マンデラ 大統領。 マンデラ

マンデラ

マンデラ 大統領

ネルソン・マンデラの生涯 1918年7月18日、現在の東ケープ州東部に位置するトランスカイの村の首長の子として生まれる。 大学在学中の1944年、アフリカ民族会議(ANC)に入党。 ANCの青年同盟を創設して反アパルトヘイト運動に取り組む。 1952年に弁護士事務所を開業。 1961年、民族の槍という軍事組織を作り司令官に就任。 それらの活動により1962年に逮捕。 国家反逆罪終身刑となり、ロベン島に収監される。 1989年、当時の大統領フレデリック・デクラークと会談し、翌年に釈放される。 1991年、ANC議長に就任。 デクラークと協力して全人種代表が参加する民主南アフリカ会議や多党交渉フォーラムを開催。 1993年、ネルソン・マンデラはデクラークとともにノーベル平和賞を受賞。 1994年に南アフリカ初の全人種参加選挙が実施され、ANCが勝利。 ネルソンは大統領に就任し、民族和解・協調を呼びかけ、アパルトヘイト体制下での白人・黒人との対立や格差の是正、黒人間の対立の解消、経済不況からの回復として復興開発計画などを実施した。 1999年に政治の世界から引退。 その後、ユネスコ親善大使に就任。 2013年12月5日、ネルソン・マンデラはヨハネスバーグの自宅で95年の生涯を閉じた。 自分自身を変えなければ、社会に影響を与えることなど決してできません。 偉大なピースメーカーはいずれも、誠実さと正直さ、そして謙遜さを兼ねた人たちです。 - ネルソン・マンデラ - 2.名言・格言 成功するために大切なのは、どこから始めるのかではなく、どれだけ高く目標を定めるかである。 - ネルソン・マンデラ - 3.名言・格言 生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。 転ぶたびに起き上がり続けることにある。 - ネルソン・マンデラ - 4.名言・格言 勝利をつかむその日まで、一歩ずつ、着実に進んでいきます。 - ネルソン・マンデラ - 5.名言・格言 指導者には、民衆を正しい方向へ導いているという自信のもとに、群れより先を行き、新たな針路を拓かなくてはならないときがある。 - ネルソン・マンデラ - 6.名言・格言 我々が自分の持つ恐れから自らを解放するとき、我々の存在は、同時に他の人々をも解放することができるのである。 - ネルソン・マンデラ - 7.名言・格言 我々が自らの内にある光を輝かせるとき、無意識のうちに他の人々を輝かせることが出来るのだ。 - ネルソン・マンデラ - 8.名言・格言 教育とは、世界を変えるために用いることができる、最も強力な武器である。 - ネルソン・マンデラ - 9.名言・格言 真の和解はただ単に過去を忘れ去ることではない。 - ネルソン・マンデラ - 10.名言・格言 楽観的であるということは、顔を常に太陽へ向け、足を常に前へ踏み出すことである。 - ネルソン・マンデラ - 11.名言・格言 生まれたときから、肌の色や育ち、宗教で他人を憎む人などいない。 人は憎むことを学ぶのだ。 もし憎しみを学べるのなら、愛を教えることもできる。 愛は、憎しみに比べ、より自然に人間の心にとどく。 - ネルソン・マンデラ - 12.名言・格言 外見は大切。 笑顔を忘れぬよう。 - ネルソン・マンデラ - 13.名言・格言 私は学んだ。 勇気とは恐怖心の欠落ではなく、それに打ち勝つところにあるのだと。 勇者とは怖れを知らない人間ではなく、怖れを克服する人間のことなのだ。 - ネルソン・マンデラ - 14.名言・格言 人格は厳しい状況のもとでこそ計られる。 - ネルソン・マンデラ - 15.名言・格言 何事も成功するまでは不可能に思えるものである。 - ネルソン・マンデラ - 16.名言・格言 遺恨の念は、毒を飲んでおきながら、それが敵を殺してくれると期待するようなものだ。 - ネルソン・マンデラ - 17.名言・格言 我々は自分に問いかける。 自分ごときが賢く、優雅で美しく、才能にあふれた素晴らしい人物であろうはずがないではないか? だが、そうあってはなぜいけない? - ネルソン・マンデラ - 18.名言・格言 裁判とは、心の強さが試される闘いであり、道義を守る力と道義にそむく力とのぶつかり合いなのだ。 - ネルソン・マンデラ - 19.名言・格言 自由であるというのは、単に己の鎖を脱ぎ捨てるだけではなく、他人の自由を尊重し、向上させるような生き方をすることである。 - ネルソン・マンデラ - 20.名言・格言 私は民主的で自由な社会の実現のために生きている。 しかし、もし必要あらば、その理想のために私は死ぬことを覚悟している。 - ネルソン・マンデラ - 21.名言・格言 こんな言葉がある。 刑務所に入らずして、その国家を真に理解することはできない。 国家は、どのように上流階級の市民を扱うかではなく、どのように下流階級を扱うかで判断されるべきだ。 - ネルソン・マンデラ - 22.名言・格言 人間として、何もせず、何も言わず、不正に立ち向かわず、抑圧に抗議せず、また、自分たちにとってのよい社会、よい生活を追い求めずにいることは、不可能なのです。 - ネルソン・マンデラ - 23.名言・格言 奴隷制やアパルトヘイトと同様に、貧困は自然のものではなく、人間から発生したものだ。 よって貧困は人類の手で克服し、根絶できるのだ。 - ネルソン・マンデラ - 24.名言・格言 大きな山に登ってみると、人はただ、さらに登るべきたくさんの山があることを見出す。 - ネルソン・マンデラ - 25.名言・格言 人種差別は魂の病だ。 どんな伝染病よりも多くの人を殺す。 悲劇はその治療法が手の届くところにあるのに、まだつかみとれないことだ。 - ネルソン・マンデラ - 26.名言・格言 私の長い道のりは、まだ終わっていない。 - ネルソン・マンデラ - おわりです。 下に「偉人の一覧(全148名)」、「人気コンテンツ」、「ネルソン・マンデラの本・関連書籍」がございます。

