 保険適用でやってもらえるかは医師の方次第です。 ・保険適用外とは 保険証があれば医療費は本来、3割負担で済みますが、 これは病気の疑いがある場合に限ります。 病気の症状がない場合や健康診断が目的の場合は 保険適用外となり、 全額自己負担になります。 ホルモン値の検査は保険適用外であり、 本来なら全額自己負担になるのですが、 理解ある医師の方は3割負担で受けさせてくれることもあります。 中性化目的での使用について 女性ホルモンは体を女性的に、 男性ホルモンは男性的に成長させてくれる性ホルモンです。 プロゲスタンを服用すると男性的な成長が止まり、 その特徴も薄れていきます。 よって卵胞ホルモンを服用せず、 プロゲスタンのみを服用し続けるといわゆる中性化が起こります。 しかしこれは現実的に不可能といってよいです。 なぜなら性ホルモンというのは体調を維持する上で必要不可欠なものだからです。 性別にかかわらず 例えば男性でも 女性ホルモンか男性ホルモンのどちらかが 十分にあればなにも問題ありません。 しかしプロゲスタンのみを服用すると、 男性ホルモンと女性ホルモンの両方が不足してしまいます。 この場合、 ・更年期障害 ・骨粗しょう症 といった症状が現れてきます。 更年期障害は だるさ、頭痛、多汗、冷え性、吐き気、めまいなどの体調不良です。 その名の通り更年期の女性におこりがちですが、 加齢によるホルモンの分泌低下が原因なので、 同じ状況になれば男性でも発症します。 骨粗しょう症は骨密度が著しく低下し骨折しやすくなる病気です。 以上の理由によって、 男性が黄体ホルモンのみを単独で服用してはいけません。 クリルビタミンについて クリルビタミンとは ホルモン剤のリスクを緩和する目的で作られたサプリです。 主成分である EPA、DHAが 血栓症予防の他様々な 健康増進効果がありホルモン剤と相性の良い成分です。 EPA、DHAとは青魚に多く含まれる栄養素でオメガ3脂肪酸とも呼ばれています。 これらには 血液をサラサラにする効果+固まりにくくする効果があり、 血栓症リスクを軽減できます。 熱に弱く、加熱調理をすると壊れてしまうので刺身などの生魚からしか摂取できませんが、 クリルビタミンはカプセルタイプなので効率的に摂取できます。 成分は南極のオキアミから抽出しているので環境汚染の心配もなく安心して服用できます。 クリルビタミンの効果 ・血栓症リスクを軽減 血小板の凝集作用があるトロンボキサンA? と血小板の凝集抑制作用があるプロスタサイクリンI? を作り出す作用があり抗血栓作用が得られます。 つまり血液の凝固を防ぎさらにサラサラにします。 ・うつ病予防 DHAには実験によりうつ病の予防と改善効果が確認されました。 ・肝機能の改善 成分のスクワレンとカキエキスには肝機能改善効果があります。 ホルモン剤やお酒のダメージから肝臓を守ります。 ・血液中のコレステロール、中性脂肪を下げる 血中脂質低下作用があり、 コレステロールや中性脂肪を下げます。 悪玉コレステロールを減らす一方で善玉コレステロールは増やす作用があります。 これにより血がきれいになります。 ・動脈硬化、高脂血症の予防 血管の負担が減るので血管年齢が若く保たれます。 ・高血圧の改善 血圧降下作用があります。 また血流改善も合わさり血圧が正常化します。 ・心疾患と脳疾患の予防 心臓病の発症率を5年間で53%低下させます。 脳こうそく、脳卒中、心筋こうそくなど全身の血管系の病気を予防できます。 ・アレルギー改善 花粉症やアトピーなどの症状を緩和します。 オメガ3は体内では作れない成分で外部から摂取するしかありません。 不足するとアレルギーが起こりやすくなることがわかっています。 ・免疫強化 体の免疫力が上がることでガンなどの予防になります。 ・記憶力、学習能力の向上 DHAは脳の老化を食い止め働きを活性させる効果があります。 アルツハイマーにも有効なことが証明されています。 ・しわやしみ、たるみの予防 アスタキサンチンという強力な抗酸化力のある成分が含まれています。 肌に紫外線が当たると活性酸素が発生します。 活性酸素は有害な物質で、 シミ、しわ、たるみの原因になります。 ホルモン剤の女性化効果で肌が薄くなると、 紫外線に弱くなりシミやしわができやすくなります。 これを強力に抑えてくれるので美肌効果があります。 また、血流改善によって血液中の栄養、酸素が細胞のすみずみまで行き渡ることで、 若返りや美容効果も得られます。 ・視力回復 網膜の脂肪にもDHAが含まれており、 網膜細胞をやわらかくする働きがあることから、 網膜の反射機能を高め、視力の回復に役立つともいわれています。 ・肌荒れやニキビの改善 ホルモン剤でホルモンバランスが変化すると肌荒れやニキビが起こりやすくなります。 関連商品.

次の