次の

ネルソン・マンデラ(5)

マンデラ 大統領

【白人と黒人 前面衝突の危機】 黒人たち「ハニが殺されたあぁあああああああああああああああ!!!!!!!」 白人民主主義者「あの黒人は調子に乗りすぎだ」 黒人たち「このドグサレがぁあああああああああああああああああ!!!!!!!!」 マンデラ「 ハニ・・・だがここで黒人と白人がぶつかるようなことがあれば何も変わらない・・ 」 マンデラ「待ちなさい。 報復はやめなさい。 憎しみは何も生みません。 例えば、1993年にはANCの最高幹部の一人、クリス・ハニが白人の民族主義者に暗殺されました。 ハニを実の息子のようにかわいがっていたマンデラはそのニュースを聞いてひどく心を痛めましたが、白人と黒人がお互いに殺しあう時代に逆戻りしてしまうと危惧した彼はテレビ演説を行い、黒人たちに白人に報復することを自制するよう呼びかけました。 けれど、新政府にはあなた方の知識や経験が必要です。 そして、1994年に行われた全人種参加の選挙でANCは圧勝。 マンデラは大統領に就任しました。 マンデラは新政府にはアフリカーナーの白人の知識や経験が必要だと考え、アフリカーナー国民党とズールー族のインカタ自由党との連立政権を樹立しました。 ここには載せませんが、マンデラのスピーチは非常によくできているのでぜひ見てみてください! 【マンデラ大統領の功績】 マンデラ大統領「まず一番大切なのは人種間の経済格差や。 」 マンデラ大統領「黒人居住区のインフラに積極的な公共投資を行うで!」 マンデラ「新憲法を設定するで! 新しい憲法は全人種、民族の融和に力を入れたものや」 マンデラ「黒人たちにラグビーを応援するように呼びかけよう」 マンデラ「もはやラグビーは白人のスポーツではない!南アフリカのスポーツや!」 大統領の任期中、まず一番最初に行ったことはアパルトヘイト時代に広がった経済格差の是正でした。 黒人居住区に集中的なインフラ整備を行いましたが、アパルトヘイト時代の格差を是正することは難しく、 今でも経済格差や治安面において課題は残っています。 1997年には新憲法を設定しました。 この憲法では国内の有力言語11個を公用語にするなど、全人種・民族の融和を重視したものになりました。 また、南アフリカの精神的な白人と黒人の和解を促すためにラグビーを応援するように黒人に呼びかけました。 1995年に南アフリカで開催されたラグビーワールドカップで南アフリカのチームが優勝すると、 マンデラは自ら優勝カップを白人のチームキャプテンに渡しました。 この光景は国民的和解を象徴する光景となり、南アフリカ国民に深い感動を与えました。 1999年に任期満了で最後の演説をした後、大統領を辞任。 同時に政治の世界からも引退しました。 【マンデラ死去】 マンデラ「生きる上で最も偉大な栄光は決して転ばないことにあるのではない。 転ぶたびに起き上がり続けることにある」 マンデラは政界を引退した後もBBCが行った世界政府の大統領選挙と仮定した世論調査でトップに選ばれるほどの大人気でした。 2010年のFIFAワールドカップ南アフリカ大会の閉会式に登場したときの大歓声もすさまじいものです。 しかし、その後マンデラは公の場に現れることはありませんでした。 そして、2013年12月5日、ヨハネスブルグの自宅で死去。 95歳でした。 追悼式には日本の皇太子からイギリスのチャールズ皇太子、アメリカのオバマ大統領、キューバのラウル・カストロ国家評議会議長など、その国の顔となる人物たちが出席しました。 【マンデラまとめ】 世界の偉人って誰?って聞かれたらマンデラと答える人も多いのではないでしょうか。 生涯をかけて黒人差別と闘い、27年間もの獄中生活を強いられることになったとしても相手を恨むことなく南アフリカの平和を願い相手を許し、最後には大統領になる。 なんか漫画の主人公みたいですで。 彼の生きざまに勇気づけられた人もきっと多いはずです。 もし、マンデラのことを知らなかった人がこの記事を読んで知ってもらえたなら幸いです。 カテゴリー•

次の

ネルソン・マンデラ 囚人から伝説へ

マンデラ 大統領

今日の横浜北部はまたまた晴れました。 さすがに午前中は冷えているんですが、昼間の日差しでなんとか快適にすごせます。 さて、マンデラ大統領の訃報が届き、今朝からすでに話題になっておりますが、私が今年の前半にイギリスに行ったときに読んだ、マンデラ氏の晩年の様子を書いた興味深い記事の内容を、私がメモ書きしたものがありましたので、その要約を。 ヒーロー扱いされているマンデラ大統領ですが、実は自分の家庭が崩壊状態で大変みたいです。 彼はマンデラと一緒にANC(アフリカ民族会議)という南アフリカの政党で50年も一緒に活動してきたが、最近のマンデラ氏(2013年のはじめ頃)は長年の親友である彼のことさえも忘れてしまったように思える。 彼はマンデラ氏の家族がマンデラ氏への直接の面会を認める数少ない人間のうちの一人だ。 現在の3番目の奥さんはグラサ・マシェルと言い、彼女がマンデラの身の回りの世話をしている。 元モザンビークの元大統領夫人。 マンデラ氏と結婚した時はすでに50代半ば。 マハラジ氏はマンデラ氏が死んだ時に葬儀などを執り行う委員会のメンバーでもある。 健康を害しているために、彼の名声にあやかってビジネスをしようという人々にいいように利用されてしまう恐れが出てきているから。 特に彼の最初の二人の妻の子供たち同士は目も合わせないほど仲が悪いことが知られている。 その後に「エホバの証人」の熱心な信徒となり、マンデラ氏の出身地であるイースタンケープ市で店を経営し、2004年に死んでいる。 このグラサ夫人が、第一夫人の一家と第二夫人の一家の仲直りを促すような調停者的な役割を果たしているという。 たとえば第二夫人の一家はマンデラ氏の葬式の計画に参加することを公式に拒否している。 彼らは独自の葬式を行うのではないかと疑われている。 たとえば第一夫人の孫娘であるンディレカ(Ndileka)はマンデラの最初の息子(センビ)の娘であるため、自分のことを「マンデラ氏の最初の最初の孫」であると言っているが、第二夫人の家族が自分の祖父を独り占めしようとしていると非難している。 最初の結婚の時はマンデラ氏は逃げまくっていたのであり、1962年に逮捕されてからは27年間ロベン島に収監されていたのだ。 つまりマンデラ家は、父が不在の家族崩壊の危機に常にさらされていた。 南アフリカのメディアもこのスキャンダルについて煽るように報じることがあるが、実際に家族に話を聞いてみると、両家が関係をなんとか続けられているのはマンデラ氏自身の存在だという。 たとえば第一夫人の孫娘であるンディレカは、ANCが記念行事を開いた時に、ウィニー夫人が参加したことについて公式の場で異議を唱えた。 彼は元々ボクシングをやっていたことで有名だが、観戦も大好きであり、95歳の誕生日には南アフリカで特別マッチが開かれる予定だった。 たとえばマンデラ氏の家族の様子をドキュメンタリー化したリアリティー番組(Being Mandela)がアメリカなどで放映されたが、誰がこれを許可したのかについて再び家族間の紛争が激化した。 実はマンデラ氏自身は2007年にこのブランドにたいして自分の顔をプリントしないように警告したという。 センビ(ンディレカの父)は69年に24歳の若さで交通事故で亡くなっている。 マクガトは2005年に55歳でAIDSにより死亡、マキが唯一の生き残りで60近くになっており、もう一人のマキは赤ん坊の時に死んだ。 この訴えは裁判で争われることはなかったが、 それでもセンビは父の自分の母への態度を非常に不満に思っており、結局は父と仲違いしたという。 とくにマンデラ氏の直接の子どもたちはマンデラ氏を非常に毛嫌いしており、とくに自分たちの母にたいするマンデラ氏の態度に怒りを表明しているパターンが多い。 第一夫人の孫であるマンドラ(Mandla だけ。 ところが彼はマンデラ氏の葬式の放映権を売ったりするなど、数々の利己的な権利の利用で評判が悪く、まだ40にもなっていないのに、すでに二度目の結婚をしており、前妻との間にトラブルが絶えない。 ビル・ゲイツ、リチャード・ブランソン、オプラウ・ウィンフリー、モーガン・フリーマン、そしてテニス選手のロジャー・フェデラーなど、とにかく一流どころが彼の名声を求めて集まってきているのだ。 私が何か口を挟むことじゃありません」と言うだけだ。 === ちょっと長いですが、いかがでしょうか。 おそらく彼が死んだばかりなので、このような彼の家庭内の闇のような部分は報道では全く紹介されないとは思います。 しかしわれわれが覚えておかなければならないのは、彼のような「ヒーロー」というのは、その代償として差し出すものがあまりにも大きい、ということなんでしょうな。

次の